Help:書式整形

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:Formatting and the translation is 100% complete.

Other languages:
asturianu • ‎беларуская (тарашкевіца)‎ • ‎bosanski • ‎català • ‎čeština • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎فارسی • ‎suomi • ‎français • ‎עברית • ‎हिन्दी • ‎magyar • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎한국어 • ‎Lëtzebuergesch • ‎मैथिली • ‎Nederlands • ‎Novial • ‎occitan • ‎polski • ‎پښتو • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎سنڌي • ‎සිංහල • ‎slovenčina • ‎svenska • ‎தமிழ் • ‎ไทย • ‎Tagalog • ‎Türkçe • ‎українська • ‎Tiếng Việt • ‎中文
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。
PD

ウィキマークアップを使用することによりテキストの整形ができます。テキスト整形マークアップには、アスタリスク・シングルクォート・等号などごく一般的な記号を使用します。これらの記号がウィキ内では特別な機能を果たすのです(一部の記号は特定の位置で使った時だけ機能します)。例えばことばをイタリック体にするには、そのことばを''このように''半角のクオーテーションマーク(欧文引用符)2つではさみます。

テキスト整形のマークアップ

説明 入力 出力
(インライン) 文字整形 - どこでも有効
斜体テキスト
''斜体''

斜体

太字テキスト
'''太字'''

太字

太字と斜体
'''''太字 & 斜体'''''

太字 & 斜体

ウィキ マークアップの回避
<nowiki>''マークアップ''なし</nowiki>

''マークアップ''なし

節の整形 - 行頭でのみ有効
さまざまなレベルの節見出し
== レベル 2 ==

=== レベル 3 ===

==== レベル 4 ====

===== レベル 5 =====

====== レベル 6 ======

  • レベル 1 は使用しないでください。これはページ名に使用されるためです。
  • Do not put any text on the same line after the ending equal signs.
  • 4件以上の見出しがある記事には、自動的に目次が生成されます(マジックワード__NOTOC__の設定をして回避。)

レベル 2

レベル 3

レベル 4

レベル 5
レベル 6
水平線
前のテキスト
----
後のテキスト

前のテキスト


後のテキスト

番号なしリスト (箇条書き)
* それぞれの行を、
* アスタリスク[[Wikipedia:asterisk|asterisk]] (*)で始めます。
** アスタリスクが多いほど、
*** 行の先頭の「・」 (中黒)が右へ下がり、リストが深くなっていきます。
* 改行<br />は深さを変えません。
*** ただし、深さが連続していないときは、中黒の後に隙間を挟んで2個目の中黒を表示します。
その他の文字が来るとリストは終了します。

* 箇条書きに
** 定義文の記号
::-  (半角のコロン+半角のマイナス) を加えると
** 中黒2個の間に[空白]を表示します。

* 箇条書きに
** 定義文の記号 (半角のマイナス) を加えると
*:- 行の先頭に半角のマイナスをつけた部分リストが始まります。箇条書きは深くなりますが
** 次の行の先頭には中黒を1個だけ表示します。

*箇条書きに
:- 定義文の記号 (半角のマイナス) を加えると
:* 行の先頭に中黒をつけた部分リストが始まります。箇条書きは深くなりますが
:* 中黒は1個だけ表示します。
  • それぞれの行を、
  • アスタリスクasterisk (*)で始めます。
    • アスタリスクが多いほど、
      • 行の先頭の「・」 (中黒)が右へ下がり、リストが深くなっていきます。
  • 改行
    は深さを変えません。
      • ただし、深さが連続していないときは、中黒の後に隙間を挟んで2個目の中黒を表示します。

その他の文字が来るとリストは終了します。

  • 箇条書きに
    • 定義文の記号
- (半角のコロン+半角のマイナス) を加えると
    • 中黒2個の間に[空白]を表示します。
  • 箇条書きに
    • 定義文の記号 (半角のマイナス) を加えると
    - 行の先頭に半角のマイナスをつけた部分リストが始まります。箇条書きは深くなりますが
    • 次の行の先頭には中黒を1個だけ表示します。
  • 箇条書きに
- 定義文の記号 (半角のマイナス) を加えると
  • 行の先頭に中黒をつけた部分リストが始まります。箇条書きは深くなりますが
  • 中黒は1個だけ表示します。
番号付きリスト
# それぞれの行を、
# ナンバーサイン[[Wikipedia:Number_sign|number sign]] (#)で始めます。
## ナンバーサインが多いほど、
### リストが、
### 深くなっていきます。
# 改行<br />はレベルを変えません。
### ただし、深さが連続していないときは隙間ができます。
# 空行は

