Help:ビジュアルエディター/よくある質問

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:VisualEditor/FAQ and the translation is 100% complete.

Other languages:
Avañe'ẽ • ‎Bahasa Indonesia • ‎Basa Sunda • ‎Cymraeg • ‎Deutsch • ‎English • ‎Ido • ‎Kreyòl ayisyen • ‎Lëtzebuergesch • ‎Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄ • ‎Nederlands • ‎Scots • ‎Tagalog • ‎Tiếng Việt • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎asturianu • ‎azərbaycanca • ‎català • ‎dansk • ‎eesti • ‎emiliàn e rumagnòl • ‎español • ‎euskara • ‎français • ‎føroyskt • ‎galego • ‎hrvatski • ‎italiano • ‎lietuvių • ‎magyar • ‎norsk bokmål • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎slovenčina • ‎slovenščina • ‎suomi • ‎svenska • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎български • ‎русский • ‎саха тыла • ‎српски / srpski • ‎українська • ‎հայերեն • ‎ייִדיש • ‎עברית • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎فارسی • ‎پښتو • ‎मैथिली • ‎বাংলা • ‎தமிழ் • ‎తెలుగు • ‎ქართული • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。
PD

全般

ビジュアルエディターとは?
ビジュアルエディター (VisualEditor) は、編集者がウィキテキストの構文を知らなくても MediaWiki 上でページを編集できるようにするための、ウィキメディア財団の主導で開発されたソフトウェアです。ビジュアルエディターを使用すると、ワードプロセッサーと同様の方法で書式が整ったページを作成できます。つまり、テキストは編集中にも保存後と同じ見た目で表示されます。
なぜこの変更をしているのですか?
最初の1編集をするにあたって、古い編集ウィンドウに採用されたウィキの複雑なマークアップ構文はもっとも高い壁 であり、また生産的で経験ゆたかなコミュニティの一員となる道を歩みはじめるにあたって最大の障壁だったのです。編集の最初の一歩から成功体験を得るためには、よりよい編集システムが必要です。詳しくは詳細版の説明をお読みください。
ビジュアルエディターの使い方についてもっと学ぶにはどこを見ればいいですか?
ビジュアルエディター ユーザーガイドをご覧ください。
私のウィキプロジェクトでビジュアルエディターが有効化されるのはいつですか?
現時点での導入予定は、mw:VisualEditor/Rolloutsに掲示されています。2013年に、ウィキペディアのすべての言語版の半分以上でビジュアルエディターをオプションとして使えるようになりました。 ログインした利用者が選択すれば、ほぼ全員がウィキペディア財団のプロジェクトすべてで、ビジュアルエディターのBeta Featureを使えます。
開発がまだ完了していないのにこのソフトウェアを導入しようとしているのはなぜですか?
たしかにこのソフトウェアは開発が完了していません。追加するべき機能も解決すべき問題も残っています。ただ、究極的には、バグを見つけるにも足りない機能を特定するにも、できるだけ多くの人にこのソフトウェアに触れて使ってもらうのが最善の道なのです。短期的に見れば混乱を招くとはわかっていますがバグは修正されますし、現在は使うことこそ、修正が必要なものを特定できる道なのです。
ビジュアルエディターに問題点を見つけました。修正依頼をする方法は?
できれば 「ビジュアルエディター」製品Phabricator で報告してください。多くの大規模なウィキに、ビジュアルエディターについてのフィードバックをする場所があります。ウィキデータにその一覧があります。mediawiki.org 上にも 中心的なフィードバック場所があります。
ビジュアルエディターを無効化する方法は?
ウィキテキストで直接編集するには「編集」ボタンではなく「ソースを編集」ボタンを押してください。節単位編集リンクでは、通常の「編集」リンクではなく「ソースを編集」リンクをクリックすると、従来のウィキテキスト編集画面が開きます。 VisualEditorがまだベータ版のウィキでは「個人設定」ページのベータタブを開き、チェックボックスのレ点を外せば操作完了です。その他のウィキでは代わりに、編集タブベータ版の間だけVisualEditorを一時的に向こうにするチェックボックスにレ点を入れます。
ある機能がビジュアルエディターに欠けています。どうすれば追加してもらえますか?
機能の中には現在開発中のものや計画中のものがあります。 ロードマップと2015–2016年度の Wikimedia Engineering goals pages、さらにPhabricator workboardにも追加情報があります。あなたが提案したい新規機能が見当たらないようでしたら、問題の報告と同じ手順で報告してください。
