Reading/Web/Desktop Improvements

From MediaWiki.org
< Reading‎ | Web
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Reading/Web/Desktop Improvements and the translation is 95% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語
現在のベクター外装の注釈付きスクリーンショット。記事の内容は変更せず、他の領域は改善の可能性があります。

デスクトップのインターフェースは年月とともに変化してきましたが、ベクター外装 (既定のサイトの見た目) の導入以降ボランティアの皆さんが主導しプロトタイプやユーザースクリプト、ガジェットあるいはボランティア発想の外装としてのみ展開されました。いよいよ、それらの発想からいくつか取り入れて、既定の体験に組み込む時期を迎えたと考えています。読者ウェブチーム readers web team は今後2、3年の期間を調査とビルドにあてて、調査結果と既存のツールを活用したデスクトップ版の体験を改善します。目標は新しく読者や編集者になる人にもっと優しく、 (編集の新人からベテランまで) 誰でもサッと手軽に使えるようにします。

このプロジェクトは協議が始まったばかりです。まだこれといった計画もなく実際の開発もしていません 。課題として何に集中するのか、皆さんの協力でフィードバックを集めたいので、たたき案となる設計のアイデアを以下に挙げてご意見を募集します。

支援の方法

フィードバック:これまでに集まったアイデアや模式図の詳細と下位ページに目を通してから、フィードバックをトークページに投稿してください - 改善するにはどうすれば良いですか? 考慮するべき重要な点が何か抜け落ちていませんか?

調査とアイデア:以下の第1フェーズ:設計アイデア「Phase 1: Design ideas」節を編集してアイデアや感想、過去の議論や、検討したい既存のガッジェトあるいはスクリプトへのリンクなどを追加してください。

個別のテスト:開発が始まると、個人設定においた新しい外装から直接、進行中の作業にアクセスできるようになります。個別にオプトインしてテストできるようにします。

全ウィキ:あわせて広範なテストに協力してくれるウィキを募集します。具体的にはログアウトしてサイト利用者向けのローカルの既定の変更なのです。もしご利用のコミュニティから関心が集まりそうだと判断した場合、なんでも質問を尋ねてから、その後、いつも活動するコミュニティで議論をしてコンセンサスを得た段階で、その話し合いへのリンクをトークページに投稿してください。

投稿は何語でもよく、長文のコメントや意見も歓迎します。

更新

このページに新規の見出しが増えた時に更新の通知を受けるには、Newsletter:Desktop Improvements updatesを購読します。節目のマイルストーンは一斉通知ですべてのウィキにお知らせします。

2019年10月:技術調査パート2

2019年9月:ウィキマニアで調査報告

ウィキマニア 2019 で公開した調査報告のまとめ PDF (英語)

ウィキマニア2019の会期中には、デスクトップ版の改善計画を告知するという目標に沿って編集者と面談し、複数の暫定的な設計案に貴重なフィードバックを集めました。調査内容は利用者面談、自由形式のフィードバックの話し合い、プレゼンに続いて課題ごとに分かれた議論を行ないました。皆さんからのフィードバックは報告書PDF版の発表資料のまとめ (英語版) を公開してあります。総括として、提示した注力部分ならびに提案のプロトタイプへの反応は肯定的でした。しかしながら改善が必要な部分も特定できました。

このフィードバックに基づき、今後数週間は繰り返し作業を行い、もっと多くの観衆を対象にウィキ横断でテストしたいと考えています。

以下のスライドショーには、テストをした提案から19件を紹介します。ぜひ報告書全文に目を通して、トークページに感想を投稿してください!

