Help:利用者のブロック

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Help:Blocking users and the translation is 100% complete.

Other languages:
العربية • ‎català • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎suomi • ‎français • ‎עברית • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎मैथिली • ‎Nederlands • ‎polski • ‎پښتو • ‎português • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎српски / srpski • ‎українська • ‎Tiếng Việt • ‎中文
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。
PD

利用者のブロックは、利用者や IP アドレスに対して管理者が実行できる、ウィキを編集できなくする操作です。

ブロック[edit | edit source]

ブロックのインターフェイスのスクリーンショット。すべてのチェックボックスが表示されている状態。

利用者をブロックする方法は非常に簡単です。Special:BlockIP にアクセスして、以下の手順に従ってください:

  1. IPアドレスまたは利用者名: ブロックする利用者名、IPアドレス、IPレンジのいずれかを「利用者」欄に入力します。アカウントをブロックする場合は綴りが正しいことを確かめてください (アカウントが存在しなくてもブロックできてしまうため)。これを手入力する代わりに最近の更新や利用者の投稿記録、履歴ページなどにある「ブロック」リンクをクリックすることで対象の利用者や IP アドレスを自動的に指定することができます。利用者ページやそのトークページを閲覧しているときはツールボックスの「この利用者をブロック」と書かれたリンクも利用できます。
  2. 有効期限: ブロックの期間を設定します。ドロップダウンボックスから選択することもできますが、手動で入力することもできます。手動で入力する場合はGNU標準書式に従ってください。ドロップダウンボックスの選択肢は MediaWiki:Ipboptions で変更できます。
  3. 理由: ブロックの理由をドロップダウンボックスから選択し、下のその他の/追加の理由欄に入力します。ここに入力したメッセージは Special:Log に表示されるだけでなく、ブロックされた利用者が編集を行おうとしたときにも表示されます。 既定のドロップダウンボックスの選択肢は MediaWiki:Ipbreason-dropdown で変更できます。
  4. ブロックのオプションを選択: 利用者名かIPをブロックする時にその他のオプションが有効化されていれば、以下のすべて、またはいくつかのオプションがフォームに表示されます。オプションを有効化する方法については Manual:Block and unblock#Configuration settings related to blocking を参照。
    • 匿名利用者のみ: このオプションは IP アドレス (レンジではない) をブロックする場合のみ利用できます。これを選択した場合は、登録利用者はブロックされたその IP アドレスから編集を行うことができます。選択しなかった場合は、編集も無効化されます。
    • アカウント作成を禁止: ブロックされた利用者やそのIPアドレスが新たなアカウントを取得できないようにします。
    • この利用者が最後に使用したIPアドレスと、ブロック後に編集を試みた際のIPアドレスを自動的にブロック: このオプションは利用者名アカウントをブロックする場合にのみ使用できます。 これを選択するとブロックされる利用者の IP がしばらくの間「自動ブロック」 (これは #17 のような番号で ブロックの一覧 に表示される) され、そのブロックされた利用者が編集に使おうとした他の IP アドレスも同様にブロックされます。 「自動ブロック」(autoblock) の期間は、$wgAutoblockExpiryManual:$wgAutoblockExpiry の値を調整することで変更できます。
    • この利用者がブロック中に自身のトークページを編集することを禁止: このオプションは $wgBlockAllowsUTEditManual:$wgBlockAllowsUTEdit が true に設定されている場合にのみ使用できます (既定ではこうなっていません)。このオプションを選択するとブロックされた IP アドレス、レンジ、利用者のいずれも自分の会話ページを編集できなくなります。
    • メール送信を禁止: これを選択するとブロックされた利用者が Special:EmailUser を使用できなくなります。 IP アドレスやレンジをこのオプションでブロックする場合、匿名利用者のみに設定しなければ、その IP アドレスやレンジからログインした利用者も Special:EmailUser を使用できなくなります。
    • 利用者名を編集履歴や各種一覧から秘匿する: これを選択すると、ブロックされた利用者名や IP アドレスが、ブロック記録ブロックの一覧利用者一覧のいずれにも追加されず非表示になります。これらの非表示にされた記録項目を閲覧する権限がある他の利用者は、この利用者名や IP アドレスを閲覧することもブロック解除することもできます。この選択肢は、MediaWiki の既定のインストレーションでは有効になっておらず、ブロックを非表示にするにはその利用者が hideuser 権限を持っている必要があります。

Manual:利用者権限 を参照してください。

    • この利用者の利用者ページとトークページをウォッチ: これを選択するとブロックされた利用者の利用者ページと会話ページを自分のウォッチリストに追加します。
  1. 入力内容を再確認し、この利用者をブロック ボタンをクリックします。 ブロックの成功、または失敗を示すメッセージが現れます。

ブロック解除[edit | edit source]

利用者やIPアドレスのブロックを解除するには ブロックの一覧にアクセスし、ブロックを解除したい利用者やIPの隣に表示された (ブロック解除) リンクをクリックします。次に、理由を入力して このブロックを解除をクリックします。解除の成功、または失敗を示すメッセージが現れるはずです。

ブロックされることの意味[edit | edit source]

ブロックされた利用者はページの編集ファイルのアップロードページの移動、その他追加的に与えられた利用者権限を公使できなくなります。ブロックされた利用者は、実質的にはウィキを閲覧することしかできなくなります。MediaWiki 1.17 までは、管理者権限や他のブロック解除インターフェイスにアクセスできる権限を持つ利用者は自身がブロックされていても他の利用者のブロックを解除できましたが、MediaWiki 1.17 以降はブロックされている利用者が他の利用者をブロックまたはブロック解除することはできなくなりました。

関連項目[edit | edit source]