Manual:Configuration settings/ja

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
言語: English  • dansk • Deutsch • español • français • Bahasa Indonesia • 日本語 • 한국어 • polski • português do Brasil • русский • 中文

Contents

このページはDefaultSettings.phpファイルに基づいてサポートされるすべての構成オプションの索引です。

DefaultSettings.phpを編集しないでください; 代わりに適切な行を LocalSettings.phpに追加して修正してください。

If you can't find a configuration setting here, see if it is defined in DefaultSettings.php. The variable should have some documentation there.

Settings removed in versions of MediaWiki prior to 1.19 are no longer listed here. Please use the search box to find the relevant manual page (e.g. Manual:$wgAllowAnonymousMinor).
アルファベット順 | 機能順 | Category:MediaWiki configuration settings/ja

全般設定[edit]

  • $wgCanonicalServer – Canonical URL of the server, to use in IRC feeds and notification e-mails.
  • $wgServer – サーバーのベースURLです。
  • $wgServerName – プロトコル無しのサーバーの名前です(例えば、en.wikipedia.org)
  • $wgSitename – サイトの名前です。変更してください。
  • $wgVersion – 利用者に表示されるMediaWikiの現在のバージョンを含みます。

パス[edit]

  • $IP – ファイルシステムインストールディレクトリ。DefaultSettings.phpには存在しません。
  • $wgActionPaths – 様々な利用者アクションのためのパス。'pretty'URLに使用されます。
  • $wgAppleTouchIcon – アップルの携帯端末のホームスクリーンにブックマークをする時に使用されるアイコンの任意の URL。
  • $wgArticlePath – 記事のリンクを作成するために使用されるURLテンプレート。
  • $wgConfigRegistry – Registry of factory functions to create config objects.
  • $wgDiff – GNU diff ユーティリティへのパス。
  • $wgDiff3 -GNU diff3 ユーティリティへのパス。
  • $wgDirectoryMode – 新規ディレクトリのパーミッション設定 (chmod)の既定値
  • $wgFavicon – サイトのファビコン(ファブアイコン)のURL
  • $wgGitBin – Path to the git binary.
  • $wgGitInfoCacheDirectory – Directory where GitInfo will look for pre-computed cache files.
  • $wgLoadScript – The URL path to load.php.
  • $wgLogo – サイトロゴのURL
  • $wgLogoHD – URLs for HD versions of the site logo.
  • $wgPhpCli – Executable name of PHP cli client (php/php5).
  • $wgRedirectScript(1.22 で除去済) 後方互換性のために必要なredirect.phpのURL。
  • $wgScript – index.phpのURL。
  • $wgScriptExtension(1.27 で除去済) 既定でスクリプト名に追加する拡張子。
  • $wgScriptPath – 基底のURLパス
  • $wgStyleSheetPath – スタイルシートを含むURLのディレクトリ。
  • $wgTmpDirectory – テンポラリディレクトリのURL。
  • $wgUsePathInfo – 'pretty' URLを使用するかどうか。
  • $wgVariantArticlePath – インターウィキに対して使用されます。

ファイル/画像のアップロードのパス設定についてはアップロード参照してください。

外装 (スキン) のパス設定については外装を参照してください。

グローバルオブジェクト[edit]

メールの設定[edit]

See also User Access: $wgEmailConfirmToEdit

メール通知(enotif)の設定[edit]

