Help:下位ページ

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:Subpages and the translation is 76% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Türkçe • ‎Zazaki • ‎català • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎norsk bokmål • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎slovenčina • ‎čeština • ‎русский • ‎українська • ‎سنڌي • ‎پښتو • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。
PD

下位ページ (サブページ) はウィキページに階層的な構造をもたらします。階層の各段階はスラッシュ(/)で区切られます。

動作する場所

既定では MediaWiki の下位ページ機能はメインの名前空間では無効にしてあり、トークページ利用者ページでは使えます。 名前空間の説明はHelp:Namespacesを、また既定の挙動を調整する方法は$wgNamespacesWithSubpages をご参照ください。 この機能をオフにした名前空間だと、ページ名に記したスラッシュ (/) は単にページ名の一部と認識されて作動しません。

名前空間で下位ページが有効な場合は、ページ名の中のスラッシュ記号はそのページを常に下位ページに位置付けます。それを避けるには、#記号を代入して下位ページを回避します。

動作の仕組み

ページ名にスラッシュ (/) を使用することで、ページを親ページと下位ページに再帰的に分割できます。例:

あらゆるページの下位ページにリンクを作るには、通常の角カッコ2個ずつで挟めばよいので、名称全文 – スラッシュ記号もふくんだ個別の下位ページ名のすべての文字列の前に開くカッコ、後ろに閉じるカッコを入力します。 また、あるページ「それ自体」の下位tページにもショートカットを作成できるので、詳細はHelp:Linksをご参照ください。

下位ページの名称を区切るにはマジックワードを使い、たとえば{{BASEPAGENAME}}{{SUBPAGENAME}}のように使い、さらにパーサー関数 {{#titleparts:}}で細かく操作します。

ページ名のスラッシュ以降の部分では、先頭の文字も含め、大文字・小文字が区別されることにご注意ください。

下位ページの上部にパンくずリストが自動的に表われ、上位のページへリンクを示します。ところが、親ページが未作成、または下位ページの機能をオフにしていると、これらのリンクは表示されません。

これらの自動生成のパンくずリンクはページのコンテンツにふくまれないため、パンくずリストがあっても親ページはリンク元にも 関連ページの更新状況にも収集されません。

親ページを移動 (改名)する場合、下位ページの一覧が表示され、ページ移動 利用権限を備えた利用者には下位ページを自動で移動させることができます (上限100件。)

下位ページの使用

There are various uses for the subpage feature. Some of the typical usages of subpages are:

  • to create archives of old discussions under a talk page
  • to create scratchpad editing spaces under a user page
  • to create other-language versions of a document in multilingual wikis
  • to create a template's subpages for its documentation, for its code sandbox, for its testcases, and for any subtemplate code

Subpages are useful for organising information hierarchically. On the other hand, subpages tend to have a long name that is hard to remember, so it may be more user-friendly to use them as little as possible. You can also organize pages with the category feature, which is more suitable for creating a hierarchical network of information.

下位ページの表示

下位ページを列挙するのは非常に単純で、以下のように 先頭が同じ全ページ を参照読み込みするだけです:

{{Special:PrefixIndex/Help:Subpages/}}

結果は以下のようになります:

Since the magic word {{FULLPAGENAME}} outputs the current page, the general wiki markup to show all subpages of the current page is {{Special:PrefixIndex/{{FULLPAGENAME}}/}}. You can pass parameters to this, e.g. {{Special:PrefixIndex/{{FULLPAGENAME}}/ |hideredirects=1 |stripprefix=1}}

The subpage extensions, such as Extension:SubPageList , let you customize the display of subpages.

記号を代入して下位ページを回避する方法

As a consequence of the forward slash being a reserved character when subpages are enabled, an alternative character might be needed. Back slashes (\) are treated as normal characters in subpage naming and can be used in place of forward slashes. さらに素朴なハックの方法としてスラッシュに外見が似た偽の記号に入れ替えることもできます。たとえば「大文字の斜線」 (ソリダスU+29F8), を使うと Foo⧸bar (真のスラッシュは Foo/bar), または小文字の斜線 (U+2044) なら外見は Foo⁄bar になります。 このハックには、技術上の不利な点は3つあります (本物のスラッシュと外見が異なる点以外に)。

  1. 指定のフォントを積んでいない人には記号が正しく表示されません。
  2. スラッシュを記入した題名からリダイレクトを作成し、リンクと検索が正確に作動するようにします。
  3. 特定のページの 記事とトークのどちらのページも (さらに紐付けされた下位ページとして協議の過去ログ など) にもこのハックを施し、 ページの移動の際に関連ページがすべてまとまって改名されるように工夫します (if that 改名の段階でその方法が選択された場合に限定。) 一例として下位ページはウィキペディアのメイン名前空間では使えなくしてあり、トークページは機能しない仕様で、また特定の斜線記号 (ソリダス) を書いて下位ページとしてマークアップされないように操作しないと、メイン名前空間のページ名にスラッシュ記号が残ってしまう可能性があります。 リスクは字面が似ているため、人間の目ではチェック漏れを招きやすい点です。

関連項目