# リストを一旦終了して、次のリストを開始します。
その他の文字は同様にリストを終了します。
  1. それぞれの行を、
  2. ナンバーサインnumber sign (#)で始めます。
    1. ナンバーサインが多いほど、
      1. リストが、
      2. 深くなっていきます。
  3. 改行
    はレベルを変えません。
      1. ただし、深さが連続していないときは隙間ができます。
  4. 空行は、
  1. リストを一旦終了して、次のリストを開始します。

その他の文字は同様にリストを終了します。

定義リスト
;項目 1
: 定義 1
;項目 2
: 定義 2-1
: 定義 2-2
項目 1
定義 1
項目 2
定義 2-1
定義 2-2
テキストのインデント
: 一個のインデント
:: 二個のインデント
::::: 多数のインデント

この回避策は、アクセシビリティに悪影響を及ぼす場合があります。
一個のインデント
二個のインデント
多数のインデント
さまざまな種類のリストの混在
# 1
# 2
#* 2.1
#* 2.2
# 3
#; 3 項目1
#: 3 定義1
# 4
#: 4 定義1
#: 4 定義1から続いているように
#: 見えるため<br />of <nowiki><br /></nowiki>タグの
#: 代用として使われます
# 5
## 5 - 1
### 5 - 1 - 1
## 5 - 2

項目内で改行するために #:*: を使用すると、アクセシビリティに悪影響を及ぼす場合があります。
  1. 1
  2. 2
    • 2.1
    • 2.2
  3. 3
    3 項目1
    3 定義1
  4. 4
    4 定義1
    4 定義1から続いているように
    見えるため<br />タグの
    代用として使われます
  5. 5
    1. 5 - 1
      1. 5 - 1 - 1
    2. 5 - 2

整形済みテキスト
 行頭に空白を挿入すると
 テキストが'''整形済み'''になり
 ''マークアップ''も'''''できます'''''。

この方式は段落整形のみを無効にし、文字整形のマークアップは有効のままです。
行頭に空白を挿入すると
テキストが整形済みになり
マークアップできます
整形済みテキスト ブロック
 <nowiki>最初の列の1文字目を[空白]にします。(<nowiki>の前)

するとテキスト ブロックのフォーマットは次の行でも変わりません。
 
コードブロックでの記載に適しています。

def function():
    """説明文書の文字列"""

    if True:
        print True
    else:
        print False</nowiki>
 最初の列の1文字目を[空白]にします。(<nowiki>の前)

するとテキスト ブロックのフォーマットは次の行でも変わりません。

コードブロックでの記載に適しています。

def function():
    """説明文書の文字列"""

    if True:
        print True
    else:
        print False

段落

MediaWikiは通常の改行を無視します。新しい段落は空白行を残してから始めます。段落内で改行を強制するためにはHTMLタグの <br /> を使用できます。

HTMLタグ

MediaWikiではいくつかの HTML タグが認められています。これには&It;code>&It;div>および<span>などがあります。これらのマークアップはどこで使用しても有効です。

説明 入力 出力
挿入線
(多くのブラウザでは下線が表示されます)
<ins>挿入済み</ins>

または

<u>下線</u>

挿入済み

または

下線

打消し線
(多くのブラウザでは文の中心に線が引かれます)
<s>取り消し済み</s>

または

<del>削除済み</del>

取り消し済み

または

削除済み

等幅テキスト
<code>ソース コード</code>

または

<code>等幅テキスト</code>

ソース コード

または

等幅テキスト

ブロック引用
前のテキスト
<blockquote>ブロック引用</blockquote>
後のテキスト

前のテキスト

ブロック引用

後のテキスト

コメント
<!-- コメント -->
コメントは編集欄でのみ表示されます。

コメントは編集欄でのみ表示されます。

すべてソフトハイフンで処理した文字整形
<pre>テキストは'''整形済み'''になり ''マークアップ''は'''''無効'''''です</pre>

ソフトハイフンで処理した文字整形のマークアップについては、直前の表の「整形済みテキスト ブロック」を参照してください。
テキストは'''整形済み'''になり ''マークアップ''は'''''無効'''''です
任意の書式を使ってソフトハイフンで処理した文字整形 (半角文字)
<pre style="color: red">テキストは書式付きで'''整形済み'''になり ''マークアップ''は'''''無効'''''です</pre>

