Extension:FlaggedRevs

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Extension:FlaggedRevs and the translation is 65% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎русский • ‎中文
MediaWiki 拡張機能マニュアルManual:Extensions
Crystal Clear action run.png
Flagged Revisions

リリースの状態:Extension status 安定

実装Template:Extension#type User interface, Special page, User rights, Database, Ajax, API
説明Template:Extension#description 「編集者」(editor)と「査読者」(reviewer)グループの利用者が記事のコンテンツ管理をすることができるようにする。
作者Template:Extension#username Aaron Schulz, Joerg Baach
MediaWikiTemplate:Extension#mediawiki 1.21+
データベースの変更Template:Extension#needs-updatephp はい
ライセンスTemplate:Extension#license GNU General Public License 2.0 or later
ダウンロード
追加する権限Template:Extension#rights

review, autoreview, autoreviewrestore, validate, stablesettings, movestable

使用するフックTemplate:Extension#hook
UserGetRightsManual:Hooks/UserGetRights
ArticleSaveCompleteManual:Hooks/ArticleSaveComplete
LinksUpdateConstructedManual:Hooks/LinksUpdateConstructed
ArticleUndeleteManual:Hooks/ArticleUndelete
ArticleMergeCompleteManual:Hooks/ArticleMergeComplete
ArticleRevisionUndeletedManual:Hooks/ArticleRevisionUndeleted
ParserClearStateManual:Hooks/ParserClearState
LocalFile::getHistoryManual:Hooks/LocalFile::getHistory
BeforeParserFetchTemplateAndtitleManual:Hooks/BeforeParserFetchTemplateAndtitle
BeforeParserMakeImageLinkObjManual:Hooks/BeforeParserMakeImageLinkObj
ParserAfterTidyManual:Hooks/ParserAfterTidy
OutputPageParserOutputManual:Hooks/OutputPageParserOutput
ArticleSaveCompleteManual:Hooks/ArticleSaveComplete
NewRevisionFromEditCompleteManual:Hooks/NewRevisionFromEditComplete
userCanManual:Hooks/userCan
LogLineManual:Hooks/LogLine
UserRightsManual:Hooks/UserRights
GetAutoPromoteGroupsManual:Hooks/GetAutoPromoteGroups
APIGetAllowedParamsManual:Hooks/APIGetAllowedParams
APIQueryAfterExecuteManual:Hooks/APIQueryAfterExecute
MediaWikiPerformActionManual:Hooks/MediaWikiPerformAction
BeforePageDisplayManual:Hooks/BeforePageDisplay
ImagePageFindFileManual:Hooks/ImagePageFindFile
CategoryPageViewManual:Hooks/CategoryPageView
SkinTemplateTabsManual:Hooks/SkinTemplateTabs
ArticleRollbackCompleteManual:Hooks/ArticleRollbackComplete
ArticleViewHeaderManual:Hooks/ArticleViewHeader
EditPage::showEditForm:initialManual:Hooks/EditPage::showEditForm:initial
PageHistoryPager::getQueryInfoManual:Hooks/PageHistoryPager::getQueryInfo
PageHistoryLineEndingManual:Hooks/PageHistoryLineEnding
ImagePageFileHistoryLineManual:Hooks/ImagePageFileHistoryLine
ArticleUpdateBeforeRedirectManual:Hooks/ArticleUpdateBeforeRedirect
DiffViewHeaderManual:Hooks/DiffViewHeader
EditPage::showEditForm:fieldsManual:Hooks/EditPage::showEditForm:fields
PageHistoryBeforeListManual:Hooks/PageHistoryBeforeList
InitializeArticleMaybeRedirectManual:Hooks/InitializeArticleMaybeRedirect
HTMLCacheUpdate::doUpdateManual:Hooks/HTMLCacheUpdate::doUpdate
ParserTestTablesManual:Hooks/ParserTestTables
ArticleDeleteCompleteManual:Hooks/ArticleDeleteComplete
SpecialPage_initListManual:Hooks/SpecialPage_initList
UnitTestsListManual:Hooks/UnitTestsList
SpecialNewpagesConditionsManual:Hooks/SpecialNewpagesConditions
SpecialNewPagesFiltersManual:Hooks/SpecialNewPagesFilters
SpecialRecentChangesFiltersManual:Hooks/SpecialRecentChangesFilters
SpecialWatchlistFiltersManual:Hooks/SpecialWatchlistFilters
RecentChange_saveManual:Hooks/RecentChange_save
BeforeParserFetchFileAndTitleManual:Hooks/BeforeParserFetchFileAndTitle
ProtectionForm::buildFormManual:Hooks/ProtectionForm::buildForm

translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、FlaggedRevs 拡張機能の翻訳にご協力ください

使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

問題点Phabricator

未解決のタスク · バグを報告

「FlaggedRevisions」拡張機能を使うと、編集者(Editor)および査読者(Reviewer)は、記事の各版を格付けし、それらの版を通常そのまま表示される版として設定できます。 これらの版は、読み込まれたテンプレートが変更されたり画像が上書きされても、そのまま残ります。 これはつまり、MediaWikiを、よりコンテンツマネージメントシステムらしくするものです。

ダウンロード[edit]

拡張機能は、Git から直接取得できる場合があります [?]:

  • コードを参照
  • 一部の拡張機能には安定版リリースのタグがあります。
    • タグを参照
    • タグを選択します
    • 「スナップショット」をクリックします
  • 各ブランチは過去の MediaWiki リリースと関連付けられています。 最新のアルファ バージョンを含む「master」ブランチもあります (MediaWiki のアルファ バージョンが必要な場合用)。

スナップショットを展開して、MediaWiki インストレーション内の extensions/FlaggedRevs/ ディレクトリに配置します。

git に馴染みがあり、かつサーバーにシェルでアクセスできる場合は、拡張機能を以下のようにして取得することもできます:

cd extensions/
git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/p/mediawiki/extensions/FlaggedRevs.git

導入[edit]

The examples in the installation instruction are written for modern Unix-like operating systems (especially Linux and Mac OS X) and assume that MediaWiki is installed in the /var/www/mediawiki directory. If you are working on a different family of operating systems, you will need to use commands and file paths appropriate to the operating system.

下記の手順で FlaggedRevs をインストールしてください:

あなたが現在利用している MediaWiki の版が1.17版あるいはそれ以降の版であることを確認してください。もしそうでないならば FlaggedRevs をインストールする前に、MediaWiki をアップグレードすることが必要です。

  1. FlaggedRevs をダウンロードする あなたが現在使っているMediaWikiの版に適応する版のFlaggedRevsを選んでください。例えば、あなたがMediaWiki 1.17を使っているならば、FlaggedRevs 1.17をダウンロードしてください。
  2. Extract the downloaded file to the extensions/FlaggedRevs directory of your MediaWiki installation. For example:
    <tvar|extract>tar -xzf FlaggedRevs-MW1.17-r75373.tar.gz -C /var/www/mediawiki/extensions</>
  3. Ensure that image hashes are up-to-date by running the populateImageSha1.php maintenance script.[1] For example:
    php maintenance/populateImageSha1.php
  4. Make sure that the extensions/FlaggedRevs/frontend/modules directory is readable by the web server (so that the web server can serve the FlaggedRevs CSS, images and JavaScript.) For example: Assuming that the web server user does not own the extensions/FlaggedRevs/frontend/modules directory, run:
    chmod o+r extensions/FlaggedRevs/frontend/modules
  5. Enable collection of article review statistics.
    1. Disable on-demand statistic generation. Set $wgFlaggedRevsStatsAge = false; in LocalSettings.phpManual:LocalSettings.php. This will prevent statistics from being generated when articles are accessed (which can lead to poor performance when many articles without current statistics are accessed concurrently).
    2. Set up scheduled statistics generation. Create a cron job to run extensions/FlaggedRevs/maintenance/updateStats.php at a regular interval. Run time php updateStats.php to see how long the script takes to run and set your cron jobs interval appropriately. For example, to create a cron job that runs updateStats.php as user www-data every hour:
      echo "@hourly php /var/www/mediawiki/extensions/FlaggedRevs/maintenance/updateStats.php" | crontab -u www-data
  6. Enable FlaggedRevs by adding the following line to LocalSettings.phpManual:LocalSettings.php:
    require_once("$IP/extensions/FlaggedRevs/FlaggedRevs.php");
    
  7. Update MediaWiki's database schemas by running php maintenance/update.php. This must be done after the above step is saved or you will receive a database error when accessing any page.
  8. Promote users to be reviewers. After FlaggedRevs is first installed, no user can see the reviewer's widget. To fix this, login as a wiki bureaucrat and go to Special:UserRights, then grant review rights to one or more users. Reviewers will see the reviewer's widget on the bottom of an editable page.

注記[edit]

  1. If the hash table is up-to-date, images can be referenced by using their hashes rather than by a name/timestamp pair. In the future, image moves may be supported by MediaWiki, which will break references that used name/timestamp pairs.

ウィキメディア・サーバーのインストール[edit]

wikitech:Heterogeneous deployment#Install a new extension on a wiki及びwikitech:How to do a schema changeも参照してください。

Instructions for Wikimedia projects community: m:Flagged Revisions#Enabling.

These notes are specific to the Wikimedia servers, and are probably not applicable to your setup.

cd /a/common/php-1.23wmf5
mwscript sql.php --wiki=metawiki extensions/FlaggedRevs/backend/schema/mysql/FlaggedRevs.sql
cd ..
sync-dir wmf-config
touch wmf-config/InitialiseSettings.php
sync-common-file flaggedrevs.dblist
sync-dir wmf-config

設定[edit]

利用者権限と利用者グループ[edit]

何も設定していない場合は、誰も何も査読することができないため、最初に利用者権限を設定する必要があります。

利用者グループ 利用者権限
reviewer validate
review
editor
autoreview
unreviewedpages

利用者権限[edit]

FlaggedRevsは、以下の利用者権限を新しく追加します。

  • review – この権限を有する利用者は、各版を査読することができます。
  • validate – この権限を有する利用者は、各版を査読し、すべてのタグを任意のレベルに設定出来ます。
  • autoreview – この権限を有する利用者によって作成されたすべての版は、自動的に査読済みとなります。
  • autoreviewrestore – autoreview of the rollbacks made by the user.
  • unreviewedpages – この権限を有する利用者は、特別:未査読ページ一覧を見ることができます。
  • stablesettings – user can changes the settings of stable revisions of any page
  • movestable – user can move pages with stable revisions

利用者グループ[edit]

FlaggedRevsは、以下の利用者グループを新しく追加します。

利用者権限の割り当て[edit]

利用者権限は以下の2つの方法で各利用者に割り当てることができます。

$wgGroupPermissions['sysop']['review'] = true; //allow administrators to review revisions
  • 特定の利用者への割り当て
    特別:利用者権限を使って、利用者アカウントを手動で特定のグループに追加します。
既定の設定では:
  • ビューロクラットは、査読者(Reviewer)を追加・除去できます。
  • 管理者は、自動査読者(Autoreviewer)および編集者(Editor)を追加・除去できます。

基本的な設定[edit]

FlaggedRevs.phpは多くの設定可能な変数を追加します。 これらの変数はLocalSettings.php内で設定してください

  • $wgFlaggedRevsNamespaces – どの名前空間で査読が可能になるかを設定します。 整数配列で、 どの整数番号がどの名前空間に対応しているかは、includes/defines.phpなどを確認してください。
  • $wgFlaggedRevsTags – 各タグの「levels」「quality」「pristine」を設定します。
    定義
    $wgFlaggedRevsTagsは、各タグ名をキーとし、それらの「levels」「quality」「pristine」の設定配列を値とした連想配列です。
    • 'levels'では、査読レベルの数を設定します
    • 'quality'では、どのレベルが「quality」(quality)とされるかを設定します
    • 'pristine'では、どのレベルが「pristine」(pristine)とされるかを設定します
    ラベル付け
    • 各タグは 「MediaWiki:revreview-<タグ名>」ページを編集することで、ラベルを名付けることができます。
    • 各タグの各レベルは、「MediaWiki:revreview-<タグ名>-<レベル番号>」を編集することで、ラベルを名付けることができます。
    例えば、「正確性」(accuracy)、「内容の深さ」(depth)、「語調」(tone)の3つのタグにそれぞれ3段階のレベルを設定したいとします。
    また、「正確性」(accuracy)と「内容の深さ」(depth)の、レベル2以上を「quality」(quality)と認定したいとします。 この時の設定は以下のようになります。
    $wgFlaggedRevsTags = array(
    	'accuracy' => array( 'levels' => 3, 'quality' => 2, 'pristine' => 4 ),
    	'depth'    => array( 'levels' => 3, 'quality' => 2, 'pristine' => 4 ),
    	'tone'     => array( 'levels' => 3, 'quality' => 1, 'pristine' => 4 ),
    );
    
    既定では、各タグは$wgFlaggedRevsTags配列で設定された名称でラベル付けされています。 つまりこの例では、各タグは「accuracy」「depth」「tone」と表示されます。
    ここで、例えば名称を変更したい場合、以下のページを編集することで設定できます。
タグ ラベル名ページ 内容
accuracy MediaWiki:revreview-accuracy 内容の正確さ
depth MediaWiki:revreview-depth 考察の深さ
tone MediaWiki:revreview-tone 語調(Tone)
タグのレベル名を設定するには、以下のページを編集することで設定できます。
タグ レベル ラベル名ページ 内容
accuracy 0 MediaWiki:revreview-accuracy-0 不十分
1 MediaWiki:revreview-accuracy-1 一覧済み
2 MediaWiki:revreview-accuracy-2 的確
depth 0 MediaWiki:revreview-depth-0 不十分
1 MediaWiki:revreview-depth-1 基本のみ
2 MediaWiki:revreview-depth-2
tone 0 MediaWiki:revreview-tone-0 弱(Weak)
1 MediaWiki:revreview-tone-1 良(Good)
2 MediaWiki:revreview-tone-2 秀(Excellent)
これらの設定のまとめは次のようになります。
タグ名 レベル名
内容の正確さ 不十分 一覧済み 的確
考察の深さ 不十分 基本のみ
語調(Tone) 弱(Weak) 良(Good) 秀(Excellent)
  • $wgFlaggedRevsOverride – 安定版を既定のページ表示にするかどうか
    個々のページは、特別:固定を使って安定版か下書き板のどちらを既定の表示内容にするかを設定できます。
  • $wgFlagRestrictions – 各フラグをキーに、各利用者権限を持った人が設定できるレベルの最高値を値に設定した連想配列
    $wgFlagRestrictions = array(
    	'accuracy' => array( 'review' => 1 ),
    	'depth'	   => array( 'review' => 2 ),
    	'style'	   => array( 'review' => 3 ),
    );
    
  • $wgFlaggedRevsWhitelist – ページ名の配列で、 これらのページはFlaggedRevsの対象からは除外されます。 査読はできなくなり、UIも元の状態に戻ります。 ページ名中の空白( )はアンダーバー(_)に変更してください(例:"Main page" -> "Main_page")

ユーザー インターフェイス[edit]

  • $wgSimpleFlaggedRevsUI – 有効化されると、アイコン表示されたUIが使用されます。 編集モードでのタグは変更されません。
  • $wgFlaggedRevsLowProfile – 最新版が査読されている場合、査読状況を示すボックス・バーを隠すかどうかを設定できます。 これらに関する説明文も除去されます。

ワークフロー[edit]

  • $wgFlaggedRevsExceptions – この利用者グループに属する利用者には、既定で最新版(下書き版)を表示します。
  • $wgFlaggedRevsAutoReview – 有効化された場合、「autoreview」権限を持つ利用者によるすべての編集は、保存と同時に自動的に査読済みになります。 「査読を送信」ボタンを押す必要はありません。 ただし、自動査読が実行されるためには、それより前の版が査読されている必要があり、未査読の版がある場合は発動しません。
  • $wgFlaggedRevsTagsAutowgFlaggedRevsAutoReviewが有効化されている場合に、自動査読された場合にどのタグがどのレベルとして評価されるのかを設定します。 許可されていると、以前の版のタグレベルと同じレベルに設定されます。 これは連想配列で、各キーがタグで、各値がタグのレベルです。
    $wgFlaggedRevsTagsAuto = array(
    	'accuracy' => 1, 'depth' => 1, 'style' => 1
    );
    
テンプレートや画像の変更も(各ページごとに)自動査読されます。 これはつまり、良くない版も査読済みにされる場合があるということです。 利用者は、必ずプレビューを確認したり、保存後に手動で査読をすることが推奨されます。 $wgNamespaceProtection[NS_IMAGE]$wgNamespaceProtection[NS_TEMPLATE]array('editor')array('autoconfirmed')のいずれかに設定することもできます。

利用者の自動昇格[edit]

  • $wgFlaggedRevsAutopromote – An array with keys for days, edits, time spacing, benchmarks, emailconfirmed, recent content page edits, total content edits, content pages edited, edit summaries used, IP uniqueness, and userpage existence as keys. The values correspond to how many days/edits are needed for a user account to be autopromoted to Editor status and whether they must be emailconfirmed and have a user page do so. The user must have at least X edits that are Y or more days apart, where X is the number of benchmarks and Y is the time spacing. Set this variable to false to disable this entirely.
    • 編集者グループから除去された利用者が、再度、自動昇格することはありません(変更記録が確認されます)
    • いくつかの回数は過去遡及しません。そのため、自動昇格が遅れることもあります。
    $wgFlaggedRevsAutopromoteは例えば以下のように設定出来ます
    $wgFlaggedRevsAutopromote['days'] = 60; # 登録からの経過時間
    $wgFlaggedRevsAutopromote['edits'] = 150; # 合計編集回数
    $wgFlaggedRevsAutopromote['excludeDeleted'] = true; # 先の'edits'回数に削除された編集を含めるかどうか
    $wgFlaggedRevsAutopromote['spacing'] = 3; # 編集回数の間隔
    $wgFlaggedRevsAutopromote['benchmarks'] = 15; # 編集間隔の編集数
    $wgFlaggedRevsAutopromote['recentContentEdits'] = 10; # $wgContentNamespaces内での最近の編集数
    $wgFlaggedRevsAutopromote['totalContentEdits'] = 30; # $wgContentNamespaces内での編集数
    $wgFlaggedRevsAutopromote['uniqueContentPages'] = 10; # $wgContentNamespaces内での編集したページ数
    $wgFlaggedRevsAutopromote['editComments'] = 5; # 編集要約を使用した回数
    $wgFlaggedRevsAutopromote['email'] = true; # メールアドレスの確認(emailconfirmed)をすべきかどうか
    $wgFlaggedRevsAutopromote['userpageBytes'] = 0; # 利用者ページが必要な場合、その必要な最小サイズ
    

高度な設定[edit]

FlaggedRevs.config.phpに設定可能な選択肢の完全な一覧があります(いくつかは説明コメント付きです)。 ただし、このファイルを編集するのではなく、LocalSettings.phpで設定するよう注意してください。

利用者以外は記事の安定版のみを見ることのみができうようにするには、Extension:FlaggedRevs/Restricting unapproved revisionsをご覧ください。