2019年9月:デスクトップ利用と挙動のデータ分析

調査のプロセスの一環として、皆さんがどのようにサイトを利用しているか知りたいと考えました。具体的には既存のたとえばサイドバーのリンク類や言語切り替えパネルや検索などの機能をどんな頻度で利用しているのかが課題です。調査結果を公表しました。総体的にサイドバーのリンクの利用は低率でした - サイドバーに表示されるリンクボタンを押した人は、ログアウトした利用者のたった 0.5%、ログイン利用者でデスクトップ版を使う人の 1.6% でした。言語切り替えパネルの使用頻度にはばらつきがあり、全体としてウィキの大きさに反比例し、規模が小さいウィキほど言語切り替えの頻度が高くなりました。

2019年8月:ウィキマニアで行った調査とブレーンストーミング

ウィキマニアの分科会で使ったスライド集

ウィキマニアではコミュニティのメンバーで経験が長い人と話をするチャンスがありました。カンファレンスの会期5日間でプロジェクト案を説明でき、多くの設計アイデアに貴重なフィードバックを得ました。実施したアウトリーチは利用者インタビュー、自由形式のフィードバックの話し合い、プレゼン兼ブレーンストーミングです (現場で使ったスライド集をこのページ内に置きますのでご参照ください。) インタビューの結果と、フィードバックの概要は近日中に公開予定です。

2019年8月:技術調査

プロジェクトのさまざまな技術面の可能性を探るため、チームは1週間をかけて単一の問題 - デスクトップ版使用で折りたたみ式サイドバーを実現する方法 - を課題に、アプローチを変えてハックしました。この実験の結果を活用して改善策の技術的構造、また改善策を盛りこんだ外装を想定できないかと願ったからです。実験の詳細は以下のとおりです。

問題点の指摘

  1. ウィキメディアは新しい読者によそよそしい
    ウィキメディアのウィキ群のデスクトップサイトでは、新しい読者に歓迎されているとか親しみがあるとか感じさせることがありません。最新のウェブや他のプラットフォーム(Androidアプリ、iOSアプリ、モバイルウェブサイト)での経験から生まれる期待には一致しません。なんだか迷子になった気分やよそよそしさを感じる原因は、無計画に開発され、雑多なナビゲーションやインタフェースリンクにあります。それは回りまわって、読者と編集者がウィキメディアのウィキ群に寄せる信頼の低さや、ウィキメディアのウィキ群を探索したいという気持ちが置きにくく、結局は本来ならもっと使うはずなのにサイトの使用が減る原因となっています(つまり定着率が下がること)。
  2. ウィキメディアのウィキは使い方がわからない
    使い始めたばかりの読者 (特に新しい読者) は基本的な機能を直感的に実行できず、言語の切り替え、コンテンツの検索、表示設定の調整ができません。さらに加えて興味のあるコンテンツを読みたくても、混乱が多くて道がそれてしまいます。壁に直面しているのは新しい編集者も同様で、インターフェイスに慣れないから疎外感を感じるし直感的に使えないし、ごちゃごちゃしているのです。貢献に必要な基本タスクを実行することさえ困難で、アカウントを設定したい、エディターを開きたい、仲裁を受けるため特別ページの使用方法を習えたい (例:破壊行為の発見や回復のため編集履歴を参照する) などです。サイトが適切に「反応しない」という問題は、ユーザーならだれでも抱えているかもしれないし、コンテンツの横幅が広すぎるとか、逆に細長くなりすぎるとか(画面とウィンドウのサイズに対応)などの問題にもつながります。現状維持は貢献したい人を妨害しています (つまり経験のバイアスが発生)。
  3. そもそもどういう論理で成り立っているのか付いていけない
    現在、ウィキメディアのウィキ群の機能を理解している読者はごくわずかです。私たちのインターフェースは直感的な方法でサイトの内部動作を強調しません。多くの読者は自分が読んでいるコンテンツの執筆者はボランティアであり頻繁に更新されること、または自分も同様に貢献できるかもしれないことを知りません。

さらに当社のさまざまな製品 (デスクトップ版、アプリ、モバイルWeb) の経験に大きな違いがあり、読者が当社の製品間のつながりを理解したり、それをコンテンツ自体に関連付けることが難しくなります。これによりウィキメディアのサイト群に概念の統一性がなくなっています。

閲覧者のタイプ別まとめ:

新しい読者 よそよそしく感じる — あまりにも長大、迷子になりやすい、なじみがない、使い心地が悪い、信頼できない
既存の読者 読んだり学習したりするには理想的ではない — ごちゃごちゃしている、コンテンツ重視ではない、よくある操作に重点を置いていない、不透明、知識の深さおよび幅を重視していない
編集の初学者 編集活動を始めるのが難しい — 威圧的、混乱する、整理されていない、排他的
既存の編集者 編集/コミュニティにとって理想的な環境ではない - 有用な操作を重視しない、ツールが整理されていない、重要だというツールの多くが役に立たない

目標

以下の項目を目指して取り組みます。

  • 読者がコンテンツに集中しやすくする
  • 日常の操作 (検索、言語の切り替え、編集など) を簡単にできるようにする
  • ボタン類を論理的で便利な場所に置く
  • 他のプラットフォームのインターフェースとの一貫性を高める - モバイル版のアプリとWebなど
  • 混乱を解消する
  • 将来の拡張を予定する

制約

これらの項目は明確に意識して進行します。

  • コンテンツはノータッチ - スタイルテンプレート関連あるいはページのコンテンツの構造そのもの関連は着手しません
  • 機能の除去はしません - 配置場所は変わるとしても、ページ操作関連の項目その他の機能は、現状で既定である限り、存続します
  • レイアウトに急激な変更は加えません - 変更には進化型の取り組み方をするため、閲読者にも編集者にもなじみのあるサイトを維持するつもりです

タイムライン

大まかな進行タイムラインは以下のとおりで、進捗状況に合わせて調整します。

  • 第1フェーズ:2019年5月 – 9月:調査と研究、価値を創造できる場所を探し、焦点を見つける
  • 第2フェーズ:2019年7月 – 11月:フォーカスエリアの開発、アイデアのスケッチとプロトタイプ作成、会話の開始
  • 第3フェーズ:2019年10月 – 2020年1月:継続的なユーザーテストと設計の改良
  • 第4フェーズ以降:未定

評価指標

プロジェクトの全工程で使うコアな評価指標は、暫定的な一覧を以下にまとめました。何をどう改善するか具体的に決め、項目を増やしたり反復したりする予定です。

既存の観衆の実用性を高めるため、次の方法を行います。

  • 相互作用
    • セッション単位の検索をプロジェクト期間中に、 5% 増加させる
    • プロジェクト単位の言語切り替えをプロジェクト期間中に、 5% 増加させる
  • 親和性
    • サイトに対して肯定的で歓迎する印象を増やす(調査とユーザーテストによる)
    • サイトに感じる信頼と信用を増やす(調査とユーザーテストで測定)

調査と設計のプロセス

一般的な注記:このプロセスの進行は別に厳密ではありません。大まかには研究と設計プロセスの最善手法に基づき、どちらかというと緊急対応で柔軟で、適切だと感じたときに臨機応変に臨時の活動と調査を進めていきます。概要は以下の3つのフェーズで説明しますが、実際の調査および設計プロセスは、フェーズが重複します。それに加え、当面は「研究」と「設計」の活動を明確に区別する方法がないように思われるので (どちらも相互に関連するため)、議論は一緒にします。

第1フェーズ 調査と研究、価値を創造できる場所と焦点を見つける (2019年5月 – 同9月)

メインのページ:/Research and design: Phase 1

現状のデスクトップ版の既定の外装 (Vector) の検討から取りかかり、自分たち自身のユーザー・エクスペリエンスを振り返ることから始めました。これをどう改善できるだろうか。読者と編集者すべてにとってより良いエクスペリエンスを作るには、インターフェースのどこに変更するきっかけがあるだろうか? 人々がやりたいことをより簡単に行うにはどうすれば? もっと快適な読書環境を作成するには? もちろん、これらの質問を調べる間にプロジェクトの限定条件に目を配りました。左記の質問を掘り下げようとこれまで行った研究と設計活動には以下が含まれます。

第1フェーズの成果は次の通りです。デスクトップ版インターフェースをもっと掘り下げて理解し、改善のうち注力する部分の提案が出ました。注力する部分の厳密な判定基準はありませんでした。総体として実施可能な改善かどうかに基づいたものの、それぞれの範囲には次の例のように幅があります。「閲読の経験として視線が散らないようにしてほしい 」「表示言語の切り替えをもっと楽にしたい 」。注力する部分の提案を紹介します。

