編集の査読改善/新しい編集査読用のフィルター

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Edit Review Improvements/New filters for edit review and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Türkçe • ‎azərbaycanca • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎čeština • ‎русский • ‎українська • ‎ייִדיש • ‎नेपाली • ‎मराठी • ‎中文 • ‎文言 • ‎日本語 • ‎한국어
「最近の更新」ページの絞り込み機能全般を改善する、新しいインターフェースを実装。査読者はORES予測の性能を最大まで活用できるようになった。(ビデオ画像は試作版

編集査読用の新しいフィルターは一連の改善により、編集の査読者がより効率よく有効な作業ができるように、「最近の更新」「ウォッチリスト」「関連ページの更新状況」などのページで使うものです。

調査によると、査読を受ける初学者には協力的なプロセスが必要で、このプロジェクトはその支援をもうひとつの目標にしています。査読者は新しいツールを使うと、エラーを出してはいるものの意図は誠実な初学者ボランティアの編集かどうか、初めて識別できるようになりました。

新しい編集査読フィルターは 絞り込みインタフェースを使いやすく強力に改良した上、ページの即時更新利用者指定の強調ツール絞り込み条件の保存と再利用機械学習を応用した確率の予測など、絞り込み機能を刷新しています。このページではプロジェクトから生まれた新しいツールや、派生した利点をまとめました。新機能を最大に活用するには 説明文書のページをご覧ください。新しい絞り込み機能の開発はグローバル共同開発チーム (Global Collaboration Team) が担当しました。

〈新しいフィルター〉の新機能

編集査読用の絞り込みプロジェクトで行った、改良と追加の要点は次の通りです。

特記する場合を除き、ここに説明する機能はすべてのウィキの「最近の更新」とウォッチリストに標準で実装されました。

新しい絞り込み

編集の品質を予測

ウィキメディアのウィキすべてで利用できるわけではありません

「貢献の品質」は編集が良質か問題があるか、予測して絞り込みます。質の良い編集を探すのも、貢献者に感謝したり支援するのも楽になるツールです。また巡回者にとって、質の悪い編集を感知して改善する助けになります。

機械学習サービス ORESを用いて統計的に品質を予測します。ORES は訓練により、以前は人力で集計した膨大な量の編集を扱います。ORES の「破損」試験を有効にしたウィキに限定して提供します。

編集の品質の予測について詳細はこちら。

利用者の意図を予測

ウィキメディアのウィキすべてで利用できるわけではありません

「利用者の意図」の絞り込みを使って編集が誠実に行われたかどうか予測できます。誠実な利用者による善意の編集の検索がしやすくなるほか、誠実でない編集の検出を有効にした査読者は荒らしの絞り込みができます。

前述の品質のフィルター同様、これら予測のフィルターにも統計を基本にする機械学習サービス ORES を用います。ORES の「破損」試験を有効にしたウィキに限定して提供します。

利用者の意図の予測について詳細はこちら。

経験のレベルで検索

3つのフィルターにより、変更を加えた編集者を経験レベルごとに検索できます。使い道はいろいろあります。研究によると初学者は査読によって編集を却下されると挫折しやすい傾向があり、このフィルターで初学者を抽出すると彼らに合わせた対応ができます。

経験ごとに3レベルを新しく定義しました。

  • 新規利用者 - 登録から4日以内、または編集回数が10回以下の利用者
  • 初学者 - 編集経験が「新規利用者」と「経験者」の中間の登録利用者 (ウィキペディアの自動承認された利用者に相当。)
  • 経験者 - 500編集以上かつ30日以上の活動履歴がある登録利用者 (ウィキペディアの承認された利用者に相当。)

絞り込み結果は、その時点でログインしている利用者による編集に限定されます。

フィルターについて詳しく

変更の種類による検索

これまで査読者が非表示にできるのは、カテゴリの変更とウィキデータの編集に限られていました。

新しいフィルターにはさらに3種類の「変更の種類」の絞り込みを追加しています。

  • ページの編集 は記事本文と議論のページの変更をフィルター。
  • ページの作成 は「最近の更新」を使った新規ページの巡回を有効にする。
  • 操作記録 は一般的にアカウント作成やページの削除、管理上の操作を抽出、あるいは絞り込み対象から除外できる (検索の対象は「すべての公開記録」Special:Logで追跡)。

最新版 (限定で) 表示

ページの最新の編集に限定して絞り込むには「最新版」フィルターを使います。直近以外の変更は検索の対象から除外されます。

ウォッチリストを参照して表示 (最近の更新)

「ウォッチリストに登録されているページ」フィルターを使うと、「最近の更新」からウォッチリストに登録したページのみ抽出したり強調表示できます。

〈未訪問〉のページを表示(ウォッチリスト)

