Manual:ウィキをスティックに

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Manual:Wiki on a stick and the translation is 92% complete.

Other languages:
العربية • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎Tiếng Việt • ‎粵語 • ‎中文
Usbdrive icon.svg

「スティック」という言葉はいわゆる USB スティックを指しています。他にも USB キー、USB メモリ、キードライブ、サムドライブ、ペンドライブなどの名称で知られているものです。なお、この導入手順はその他のリムーバブルメディア (メモリーカードPC カード/PCMCIA/CardBus ディスク、LS-120 SuperDisk、その他のポータブルメディア)にも適用できます。

ウィキをスティックに入れる理由[edit]

個人用のウィキとしてウィキをスティックに入れることは、デモンストレーション、個人的な知識管理、洗練されたメモ書き、単純なコピーを用いてささっとインストール、という点で有用です。

考慮すべき点[edit]

メディアを取り外す前に、必ずサーバーを停止して、システムトレイの「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンでメディアを停止するようにしてください。

ウィキの内容の作成やソフトウェアの設定作業に非常に手間をかけた場合は、定期的にバックアップを取るようにしてください。USB キーはとても紛失しやすいものだということを忘れないようにしましょう。

セキュリティ[edit]

もし USB キーを紛失してしまって誰かにそれを拾われたら、誰でもあなたのウィキ内の情報にアクセスできてしまいます。Manual:アクセスを防ぐ に記載されているような一般的なウェブのセキュリティ手法はこのような場合あまり効果がないことに注意してください。何と言っても、拾った人は直接データベース サーバーにアクセスできてしまうためです (データベース サーバーが USB キー内にあるからです!)。注意を要するような情報や秘匿情報はこのウィキページには置かないようにするか、もしくは...

データを守るために [$truectypt TrueCrypt] のような暗号化を使用するというのも手です。この場合はサーバーを起動する前にドライブをマウントして、サーバーを停止した後にはドライブをマウント解除する作業が毎回必要になります。

Windows[edit]