コンテンツ翻訳/バージョン2

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Content translation/V2 and the translation is 77% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎română • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語

コンテンツ翻訳バージョン2 (CX2) は、コンテンツ翻訳 (CX) に大幅なリファクタリングアーキテクチャの更新を加えて作成されました。 このツールは、信頼性の高い堅実なウィキメディアの技術とデザインの標準に沿った、提供することが目的です。新人編集者が貢献する素晴らしい方法を提供します。

バージョン2ではVisualEditor 編集サーフェイスとフロントエンドにOOUI ベースを使用し、Wikimedia デザインガイドラインに準拠します。

それに加え、編集初学者の経験を取上げた既存 と新規の調査から翻訳の改善点を学び、ウィキペディアに貢献を始めるたいへん有意義なきっかけとしようというものです。 計画では、段階をおって バージョン1からバージョン2に置き換えます。 後方互換性も計画に組み込み、移行期間中に利用者が作成したコンテンツに影響を与えないようにします。

新バージョンを試用する

現状では更新版が既定になり、どの言語版ウィキペディアでも特別ページ (Special:ContentTranslation) を開くとツールが開きます。 コンテンツ翻訳を使って新しい翻訳を始めるときは、更新版の拡張機能を使います。 以前の版によって翻訳されたページを開くと、その旧版を引き続き使うことになります。

更新版は現在も開発が継続中です。 どうか更新版を使って記事を翻訳し、フィードバックをお寄せください。 皆さんにとって有効な点、改善が必要な点を聞かせていただけると幸いです。

製作に CX2 を使うと翻訳を公開したときに現実のウィキにコンテンツが作成されることから、結果として質の高い翻訳を創造しない実験には不適切です。 試用して実験するには、新機能を試用サーバでお使いください。 別のウィキ上で運用するため (Wikimedia プロジェクトに統合されていないため新しい利用者アカウントの登録が必要。) テストサーバでは実際のウィキペディアから来たコンテンツを翻訳しますが、公開されたコンテンツはテストサーバでのみ作成されます (ウィキペディアに反映されません)。 この方法でなら、実際のプロジェクトで進む作業を邪魔することなく実験ができます。

フィードバックする

CX翻訳機能について、編集初学者と既存の編集者それぞれから、更新版の評価を聞きたいと考えています。

作成した記事を追跡

ダッシュボードを利用して、更新版ツールで公開した翻訳ならびに担当した利用者数を表示。

さらに更新版を使った記事には#contenttranslation-v2編集タグが付いて (例えば「最近の更新」を利用すると) 探しやすくなり、コンテンツの質の評価ができます。

機能

更新版には強化した編集サ-フェスが備わり、ツールを使用した翻訳者から繰り返し要望のあった新しい可能性を導入します。 しかしながら、CX1に含まれていたその他の機能は、更新版の初期には使えません。

主な機能

特定の文を対象にした警告。未編集の機械翻訳の割合が、制限値を超えたことを示す。

A general CX2 roadmap describes the planned interventions in more detail.

The main areas of intervention are:

  • Align with the Wikimedia standards in technology and design
    • Visual Editor's editing surface with more editing tools to insert and edit templates, tables, multimedia, categories, etc.
    • Reliable undo/redo support.
    • UI revamp based on UI Standardisation initiative and OOUI components
  • Quality control mechanisms. Control user modifications in more detail to encourage translators to create quality content.
  • A great way to contribute for newcomers
    • Machine translation support for Template params, reference texts and practically all kind of elements in screen. In version 1, machine translation was limited to paragraphs alone.
    • Better support for References and Templates
    • Ability to add and remove categories
  • Solid and reliable
    • Fixing lots of bugs that was too difficult to handle with previous version

現行版にあるが未導入の機能

上記の機能は、技術構造の進化によって利用できます。 ところがこれらの改良を早くお届けするには、CX1が備えた既存のツールをすべてリライトするという努力はかけられません。 そのため、現状で使える複数のツールが CX2 の初期には使えなくなります。 使い方の現状バージョン1での機能と複雑さを観察して残す機能を選んだものの、このプロセスで皆さんからのフィードバックを求めています

