Manual:ウィキのバックアップ

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:Backing up a wiki and the translation is 63% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎magyar • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎தமிழ் • ‎മലയാളം • ‎සිංහල • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

ウィキ内のデータのバックアップを定期的に作成することは重要です。このページでは、典型的な MediaWiki ウィキのバックアップ手順の概要を説明します。

概要

MediaWiki は、重要なデータを 2 箇所に保持しています:

データベース 
ページとその内容、利用者とその個人設定、メタデータ、検索のインデックス情報など。
ファイルシステム 
ソフトウェア構成ファイル、カスタム外装、拡張機能、画像 (削除されたものを含む) など。

バックアップを作る前に、ウィキを読み取り専用にする($wgReadOnlyManual:$wgReadOnly 参照)ことを検討してください。これによって出来上がったバックアップが自己矛盾の無いものとなります (一部の拡張機能は読み取り専用にしてもデータを書き込むかもしれません)。

ファイル転送

サーバーからファイルを転送するための方法を選択する必要があります:

  • 非公開ではないデータであれば単にpublish on archive.orgまたはwebサーバーのdumps/ディレクトリの中に入っています。
  • SCP (または WinSCP)、SFTP/FTP などの転送プロトコルが使用できます。
  • ホスティング会社がwebブラウザー上で動作するファイルマネージャーを提供しているかも知れません。

データベース

殆どの重要なデータは簡単にバックアップできるデータベース内に保存されています。既定のMySQLバックエンドを使用している場合、このデータベースはスクリプトファイルとしてダンプすることができます。このスクリプトファイルを使ってゼロからデータベースを再構築できます。

MySQL

Automysqlbackup

Debianのパッケージを参照してください:

$ apt show automysqlbackup
[...]
Description: automysqlbackup creates backup every day, week and month for all of your MySQL database, to a configured folder. There's nothing to do but to install this package, and you'll rest assured that you have a way to go back in the history of your database.
[...]

パッケージをインストール:

# apt install automysqlbackup

すべてのデータベースは/var/lib/automysqlbackup/に保存されます:

$ find /var/lib/automysqlbackup/
/var/lib/automysqlbackup/
/var/lib/automysqlbackup/weekly
/var/lib/automysqlbackup/weekly/my_wiki
/var/lib/automysqlbackup/weekly/my_wiki/my_wiki_week.18.2016-05-07_15h32m.sql.gz
/var/lib/automysqlbackup/monthly
/var/lib/automysqlbackup/daily
/var/lib/automysqlbackup/daily/my_wiki

マニュアルバックアップ:

# automysqlbackup

データベースのリストア:

gunzip < /var/lib/automysqlbackup/weekly/my_wiki/my_wiki_week.18.2016-05-07_15h32m.sql.gz|mysql -uUSER -pPASSWORD my_wiki

他のディストリビューションについては、Sourceforgeを参照してください。

コマンドラインでmysqldumpを実行する

最も簡便なのは、MySQLに標準で付属するMySQL ダンプツール (mysqldump)を用いることである。これは、バックアップ対象のデータベース名やテーブル名を指定してダンプファイルを作成することができるコマンドラインアプリケーションである。

まずLocalSettings.phpに次の行を挿入します

$wgReadOnly = 'Dumping Database, Access will be restored shortly';

これは、ダンプが完了するとすぐに削除することができます。

Linux/UNIX シェル上で実行するコマンドの例:

mysqldump -h hostname -u userid -p --default-character-set=whatever dbname > backup.sql

hostnameuseridwhateverdbnameを適宜変更します。4つはすべてLocalSettings.php(LSP)ファイルにあります。hostname$wgDBserverにあります。既定ではlocalhostです。userid$wgDBTableOptionsの下にありますが、whatever DEFAULT CHARSET=の後にリストされます。whateverが指定されていない場合、mysqldumpはデフォルトのutf8を使用するか、古いバージョンのMySQLを使用する場合はlatin1を使用します。dbname$wgDBnameにあります。コマンドラインからこの行を実行すると、mysqldumpはサーバのパスワードを要求します(LSPの[Manual:$wgDBpassword]にあります)。

コマンドライン パラメーターの完全な一覧については mysqldump を参照してください。

より小さい出力ファイルの場合、mysqldumpの出力を次のようにgzipにパイプすることができます

mysqldump -h hostname -u userid -p dbname | gzip > backup.sql.gz

同様のmysqldumpコマンドを使用して、代わりに--xmlパラメータを含めることでXML出力を生成することができます。

mysqldump -h hostname -u userid -p --xml dbname > backup.xml

gzipにパイプでファイルを圧縮する

mysqldump -h hostname -u userid -p --xml dbname | gzip > backup.xml.gz

また、画像、ロゴ、拡張機能など、必要に応じてwikiのファイルシステムコンポーネントをバックアップすることを忘れないでください。

cronでのmysqldumpの実行

Cronは、Unixライクなコンピュータオペレーティングシステムにおける時間ベースのジョブスケジューラです。Cronを使用すると、特定の時刻または日付に定期的にジョブ(コマンドまたはシェルスクリプト)を実行するようにスケジュールすることができます。

crontabから実行できるサンプルコマンドは次のようになります:

nice -n 19 mysqldump -u $USER --password=$PASSWORD $DATABASE -c | nice -n 19 gzip -9 > ~/backup/wiki-$DATABASE-$(date '+%Y%m%d').sql.gz

nice -n 19はプロセスの優先順位を下げます。

Use valid values for $USER, $PASSWORD, and $DATABASE. This will write a backup file with the weekday in the filename so you would have a rolling set of backups. If you want to save the files and extensions as well, you might want to use this one.

警告 警告: mysqlhotcopyを使用してMediawikiデータベースをバックアップしようとしないでください。Mediawikiで使用されているテーブル形式はこのツールではバックアップできません。!

このタスクをCpanel経由でCronに追加する場合は、文字「%」をエスケープする必要があります

/usr/bin/mysqldump -u $USER --password=$PASSWORD $DATABASE -c | /bin/gzip > ~/backup/wiki-$DATABASE-$(date '+\%Y\%m\%d').sql.gz

エスケープしないと、以下のエラーになります:

/bin/sh: -c: line 0: unexpected EOF while looking for matching `''
/bin/sh: -c: line 1: syntax error: unexpected end of file

テーブル

Some of the tables dumped have different degrees of temporariness. So to save disk space (beyond just gziping), although those tables need to be present in a proper dump, their data does not. However, under certain circumstances the disadvantage of having to rebuild all this data may outweigh saving disk space (for example, on a large wiki where restoration speed is paramount).

トピックについては、メーリングリストのスレッドmysql5バイナリスキーマを参照してください。

Latin-1からUTF-8への変換

このプロセスの詳細については、更新ページの関連セクションを参照してください。文字セットの一般的な操作の詳細については、トークページを参照してください。

PostgreSQL

pg_dumpツールを使用して、MediaWiki PostgreSQLデータベースをバックアップすることができます。例えば:

pg_dump mywiki > mywikidump.sql

will dump the mywiki database to mywikidump.sql.

ダンプをリストアするには以下の通り:

psql mywiki -f mywikidump.sql

You may also want to dump the global information, e.g. the database users:

pg_dumpall --globals > postgres_globals.sql

SQLite

データベースが現在オフラインなら、データベースファイルをコピーするだけでデータベースをバックアップできます。 もしそうでないなら、 メンテナンス・スクリプト: php maintenance/sqlite.php --backup-to <backup file name>を使用します。この作業はアトミックであり(すべての処理が実行されるか全く実行されないかのいずれかなので)不整合はありません。 ウィキのデータベースが非常に大きかったり、サーバーの負荷が重かったりしなければ、ウィキを編集しているユーザーは多少のもたつきを感じるだけでしょう。 ウィキを読んでいるだけの利用者は何も感じないでしょう。

phpMyAdmin

Turn your wiki to read only by adding $wgReadOnly = 'Site Maintenance'; to LocalSettings.php.

Open the browser to your phpadmin link, login, choose the wiki database. (Check LocalSettings.php if you're not sure). Select Export. Make sure all items under Export are highlighted, and make sure Structure is highlighted (it's important to maintain the table structure). Optionally check Add DROP TABLE to delete existing references when importing. Make sure Data is checked. Select zipped. Then click on GO and save the backup file.[1]

Remove $wgReadOnly = 'Site Maintenance'; from LocalSettings.php

Remember to also backup the file system components of the wiki that might be required, eg. images, logo, and extensions.

