Page Previews/ja

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Page Previews and the translation is 95% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎سنڌي • ‎中文 • ‎日本語

ホバーカードHovercardsというベータ版拡張機能は別名「ページプリビュー」Page Previewsとも呼ばれ、ある内容を読みながら単語や概念の意味を調べるときに、いくつもタブを開くしかなくなるという、ユーザーが直面する問題のひとつを解決します。読者が他の記事へのリンクにマウスポインタを当てると、ホバーカードがリンク先の内容の要約と画像(存在する場合)を表示します。その時点でリンク先へ飛んで熟読するか、元の記事を読み進めるかどうか決めやすくなります。機能の詳細はこちらをご参照ください。 2018年5月以降のすべての関連技術文書は、こちらのブログ投稿にまとめてあります。

はじめに

ホバーカードはリンクへ飛ぶ時間の無駄を省き、あるいは読者が元の話題から離れることなく学習するチャンスを得るように設計されました。読んでいる内容の把握や、知らない単語、ものごと、できごと、発想を手早く調べることができます。ホバーカードのユーザーには記事の概要があらかじめわかるため、記事を読みながら別のページへ飛ぶかどうか決めるのに役立ちます。途中で知らない概念にぶつかっても、記事を1本読了する楽しみが中断したり他のページに気を取られることもありません。ページにとどまったまま、その場で概念のチラ見ができるのです。この場合、ユーザーの体験はますますスムーズになります。

同様の拡張機能は数年前から要望が多く(一覧)、問題の解決によく使われているガジェットもあります(編集作業を重視したナビゲーション・ポップアップ)。ホバーカードの開発は2014年にベータ版拡張機能として始まり、利用者の人気とフィードバックが最も高く使用感の差が最も大きいとされています。ホバーカード専門のトークページではプロジェクト全体にわたるいくつもの問題点が集まり、この2年以上をかけて改良を続けて来ました。モバイル版のホバーカード同等の機能はAndroid appとして2015年9月に実装、ページ単位でリンクのクリック件数を20%引き上げる効果をもたらしています。

ログインしていない匿名利用者も好みに応じ、ページプリビューの設定パネルを操作して、有効と無効の切り替えができます。ログイン利用者は「特別ページ:個人設定」の「表示」タブで設定ができます。ただし、ナビゲーション・ポップアップ表示を有効にしたままページプリビューを使おうとすると(ベータ版機能として有効にしてあるログイン利用者の場合にありがち)、このポップアップ表示が優先されます。そこでページプリビューの使用中は、このポップアップ表示を無効にする必要があります。

ホバーカードの表示例

デザイン

ページプリビューの現状の繰り返し処理ではプリビュー表示1回ごとに以下の要素が含まれます。

  • 記事の最初の段落の一部
  • 記事に載った画像1件(ある場合)。画像表示は記事内のリンクの位置により、縦もしくは横に表示します。
  • 歯車アイコンでページプリビューの表示非表示を切り替え


ナビゲーション・ポップアップとの主要な違い

  • ナビゲーション・ポップアップは熟練したユーザー向けでサイトのユーザーには無用の機能を多く備えています。
  • ページプリビューは読みやすさを優先した書式に設定されています。現状のナビゲーション・ポップアップでは文字は小さく行間も狭いのです。
  • ページプリビューはログインの有無に関係なく利用できます。
  • 同様の扱いにより、記事と表示の書式に落差がありません。
  • リード部分の画像を強調してあり、ユーザーは文字と画像の両方から用語の意味を理解できます。
  • ガジェットは使い方が状況と適合せず、それぞれの操作が読者と編集者のどちらに特化しているか検証が必要です。
  • ウィキペディアのモバイルウェブ版でテストした、最終編集のタイムスタンプが表示されます。

HTML プレビュー

2018年3月1日現在、ページプリビューはHTML形式で表示しています。こにより顕著なバグがいくつか解決され、数学あるいは化学式などの数式を正しく表示し、記事の内容に即したページのプレビューを実現します。

