Manual:Upgrading to 1.12/ja

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search


概要[edit]

最初に、MediaWiki 1.12に含まれるUPGRADEテキストファイルをご覧ください

すべてのMediaWikiのアップグレードに関して、基本的な前提は同じです:

  1. 要件をチェックする
  2. リリースノートを読む
  3. 既存のファイルとデータベースをバックアップする
  4. 新しいファイルを解凍する
  5. データベースを確認するためにアップデートスクリプトを実行する
  6. エクステンションをアップグレードする
  7. アップデートをテストする

システム要件を確認する[edit]

MediaWiki 1.12のシステム要件です:

PHP[edit]

  • PHP 5.0系以降
    PHP 5.1系もしくは5.2系を使用することを推奨します。
    特定の64ビットプラットフォームでのPHP 5.0系はMediaWikiに対して抜本的なバグを抱えていることに注意してください。x86_64 (AMD64、MT64)上もしくは他に影響のある64ビットのプラットフォーム上で動作をさせる場合、PHP 5.1系もしくは5.2系が要求されます。

DBMS[edit]

  • MySQL 4.0系以降
    MediaWiki1.6.0以降ではMySQL3.x系はサポートされていません

もしくは

  • PostgreSQL 8.1以降
    tsearch2plpgsqlモジュールも必要とされます。Cロケールで日本語全文検索をできるのはPostgreSQL8.2.2以降です。8.2.1はパッチを適用する必要があります。

リリースノートを読む[edit]

tarballの配布パッケージもしくはSVNからチェックアウト/エクスポートされたファイルの中に大文字の名前を持つ多くのファイルがあり、それらの一つにリリースノートが含まれています。開いてみて1.11で何が変更されたのかを調べてください。

既存のファイルとデータベースをバックアップする[edit]

アップグレードスクリプトがよく維持され頑強である場合でも、まだ物事がうまくいかなくなってしまうことがあり得ます。データベーススキーマをアップデートする手続きをする前に、wikiのデータベースとファイルの両方を含めて、wikiを十分にバックアップをしてください:

  • データベースからのwikiの内容。SQLデータベースダンプに加えてXMLダンプを作成することはよいアイディアかもしれません。
  • 画像と他のメディアファイル(imagesディレクトリの内容)
  • 設定ファイル、すなわちLocalSettings.php and AdminSettings.php(存在するのであれば)
  • MediaWikiのプログラムファイル。すべてのスキンとエクステンションを含む。特にそれらを修正している場合。

Manual:Backing up a wiki/jaの手引きもご覧ください

新しいファイルを解凍する[edit]

tarballパッケージを使用する場合、解凍してください; Subversionを使用している場合、ファイルをクリーンな位置にエクスポートしてください。すべてのエクステンションファイルを1.11から新しいバージョンで置き換えてください。ディレクトリ構造はそのままにしてください。これでコアコードは最新になります。

アップデートスクリプトを実行する[edit]

注意: wikiルートにAdminSettings.phpが存在し、その中に最新の情報が格納されているかを確認してください。ユーザはデータベース上でフルパーミッションが必要です。

前に説明したアップデートを実行する方法はコマンドラインメインテナンススクリプトを使用していますが、ウェブベースのインストーラを再実行することも可能です。

シェル[edit]

コマンドラインもしくはSSHシェルか同様のもので、maintenanceディレクトリに移動してアップデートスクリプトを実行します:

$ php update.php

MediaWikiは既存のスキーマを点検し、新しいコードが動作するように、必要に応じてテーブルとカラムを追加することでアップデートを行います。

他の選択肢 1: phpShell[edit]

シェルアクセスが利用できない場合、phpShellといったPHP関数を利用してコマンドプロンプトをエミュレートするものを見てみましょう。これはロックダウンされたホスティングセットアップ上では動作しないかもしれません。

このような解決方法を使用する場合、スクリプトの始めにカウントダウンピリオドをスキップすることが望ましいことがよくあります。そのようにするためには--quickオプションをアップデートスクリプトに渡してください:

$ php update.php --quick

他の選択肢 2: インストーラを再実行する[edit]

シェルからアップデートスクリプトを実行する別の選択肢はウェブインストーラを再実行することです。次のように行います:

  1. LocalSettings.phpLocalSettings.old.phpにリネームします
  2. configディレクトリがウェブサーバによって書き込み可能であることを確認します
  3. データベースユーザがデータベースへの十分な権限を持つことを確認します
  4. wikiにブラウズしてインストーラを立ち上げます

以前のバージョンのインストールの間に行ったフォームフィールドを入力します。インストールの手続きが始まったときにスクリプトは既存のMediaWikiのテーブルを検知して、スキーマをアップグレードします。インストール作業が完了したときに、LocalSettings.phpが生成されます。

  1. 新しい設定ファイルを削除します
  2. LocalSettings.old.phpを元のLocalSettings.phpにリネームします
  3. configディレクトリのパーミッションを元に戻します

エクステンションをアップグレードする[edit]

エクステンションの中にはMediaWiki 1.12で動作させるためにアップデートする必要があります。必ず最新のエクステンションにアップグレードしてください。エクステンションのアップデートを手作業で行うことが必要になることがあります。

アップデートをテストする[edit]

一旦アップグレードが完了したら、期待通りに作業が行われたかどうか裏付けをするためにwikiにブラウズしてページの閲覧と編集といった基本的なことを確認してください。

Special:Versionにアクセスし表示されるバージョンが正しいか確認をしてください

言語: English  • Deutsch • español • français • 日本語 • русский