ウォッチリストのみ対象

ウォッチリストと組み合わせて「ウォッチリスト・アクティビティ」にある2種類のフィルター「閲覧済みの変更」と「未読の変更」を使うと、その変更があってからページを訪問したかしないか判別します。

名前空間や特定の編集で検索

名前空間で検索

名前空間を指定して絞り込み

タグで検索

そのウィキで使えるタグを選び、編集を特定

強力なツール

強調表示で絞り込みをさらに有意義に

強調表示とは、抽出した編集を条件ごとに細かく色分けして、見やすく表す拡張機能です。使い方を間違えなければ、「最近の更新」の絞り込み結果を単純に表示した場合よりも、特定の対象を見つけやすくなります。

強調表示について詳しく

ブックマーク:設定の保存と再利用

新しいフィルターには多くの機能を盛り込んでありますので、豊富なオプションをぜひ使いこなしてください。複数の絞り込み条件を選んだら名前を付けて保存し、再利用できるようにしました。選んだ条件のセットは、ブックマークのアイコンを押すと保存でき、「保存したフィルター」メニューから呼び出せます。

絞り込み条件のブックマークの方法はこちら

ページから移動せずに個人設定を管理

ブックマークすると、保存したフィルターを既定にすることが可能です。するとページを開くたびに自動的にその設定が適用されるので、いちいち「個人設定」を変更する手間がかかりません。

「最近の更新」と「ウォッチリスト」から必要がなくなった項目をすべて削除する予定 です。残したオプションは1枚のタブに集約して固めます。

自動読み込み

要望の多かった機能の「自動読み込み」は最新の変更をほぼリアルタイムでモニタリング可能にします。自動読み込みモード中は、最近の変更ページの検索結果の新しい変更が3秒ごとに自動的に追加されます。

インタフェースの刷新

一覧、検索など絞り込み設定が楽になったこと (Filter) と強調機能 (Highlight results) が今回の改良でもっとも目立つ変更。最近の更新ページ (Recent changes) の画面。

より使いやすく

新しいフィルターの洗練された機能ができる限り使いやすくなるように、絞込みインターフェースを全面的に見直しました。機能は論理的にグループ化し、明確に説明しています。設定内容は「絞り込み」の領域にまとめて示しました。またヘルプシステムにより、手際よく状況にあった案内をします。

新しいインタフェースを使ってみる。

より強力に

新しいフィルターは多くの面で以前とは異なるロジックを使ってまとめました。たとえば新しい絞り込み機能を使用すると、論理グループごとに関連するフィルターを束ねたことにより、適宜、検索範囲を拡大縮小できます。同様に、以前、ほとんどの「最近の変更」フィルターでは、特定の属性 (X である) を非表示にするオプションしかありませんできませんでした。つまり以前なら例えば Wikidata の編集の表示・非表示の切り替えはできても、Wikidata の編集「のみ」表示することはできなかったのです。古い絞り込み機能の拡張により、現在のツールでは「X」「notX」両方を表示・非表示に切り替えることで、さらにコントロールしやすくなりました。

絞り込みの詳細はこちら

プロジェクトの更新状況

2018年8月末

Wikimediaのすべてのウィキ群は「最近の更新」と「ウォッチリスト」のページに、既定で新しいフィルタを実装しました。個人設定で無効にすることができます。

導入されたフィルターは2018年10月にMediaWikiのインストールに同梱されます。

2018年7月10日:ウォッチリストのスピード改善によりベータ版終了に向けて進行中

ウォッチリストで新しい編集査読のフィルターを標準版に移行する件ですが、先日の発表に関連して読み込みが遅いというユーザーの皆さんから報告を受けました。そこで原因を解明する間、ベータ版終了を遅らせています。

この問題はさまざまな角度から解決策を探った結果(下記の終了したチケットをご参照ください)、読み込み時間は特にウォッチリストで顕著に改善し、「最近の更新」でも効果が出ています。ユーザーからの報告ではウォッチリストの読み込み時間の遅延は半分以下に向上したということで、担当部署の計測値と一致しています。

これらのパフォーマンス改善に基づき、ウォッチリストでは「査読の新しいフィルタ」のベータ版運用を終える準備により、すべてのウィキで標準運用移行を進行中です。小規模なウィキ数件ではすでに7月9日(月曜日)に移行を完了、残りのウィキでも7月16日(月曜日)に新しい拡張機能を使えるようにする計画です。もしもウォッチリスト読み込みの異常な遅延がまだ起きている場合は、ぜひトークページで報告をお願いします。新しい拡張機能を使う必要がない場合は、各自、個人設定のページを開き、ウォッチリストのタブで設定してください。