設定

有効/無効の切り替え

匿名ユーザー(ログインしない)

匿名ユーザーがホバーカードを無効にするには、ホバーカードの下辺にある歯車のアイコンを操作します。有効に再設定するには、どのウィキページにも最下部にある「Enable previews」のリンクを操作します。

ログイン利用者

ログイン利用者がページプリビューの有効無効を切り替えるには、方法が2つあります。「特別ページ:個人設定」の「表示」タブで設定、もしくはそれぞれのページの終わりに表示される歯車アイコンから無効にすることになります。

  • ログイン利用者が歯車の設定アイコンを押すと、システムにより個人設定ページへ遷移します。
  • ベータ版段階でホバーカードを有効にしていた利用者の場合は、ページプリビュー導入後も以前の個人設定が有効です。個人設定の「表示」タブで確認することができます。

成功の評価基準と機能の評価法

質的かつ量的にテストを繰り返し、ページプリビュー機能の性能を評価しました。テストの目的を以下に示します。

  • ページプリビュー機能はユーザーに使いやすく便利な機能か?
  • ページプリビュー機能を使うと読む行為はどう変わり、ユーザーが読みたい記事を的確に選ぶ助けになるか?
  • このページプリビュー機能を実装すると、資金集めに影響があるか?

2015年のテスト : カタラン語とギリシャ語

4カ月をかけてギリシャ語とカタラン語で機能テストを行いました。問題点とバグが多数報告され、合わせてアンケート形式でユーザーの満足度を計測しました。ユーザーの反響はおおむね好意的で、大部分の人からページプリビュー(ホバーカード)は便利で使い方がわかりやすく、使って楽しいと回答しています。

テスト結果の全文はこちら

2016年の品質テスト

ページプリビューの機能に関するユーザーの受け止め方を調べ、読者の反応の変化を追うためにUserZoomツールを採用した非監視の遠隔パネル調査を実施しました。被験者の大部分はページプリビュー機能に好意的な反響でした。さらに、被験者の大部分はページプリビュー機能の表示非表示を問題なく切り替えできました。ユーザーはそのほか、概して肯定的な言葉で機能を語り、読む体験を妨げないと報告しています。

テスト結果の全文と分析はこちら

2016年のA/Bテスト : ウィキペディアのハンガリー語版、イタリア語版、ロシア語版

読む行為の変化およびページプリビュー(ホバーカード)のベータ版機能の完成度を調べるため、合計3回のA/Bテストをハンガリー語版は2016年の6月7日、イタリア語版とロシア語版は同年9月23日にそれぞれ実施しました。

これらテストの結果から、ページプリビューにより読む経験にプラスの変化がもたらされることが示唆されており、つまりページ内で別のページの内容を提供されると読むページの選択の精度が上がり、他のページを試し読みするコスト(訳注:時間や労力)が下がったため、ユーザーは単一の話題に集中できることを示しています。 During the process of collecting and analysing our data we ran into a number of bugs and issues within our instrumentation that allowed us to refine and improve, to ensure subsequent tests were issue-free.

テスト結果の全文と分析はこちら

2017年-2018年のA/Bテスト : ウィキペディアの英語版とドイツ語版

製品に実装する前に、2017年10月から同年11月、同年12月から2018年2月にわたり、A/B テストを2回実施して機能の働きを測定しました。詳細な結果は報告書にまとめてあり、ページ閲覧数は減少したものの、読者が開いた特定のページの総数は増加したことから、ページプリビュー機能を有効にすると、より多くの話題を読む可能性が示唆されます。また[戻る]ボタンの使用回数が減り、ページプリビュー機能を無効にした率はごくわずかでした。さらに、英語版ウィキペディアでは寄付金集めのテストも数回、実施しました。

英語版ウィキペディアの議論後の改善(2016年4月以降)