Actual notifications for each user are defined in the options. You can change defaults with $wgDefaultUserOptions.
  • $wgEnotifFromEditor – (Wikiサーバーからではなく)ページ編集者から来るメール通知が表示されます
  • $wgEnotifImpersonal – それぞれの利用者に対するパーソナライズされたメールの代わりに一般的なメールを送る。
  • $wgEnotifMaxRecips – 機械的なメールを使うときに一度に送る利用者数の最大数。
  • $wgEnotifMinorEdits – "細部の編集"にもメール通知がなされる(利用者がオプション設定をしている必要がある)
  • $wgEnotifRevealEditorAddress – メール通知の返信アドレスがページ編集者のアドレスによって入力されます(利用者がオプション設定をする必要があります)
  • $wgEnotifUseJobQ (1.27 で除去済) – ジョブキュー経由でメールを送る。
  • $wgEnotifUseRealName – Use real name instead of username in email "from" field
  • $wgEnotifUserTalk – 最初利用者ページの変更についてメール通知が送られます(利用者がオプション設定をする必要があります)
  • $wgEnotifWatchlist – 監視しているページの最初の変更についてメール通知が送信されます。(利用者がオプション設定をする必要があります)
  • $wgUseEnotif/ja – Overall "use Enotif" setting.
  • $wgUsersNotifedOnAllChanges – wiki上で起きた変更のすべてに対する通知メールを送られる利用者の配列

データベースの設定[edit]

ロードバランサーの設定[edit]

MSSQLの固有設定[edit]

MySQLの固有設定[edit]

  • $wgDBmysql5 – MySQLの接続をUTF-8のエンコーディングで行うようにtrueに設定する
  • $wgDBTableOptions – インストールまたは更新の間に使うMySQLテーブルのオプション
  • $wgDBtransactions (1.20 で除去済) – InnoDBテーブルを利用する場合はtrueに設定する
  • $wgExternalServers – 外部のMySQLサーバーの配列

Oracle-specific[edit]

PostgreSQLの固有設定[edit]

  • $wgDBmwschema – PostgresがMediaWikiのテーブルを保存するスキーマ。既定は'mediawiki'

SQLiteの固有設定[edit]

  • $wgSQLiteDataDir – SQLiteの既定のデータディレクトリを上書きする。

共有DBの設定[edit]

  • $wgSharedDB – 共有データベースの名前(現在は共有ユーザーテーブルのみ)
  • $wgSharedPrefix – 共有データベースのために使われる接頭辞。
  • $wgSharedTables – 共有データベースで使われるテーブル
  • $wgSharedSchema – The table schema for the shared database.

圧縮ストレージのサポート[edit]

  • $wgCompressRevisions – これがonに設定されていて、zlibのサポートが利用可能な場合、古いリビジョンはページ保存時に圧縮されます。
  • $wgDisableOutputCompression – 出力の圧縮を無効にする(zlibが有効な場合既定で有効)。

ローカライゼーション[edit]

  • $wgBetterDirectionality (1.23 で除去済) – Experimental better directionality support.
  • $wgDisabledVariants – Disabled variants for language variant conversion.
  • $wgDisableLangConversion – 言語バリアント変換を有効にするかどうか。
  • $wgDisableTitleConversion – Whether to enable language variant conversion for links.
  • $wgDummyLanguageCodes (1.29 以降廃止予定) – List of language codes that don't correspond to an actual language.
  • $wgEditEncoding (1.28 で除去済) – Characters not explicitly converted by output encoding
  • $wgForceUIMsgAsContentMsg – Array of UI messages that should be treated as content messages
  • $wgInterwikiMagic – インラインリンクではなく、マジックコネクタとしての言語リンクを取り扱う。
  • $wgLanguageCode – サイトの言語コード。 ./language/Language(.*).phpファイルの中の一つでなければなりません。
  • $wgLegacyEncoding – utf-8フラッグでマークされていない古いリビジョンを読み込むときに言語設定変換を実行するために例えば 'ISO-8859-1'と設定します。
  • $wgLoginLanguageSelector – 利用者のログインと登録フォームで言語選択リンクのバーを表示する。
  • $wgMsgCacheExpiry – キャッシュの期限切れの時のメッセージ(秒単位)。
  • $wgUseDatabaseMessages – MediaWiki: 名前空間を使用した翻訳。
  • $wgUseDynamicDates (1.21 で除去済) – ページテキストで日付の書き直しを許可する。 これは大部分の言語を正しくフォーマットしません。
  • $wgExtraLanguageCodes – List of mappings from one language code to another, to override built-in mappings

タイムゾーンの設定[edit]

言語特有[edit]

英語
  • $wgAmericanDates – Enable for English module to print dates as eg 'May 12' instead of '12 May'.
アラビア語/ヒンディー語
  • $wgTranslateNumerals – インターフェイスにおいて西洋スタイル(0-9)の数字の代わりにヒンディーもしくアラビア数字を使用する。

デバッグ/ロギング[edit]

See also: Manual:How to debug/ja

プロファイリング[edit]

  • $wgDebugFunctionEntry (1.25 で除去済) – すべてのwfProfileIn/wfProfileOut上でデバッグメッセージを出力するかどうか。
  • $wgDebugProfiling (1.23 で除去済) – wfProfileIn/wfProfileOutコールにマッチしないものを検知する。
  • $wgProfiler – Used to configure profiling of your MediaWiki installation.
  • $wgProfileCallTree (1.27 で除去済) – trueの場合、機能レポートごとのかわりに生のコールツリーを表示する。
  • $wgProfileLimit (1.25 以降廃止予定) – これよりもより長くとるページに対するレコードプロファイリングのみ。
  • $wgProfileOnly (1.23 以降廃止予定) – ログファイルをノンプロファイリングをしない。
  • $wgProfilePerHost (1.27 で除去済) – アプリケーションサーバーホストをプロファイリングテーブルに入れるべきか?
  • $wgProfileToDatabase (1.23 で除去済) – DBの"profiling"テーブル内のプロファイリングを記録する。
  • $wgUDPProfilerHost (1.27 で除去済) – UDPプロファイラに対するホスト。
  • $wgUDPProfilerPort (1.27 で除去済) – UDPプロファイラに対するポート。

サイトのカスタマイズ[edit]

Ajax[edit]

  • $wgAjaxExportList (1.27 以降廃止予定)action=ajaxを通してAjaxFunctions.phpで呼び出し可能な関数のリスト。
  • $wgAjaxUploadDestCheck – 上書き、プレアップロードに対するAJAXのチェックを有効にする。
  • $wgAjaxWatch (1.27 で除去済) – AJAXを利用してページをウォッチ/アンウォッチすることを有効にする
  • $wgUseAjax – AJAX の機能を使用する事を有効にする。

フロントエンド[edit]

ResourceLoader[edit]

See ResourceLoader for more information.

名前空間[edit]

出力[edit]

  • $wgAllowMicrodataAttributes (1.27 で除去済) – $wgHtml5 が true にセットされている場合に、ウィキテキストの中で HTML 5 microdata attributes を使用する事を可能にする。
  • $wgAllowRdfaAttributes (1.27 で除去済) – ウィキテキストの中で RDF in attributes を使用する事を可能にする。
  • $wgCleanupPresentationalAttributes (1.20.1 で除去済) – Whether to put as much as possible presentational HTML attributes in CSS.
  • $wgEnableTooltipsAndAccesskeys (1.19 で除去済) – access keys と tooltips の適用を可能にするかどうか。
  • $wgHtml5 (1.22 で除去済) – HTML 5 doctype を出力するかどうか。 HTML5 を参照してください。
  • $wgHtml5Version – 必要であれば、<html> タグでバーション属性の値を定義してください。
  • $wgWellFormedXml (1.27 で除去済) – (このウィキシステム)の HTML に適合させた XML を出力させるかどうか。
  • $wgMimeTypeContent-Type ヘッダーに送るためのタイプ。
  • $wgMangleFlashPolicy – Whether to mangle any cross-domain-policy (Adobe cross-domain policy) tags, to prevent XSS attacks.
  • $wgSend404Code – Send 404 HTTP status for not found pages.
  • $wgEnableCanonicalServerLink – Output a <open>...</open> tag on every page indicating the canonical server which should be used, i.e. $wgServer or $wgCanonicalServer.
  • $wgUseMediaWikiUIEverywhere – Applies MediaWiki UI wherever it can be supported.
  • $wgHTMLFormAllowTableFormat – Allow form components to render tables.
  • $wgXhtmlNamespaces – Permit other namespaces in addition to the w3.org default.

