Help:Extension:Translate/ページ翻訳の例

From mediawiki.org
This page is a translated version of the page Help:Extension:Translate/Translation example and the translation is 97% complete.

栄光ある翻訳者さん、ようこそ。私たちにはやるべき作業がたくさんあります。できるだけ早く翻訳を始められるよう、迅速に翻訳の基本を乗り越えましょう。

あなたがどこの出身であっても、翻訳管理者による翻訳設定が完了し翻訳可能なものを見つけられるよう願っています。このチュートリアルは翻訳管理者向けのチュートリアルによって作成された Fréttinga ページを使用します。ここで述べる内容は特定のページに限定されず、このツールで翻訳できる全てのページに適用されます。

もしかしたら、誰かから翻訳を頼まれ、ここへのリンクをたどったかもしれません。そうではない場合は、翻訳状況のページで何か翻訳したいものを見つけられるかもしれません。仕組みを知りたいだけの場合でも、読み続けて、スクリーンショットを見ていけばだいたい分かります。

通常は許可を求めければ翻訳はできません。しかし、一部のウィキではすべての利用者に対して翻訳を許可しています。あなたに翻訳する権限がない場合はすぐにそのことに気づくでしょう。その場合は、ご利用のウィキの翻訳管理者に連絡してください。まず、翻訳ビューを表示するところから始めましょう。

  • 1a. ページ Fréttinga に移動します。
  • 2a. リンク「このページを翻訳」をクリックします (翻訳する権限がない場合は表示されません)。

またはこちらをお試しください。

  • 1b. 翻訳者のダッシュボードに移動します。
  • 2b. 未翻訳のメッセージがあるメッセージ群のいずれかの名前をクリックします。

翻訳対象のメッセージは「メッセージ群」にグループ化されています: 翻訳可能ページはそれぞれメッセージ群ですが、メッセージの他の種類の場合があります。

  • 3. 翻訳元言語 (通常、英語または en) 以外の言語を選択します。

翻訳エディター

この画面とそれに類似したものが、あなたの作業の基本的なインターフェースになります。 翻訳されるのを待っているメッセージの長い一覧は、時にはあなたを憂鬱にさせるかもしれません。しかし幸運にも、実際には私たちはその一覧をそれほど頻繁に見る必要はありません。 少なくともここの未翻訳のメッセージは見るべきです。 それでは最初の翻訳を行ってみましょう。 翻訳エディタを開くために行をクリックします。 すると翻訳する必要がある元の文章と、翻訳を書くことができるテキストエリアが表示されます。 「Fréttinga」というページにおける一覧の最初のメッセージをクリックした場合は、それは内容が「Fréttinga」についてであることを示しています。 これは名前であるため通常変更する必要はなく、したがってそのままテキストエリアにコピーすることができます。 もしあなたの言語が異なる書記体系を使用しているならば、書き直すこともできます。 そして保存をクリックすれば完了です!

  • 4. 左の列にあるメッセージ名をクリックします。
  • 5. エディターの入力欄に、翻訳元の原文に対応する翻訳文を入力します。
  • 6. 「翻訳を保存」をクリックまたはタップします。
ヒントと、2 つの補助言語からの提案がある、メッセージ (表示するには末尾までスクロールしてください)

wikiの設定によっては、エディタにソース文の他にも表示される場合があります。 翻訳メモリあるいは機械翻訳システムからのお勧めだったり、 ヒント の節に正しい翻訳に盛りこむ必要のある重要な情報が示されることがあります。 ヒントは必ずよく読んでください。 表示されないけれどヒントがほしいと感じたら、そのウィキの誰かに提供を呼びかけてください。翻訳対象の文について知識が十分なら、自分でヒントを書いてください。 ヒントはより速く正しい翻訳をする助けになります。 不明点を質問するのは恥ずかしいことではありません – あなた以外の何百、何千の翻訳者もじつは同じ問題で時間を無駄にしているかもしれないからです。

Two screenshots, showing the wikitext and the translation tool, and how a translation variable works

At the bottom of the box for translated text, you might see buttons with a label that starts with a $ (dollar sign). E.g. $1, or $name. These are "translation variables" (tvars). They are most often used for either links, or other types of text that should not be translated. You should insert these tvars into your translation in the matching location, either by clicking the button or by copying/typing it manually. These tvars must not be translated into your language.

翻訳補助機能のコツがもうひとつ。もし多言語の翻訳が参考になるなら、個人設定 –> 編集 –> 翻訳設定 を開き、副言語としていくつか指定することができます。

お気軽にもう少し翻訳してみたり、他のボタンを試してみたりしてください。提案や「原文を貼り付け」ボタンをクリックすると、すぐにそれらの文章を貼り付け、テキストエリアにあったすべてのものを上書きします。

翻訳ビュー

さて、未翻訳のメッセージの一覧が表示されました。ページの再読み込みで一覧が短くなる、あるいは空になるかもしれません。メッセージ群の説明のような情報の表示よりも、上部にある言語やメッセージ群など、メッセージに対するフィルターの選択機能に気づくと思います。

メッセージ群はどれも挙動は同じで、細かいことを気にする必要はありません。要点は、翻訳統計や完成度の集計はメッセージ群のレベルで行われるため、必ずどのメッセージ群を作業対象にするか選ぶことです。

すべてのメッセージを査読する画面

画面下部のツールバーにはさまざまなビューがあり、査読やページ全体の翻訳など、その他のタスクに適したビューに変更できます。設定により下記のビューの一部もしくは全てが表示されます。「List」「Page」「Proofreading」。翻訳の査読その他の質の保証手段は質の保証のページを参照してください。

このページはメッセージ群の説明の近くに、メッセージ群の状態を含めることもできます。またメッセージ群の言語ごとに設定できます。ドロップダウン セレクターが表示される場合は、そこに示された作業状況から選んで変更できます。翻訳または査読の作業を始めるときは更新する必要があります。ワークフローの状態の詳細はメッセージ群の状態の説明文書を参照してください。

重要な概念

翻訳は不完全であり、ページの上部に翻訳画面へのリンクが表示されます: リンク「翻訳」をクリックしてください。この例では、翻訳が既に存在する英文のうち更新が必要な物が表示されます。

すでにメッセージ群とは何かを理解し、翻訳エディタとアシスタント言語を見ました。この段階で翻訳管理者はページ翻訳チュートリアルを続けて、Fréttingaのページのコンテンツを変更してあるかもしれません。翻訳が必要なテキストが変わると、未翻訳メッセージのリストにも、更新が必要なメッセージ一覧にも表示されます。

更新が必要なメッセージを見つけたとき、対処法は2つあります。翻訳の更新は必要ないと確認するか、必要な修正を加えるかです。新しい翻訳が保存されると、自動チェック機能のせいで更新が必要と指定されることがあり、例えば文中の「]」文字が欠けているなど、システムが訳文に問題を発見した場合が考えられます。これらは訳文の編集中にも警告が表示されます。

更新が必要な翻訳は赤系の色で表示します。ここでメッセージ群の説明にあるリンクをクリックして、訳文のページに戻ると、先ほどの自分の翻訳が表示されるはずです。翻訳をすると、訳文はほぼ瞬時に反映されます。例外のメッセージ群には例えば translatewiki.net があり、翻訳管理者が定期的に手動で訳文を対象のソフトウェアに書き出しています。

翻訳対象ページを訳すときのヒントをもうひとつ。{{FORMATNUM}} などのマジックワードを使うと、出力は翻訳原文ではなく翻訳言語の書式に設定されます。 よろしければマジックワードの機能の詳細を読み、翻訳に活用してみませんか。 ただし読むかどうかはあくまでも自由に決めてください。

翻訳をほかのウィキに転用する

ソフトウェアのドキュメントを扱う利用者であれば、おそらく翻訳の目的はこの資料を他の場所で使用するためでしょう。翻訳をエクスポートするには、翻訳のメインページに行き、「エクスポート」タブをクリックしてください。希望の言語を選択し、編集ボックスからウィキテキストをコピーします。その後、そのテキストを任意のWikiに貼り付けることができます。簡単で速いプロセスは翻訳専用に機能し、原文のソース言語には機能しません。

原文の言語 (MediaWikiでは通常は英語) を他のウィキで使うため、翻訳用のマークアップをつけずに書き出す場合は、少し手順が複雑になります。

  1. 最初にページをウィキテキスト エディタで開きます。するとwww.mediawiki.org/w/index.php?title=YOUR-PAGE-NAME-HERE&action=editに似たURLが生成されます。
  2. 次に、URL欄を書き換えて使用したい言語の下位ページ名を追加します。もし原文が英語で書いてあるなら、URLのページ名の後に/enと追加すると、URLはwww.mediawiki.org/w/index.php?title=YOUR-PAGE-NAME-HERE/en&action=editを示します。リターンキーを押すと、URLの書き換えによって生成されたウェブページが開きます。
  3. こうして、翻訳マークアップをしなくても、新しいウィキテキストの編集窓からウィキテキストをコピーできるようになりました。コピーした文は他のウィキにペーストして使えます。

文章の書き出しは誰にでもできます。翻訳原文を入手するのは、翻訳者や翻訳管理者に限定されません。