使用法[edit]

関連項目: Help:FlaggedRevsHelp:FlaggedRevs

ページの承認[edit]

査読権限を持つ利用者には、ページ表示の際 (ページの下部) や差分表示の際 (ページの上部) に小さな格付けフォームが表示され、それを使用して版の査読をすることができます。 各タグは、少なくとも承認できる最低レベルを満たしている必要があります。 査読前に、利用者はテンプレートや画像を含むページ全体を確認する必要があります。 「(安定版との差分)」を使えばこの作業をより早く実行できるでしょう。

利用者は、編集できないページを査読することはできません。 また、設定できないレベルより下に、レベルを下げることもできません。 もちろん、ブロックされた利用者はなにもできません。

FlaggedRevs - Review2.png

Special:StableVersions(特別:安定版)では、査読済みのすべての版や、個別ページの査読済み版の一覧をみることができます。

FlaggedRevs - Stable Versions.png

保存[edit]

Special:UnreviewedPages(特別:未査読ページ一覧)では、未査読なページの一覧が表示されます(編集者のみが使用できます)。 表示する名前空間を指定する必要があり、カテゴリを指定することもできます。

FlaggedRevs - UnreviewedPages.png

Special:OldReviewedPages(特別:保留中の変更)では、査読済みだが編集が保留されているページの一覧が表示されます (編集者のみが使用できます)。 表示するカテゴリを指定することもできます。

FlaggedRevs - OldReviewedPages.png

査読できないページも、編集者によって(主に荒らし対策の目的で)引き続き巡回することもでき、巡回された一覧も表示できます。

主要な査読レベルに達した査読済みページの一覧は特別:査読済みページ(Special:Reviewedpages)で見ることができます。

Reviewedpages.png

記録[edit]

すべての関連操作は永久的に記録されるため、すべて後から追跡したり確認することができます。

  • 編集者など各グループへの追加・除去の記録は'Special:Log/userrights'(特別:記録/<グループ名>)で確認できます。
  • 版の承認・非承認の記録は'Special:Log/review'(特別:記録/review)に保存されています。
  • 安定版の設定変更記録は'Special:Log/stable'(特別:記録/stable)に表示されます。

Special:QualityOversight(特別:上級査読記録)では、良質(quality)レベルとなった版の記録のみを見ることができます。 承認や確認で記録が流れてしまう場合に有用です。

注記[edit]

  • この拡張機能によって$wgUseRCPatrolManual:$wgUseRCPatrolが有効化されます が、査読済み版は最近の更新において巡回済みとされます。 つまり、査読可能な版を巡回するには、査読するしかないということです。 査読不可能なページは引き続き、そのサイトの巡回設定にしたがって巡回されます。
  • 管理者は特定のページに対して、良質認定が優先されるかどうか、安定版を既定で表示するページとするかどうかを変更できます。 この機能を無効化するにはlocalsettings.php内で$wgGroupPermissions['sysop']['stablesettings'] = false;と指定してください。
  • ページヘのリンク、カテゴリ、画像、テンプレート、言語間リンクおよび外部リンクは、最新版に基づきます。
  • 査読できないページを移動することはできません。 This is deliberate; see phab:T15994. To work around this, add $wgGroupPermissions['autoconfirmed']['movestable'] = true; to LocalSettings.php
  • 編集者権限を剥奪するには、一時的には投稿ブロックを、永久的にはSpecial:UserRights(特別:利用者権限)を使用してください。 An extra demotion log item will appear for tracking purposes.

API[edit]

FlaggedRevs adds API modules for reviewing revisions and configuring "stabilization" of pages, a module for retrieving flag configuration, and three list modules corresponding to the special pages for reviewed pages, unreviewed pages and "old" reviewed pages.

action = review[edit]

Reviews a page.

パラメーター
  • revid: The revision ID for which to set the flags
  • token: An edit token retrieved through prop=info
  • comment: Comment for the review (optional)
  • flag_accuracy: Set the flag named "accuracy" to the specified value; (replace "accuracy" with the flag name to set another flag)

Review revision 12345

action = stabilize[edit]

Changes page stabilization settings.