下記の設定は $wgHtml5 が"false"にセットされている場合のみ使用されます (1.22 で除去済):

  • $wgDocType (1.22 で除去済)<!DOCTYPE !>宣言において使用されるdocタイプ。
  • $wgDTD (1.22 で除去済) – ページ出力のためのDOCTYPE宣言でのDTDを指定します。
  • $wgXhtmlDefaultNamespace (1.22 で除去済) – XHTML 名前空間の既定

ロボットポリシー[edit]

Mobile support[edit]

サイト統計情報[edit]

外装[edit]

カテゴリ[edit]

キャッシュ[edit]

インターウィキのキャッシュ設定についてはインターウィキを参照してください。

クライアントサイドのキャッシング[edit]

  • $wgCachePages – ページのクライアントサイドのキャッシングを許可する。

ファイルのキャッシュ[edit]

サーバーサイドでのファイルキャッシュの設定

  • $wgFileCacheDepth – Depth of the subdirectory hierarchy to be created under $wgFileCacheDirectory.
  • $wgFileCacheDirectory – サーバーサイドのキャッシングを利用するときキャッシュされたページが保存されるディレクトリ。
  • $wgUseFileCache – 公開サイト上のデータベーストラフィックを減らすためにログインしていない利用者のために静的なページをキャッシュします。

メッセージのキャッシュ[edit]

サイドバーのキャッシュ[edit]

パーサーのキャッシュ[edit]

  • $wgEnableParserCache (1.26 以降廃止予定) – 同じオプションで他の利用者によって見られる同じページの出力をスピードアップするために解析されたキャッシュページ(objectcacheテーブル、またはturck、memcached)を保存する。
  • $wgRenderHashAppend – Append a configured value to the parser cache and the sitenotice cache keys.
  • $wgParserCacheExpireTime – Expiration time (in seconds) of cached parser information
  • $wgParserCacheType – パーサーキャッシュ設定。

Memcachedの設定[edit]

Memcachedのメモリベースのオブジェクト保存(もし使用している場合)を環境設定するための設定です。docs/memcached.txtに詳細な説明があります。

インターウィキ[edit]

  • $wgDisableHardRedirects – 特別ページへのリダイレクトとインターウィキリダイレクトを無効にします。これらのリダイレクトは302を使用し、リンクからはリダイレクトしません。
  • $wgEnableScaryTranscluding – 「scary transclusion (他のwikiからトランスクルードします) を有効にします。
  • $wgExtraInterlanguageLinkPrefixes – Extra inetrwiki prefixes to treat as language code
  • $wgImportSources – (sysopsとして)Special:Importに対してソースとして受け入れるインターウィキの接頭辞のリストです。
  • $wgLocalInterwiki (1.23 以降廃止予定) – このwikiのインターウィキの接頭辞。
  • $wgLocalInterwikis – The interwiki prefixes of this wiki.
  • $wgRedirectSources- Regular expression to restrict URLs which will be displayed as 'redirected from' links.
  • $wgTranscludeCacheExpiry – インターウィキのトランスクルージョンに対する期限。

インターウィキキャッシュ[edit]

詳細は interwiki cache を参照してください。

アクセス[edit]

