MediaWiki 1.35

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page MediaWiki 1.35 and the translation is 100% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Türkçe • ‎català • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎lietuvių • ‎magyar • ‎oʻzbekcha • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎slovenčina • ‎čeština • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎فارسی • ‎বাংলা • ‎മലയാളം • ‎中文 • ‎日本語

MediaWiki 1.35 は、MediaWiki の現行の安定版の LTS (長期間サポート) リリースです。 変更点の完全な一覧については、リリース ノート ファイルを参照してください。 2019年10月1日より、"wmf "ブランチを通じて、ウィキメディア財団のウィキ群に展開されました。 1.35.0 安定版は、2020年9月25日にリリースされました。 mediawiki-1.35.2.tar.gz をダウンロードするか、Git 内REL1_35 ブランチをチェックアウトして、このリリースに追随してください。 2023年9月に廃止の予定です。

警告 警告: MediaWiki 1.35 は PHP 7.2 をサポートしなくなりました。PHP 7.3.19 以降が必要です。
警告 警告: MediaWiki はまだ PHP 8 と互換性がありません。 詳細情報は タスク T248925 を参照してください。
Red Hat 8 および CentOS 7 の利用者は、ソフトウェア コレクション (SCL) が有効になっていることを確認する必要があります。 Red Hatは、MediaWiki 1.35 をサポートするために、PHP-7.3 をバージョン 7.3.20 に更新しました。 Issue 0017826「CentOS 7 with SCL enabled only provides PHP 7.3.11」を参照してください。

新機能

  • 特別ページ Special:EditPageSpecial:PageHistorySpecial:PageInfo、およびSpecial:Purge が、各アクションのショートカットとして作成されました。Special:EditPage/Foo は、title=foo&action=edit にリダイレクトします。PageHistory、PageInfo、Purge は、それぞれ &action= history、info、purge に対応します。下位ページにリンクされている場合は、その下位ページがターゲットとして使用されます。下位ページが指定されていない場合は、エンドユーザーがターゲットを手動で指定できる、基本的なインターフェースを表示します(詳細は タスク T13456 を参照してください)。
  • "?action=watch" のフォームに新しいドロップダウンリストを追加し、ウォッチリスト項目の有効期限に対応しました ($wgWatchlistExpiry true の場合)。

新しくバンドルされた拡張機能

MediaWiki 1.35 にはVisualEditor 拡張機能が同梱されています。MediaWiki コアに組み込まれているため Parsoid の他のインスタンスをセットアップする必要はないです。

SecureLinkFixer TemplateData も同梱されていまます。これらはあなたのウィキ上で https リンクを強制し、テンプレートの起動方法を編集者が指定するためのタグと API を追加します。

操作 API の変更

  • The 'suggest' parameter of action=opensearch has been deprecated. The API behaves the same with and without this parameter. It was previously used by $wgEnableOpenSearchSuggest to partially disable the API if set to false. Specifically, it would deny internal frontend requests carrying this parameter, whilst accepting other requests.
  • Integer-type parameters are now validated for syntax rather than being interpreted in surprising ways. For example, the following will now return a badinteger error:
    • "1.9" (formerly interpreted as "1")
    • " 1" (formerly interpreted as "1")
    • "1e1" (formerly interpreted as "1" or "10", depending on the PHP version)
    • "1foobar" (formerly interpreted as "1")
    • "foobar" (formerly intepreted as "0") parameters. Ranges should be assumed to be enforced.
  • Many user-type parameters now accept a user ID, formatted like "#12345".
  • The 'assert' parameter used by all API modules now supports the value 'anon'. When specified, the API will return the 'assertanonfailed' error if the user is logged in.
  • action=edit now supports the 'baserevid' parameter for edit conflict detection, as an alternative to 'basetimestamp'. Note that self-conflicts will continue to be ignored if 'basetimestamp' is set, but not if only 'baserevid' is set.
  • A new module was added to change the content model of existing pages. Use action=changecontentmodel. Unlike Special:ChangeContentModel, the api module does not work for pages that do not already exist.
  • If $wgWatchlistExpiry is true, the following API changes are made:
    • action=watch accepts a new 'expiry' parameter analagous to the expiry accepted by action=userrights, action=block, etc., except it must be no greater than $wgWatchlistExpiryMaxDuration , or an infinity value.
    • action=query&list=watchlistraw returns pages' watchlist expiry dates.
  • (タスク T249526) action=login will now return Failed rather than NeedToken on session loss.

操作 API の内部的な変更

  • The Action API now uses the Wikimedia\ParamValidator library for parameter validation, which brings some new features and changes. For the most part existing module code should work as it did before, but see subsequent notes for changes.
    • The values for all ApiBase PARAM_* constants have changed. Code should have been using the constants rather than hard-coding the values.
    • Several ApiBase PARAM_* constants have been deprecated, see the in-class documentation for details. Use the equivalent ParamValidator constants instead.
    • The value returned for 'upload'-type parameters has changed from WebRequestUpload to Psr\Http\Message\UploadedFileInterface.
  • Validation of 'user'-type parameters is more flexible. PARAM constants exist to specify the type of "user" allowed and to request UserIdentity objects rather than name strings. The default is to accept all types (name, IP, range, and interwiki) that were formerly accepted.
  • Maximum limits are no longer ignored in "internal mode".
  • The $paramName to ApiBase::handleParamNormalization() should now include the prefix.
  • (タスク T245931) meta=siteinfo&siprop=interwikimap no longer reports language or extralanglink when $wgInterwikiMagic is false.


下位ページ