ビジュアルエディターが主要な編集画面になったあとも、ひきつづきウィキテキストを使用した編集はできますか?
ビジュアルエディターが既定の編集環境になったあとも、裏にある「ソース」テキストを編集する手段はひきつづき残ります。「ソースで編集」機能をなくす計画はありません。
これまで慣れ親しんだ [[ ]] や {{ }} のようなウィキ記法をビジュアルエディターで使用できますか?
使用できません。現在はショートカットからリンクやテンプレートのツールが自動的に動作開始します。記事に wikimarkup をしている場合は警告メッセージが表示されます。ビジュアルエディターの詳しい使用法についてはビジュアルエディター利用者ガイドをご覧ください。
ご使用中のブラウザーに対応していない理由は?
ウィキペディアおよび姉妹ウィキでの編集のために現代的な編集インターフェイスを開発するのは技術的な挑戦ですが、現代的なウェブ技術とウェブ標準を使用すれば可能です。残念ながら、一部のブラウザーはビジュアルエディターが使用している機能に対応していません。ビジュアルエディターは現在最も普及しているウェブブラウザーのうち、次のバージョンより新しいものに対応するよう、最大限、努力しています。Firefox 15 以降 、Iceweasel 10 以降、Chrome 19 以降、Opera 15 以降、Microsoft Internet Explorer 10以降、Edge 12以降。ブラウザによっては例えばInternet Explorer 9のように、警告メッセージが出ていても編集中に大きな問題に出会わないものもあります。しかし、古いブラウザーの制限事項に対応し続けようとすると、利用者の大半をカバーする機能改良に使用できるリソースが減少してしまいます。サポート対応ブラウザーにアップグレードすることを強くお勧めします。また、アップグレードできない場合は、これまでのウィキソースエディターを使用し続けていただけないでしょうか(詳細は ターゲットとなるブラウザのマトリクス を参照してください。)
ビジュアルエディターは、ウィキソースの査読ページやウィクショナリーのテンプレート、その他ウィキペディアにない機能などに対応していますか?
ビジュアルエディターは今のところウィキペディアでのみ有効化されますが、ウィキメディアのすべてのサイト群で有効化できるよう柔軟に設計されています。ウィキペディアへの導入後、それぞれの姉妹サイト群固有の機能にも対応できるよう取り組む予定です。
ウィキメディア外部にある私の個人ウィキにビジュアルエディターをインストールできますか?
はい。ご自身の責任にてできます。VisualEditor 拡張機能とParsoid 拡張機能はダウンロードできますが、どちらもまだ実験段階です。Parsoid には nodeJS が必要であることにご留意ください。インストールして使用する場合は、何が機能し、何が機能しなかったか Phabricator までお知らせください。
ビジュアルエディターはページの自動修復を行いますか?
ほとんどの場合、ビジュアルエディターは直接編集されていない行の書式に変更を加えません。マークアップが既にページに加えられていてそれが不正確な場合 (例えば、表が閉じられていない場合など) には、それを修復しようとするかもしれません。
ビジュアルエディタはトークページで有効にできますか?
​いいえ。よく質問を受けますが使えません。
  • ビジュアルエディタ(VE)はtext[1]の平文からなるコンテンツの編集向けに設計されています。
    • トークページはコンテンツではありません。VEがコンテンツの編集で発揮する便利さを支えるツールや設計パターンの多くは、協議ではかえって使いにくくなってしまいます。
    • VEを協議に適するように変えるには、それら多くのパターンを削除または壊すしかありません。最も適したものを求めて、開発者はユーザー調査に多大な時間を費やして来ました。
  • VEでは構造化された議論を扱うことはできず、平文の議論は構造化されていません。
    • 従来型のトークページなど交わされる議論は、技術的な視点に立つ構造化された議論ではありません。一見すると質問の答えを分かち書きして構造化に見えても、複数個のコロンやアスタリスクマークを使った箇条書きであって、議論の構造化ではありません。現状の従来型議論の設計では、投稿の受け答えは人間にはわかるものの – ソフトウェアには誰に対して誰が返答したか判別できません。そこに投稿の間の明確な関連性(複数の投稿の親/子構造)がないからであり、構造化された議論とはそれがあるものと規定できます。
    • 従来はFlowで構造化された議論を扱いました。Flowでは個別の投稿に固有のIDを与えて他の投稿やトピック(固有のID付き)とリンクさせると特定の履歴が生成され、個別の投稿をピンポイントで割り出すことができます。将来的にはFlowを使い、複数の場所で議論を進めたり、トピックや返答の移動、議論の階層(サブ議論)の作成も可能になるでしょう。従来型のトークページでは、VEを使っても使わなくても、それはできません。
私の質問はここに載っていませんが、どこで質問できますか?
あなたのウィキのビジュアルエディターのフィードバックで質問できます (ウィキデータ上の一覧参照)。また、mediawiki.org の中央フィードバックページでも質問できます。

コミュニティリソース

自分たちのサイトにビジュアルエディタを導入する準備として、コミュニティが取り組めることが書いてあるページはありませんか?
「チェックリスト」相当するものはこのmediawiki.orgにあります
この課題に詳しい人はどこで探せば良いでしょうか?
コミュニティタスクフォースに名簿があります。

脚注

  1. ジェームズ・フォレスター(James Forrester)筆wikimedia-l メーリングリストのメッセージより。June 2016年6月。