ヘルプ:ページ状態インジケータ

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Help:Page status indicators and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎español • ‎português do Brasil • ‎日本語

ページ状態インジケータとはアイコン(または短い文のスニペット)で、記事の主な内容の領域外に表示され、記事の状態(たとえば当該ページが保護済み か、注目記事かなど)を示すもののこと。

呼び名もトップアイコン、ページアイコン、見出しアイコンあるいはタイトルアイコンとさまざまです。

この機能がGerrit change 162609MediaWiki 1.25 に追加された理由は、タスク T25796解消とこの問題に対応するため暫定的に加えられた、英語版ウィキペディアの‘top icon‘テンプレートを代表とする複数の解決策を一掃するためです。

ページ状態インジケータを表示する

ベクター外装ではインジケータは赤く囲ったところに表示。

ページ状態インジケータは通常、画面の右上角、主な内容の外側もしくはページ題名の直前に表示されます。外装 によって位置は多少、変わります。

ウィキ文でページ状態インジケータを追加

次の構文を使用すると、name属性とタグの内容を利用者の好みに変更し、インジケータをページに追加します。

その場合、直接、記事にタグ構文を挿入するのではなく、利用者が求めるインジケータごとにテンプレート を作成することが強く推奨されます。

<indicator name="foo">[[File:Foo.svg|20px]]</indicator>

以下にご注意ください:

  • インジケータは必ず1件ずつ独自の識別子(名称)をつけること。 同一の名前を複数のインジケータに命名することはできません – 重複と見なされると、いちばん最後に生成されたタグのみ有効です。
  • インジケータの表示は登録順ではなく、名称順(大文字小文字認識)。 これにより複数ページ間の統一性が保たれ、簡単に順序付けまたはグループ化する方法となります。
  • インジケータは監視の対象外。 これらの用途はすでにページ内に表現された内容もしくはメタデータを単に反映することであり、データそのものではないからです。 もちろん適する追跡用カテゴリ やテンプレートトランスクルージョン (参照読みこみ) リスト、特別ページ レポートあるいはその他の方法を用いて、当該のインジケータを含むページを抽出できるはずです。

ウィキでの表示のカスタマイズ

もしご利用の外装で「ページ状態インジケータ」をサポートするなら (既定の外装はすべてサポート) 、サイトおよび利用者CSSを使って表示方法を調整できます。 スタイルに対応するCSSクラスは.mw-indicators (インジケータを含むブロック領域全体) と.mw-indicator (単体のインジケータ) です。

単体のインジケータはまた、#mw-indicator-nameIDが振られ、<indicator name="foo">構文によって与えられるnameがその名称を示します。

外装にインジケータのサポートを追加

Manual:Skinning Part 2#Page status indicators を参照してください。

PHPコードとインジケータの使用

OutputPage オブジェクトを開き、表示したいIDとHTML文字列を使ってsetIndicators()メソッドを呼び出します。 もし説明文書にヘルプへのリンクを追加する場合は、addHelpLink()メソッドを呼び出すと、それがSpecialPage に加えてその他のクラスも実施していることが確認できます。 するとインジケータ領域にヘルプリンクが追加されます。例えばSpecial:WhatLinksHereを参照してください。