2016年4月以降の議論では多数のバグ解消、改善に加えてその他の要望が明らかになり、次の方法で表明しました。

ページプリビューが開いたまま「固まる」

  • コードをリファクタリングしました。この問題は解消済みです。

太字の文字列と数式がプリビューで表示されない

  • 現在はプリビューをHTML形式で表示するため、表示内容と文章の内容は一致しています。

ホバーカード自体から機能を無効にしたい

  • ログイン利用者も匿名利用者(ログインしていない)は現状では表示領域内の歯車アイコンから機能を無効にできます。

ナビゲーションポップアップとページプリビューが重ならないようにしてほしい

  • ログイン利用者の場合、ナビゲーションポップアップか、ページプリビューか、どちらか一方のみ利用できます。ナビゲーションポップアップを利用するなら、先にそちらを無効にしないとページプリビューを利用できないし、その逆も同じです。

調査結果とA/Bテストの詳細な結果を開示してほしい。英語版ウィキペディアで大規模なA/Bテストを実施するべき

  • 上記の議論以降、A/Bテストを2回実施しており、第1回はハンガリー語版、ロシア語版、イタリア語版のウィキペディアが対象でした。さらに第2回は英語版とドイツ語版ウィキペディアでテストを行いました。

パフォーマンスへの影響を限定する

  • パフォーマンスチームと共同でページプリビューに関わる問題を最低限に抑えようとしています。機能ごとの性能の詳細はダッシュボードを用意して提示しました。

匿名利用者(ログインしていない)に限定してプリビュー機能を有効にする方法がほしい

  • これも実装済です。2018年3月現在、どのウィキペディアでも匿名利用者には既定でページプリビュー機能が有効になっています(英語版とドイツ語版を除外)。

機能を無効にした利用者の割合を公表してほしい

  • 2017年・2018年のA/Bテスト両方において、無効にした割合は約0.01%でした。以前のA/Bテスト同様に値が低いため、さらに量的テストを実施、ユーザーが問題なくこの機能の有効・無効の切り替えができたかどうか調べてあります。結論としてはユーザーは機能の無効化を問題なくこなすことができたものの、実際に無効にした率は大変低かったのです。

この機能がありがた迷惑かどうかという情報を開示してほしい

  • 量的テストの結果に基づき、被験者はこの機能を邪魔だとも、ありがた迷惑だとも考えていないという結論に達しました。

対象から除外したページ

セキュリティ上の観点から、特定のページではホバーカードを読みこまない設定にしてあります。これらのページを内部で「ブラックリスト」と呼び、当初の一覧は右記で公開しています。タスク T170893

今後の繰り返し作業と改善点

ページプリビューの実装に引き続き、機能の拡充を計画しています。追加を検討するものの一覧:

  • 画像その他の設定:
    • 多くのユーザーからページプリビュー内の画像を設定したいという要望が寄せられました。今後の実装に組みこむため、開発の進捗状態を https://phabricator.wikimedia.org/T148995 で追跡しています。
    • その他のログアウト状態の個人設定(詳細は こちら
  • 記事の題名 - 現状でページプリビューに表示できるのは記事の概要だけです。繰り返し処理として記事の概要と題名を同時に表示する方法を検討中
  • 個人設定のツールチップ(phab:T67114
  • ウィキ間ページプリビュー (phab:T67117) 、ウィクショナリーに特化した下位節のリンクの扱い (phab:T65792)
  • ナビゲーション・ポップアップと統合 - ナビゲーション・ポップアップで将来的に構想している機能も、ページプリビューの構成を拡張すると追加できる。
  • ページプリビュー内の文章の利用 - ページプリビューに載った文章を利用したいという要望は多く、例えばコピペ、あるいは文章をフォームや記事の概要に書き出したりできるとよいという声があった。詳細はこちら(phab: T146097)。
  • ウィクショナリーの項目と統合し、マウスを当てると言葉の意味を表示。

よくある質問

ページプリビューの魅力は?

