MediaWiki 1.30

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page MediaWiki 1.30 and the translation is 71% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Lëtzebuergesch • ‎asturianu • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎magyar • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎עברית • ‎मराठी • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

MediaWiki 1.30はMediaWikiの旧バージョンです。すべての変更点をご覧になりたい方は リリース ノート を参照してください。このバージョンは2017年5月9日、ウィキメディア財団のウィキ群に対する増分「wmf」分岐として展開が始まりました。1.30.0の安定版は2017年12月12日に公開されました。

最新のスナップショットをダウンロードするか、GitREL1_30ブランチをチェックアウトして、このリリースに従ってください。

設定の変更

  • コードがロケールの影響を受ける文字列比較を使用している場合の予期せぬ動作を避けるため、可能ならば $wgShellLocale には "C.UTF-8" ロケールを使用するべきです。例えば、大文字小文字の無視により、ほとんどのロケールにおいて Scribunto 拡張機能は "bar" < "Foo" と見なします。
  • $wgShellLocale は LC_CTYPE だけでなく LC_ALL にも影響を及ぼすようになります。詳細については $wgShellLocale のドキュメンテーションを参照してください。
  • $wgShellLocale はすべてのリクエストに対して適用されるようになります。wfInitShellLocale() はもはや必要でないため、非推奨であり何も行いません。
  • $wgJobClasses may now specify callback functions as an alternative to plain class names. This is intended for extensions that want control over the instantiation of their jobs, to allow for proper dependency injection.
  • $wgResourceModules may now specify callback functions as an alternative to plain class names, using the 'factory' key in the module description array. This allows dependency injection to be used for ResourceLoader modules.
  • $wgExceptionHooks が除去されました。
  • (T45547) $wgUsePigLatinVariant が追加されました (既定ではオフ)。
  • Special:Contributions で問い合わせることができる IP 範囲の大きさを制御するため、$wgRangeContributionsCIDRLimit が導入されました。

新機能

  • (T163562) 特別:投稿記録において、ある IP 範囲内の投稿記録を検索することができるようになりました。より効率良く範囲内への問い合わせを行えるようにするため、IP アドレスによって作られたリビジョンへの参照が ip_changes テーブルに格納されます。
  • (T37247) Parser::parse() からの出力は、既定では class="mw-parser-output"<div> に包まれるようになります。これは ParserOptions::setWrapOutputClass() を使用して変更または無効化される可能性があります。
  • Added the 'ChangeTagsAllowedAdd' hook, enabling extensions to allow software- specific tags to be added by users.
  • Added the 'ParserOptionsRegister' hook to allow extensions to register additional parser options.
  • (T45547) Included Pig Latin, a language game in English, as a LanguageConverter variant. This allows English-speaking developers to develop and test LanguageConverter more easily. Pig Latin can be enabled by setting $wgUsePigLatinVariant to true.
  • Added the 'RecentChangesPurgeRows' hook to allow extensions to purge data that depends on the recentchanges table.
  • 差分ページの出力にwgDiffOldId/wgDiffNewIdというJavaScript設定値を追加しました。

操作 API の変更

  • (T37247) action=parse の出力は、既定では class="mw-parser-output"<div> に包まれるようになります。これは 新しい 'wrapoutputclass' パラメータを使用して変更または無効化される可能性があります。
  • When errorformat is not 'bc', abort reasons from action=login will be formatted as specified by the error formatter parameters.
  • action=compare can now handle arbitrary text, deleted revisions, and returning users and edit comments.
  • (T164106) The 'rvdifftotext', 'rvdifftotextpst', 'rvdiffto', 'rvexpandtemplates', 'rvgeneratexml', 'rvparse', and 'rvprop=parsetree' parameters to prop=revisions are deprecated, as are the similarly named parameters to prop=deletedrevisions, list=allrevisions, and list=alldeletedrevisions. Use action=compare, action=parse, or action=expandtemplates instead.

操作APIの内部的な変更

  • ApiBase::getDescriptionMessage() and the "apihelp-*-description" messages are deprecated. The existing message should be split between "apihelp-*-summary" and "apihelp-*-extended-description".
  • (T123931) Individual values of multi-valued parameters can now be marked as deprecated.

言語の更新

  • カビエ語(Kabɩyɛ / Kabiyè)のサポートが追加されました。

その他の変更

  • IP アドレスが値でなくキーである連想配列を $wgProxyList に使用することは非推奨となります([ '127.0.0.1' => 'value' ])。これらの配列は、インデックスが付けられた/シーケンシャルなものに変換してください([ '127.0.0.1' ])。
  • mw.user.bucket(1.23 より非推奨)は削除されました。
  • LoadBalancer::getServerInfo() および LoadBalancer::setServerInfo() は非推奨になりました。知られている呼び出し元はありません。
  • File::getStreamHeaders() は非推奨になりました。
  • MediaHandler::getStreamHeaders() は非推奨になりました。
  • Title::canTalk() は非推奨になりました。新しい Title::canHaveTalkPage() を代わりに使用してください。
  • MWNamespace::canTalk() は非推奨になりました。新しい MWNamespace::hasTalkNamespace() を代わりに使用してください。
  • ExtractThumbParameters フック(1.21 より非推奨)は削除されました。
  • OutputPage::addParserOutputNoText および ::getHeadLinks メソッド(両者とも 1.24 より非推奨)は削除されました。
  • wfMemcKey() および wfGlobalCacheKey() は非推奨になりました。BagOStuff::makeKey() および BagOStuff::makeGlobalKey() を代わりに使用してください。
  • (T146304) Preprocessor handling of LanguageConverter markup has been improved. As a result of the new uniform handling, '-{' may need to be escaped (for example, as '-<nowiki/>{') where it occurs inside template arguments or wikilinks.
  • (T163966) Page moves are now counted as edits for the purposes of autopromotion, i.e., they increment the user_editcount field in the database.
  • 特別:ログおよび特別:新しいページの行の操作のための 2 つの新しいフック LogEventsListLineEnding および NewPagesLineEnding が追加されました。
  • The OldChangesListRecentChangesLine, EnhancedChangesListModifyLineData, PageHistoryLineEnding, ContributionsLineEnding and DeletedContributionsLineEnding hooks have an additional parameter, for manipulating HTML data attributes of RC/history lines. EnhancedChangesListModifyBlockLineData can do that via the $data['attribs'] subarray.
  • (T130632) OutputPage::enableTOC() メソッドは削除されました。
  • WikiPage::getParserOutput() will now throw an exception if passed ParserOptions that would pollute the parser cache. Callers should use WikiPage::makeParserOptions() to create the ParserOptions object and only change options that affect the parser cache key.
  • Article::viewRedirect() は非推奨になりました。
  • DeprecatedGlobal は直接の値を渡すことをサポートしなくなります。呼び出し可能なファクトリ関数またはクラス名を必要とします。
  • $parserMemc グローバル変数、wfGetParserCacheStorage()ParserCache::singleton() はすべて非推奨です。メインの ParserCache インスタンスは代わりに MediaWikiServices から取得してください。新しい ParserCache::getCacheStorage() メソッドを通して、下層にある BagOStuff にアクセスすることが可能です。
  • .mw-ui-constructive CSS クラス(1.27 より非推奨)は削除されました。

下位ページ