CSSスタイルはstyle属性内で指定できます。
テキストが'''整形済み'''になり
 ''マークアップ''は'''''できません'''''。

続く:

説明 入力 出力
既定の整形済みテキストはCSS属性(white-space: pre-wrap;)により行の端で折り返します
<pre>
長文を例にテキストの「wrap」要素を説明します。さらに文を追加して長くします。さらに文を追加して長くします。
</pre>
長文を例にテキストの「wrap」要素を説明します。さらに文を追加して長くします。さらに文を追加して長くします。
カスタム化して折り返しを無効にした成形済みのテキスト
<pre style="white-space: pre;">
長文を例にテキストの「wrap」要素を説明します。さらに文を追加して長くします。さらに文を追加して長くします。
</pre>
長文を例にテキストの「wrap」要素を説明します。さらに文を追加して長くします。さらに文を追加して長くします。

記号の挿入

キーボードにない記号や特殊文字を入力する方法はいくつかあります。メニューのオプションやコントロールパネルで特殊文字を呼び出すOS やブラウザが普及し、またウィキエディタやVisualEditorを使うと編集画面に特殊文字を挿入できます。

最後の手段として、HTMLエンティティ(要素)と呼ばれる特殊な配列で文字を使う方法があります。配列をエンティティと呼び、例として以下の配列(エンティティ)の場合、&rarr; を挿入すると表示は右向き矢印のHTML記号→になります。&mdash;は文中でエムダッシュのHTML記号—になります。


文字の上にマウスカーソルをかざすと、その文字を表示するHTMLエンティティが表示されます。現在のフォントで表示できない特殊文字は四角形で表示されます。
HTML symbol entities
Á á Â â ´ Æ æ À à Α α & Å å Ã ã Ä ä Β β ¦ Ç ç ¸ ¢
Χ χ ˆ © ¤ ° Δ δ ÷ É é Ê ê È è Ε ε Η η
Ð ð Ë ë ƒ ½ ¼ ¾ Γ γ > Í í Î î ¡ Ì ì Ι ι
¿ Ï ï Κ κ Λ λ « < ¯ µ · Μ μ  
¬ Ñ ñ Ν ν Ó ó Ô ô Œ œ Ò ò Ω ω Ο ο ª º Ø ø Õ õ Ö
ö Φ φ Π π ϖ ± £ Ψ ψ " » ® Ρ ρ
Š š § ­ Σ σ ς ¹ ² ³ ß Τ τ Θ θ ϑ Þ þ ˜
× Ú ú Û û Ù ù ¨ ϒ Υ υ Ü ü Ξ ξ Ý ý ¥ ÿ Ÿ Ζ ζ
説明 入力 出力
著作権記号 &copy;
©
ギリシャ文字の「デルタ」 &delta;
δ
通貨のユーロ記号 &euro;

HTML要素の全体像はHTML要素の一覧の記事で解説します。MediaWikiではさらに標準外の配列参照シーケンスとして次の2件をサポートしています。&רלמ;&rlm;&رلم;と同等に右横書きです(同一ページに左横書きと混在する双方向テキストで用いる。right-to-left mark参照。)

HTMLのタグや記号の要素はそのまま表示(特化した言語の有無の比較)

&amp;euro;  → &euro;
<span style="color: red; text-decoration: line-through;">誤字は訂正の対象</span>  → 誤字は訂正の対象
&lt;span style="color: red; text-decoration: line-through;">誤字は訂正の対象</span>  → <span style="color: red; text-decoration: line-through;">誤字は訂正の対象</span>

HTML の nowiki

<nowiki /> は、(HTML) タグを阻害します:

  • <<nowiki />pre>  → <pre>

しかし、& 記号はエスケープされません:

  • &<nowiki />amp;  → &

& 記号をテキストとして出力するには以下のようにします。「&amp;」を使用すると、「&」の文字に置換されます (例: 「&amp;nbsp;」と入力すると、「&nbsp;」になります)。

その他の整形

テキスト整形以外の整形用マークアップについては以下を参照してください:

Help:コンテンツも参照のこと。