  • 閲読の体験に集中できる「邪魔されない」環境づくりのため、ナビゲーションのリンクを統合または利用者の選択で折りたたみ式にします。以下を対象にします。
    • メインのサイドバーのページ遷移
    • 記事用ツール
    • 利用者用ツール
  • 言語版の切り替え
  • 検索
  • 記事内の移動 / 目次

もっと機能に固有なその他のアイデア:閲読の個人設定 (例:ダークモード)、共有ボタン、編集ボタンを大きくする/新規記事ボタンを追加 (小規模なウィキの場合)/「参加する」方法、記事の統計/活動の要約をもっと明確に示す。

第2フェーズ:集中するエリアを決め、アイデアを具体化し試作品を作り、協議を開始(2019年7月 – 同年11月)

メインのページ:/調査と設計:第2フェーズ

第1フェーズの調査と話し合いにより、作業を行う周辺状況 (つまりデスクトップ版インターフェース) をもっと現実的に把握できました。また、どの注目分野が (今後の新しい提案を受け入れる余地を残しつつ) さらに調べる対象となるか、進展させるきっかけにもなりました。次の目標は注目分野を少しずつ掘り下げるため、アイデアスケッチや試作品づくりと、何よりも重視するのはコミュニティとの話し合いです。ここまでの調査と設計の動きには以下が含まれます。

  • 当該の重点範囲における、これまでの調査、作業や実験を理解する
  • 当該の重点範囲における、全般的な利用データの入手
  • 下案の段階でスケッチと試作を始めて会話を促す
  • 初期の仮説を立てる
  • ウィキマニアで行った利用者インタビューその他のフィードバック
  • コミュニティからMediaWikiを介してフィードバックを受け付ける(近日公開予定)
  • 初心者や偶然、訪問した読者との利用者インタビュー(近日公開予定)
  • usertesting.comにおけるユーザーテスト(近日公開予定)

第2フェーズの成果は以下を目指します。注力するエリアで特定のインターフェース改善のスケッチを提示してあり、その反応を集めてどの改善策に実施する価値があるか、把握を練り上げ (つまり情報周知と対案や意見で裏打ちされ)、進行過程案を示して実施するべき改善策の実現方法を提案します。

第3フェーズ ユーザーテストの継続、設計の改善続行 (2019年10月 – 2020年1月)

第3フェーズは次の項目に充てる見通しです。第2フェーズで特定されたアイデアのテストと、学んだことを活用した設計の改良。実際にウィキ上でベータ展開してテストする課題が出てくる可能性があります。その課題を割り出し、ベータ版で具体的にテストする方法を決めて (つまりどのデータを追跡するか決めること、挙動に基づく決定の下案を作ること)。

第3フェーズの成果は以下を目指します。設計をほぼ完成させ (かつ通常は実装段階で必要な調整を見込んでおき)、ベータ版の実装において、何を課題として学習するか、入手した情報に基づきどんな決定もしくは変更をするか、あらかじめ想定しておきます。

第1フェーズ:設計のアイデア出し

提案された「多くの 」アイデアの一部を以下に紹介します。著名なアイデアやリンクを追加してください。

編集者の皆さんにご注意:発想やリンクの追加、コメントのトークページ投稿は編集英語版で行ってください。「tvar」マークアップは後で処理しますので、飛ばしてかまいません。

コンテンツに注目、ユーザーインターフェースとコンテンツを見分けやすくする

日常の操作をすばやく開ける

  • 見出しに付箋タイプの検索、目次、編集リンクを並べる
  • 使用者が多い言語版に切り替え (ページ最上部に言語切り替えパネルを移動)
    • サンプル:Timeless 外装を幅 1325px 超と幅 1085px 以下で表示した場合……
  • 表の見出しを付箋タイプに
  • Jump to the top of the page

使いやすく合理的な配置をする