この機能はウィキペディアの読者向けで、青字リンクの内容(意味)を見るためにわざわざリンク先のページを開いた経験のある人なら、誰でも便利に使えます。発想の源はたいへん人気のあるガジェットのひとつンビゲーションポップアップNavigation popupsにあります。

ページプリビューの便利さはどう数値化できる?

ページプリビューはリンクを開くためのコストを下げるという発想に基づいて影響度を把握します。これは言い換えるなら、ユーザーは負担を感じずにリンクを開けるかどうかということです。つまりマウスを(無意識ではなく)当てて内容を閲覧したリンクの数が、実際にリンクをクリックした件数より多くなれば、ページプリビューが成功したと言えるはずです。反対に、失敗を示す指標として以下に注目していきます。

  • マウスを当てるホバーが偶然ではないかどうか - 一定条件でホバーの滞留時間を計測し、マウスをリンクに当てたのが偶然だったという割合が高くないと確認する必要があります。一例としてリンクにマウスを当ててからページプリビューが表示されるまでの滞留時間の設定を250ミリ秒にするなら、特定のリンクにマウスを当てたユーザーで、250ミリ秒以上滞留してからクリックする率は低いと確認しなければならないのです。
  • ページプリビューを利用するとページ閲覧数が減る可能性があります。プリビューすれば知りたい情報がわかるからで、それ自体は問題になりません。ただし(もし)閲覧数が減少したなら、編集件数や寄付件数に目立った影響が出ないように注視する必要があります。
  • リンクをホバーしたユーザーが実際にリンク先を開くのは高確率(%)- このことからその人たちは本来、リンク先を訪問する意思があったと推定されます。もしそうであれば、ページプリビューは不用な手間になりかねません。マウスを当ててからクリックスルーに至る確率(%)に基準を設けます。Androidでは同様の機能は60%以下ですが、デスクトップ版ではもっと低いと予測しています。
  • ページプリビューを無効にしたユーザーは低比率(機能を無効にする方法を知っているという前提)- ユーザーがこの機能を歓迎していると解釈。
既定で Navpops が有効の場合はどうなりますか?

Navpops が有効だとページプリビューは自動で無効になり、Navpops を無効にすると使用できます。個人設定の既定を変更しなかったのは、Navpops 利用者の使用感を変更しないためです。注記: ブラウザによっては変更を反映するため、キャッシュの破棄が必要な場合があります。

ページプリビューの個人設定には何種類ありますか?

現状、ページプリビューが使える場面(イベント)ごとに、ユーザーがその場で有効と無効を切り替える設定です。イベントが変わり、無効にしようと判断したときに変更できます。ログイン利用者の場合、各自の個人設定からページプリビューを常に有効にできます。匿名利用者(ログインせずに利用)は、ページ下部の「プリビューを有効にする」ボタンで有効にできます。

管理者はプロジェクトレベルでホバーが起動するまで利用者がどれほどリンクに滞留するか決めることができます。プロジェクトを保守的にしておきたい場合、遅れが長くなる可能性があります。ウィキメディア財団は最適な滞留時間に関する推奨事項を整え、かつ偶発的なホバーを最小限に抑えながら最高のユーザーエクスペリエンスを提供します。

もし利用者が希望するなら、ページプリビューをすぐに有効にしてはいけませんか?

残念ながら、最初に表示しないまま、新機能をユーザーに伝える良い方法はありません。中央通知バナーの使用がこれまで提案されてきたものの、もし2週間にわたって表示したとしても、将来のユーザーのニーズは解決されず、かといってそういうバナーを継続的に表示することは望ましくありません。 新機能をユーザーに知らせるには、ホバーオーバーの使用が最適です。

ページプリビューがページ閲読に与える影響とは何でしょうか?

