Manual:外装の設定

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:Skin configuration and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Esperanto • ‎Nederlands • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎български • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

このページは管理者を対象に、ウィキに外装を設定する方法を解説します。

ウィキの外装 (スキン) を新規に作成する方法は、管理者向けの総合的な情報を参照してください。外装全般の情報はHelp:外装を、新しい外装の作成についての開発者向けの情報はManual:Skinningをそれぞれ参照してください。

この説明文書は、MediaWiki 1.31+向けです。

外装のダウンロード

MediaWiki の tarball ダウンロードには3件の外装が同梱されています。

しかし、MediaWiki を Git またはナイトリー版からダウンロードした場合、あるいは追加の外装をインストールしたい場合は、単数または複数の追加の外装のコードを個別にダウンロードする必要があります。

多くの MediaWiki 外装は Wikimedia Git リポジトリに含まれています(完全な一覧はこちらから参照してください)。 スキンはMediaWiki 外装のダウンロードよりダウンロードできます(tar形式)。

このグループ内の外装をどれか Git 経由でダウンロードするには、以下のような呼び出しを作成します。

git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/mediawiki/skins/[name of skin]

例: 既定のベクター外装を用いるには、MediaWiki-core/skins/ディレクトリにある下記を入力します。

git clone https://gerrit.wikimedia.org/r/mediawiki/skins/Vector

適したリリースの外装を入手します。 新しいディレクトリに移動し、実行:

git checkout REL1_27 (もしくはその他のリリース版あるいはタグ)


ダウンロードした外装用のフォルダは MediaWiki をインストールしたディレクトリのサブディレクトリ/skins配下に置きます (Git リポジトリを直接、このサブディレクトリに置きます。)

外装の有効化

/skins ディレクトリ内の任意の使いたい外装について、LocalSettings.php ファイルで有効化しなければなりません。 例えば、ベクター外装を有効にするには以下を追加します。 複数の外装をインストールした場合は、個別の文を使って有効にします。

// mw.v 1.24.x or less
require_once "$IP/skins/Vector/Vector.php";
// mw.v 1.25.x or above
wfLoadSkin( 'Vector' );

(これは、ディレクトリが異なる点以外は、拡張機能の有効化と同じです。)

外装の選択によっては追加の段階が必要かもしれません。 mediawiki.org 内の各外装のページに詳細なインストールガイドがあります。例えば Vector のものは Skin:Vector#インストールをご覧ください。他のすべての外装についての説明も同様です。

ウィキにおける既定の外装の設定

固有のウィキの新規利用者向けに既定の外装を設定するには、外装ファイルに記述のある名称をLocalSettings.php $wgDefaultSkin 変数に小文字で入力します。利用者はその場合も個人設定ページを開いて好みの外装に変更できますが、他の外装をすべてアンインストールもしくは非表示にした場合を除きます(以下をご参照ください。)例をあげます。

$wgDefaultSkin = 'vector';

既存のウィキでこれら値を変更すると、旧版の既定の外装を使用する利用者の設定が自動で更新されます。利用者の個人設定を変更する メンテナンスのスクリプトは存在するものの (userOptions.php)、使用する必要のあることはほとんどありません。

この値を保つと、既定の外装はベクターです。

外装のアンインストール

外装をアンインストールするには、require_once の行を LocalSettings.php ファイルから取り除きます。その後、skins/ ディレクトリを削除することができます。

もしアンインストールしたスキンを使用していた利用者がいれば、MediaWikiは自動的にその利用者の外装をWikiの既定の外装に切り替えます。

外装をアンインストールせずに抑制する

管理者は利用者の個人設定に表示され、サイト全般の使用を認める外装に上限を設けるため、非表示にする外装を$wgSkipSkins に列記します。利用者には非表示のまま、新規の外装をテストする場合に便利かもしれません。手順は以下の例を参考にして、LocalSettings.php に記述します。

// To remove various skins from the User Preferences choices
$wgSkipSkins = array( "cologneblue", "monobook" );

外装のプレビューにはuseskin URL 引数を使います。

サイト全体のCSSの変更

MediaWiki では管理者がレンダリング対象のすべてのページに適用するため、サイト全般のCSSルール規定を認めています。 これらルールの追加にはご利用のウィキでCommon.cssページを編集しますが、$wgUseSiteCss は真に設定されている必要があります。 グローバルなスタイルシートに加えて、特定の外装にのみ有効なCSS規則の設定もできます(Manual:Interface/Stylesheetsをご参照ください。)

利用者CSSの変更

利用者はページ "User:利用者名/common.css" を作成することにより、自分用のCSSルールを指定することができます。 そのページのCSSは利用者がどのスキンを使用していても適用されます。 もしウェブサイトの既定の外装が変更されても、利用者のカスタムCSSは以前と同じように引き続き有効に作用します。 この機能は LocalSettings.php 中の $wgAllowUserCss を true に設定することで有効化されます。 また、利用者はページ "User:利用者名/外装名.css" を作成することにより、特定の外装にCSSを適用することもできます。 例えばMonoBookスキンを利用しているなら、ページSpecial:MyPage/monobook.css を編集します。

利用者が個人設定で外装を変更できないようにする

MediaWiki バージョン: 1.16

システム管理者は「外装」オプションそのものを除去し、個人設定に非表示にすることができます。ご利用のサイトで使う外装が特製で、しかも 他の外装では正しく表示されない場合には合理的な措置です。

実行にはLocalSettings.php 内に新しい行を追加して以下のコードを記入します。個人設定から「外装」オプションが除去され、そのURLではuseskinパラメーターが使用できなくなります。

$wgHiddenPrefs[] = 'skin';