ウィキロッキング、利用者アクセスオプション、ブロック/禁止、と他の関連設定。

  • $wgActions – Array of allowed values for the "action" parameter for normal pages.
  • $wgAutopromote – 利用者が基準をマッチする場合、自動的な昇進を可能にする。
  • $wgAutopromoteOnce – Automatically add a usergroup to any user who matches certain conditions.
  • $wgAccountCreationThrottle – それぞれのIPアドレスが作成するかもしれないアカウントの番号です。0から無効です。memcachedが必要です。
  • $wgAllowPageInfo (1.20 で除去済) – インフォアクションを許可します。今のところ非効率です。
  • $wgBlockCIDRLimit – Maximum CIDR range when blocking an IP range.
  • $wgDeleteRevisionsLimit – 記事をbigdelete 権限が必要になる前に記事が持たなければならないリビジョンの整数
  • $wgDisabledActions (1.23 で除去済) – 無効にされた記事のアクションの配列。例えば、view、edit、dublincore、deleteなど。
  • $wgEnableCascadingProtection (1.13 で除去済) – カスケードプロテクションを有効にする。
  • $wgFilterCallback (1.17 以降廃止予定) – この機能がtrueを返す場合($wgSpamRegexと)同じです
  • $wgInvalidPasswordReset – Specifies if users should be sent to a password-reset form on login in case of an inadequate password.
  • $wgNewPasswordExpiry – The time, in seconds, when an emailed temporary password expires.
  • $wgPasswordAttemptThrottle – Limit password attempts per IP per address.
  • $wgPasswordConfig – Configuration for built-in password types.
  • $wgPasswordDefault – Default password type to use when hashing user passwords.
  • $wgPasswordResetRoutes – Whether to allow password resets identified by various bits of data.
  • $wgPasswordSalt (1.24 以降廃止予定) – 古いインストールのためにfalseに設定する。
  • $wgRangeContributionsCIDRLimit – Shortest CIDR limits that can be checked in any individual range check at Special:Contributions.
  • $wgRestrictionTypes – 保護機能で制限できる操作を設定する。
  • $wgSpamRegex – ページが保存されないようにする正規表現のパターン
  • $wgSummarySpamRegex – Same as $wgSpamRegex except for edit summaries
  • $wgCookieSetOnAutoblock – (since 1.29) Determines whether to set a cookie when a user is autoblocked. Doing so means that a blocked user, even after logging out and moving to a new IP address, will still be blocked. This is false by default.
  • $wgSoftBlockRanges – (since 1.29) IP ranges that should be considered soft-blocked (anon-only, account creation allowed).

アクセスに関連するより詳細な方法と設定に関してはManual:Preventing access/jaを参照してください。$wgGroupPermissions, $wgAddGroups, $wgRemoveGroups、などに関して詳細な情報はManual:User rights management/jaもご覧ください。

利用者アクセスの設定に関しては User Access を参照してください。

レートリミッター[edit]

  • $wgRateLimitLog (1.27 で除去済) – レートリミッターのヒット数のログを取るファイルを設定する。
  • $wgRateLimits – 大量編集を制限するシンプルなレートリミッターオプション。
  • $wgRateLimitsExcludedIPs – Array of IPs which should never trigger the rate limiter.

API[edit]

  • $wgEnableAPI – api.phpを通してデータのAPIに直接アクセスすることを有効にする。
  • $wgEnableWriteAPI – 認証された利用者がAPIにアクセスするとき、書き込みオペレーション(ページ編集、ロールバック、など)を実行することを可能にする。
  • $wgCrossSiteAJAXdomains – Allow the API to be accessed by cross domain AJAX from specified domains
  • $wgCrossSiteAJAXdomainExceptions – Domains that should not be allowed to make AJAX requests, even if they match one of the domains allowed by $wgCrossSiteAJAXdomains
  • $wgAPICacheHelpTimeout – Set the timeout for the API help text cache.
  • $wgApiFrameOptions – Control framing of api pages.
  • $wgAPIRequestLog – Log file or URL (TCP or UDP) to log API requests to
  • $wgAPIUselessQueryPages – The ApiQueryQueryPages module should skip pages that are redundant to true API queries.


Wiki locking[edit]

  • $wgReadOnly – 編集を拒絶し、理由として与えられた文字列を表示します。
  • $wgReadOnlyFile – このファイルが見つかった場合、ファイルの内容を与えられた理由としてデータベースがロックされます。

削減[edit]

アップロード[edit]

安全のためにアップロードはとりわけ念入りに準備しなければなりません。

共有アップロード[edit]

これらの設定は後方互換性のために保持されています。新しい設定に関しては$wgForeignFileReposを参照してください。

  • $wgCacheSharedUploads – memcachedに共有されるメタデータをキャッシュする。
  • $wgForeignFileRepos – 外部のリポジトリに対するリポジトリ構造の配列。
  • $wgForeignUploadTargets – Array of foreign file repository names (set in $wgForeignFileRepos) that are * $wgHashedSharedUploadDirectory – 共有アップロードディレクトリをハッシュ化するかどうか。
  • $wgRepositoryBaseUrl – リポジトリwikiのためのベースURL。
  • $wgSharedUploadDBname – 共有ディレクトリに関するメタデータを伴うデータベース名。
  • $wgSharedUploadDBprefix -共有画像アップロードのためのDBの接頭辞。
  • $wgSharedUploadDirectory – 共有アップロードが見つかるファイルシステム上のパス。
  • $wgSharedUploadPath – 共有アップロードが見つかるウェブサーバー上のフルパス。
  • $wgUseSharedUploads – 与えられたファイルの名前がローカルリポジトリで見つからない場合、([[Image:..]], [[Media:..]]リンクに対して)共有リポジトリを探すかどうか 。
  • $wgFetchCommonsDescriptions – commonwikiに保存される場合メディアの説明を統合したい場合はこれを"true"に設定する

MIME タイプ[edit]

警告 警告:構成設定ではなく、グローバル状態変数です。 thumb.phpによって単独で使用されなければなりません!
  • $wgVerifyMimeType – mimeタイプまたはアップロードされたファイルがチェックされるかどうかを決定します。
  • $wgMimeTypeBlacklist – Files with these mime types will never be allowed as uploads if $wgVerifyMimeType is enabled.
  • $wgXMLMimeTypes – An array of XML mime types we can detect via MimeMagic.

Manual:Mime type detection/ja もご覧ください

画像[edit]

Manual:Configuring file uploads/ja もご覧ください

DjVu[edit]

EXIF[edit]

  • $wgShowEXIF – EXIFメタデータを表示するか決定します。データを表示しないためにfalseを設定します。
  • $wgUpdateCompatibleMetadata – Whether to automatically update the img_metadata field if the metadata field is outdated but compatible with the current version.

ImageMagick[edit]

  • $wgImageMagickConvertCommand – ImageMagickを起動させるために使用されるコマンドを設定する。
  • $wgImageMagickIdentifyCommand – The identify command shipped with ImageMagick
  • $wgImageMagickTempDir – Temporary directory used for ImageMagick.
  • $wgSharpenParameter – Sharpening parameter to ImageMagick.
  • $wgSharpenReductionThreshold – Reduction in linear dimensions below which sharpening will be enabled.
  • $wgUseImageMagick – PHPの内部画像ライブラリを利用するまたはImageMagickを利用してリサイズを行うことが可能になります。後者はPHPよりも多くのファイルフォーマットをサポートします。PHPの方はPNG、GIF、JPG、XBMとWBMPのみです。
  • $wgUseTinyRGBForJPGThumbnails – When this variable is true and JPGs use the sRGB ICC profile, swaps it for the more lightweight (and free) TinyRGB profile when generating thumbnails.

組み込みの機能の代わりに ImageMagick を使用するためには $wgUseImageMagick を true に設定してください。

SVG[edit]

サムネイルの設定[edit]

アンチウイルス[edit]

  • $wgAntivirus – ウイルススキャナーの内部名。
  • $wgAntivirusRequired – 失敗したウイルススキャン(AV_SCAN_FAILED)がファイルをリジェクトするかどうかを決定する。
  • $wgAntivirusSetup – 異なるウイルススキャナーのための構成。

パーサー[edit]

HTML[edit]

  • $wgRawHtml – <html>...</html>セクションで、生の、チェックされていないHTMLを許可する

Tidy[edit]

Tidyは壊れたHTMLをクリーンアップするオープンソースツールです。記事内の壊れたHTMLがwikiのレイアウトに影響を与えないことを保証するために使用することができます。