外部リンク

HeidiSQL

HeidiSQL is similar to phpMyAdmin, but without any restrictions of phpMyAdmin's free version. HeidiSQL requires a direct database connection, where some hosts may only offer web interfaces (phpMyAdmin) to firewalled databases.

ファイルシステム

データベースに保存するよりもファイルシステムに保存した方が適切であるような要素についてはファイルシステムの中に保存されます。例えばサイトの設定ファイル(LocalSettings.phpAdminSettings.php (最終的に 1.23 で除去されました))や画像ファイル(削除された画像、サムネイル、数式やSVGファイルも含む)、スキンのカスタマイズ設定、Extensionファイルなどが該当思案す。

これらのファイルをバックアップするのに最適な方法は、.tarのようなアーカイブファイル(必要が有れば圧縮して)に纏めることです。WindowsであればWinZipや7-Zipといったアプリケーションが使用できます。

Linuxの場合でWikiが /srv/www/htdocs/wiki に格納されているとすると

  tar zcvhf wikidata.tgz /srv/www/htdocs/wiki

It should be possible to backup the entire "wiki" folder in "htdocs" if using XAMPP.

ウィキのコンテンツのバックアップ (XML ダンプ)

It is also a good idea to create an XML dump in addition to the database dump. XML dumps contain the content of the wiki (wiki pages with all their revisions), without the site-related data (they do not contain user accounts, image metadata, logs, etc).[2]

XML dumps are less likely to cause problems with character encoding, as a means of transfering large amounts of content quickly, and are easily be used by third party tools, which makes XML dumps a good fallback should your main database dump become unusable.

To create an XML dump, use the command-line tool dumpBackup.php, located in the maintenance directory of your MediaWiki installation. See Manual:dumpBackup.php for more details.

You can also create an XML dump for a specific set of pages online, using Special:Export, although attempting to dump large quantities of pages through this interface will usually time out.

To import an XML dump into a wiki, use the command-line tool importDump.php. For a small set of pages, you can also use the Special:Import page via your browser (by default, this is restricted to the sysop group). As an alternative to dumpBackup.php and importDump.php, you can use MWDumper, which is faster, but requires a Java runtime environment.

詳細情報は Manual:XML ダンプの取り込み を参照してください。

サーバーにシェルでアクセスできない場合

If you have no shell access, then use the WikiTeam Python script dumpgenerator.py from a DOS, Unix or Linux command-line. Requires Python v2 (v3 doesn't yet work).

To get an XML, with edit histories, dump and a dump of all images plus their descriptions. Without extensions and LocalSettings.php configs.

python dumpgenerator.py --api=http://www.sdiy.info/w/api.php --xml --images

Full instructions are at the WikiTeam tutorial.

Meta:Data dumps も参照してください。

スクリプト

警告 警告: Use these at your own risk. Check your wiki's LocalSettings.php for the correct character set to use, as you may need to edit the script to suit.
  • Unofficial backup script by User:Duesentrieb.
  • Unofficial backup script by Flominator; creates a backup of all files and the database, with optional backup rotation.
  • User:Darizotas/MediaWiki Backup Script for Windows - a script for backing up a Windows MediaWiki install. Note: Has no restore feature.
  • Unofficial web-based backup script, mw_tools, by Wanglong (allwiki.com); you can use it to back up your database, or use the backup files to recover the database, the operation is very easy.
  • WikiTeam tools - if you do not have server access (e.g. your wiki is in a free wikifarm), you can generate an XML dump and an image dump using WikiTeam tools (see some saved wikis).
  • FullsitebackupFullsitebackup
  • Another backup script that: dumps DB, files, and XML; puts the site into read-only mode; timestamps backups; and reads the charset from LocalSettings. Script does not need to be modified for each site to be backed up. Does not (yet) rotate old backups. Usage: backup.sh -d backup/directory -w installation/directory
  • Script to make periodical backups mw_backup. This script will make daily, weekly and monthly backups of your database and images directory when run as a daily cron job.

関連項目

脚注

  1. Manual_talk:Backing_up_a_wiki#Ubuntu_10.10_-_Step_by_Step_Instructions
  2. XML dumps are independent of the database structure, and can be imported into future (and even past) versions of MediaWiki.