A/B テストの結果を見る限り、どのウィキペディアでもセッション深度に大きな減少はありません。セッション深度の平均(セッション単位で閲読されたページ数)は、ホバーカードを有効にしたグループでも無効のほうでもほぼ同等でした

アクセシビリティに差はありますか?

ページプリビューは、リンクに対してフォーカスあるいはホバーの状態が発生したときのみ有効になります。キーボード・ナビゲーションの利用者も使用できます。スクリーンリーダーの場合、ページプリビューがツールチップだと述べる適切な構成要素WAI-ARIAを供えています。つまり、スクリーンリーダーのソフトウェアはページプリビューを無視します。

ページプリビューについて意見や改善点の指摘をしたいのですが、連絡先はどこですか?

ページプリビューの議論のページに投稿してください。

ページプリビューを有効にすると、ページの過去の版が表示されてしまいます。正しく表示するには?

ページプリビューは特定のページのキャッシュした版を表示します。そのため、ご自分が編集した直後にそのページの最新版プリビューを見るには、ページをキャッシュを破棄してください。

コード

解析と計装
  • ページプリビューを使い、さまざまな利用法の要素が計測されました。詳細は ポップアップ拡張機能のページを参照、ご不明の点はお気軽に質問をお願いします。
  • To measure content usage via Page Previews, in an aggregated way that is compatible with the existing Pageviews data, a separate instrumentation was set up that went live in April 2018. There are plans to make some of this data public for the benefit of e.g. Wikipedia editors and academic researchers.

プロジェクト段階の実装の議論

2018年7月の実装の現状

Page previews are now available on all Wikipedias. The feature is on by default for anonymous users and newly created accounts and off by default for accounts created before July 10, 2018.

2018年4月の実装の現状

英語版およびドイツ語版ウィキペディアの次の更新に向けた段階として、2018年4月前半を予定しています。この展開ではログアウトしたユーザーに対して既定で提供しようとしています。ログイン利用者には変更がないという意味です。ログイン編集者には現状で有効にしていない限り、既定で無効になります。有効にするには、個人設定の「表示」タブを変更します。もし以前からこの拡張機能を有効にしてあった場合は、引き続き有効のままです。

ログイン利用者向けの変更計画には、皆さんのフィードバックを募集している案件がいくつかあります。

  • ログイン利用者の既定として無効に設定する案。  
  • 新規利用者に限定して、既定で無効に設定する案。現状では、ユーザーが閲読者からアカウントを作成して投稿者に変わると、まるでホバーカード機能が消えてしまったように思われ、混乱を招いています。機能の実装の準備として設定のこの点を変更、新規利用者全員に既定で有効にする予定です。
  • すでに活動しているログイン利用者には既定で有効に設定する案(ただし全員を対象に有効にしても、 NAVPOPS 利用者に限っては自動で無効化)。

実装の計画

実装は2017年初頭にカタロニア語、ギリシャ語、ハンガリー語、ロシア語版で開始しました。A/Bテストの結果はたいへん高評価でした。その後、以下の表に示す通り、他のウィキペディア群にも段階的に実装したいと考えています。

言語
コード
言語 段階 お試し
期間
合格 日付
ca カタラン語 0 [1] 2018年3月
el ギリシャ語 0 [2] 3月
it イタリア語 0 [3] 3月
he ヘブライ語版 0 [4] 3月
hu ハンガリー語版 1 [5][6] 2017年3月
- 上位6言語版を除くウィキペディアの全ての言語版 1 [7] 2017年7月 
ja 日本語版 1 [8] 2017年8月
es スペイン語版 1 [9] 2017年8月
fr フランス語 1 [10] [11] 2017年8月
de ドイツ語版 2 [12] 2018年4月
en 英語版 2 [13] 2018年4月

導入前のお試し期間

この機能の導入前のお試し期間は、ページプリビューの扱いをコミュニティ単位で同意して決めます。既定で導入するのか、導入前のお試し期間を設けて採用の否決ができるようにするのか選んでください。

関連項目

脚注