パラメーター
  • title: Title of page to be stabilized
  • reason: Reason for stabilization
  • expiry: (Deprecated?) Stabilization expiry. Default: infinite
  • review: Whether to auto-review the page
  • watch: Whether to watch the page
  • token: An edit token retrieved through prop=info
  • For protection-like configurations ($wgFlaggedRevsProtection=true):
    protectlevel: The right users must have in order for their edits to not require review.
  • Otherwise ($wgFlaggedRevsProtection=false):
    default: Default revision to show (latest | stable)
    precedence: Which stable revision should be shown (pristine | quality | latest). Default: quality
    autoreview: Restriction level for the 'autoreview' right (sysop | none). Default: none

Configure the page "Foo" such that only quality revisions are shown by default

action = flagconfig[edit]

Shows information about review flag configuration.

The following parameters are returned for each tag:

  • name: the name of the flag
  • levels: the number of possible levels the flag has (not counting the "unreviewed" level)
  • tier2: level the flag must be for the revision to be considered "quality"
  • tier3: level the flag must be for the revision to be considered "pristine"

The displayed name for each flag and the different level names for each flag are MediaWiki messages, so can be set and retrieved through the appropriate page; for example the name for the first level of the "accuracy" flag is located at MediaWiki:revreview-accuracy-1.

Retrieve flag configuration

list = reviewedpages[edit]

Lists pages that have been reviewed.

パラメーター
  • rpstart: Start listing at this page id.
  • rpend: Stop listing at this page id.
  • rpdir: In which direction to list.
  • rpnamespace: The namespaces to enumerate.
  • rpfilterredir: How to filter for redirects
  • rpfilterlevel: How to filter by quality (0=sighted,1=quality)
  • rplimit: How many total pages to return.

List "sighted" pages in main namespace

list = unreviewedpages[edit]

Lists pages which have never been reviewed.

パラメーター
  • urstart: Start listing at this page title.
  • urend: Stop listing at this page title.
  • urnamespace: The namespaces to enumerate.
  • urfilterredir: How to filter for redirects
  • urfilterlevel: How to filter by quality (0=sighted,1=quality)
  • urlimit: How many total pages to return.

List pages in the main namespace that have not been "sighted"

list = oldreviewedpages[edit]

Lists pages that have at some point been reviewed, but for which the most recent revision is not reviewed.

パラメーター
  • orstart: Start listing from this timestamp
  • orend: Stop listing at this timestamp.
  • ordir: In which direction to list.
  • ornamespace: The namespaces to enumerate.
  • orfilterredir: How to filter for redirects
  • orlimit: How many total pages to return.

List pages in the main namespace with recent unreviewed revisions

制限[edit]

  • ウィキを横断した読み込みは対象外になります。
  • 外部画像(コモンズは除く)も対象外です。
  • 査読者が閲覧した時間と査読した時間で条件が変化し、他のテンプレートを読み込むような上位テンプレートがあるかもしれません。 ゆえに、この異なったテンプレートが読み込まれる版のIDへのポインターは存在しません。もしこのようなことになった場合は、査読中に通知されます。

アンインストール[edit]

  1. Remove the include line from LocalSettings.php
  2. Drop the tables in FlaggedRevs.sql.
  3. Drop the columns page_ext_reviewed, page_ext_quality, and page_ext_stable, and the index ext_namespace_reviewed from the page table (if they exist; only older versions of FlaggedRevs used these)
  4. Run maintenance/refreshLinks.php from the command line to flush out the stable version links
  5. Run maintenance/rebuildFileCache.php 0 overwrite from the command line if you use $wgFileCache

試験プラットフォーム[edit]


関連項目[edit]

外部リンク[edit]

ライセンス[edit]

© GPL, Aaron Schulz, Joerg Baach, 2007