  • $wgTidyConfig – Configuration of the HTML postprocessing tool to use for fixing invalid HTML code.
  • $wgAlwaysUseTidy
  • $wgDebugTidy – Tidyの警告をHTMLコメントで追記します。内部のtidyに対してのみ動作します。
  • $wgTidyBin – Tidyバイナリへのパスを設定します。
  • $wgTidyConf – Tidy構成ファイルへのパスを設定します。
  • $wgTidyInternal – 個別のプログラムの代わりにPECL拡張モジュールを使用します。
  • $wgTidyOpts – コマンドライン上のTidyへオプションを渡します。
  • $wgUseTidy – HTML出力が正常であることを確認するためにTidyを使用します。
  • $wgValidateAllHtml -tidyを使って 出力全体を検証し有効ではないページを表示することを拒絶する。

Manual:Build Tidy from source/ja もご覧ください。

特別ページ[edit]

最近更新したページ[edit]

Special:Recentchanges および Manual:$wgDefaultUserOptions/ja を参照してください

UDPアップデート[edit]

UDP経由でRCアップデートを送ります。 Manual:Simple IRC RC Bot/jaをご覧ください

利用者[edit]

認証[edit]

権限[edit]

ユーザーエージェント[edit]

  • $wgBrowserBlackList – Unicodeに対して互換性のないブラウザーのブラックリスト。

Cookie[edit]

フィード[edit]

  • $wgFeed – シンディケーションフィードのオンオフを切り替えます。
  • $wgAdvertisedFeedTypes – Which feed types should be provided by default.
  • $wgFeedCacheTimeout – 秒単位でのキャッシュされた最近の更新フィードの'最小'のタイムアウトです。
  • $wgFeedClasses – Available feeds objects.
  • $wgFeedDiffCutoff – 最近の更新RSS/Atomフィードを生成するとき、このサイズよりも大きいページのために差分が生成されないようにする。
  • $wgFeedLimit – 例えば最近の更新、新しいページのためのシンディケーションフィード(RSS、Atom)をリターンするための結果の最大数を設定します。
  • $wgOverrideSiteFeed – Override the site's default rss/atom feed that appears on every page.

著作権[edit]

検索[edit]

ジョブ[edit]

  • $wgJobRunRate – バックグラウンドタスクジョブキューのスピード(例えばリンクのアップデート)
  • $wgRunJobsAsync – When $wgJobRunRate > 0, try to run jobs asynchronously, spawning a new process to handle the job execution, instead of blocking the request until the job execution finishes.
  • $wgJobClasses – ジョブをそれらにハンドリングするクラスへのマップ。
  • $wgJobTypesExcludedFromDefaultQueue – Jobs that must be explicitly requested, i.e. aren't run by job runners unless special flags are set.
  • $wgUpdateRowsPerJob – ジョブごとの更新をするデータ行の数。
  • $wgJobBackoffThrottling – Limits how often jobs of a given type can run
  • $wgMaxBacklinksInvalidate (1.23 で除去済) – Limits the maximum number of backlinks that can be invalidated when a page is editted.
  • $wgJobTypeConf – Configuration for job storage.
  • $wgJobQueueAggregator – Which aggregator to use for tracking which queues have jobs.

プロキシ[edit]

  • $wgBlockOpenProxies (1.22 で除去済) – 編集上の自動オープンプロキシテスト。
  • $wgEnableSorbs (1.16 以降廃止予定) – オープンプロキシをチェックするために http.dnsbl.sorbs.net を使用します。
  • $wgSorbsUrl (1.16 以降廃止予定) – SORBS ブラックリストの URL。
  • $wgEnableDnsBlacklist – オープンプロキシをチェックするために $wgDnsBlacklistUrls の DNS ブラックリストを使用するかどうか
  • $wgDnsBlacklistUrls – $wgEnableDnsBlacklist が true の場合、使用する DNS ブラックリスト。
  • $wgProxyKey (廃止予定) – 廃止され、$wgSecretKeyに置き換わりました。
  • $wgProxyList – 禁止されたIPアドレスのビッグリスト。キーに値がありません。
  • $wgProxyMemcExpiry (1.22 で除去済) – キャッシュされたプロキシ IP 群 の満了時間
  • $wgProxyPorts (1.22 で除去済) – プロキシでスキャンを行うポート。
  • $wgProxyScriptPath (1.22 で除去済) – プロキシをスキャンするために使用するスクリプト。
  • $wgProxyWhitelist – プロキシホワイトリスト、他のメソッドが何を言おうともアドレスのリストはプロキシではないと想定されます。
  • $wgSecretKey – LocalSettings.phpで常にカスタマイズされなければなりません
  • $wgUsePrivateIPs – Whether forwarded private IPs should be accepted.

