Git からのダウンロード

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Download from Git and the translation is 100% complete.

Other languages:
aragonés • ‎العربية • ‎asturianu • ‎تۆرکجه • ‎беларуская (тарашкевіца)‎ • ‎български • ‎català • ‎čeština • ‎dansk • ‎Deutsch • ‎Ελληνικά • ‎English • ‎Esperanto • ‎español • ‎euskara • ‎فارسی • ‎suomi • ‎français • ‎galego • ‎Hawaiʻi • ‎עברית • ‎हिन्दी • ‎hrvatski • ‎magyar • ‎Հայերեն • ‎interlingua • ‎Bahasa Indonesia • ‎Interlingue • ‎italiano • ‎日本語 • ‎ქართული • ‎Taqbaylit • ‎한국어 • ‎kurdî • ‎Lëtzebuergesch • ‎lietuvių • ‎Bahasa Melayu • ‎Napulitano • ‎norsk bokmål • ‎नेपाली • ‎Nederlands • ‎occitan • ‎polski • ‎پښتو • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎sicilianu • ‎Scots • ‎سنڌي • ‎slovenčina • ‎српски / srpski • ‎svenska • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎ไทย • ‎Türkçe • ‎татарча/tatarça • ‎ئۇيغۇرچە • ‎українська • ‎Tiếng Việt • ‎ייִדיש • ‎粵語 • ‎中文
MediaWiki 1.19beta2, 1.18.2, 1.17.3 以降、MediaWiki コアおよび拡張機能は、バージョン管理に Git を使用しています。これらより古いバージョンについては Subversion を参照してください。

Git は分散型バージョン管理ソフトウェアであり、パッケージ化を待たずに、利用者がブランチの「最新の」バージョンをダウンロードできる仕組みです。これにより MediaWiki はより素早くリリースでき、利用者はインストールしたソフトの更新やアップグレードの巻き戻し、パッチの投稿をもっと容易に実行できます。(もちろん、安定性は公式の安定バージョンの方が常に高いことはお忘れなく。)

詳細情報は、特に貢献をするにはGit を参照してください。基本作業のいくつかは、以下に概要を示します。

要件

使用するにはまず Git をインストールしてください。Git はさまざまな方法で取得できますが、ご使用中のオペレーティング システムに依存します。ソースコードおよび公式のバイナリについては、git-scm.com を参照してください。Git をインストールするその他の方法については、ご使用中のオペレーティング システム用の手順を検索エンジンで見つけてください。

サードパーティーのライブラリをダウンロードするには、Composer のインストールをお勧めしますが、必須ではありません。

MediaWiki のダウンロードに Git を使用

ダウンロード

Git を使用すると MediaWiki コア (SVN の phase3)のほか、ウィキメディア財団のサーバー クラスタ上に現在インストールしてある拡張機能のすべてと、その他Gerrit/jagerritで提供する多くの拡張機能をダウンロードできます。

まず、MediaWiki のコア リポジトリをクローン (複製) します。これには時間が掛かる場合があります。

ターミナル画面で、以下のコマンドを入力してください:

git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/p/mediawiki/core.git --branch REL1_31 install-dir

これは、MediaWikiコアリポジトリ全体を install-dir と名づけたサブディレクトリにクローンするため、まず最初にリリースブランチ 1.31に取り掛かるという手順です。

インストール先のディレクトリを変更するには、コマンドラインに保存先を書き込みます(手順の詳細は外部の説明文書を参照してください。)リポジトリがクローンされると簡単に異なるブランチやタグ(下記参照)に切り替えできる代わり、MediaWikiの不安定なバージョンを追跡するものも対象になってしまいます。そこで、開発ブランチ master は最先端の開発者向けMediaWikiですが安定しているとはみなさず、どのような状況下でも絶対にマスターコードを本番用環境に使用してはいけません

クローンするリビジョンの数を減らしたい場合は、上記のコマンドに--depth=1を追加します。

その理由はリリースブランチには大量のGitサブモジュールがあるからで、よく使用される拡張機能や外装が含まれます(マスターブランチにはないもの)。サブモジュールの更新は、次のコマンドを実行します。

cd install-dir
git submodule update --init

開発向けダウンロード

開発者アクセス権をお持ちの場合 (開発者アクセス権は簡単に申請できます)、https接続で匿名利用者として実行するよりも、セキュアシェル プロトコルssh「<利用者名>」経由でクローンし、変更の査読をしてもらうようにしてください。

git clone ssh://<利用者名>@gerrit.wikimedia.org:29418/mediawiki/core.git --branch REL1_31 インストール先のディレクトリ名

外部ライブラリの取得

MediaWikiが外部PHPライブラリの管理に使うComposerは、どの場合もご使用のMediaWikiディレクトリのvendor/ディレクトリを参照します。

これらの必要なライブラリをインストールするには、以下の選択肢があります:

  • あるいはまた、Mozilla Composer を使いたくない場合、もしくはWMF 生産クラスタで使ったベンダ・ライブラリをそのまま使いたい場合、git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/p/mediawiki/vendor.git を実行して MediaWiki インストレーションのコアフォルダに vendor/ ディレクトリを作ります。もし拡張機能ごとに独自のComposer要件が設定されていると、このオプションは適合しません

外部ライブラリはMediaWiki 1.25 以前、コアのリポジトリに保管され、パッケージマネジャは不要でした。

MediaWiki タグ (安定バージョン)