以下は CX1 にあるツールでCX2 の初期段階では除去されるものの一覧です。

  • Custom template translation editor. CX1 added support for a side-by-side editor of templates that allowed translators to map their parameters. The initial implementation allowed to evaluate a promising concept but it was far from being complete, and rewriting this for CX2 will require significant effort. Initially, the standard template editor dialog provided by Visual Editor will be available in CX2 instead. Although it is not optimized for transferring information across languages, it provides basic support for editing all parameters of a template in the translation.
  • Dictionaries. CX1 had experimental support for dictionary information lookup for a few language pairs. Dictionaries are a very relevant tool for translators, and we'll keep track the progress of Wikimedia projects in this area that will enable their integration in the future. However, providing support for CX2 makes more sense when there is a clear plan to integrate more dictionaries.
  • Progress indicator in the editor. A progress bar showed in CX1 how much of the article was translated and how much was missing. This information will be still visible from the dashboard, but not while editing the article. Based on our observations from users, having it on the editor was not providing much value.
  • Announcements of new machine translation services. The automatic translation card became highlighted when a new machine translation service was made available for the current language. This was especially useful in the initial stages of the tool where new services were added regularly. We can reconsider this feature once the migration to version 2 is completed and we plan to integrate new machine translation services in the future.

最近の更新

2019年10月

2019年9月

2019年8月

2019年7月

2019年6月

2019年5月

公開設定ダイアログ画面で、公開先を選ぶ。

2019年4月

2019年3月

2019年2月

2019年1月

The different initiatives (enable switch, wiki outreach, and prominent invite) helped to increase the translation activity on version 2, reaching a 47% of all translations in the first week of January 2019. (data source)

2018年12月

2018年11月

2018年10月

"Try the new version" allows to enable version 2 for the user from the translation dashboard.

2018年9月

2018年8月

2018年7月

2018年6月

Link card with information about the link in both languages, and automatic translation with the translation service used for initial translations.

2018年5月

2018年4月

Images are adapted and additional editing tools are provided.
Asking for confirmation when publishing will overwrite an existing page.

2018年3月

A cleaner layout and editing tools provided in the tools column.

2018年2月

Initial state of CX2

開発計画

コンテンツ翻訳機能の開発はこの2年超にわたって進めてきました。 その期間の焦点は、ウィキペディアの編集者にとって翻訳改善のコアな考え方を評価することでした。 構造は柔軟でコンセプトを試すためにモジュールの交換ができます。 これで展開は速くなるのですが、アプローチは細部を省略するため濃ーどの整合性と管理のしやすさ、ツールの信頼性に影響を与えました。 堅実で信頼できる翻訳ツールを提示するには、リファクタリングとアーキテクチャ更新が提案されており、ウィキメディアの基準に沿った技術とデザインに貢献すると期待されます。

この介入を終えた段階で、コンテンツ翻訳を次のようなツールにするよう目指しています。

  • Is aligned with the Wikimedia standards in technology and design. Uses the editing surface technology of Visual Editor (VE), and follows the Design style guide principles.
  • Is a great way to contribute for newcomers. The tool provides a quick and easy way for new editors to start contributing. Even if the tool does not support dealing with complex content or situations, it always provides a clear path forward for new editors.
  • Is solid and reliable. The tool is reliable enough to go out of beta for at least one community.

The way to get there is detailed in different plans below.

開発プラン

the CX2 ロードマップではツール開発を2018年2月より反復処理段階に進めるとしています。

実装の計画

おおまかな計画では、小規模もしくはウィキのサブセットを対象にCX2に関する QA を実施し、実装するウィキを段階的に増やそうとしています。候補の決定に代表的なウィキの一覧が利用できます。

後方互換性の計画

CX1 と CX2 は移行期に共存することになります。それぞれのバージョンで作成される翻訳に互換性があるとは想定されませんが、次の手順で後方互換性の損失に関する問題を回避できると考えています。

  1. Translations started with one version of the editor will be always opened with the same version, regardless of which is the current default editor. That is, when version 2 is the default, old translations started with the version1 will still be opened with version 1.
  2. Once version 2 is considered the stable default, creating new translations with older versions will be prevented. That is, version 1 will not be available to create new translations, but it will be still available to edit the old ones.
  3. With a process in place to automatically discard translations after one year, version 1 could be safely removed after such period pases since no new articles can be started with it.