Squid[edit]

These settings configure MediaWiki when using a caching HTTP proxy server. They apply to caching using Varnish as well as Squid.

  • $wgInternalServer – Squidで知られる内部サーバー名です。異なる場合です。
  • $wgMaxSquidPurgeTitles – 一つのクライアントオペレーションをパージするためのタイトルの最大数
  • $wgSquidPurgeUseHostHeader – Whether to use a Host header in purge requests sent to the proxy servers configured in $wgSquidServers.
  • $wgSquidMaxage – squidのためのキャッシュタイムアウトです。
  • $wgSquidServers – 変更時にパージするプロキシサーバー(可能ならばipsips)のリストです。
  • $wgSquidServersNoPurge – パージされないこと以外は $wgSquidServersと同じです。
  • $wgUseESI – ESIサポートでSquid3を動作させる場合はこれを有効にしてください。
  • $wgUseSquid – Squidを有効/無効にします。
  • $wgUseXVO – Send X-Vary-Options header for better caching (requires patched Squid).
  • $wgVaryOnXFP – Whether to add X-Forwarded-Proto to the Vary and X-Vary-Options headers for API requests and RSS/Atom feeds.

HTCPマルチキャストパージング[edit]

拡張機能[edit]

メンテナンススクリプトの設定[edit]

その他の設定[edit]

  • $wgAjaxEditStash – Whether edits should be prepared via AJAX as users type edit summaries.
  • $wgAllUnicodeFixes – Whether to always convert certain Unicode sequences to modern ones regardless of the content language.
  • $wgAntiLockFlags – アンチロックフラグ。
  • $wgCompiledFiles – A list of files that should be compiled into a HipHop build, in addition to those listed in $wgAutoloadClasses.
  • $wgGitRepositoryViewers – Map GIT revision numbers and repository URLs to their respective gitweb URLs in Special:Version
  • $wgExternalDiffEngine – 外部のC++ diffエンジンを利用します(エクステンションパッケージからwikidiffモジュール)。
  • $wgFixArabicUnicode – Set this to true to clean up archaic Unicode sequences in Arabic text.
  • $wgFixMalayalamUnicode – Set this to true to clean up archaic Unicode sequences in Malayalam text (Default true if $wgLanguageCode = "ml").
  • $wgLegacySchemaConversion (廃止予定) – Option to speed up the conversion step for large sites when migrating the schema from 1.4 to 1.5.
  • $wgMaxShellFileSize – Linux環境でのシェルプロセスで作成する、KB単位の最大ファイルサイズ。
  • $wgMaxShellMemory – Linux環境でのシェルプロセスでアクセス可能な仮想記憶の、KB単位の最大値。
  • $wgMaxShellTime – Linux 環境でのシェルプロセスの、秒単位での最大 CPU 時間。
  • $wgMemoryLimit – The minimum amount of memory that MediaWiki "needs"; MediaWiki will try to raise PHP's memory limit if it's below this amount.
  • $wgPageCreationLog – Whether to maintain a log of new page creations at Special:Log/create.
  • $wgPingback – Controls if MediaWiki should report back data about its installation from time to time to aid developers.
  • $wgPoolCounterConf – Configuration for processing pool control.
  • $wgShellLocaleLC_CTYPE のロケール。
  • $wgUseAutomaticEditSummaries – 自動的な"編集内容の要約"を切り替えます。
  • $wgUseTagFilter – Allow filtering by change tag in recentchanges, history, etc.
  • $wgUseTrackbacks (1.19 以降廃止予定) – Whether to use trackbacks.

See also[edit]