一方、MediaWiki の特定の安定バージョンは「タグ」で追跡されています。これらの内容は tar アーカイブ リリースと似ています。現存するバージョンは1.31.0 (安定)と1.27.4 (LTS) および 1.30.0 (レガシー) です。

使用できるタグの一覧はこちら:

git tag -l | sort -V

(Mac OS X などで) 非 GNU の sort コマンドを使用する場合、古い形式の区切りを指定します:

git tag -l | sort -n -t. -k1 -k2 -k3

特定のタグを使用する方法。たとえば現状の最新リリースは:

git checkout 1.31.0


MediaWiki の最新の開発バージョン

MediaWiki の最新の開発バージョンは、「master」ブランチで追跡されています。これは、MediaWiki リポジトリをクローンした際に既定で検査するブランチです。別のブランチに変更してあるけれど、最先端の MediaWiki に切り替えるには、以下を実行します:

git checkout master


最新の状態に保つ

MediaWiki の特定のブランチまたは開発バージョン (「master」ブランチ) を使用している場合は、最新の変更点の入手は割合に簡単です。ご利用の MediaWiki の複製ディレクトリに移動して、 git pull コマンドを実行してください:

git pull

ご使用中のブランチに対する最新の変更点がすべて適用されます。

場合によっては新しいバージョンのコアに新しい拡張機能や外装が必要なため、拡張機能やスキンごとにそれぞれのディレクトリに移動し、git pull --recurse-submodulesといったコマンドでそれらを更新しなくてはいけません。

さらにvendor/を必須ライブラリのより新しいバージョンに更新する必要があります。多くの場合、下記の Composer コマンドを実施するのですが、手順は前述の外部ライブラリの取得を参照します。

composer update --no-dev

そしてコードと必須ライブラリの更新/アップグレード後は、データベース・テーブルの更新が求められるため、引きつづき MediaWiki のコマンドラインスクリプト update.phpManual:update.php を実行します。

php maintenance/update.php


MediaWiki-Vagrant を利用している場合は、これら一連の手順を一度で実行してくれる vagrant git-update コマンドがあります。

別のバージョンへの切り替え

MediaWiki の別のバージョンへの切り替えは、SVN と比較して Git では遥かに簡単です。各バージョンはブランチやタグで追跡されていて、どれに切り替えるにしても、手順はご利用の MediaWiki 複製ディレクトリ内でお好みのブランチやタグを検査するだけです。

git checkout <ブランチ名>

または

git checkout <タグ名>

変更内容が自動的に適用され、すべてすぐに使用できる状態になります。

MediaWiki 拡張機能のダウンロードに Git を使用

Git 内の拡張機能の一覧

拡張機能のダウンロード

以下の文字列にある<EXT> を、ダウンロードしたい拡張機能の名前に読み替えてください (空白は不要です)。例えば拡張機能 Extension:TitleKey の場合は TitleKey になります。(大文字小文字は区別されます!)

1件の拡張機能を Git からダウンロードしてクローンします:

cd /path/to/extensions
git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/p/mediawiki/extensions/<EXT>.git --branch REL1_31

開発者は以下でクローンします:

git clone ssh://<利用者名>@gerrit.wikimedia.org:29418/mediawiki/extensions/<EXT>.git --branch REL1_31

拡張機能のソースコードを見るには、アプリケーションのGerrit's gitilesを使うか、もしくは以下のURLを利用します。

https://gerrit.wikimedia.org/g/mediawiki/extensions/<EXT>/+/refs/heads/master

すべての拡張機能のダウンロード

gerrit.wikimedia.org から すべての MediaWiki 拡張機能をご利用の端末にダウンロードしたい場合は、以下をコマンドラインに入力します:

git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/p/mediawiki/extensions.git --branch REL1_31
cd extensions
git submodule update --init --recursive

すべての拡張機能をそのブランチの最新版に更新する手順は、以下を入力するだけです:

cd /path/to/extensions
git pull
git submodule update --init --recursive

新しいリリース後など、別のブランチに変更するには:

git submodule foreach 'git checkout -b REL1_30 origin/REL1_30 || :'

そのバージョンのMediaWikiと同じリリースの拡張機能のみを使用してください。

マスターブランチを追跡するには:

git submodule foreach 'git checkout -b origin/master || :'

安定しているとは考えられないため、どのような状況下でも、本番用環境にマスターコードを使用すべきではありません

読み取り専用の検査で十分なら(例えばMediaWikiコード全体を検索、分析するとき)、ご利用の端末に何もダウンロードせずにLabsにある共有の MediaWiki 検査を利用すればよいのです。

拡張機能の除去

  1. LocalSettingsを開き、「require_once …」または「wfLoadExtension( … )」を削除。
  2. composer.local.json内で拡張機能を参照する行をすべて削除 (通常は「extra → merge-plugin → include」の手順に従う)
  3. install-dir/extensions/から拡張機能のディレクトリを削除。

MediaWiki 外装のダウンロードに Git を使用

git の外装のリスト

Gitのダウンロードにおいて、MediaWiki 1.24以降では、外装が含まれていません。

上記の拡張機能の場合とまったく同じ手順を踏んでください (手順は前の節で解説)。ただしどの URL でもパスでも、文字列中の extensionsskins で置き換えます。

手順についての詳細情報は、ここ MediaWiki.org 上のそれぞれの外装のページにあります (例: Skin:Vector#インストール)。他のどの外装の手順も同様です。

関連項目