処理時間短縮のタスクで終了したもの

2018年6月12日: 〈フィルターを非表示にする〉機能をウォッチリストおよび最近の更新「最近の更新」に導入

ウォッチリストウォッチリストおよび「最近の更新最近の更新」では、新しいフィルターUIの絞り込み部分の表示・非表示を切り替える機能を追加する予定です。設計案は以下(もしくはこちらのチケット)を参照してください。

この設計変更により絞り込みならびに検索バーを非表示にすることで、巡回者はより早くより多くの検索結果を画面に表示できます。しかしながら、それらのツールを非表示にしても、自動読み込みあるいは保存したフィルターなどの呼び出し、検索する時間枠あるいは表示する件数の変更など、巡回者はページを十分に使用できます。フィルタ設定の編集あるいは新規フィルタ作成が必要なときは、「表示」ボタンを押して絞り込みを開きます。

この「フィルタ設定領域を非表示にする」機能は、以前からユーザーの要望があったものです。変更は(2018年)6月中に公開できる見込みです。一歩踏み込んで、ウォッチリストでは「新しいフィルタ」機能が今月、すべてのウィキでベータ版から標準運用に移行するため、この段階ではウォッチリストのユーザーを念頭において取り組んでいます(その点の詳細は以下の投稿をご参照ください)。

左欄は新しいフィルタをすべて表示した状態。絞り込み領域の右上の「非表示」のリンク(ごみ箱アイコンの上)をオンにすると、新しいフィルタ欄が閉じる(右欄)。
左欄は新しいフィルタをすべて表示した状態。絞り込み領域の右上の「非表示」のリンク(訳注:ごみ箱アイコンの上)をオンにすると、新しいフィルタ欄が閉じる(右欄)。


2018年6月2日: ウォッチリストで近日中に標準運用へ

2017年9月より、新しいフィルターのベータ版利用者はウォッチリストでもこの機能を利用できるようになりました。

ウォッチリストでのベータ版は2018年6月下旬ないし7月初旬に標準版に移行する計画です。編集の検索機能として改善されたツールのセットとして実装予定です。個人設定の項目も改訂し、ウォッチリストのインタフェースを従来のものから変えない選択肢も設けます。

利点

新しいフィルターはウォッチリストにさらに使いやすい強化版の 絞込みインタフェースを組み込み、編集を効率的に査読する豊富なフィルターとその他のツールを用意しています。 ページの即時アップデート利用者が設定する強調表示目的ごとに分けたフィルターの組み合わせと保存による再利用ならびに 機械学習に裏付けされた予測フィルター (ORESが有効なウィキ向け) を提供します。新しいフィルターをまだ試していない場合は、ぜひベータ版を有効にしてウォッチリストで使ってみてください。できればローカルのガジェットや環境設定でテストしてもらえると大変助かります。新しいツールがいくつもあり、使い方ガイドは解説文書のページに載っています。

既知の制限

これまでのインタフェースと比べると、新しいフィルタは読み込み時間が0.5秒ほど長くかかります。これは数日使わなかったウォッチリストを開く場合に気づきます(時間は使うコンピュータの処理性能やネット接続あるいはウォッチリストの長さ等に左右されます。)新しいインタフェースでは機能が増え、従来に比べると画面上の表示エリアが拡大し、検索結果がだいたい横1行の幅になります。実際にはご使用のディスプレーの大きさや、フィルタの組み合わせ方その他の条件に影響されます。前述の通り、今までのインタフェースを引き続き使うことができますので、新しいフィルタが標準仕様になったら個人設定で指定してください。

ご意見ご感想を募集中

ベータ版の新しいフィルターを有効にした利用者は7万人を超え、ウォッチリストではテストが9カ月目に入っています。機能の安定性と効果を確信してますが、皆さんからツールについて、あるいは標準運用への移行に関するご意見を受け付けたいと考えています。このページの議論のページに投稿してください。課題として互換性の問題に気づいた等、その他、ご利用のウィキで障害となる問題は特にお聞きしたい点です。支障の原因を究明して解決するまで、ご利用のウィキで標準運用を延期することもあります。

2017年9月: 最近の更新の規準 (および関連ページの更新状況)

2017年5月以降、新しいフィルタは「最近の更新」(および「関連ページの更新状況」)のベータ機能として利用可能できるようになりました。それ以来、グローバル共同開発チームはコミュニティの皆さんなどから受けた数多くの機能の提案やバグレポートに取り組み、機能については利用者テストを数回重ねています。受け止め方は全般に非常に肯定的でした。

2017年の9月と10月には「最近の更新」に限定して、上記の最も重要な「査読の新しいフィルター」の主な機能がベータ版段階からMediaWiki標準になりました。個人設定でこの機能をオフにすることができます。

2017年9月: ウォッチリストでベータ版を展開

2017年9月には新しいフィルタの購読者向けにベータ版をウォッチリストで展開しました。

関連項目