OOUI/ja

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page OOUI and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎español • ‎français • ‎日本語

OOUI を利用すると、リスポンシブなウェブユーザー向けインターフェイスとアプリケーションの作成を迅速化します。多数のブラウザで一貫して動作し、国際化とアクセシビリティに対応しています。

OOUI ライブラリには以下が格納されます:

  • すぐに使えるウィジェットとレイアウトに加え、直接インスタンス化するか、簡単に拡張できる表示枠。
  • JavaScriptがサポートされていない場合の、PHP サーバー側で互換性のある出力
  • カスタムのユーザーインターフェイスの作成に使う要素で、簡単に組み合わせができる。

OOUI はMediaWiki Coreにあるほか、npmComposercdnjs経由で入手できます。 OOUI には「WikimediaUI」外装が適用され – ウィキメディア財団のデザインスタイルガイドに準拠します。 MediaWiki のインターフェイスは既定でこの外装を使用しますが、MediaWiki の別の外装でこれを上書き可能で実際に上書きしますMediaWikiでOOUIを使う方法の説明文書もご参照ください。 ウィキメディア財団ならびにボランティアの開発者が作成した40件以上のウェブ製品で、正常に使用中です。 注意点として、ライブラリは本来OOjs primer (OOUIの旧称はObject-Oriented JavaScript の略語「OOjs UI」)専用ではなく、VisualEditor向けのすべてのユーザーインターフェイス用に作成されています。 その後の経過でMediaWiki Core向けに拡張され、現在の改訂版モバイル寄稿プロジェクトではPHPを備えたウィジェットまたはレスポンシブインターフェイスを実装し使われるようになりました。

ソースコードはGerritにホストし、GitHubにミラーが提供されています。

説明文書

説明文書を載せた下位ページの総覧は、サイドバーをご参照ください。

関連項目: