Manual:Pywikibot/catall.py

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:Pywikibot/catall.py and the translation is 30% complete.
Other languages:
English • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎čeština • ‎русский • ‎العربية • ‎中文 • ‎日本語

catall.py is a Pywikibot script used to show the categories on each page and let you change them or add new ones.

For each page in the target wiki

  • If the page contains no categories, you can specify a list of categories to add to the page.
  • If the page already contains one or more categories, you can specify a new list of categories to replace the current list of categories of the page.

使用法

$ python pwb.py catall [start]

Goes through pages, starting at 'start'. If no starting name is provided, the bot starts at 'A'.

オプション

パラメーター説明
-onlynew Only run on pages that do not yet have a category


利用できるグローバル引数

以下のオプションを用いることで、user-config.py の設定を上書きすることができます。

グローバル オプション
パラメーター 説明 設定変数名
-dir:パス 既定のディレクトリではなく、PATH で指定されたディレクトリからボットの設定データを読み込みます。  
-lang:xx user-config.py の設定を上書きする形で、作業するウィキの言語を設定します。xx には設定する適切な言語コードに置き換えてください。 mylang
-family:xyz 作業するウィキのファミリーを設定します。xyz には wikipedia、wiktionary、wikitravel などを指定します。 This will override the configuration in user-config.py. family
-user:xyz 既定の利用者名ではなく、利用者 'xyz' としてログインします。 usernames
-daemonize:xyz 直ちにターミナルへ操作を返し、stdout と stderr をファイル xyz にリダイレクトします。これは stdin からの入力を必要としないボットのみで使用します。  
-help ヘルプ テキストを表示します。  
-log ログファイル (ファイル名は既定で「スクリプト名-bot.log」の形式になります) の出力を有効にします。ログは logs の下位ディレクトリに保存されます。 log
-log:xyz ファイル xyz へのログの出力を有効にします。xyz にはファイル名を指定します。 logfilename
-nolog ログ ファイルの出力を無効にします (既定で有効になっている場合)。  
-maxlag maxlag パラメータの秒数を新しく設定します。 データベース サーバーが遅延している間、ボットの編集を遅らせます。既定値は config.py で設定できます。 maxlag
-putthrottle:n
-pt:n
-put_throttle:n
ページを保存するまでの最小時間(秒)を設定します。 put_throttle
-debug:item
-debug
コンポーネント "item" の拡張デバッグデータをログファイルに出力します。item にはデバッグの対象を指定します。item を指定しない場合、すべてのコンポーネントが対象になります。 debug_log
-verbose
-v
デバッグに役立つ、より詳細なメッセージをコンソールに出力するようにします。 verbose_output
-cosmeticchanges
-cc
config.py あるいは user-config.py での cosmetic_changes 設定を逆にし、無効にします。 その他の設定や制限はそのまま使用されます。 cosmetic_changes
-simulate サーバーへの書き込みを無効にします。 これは、コードのテストやデバッグに有用です (このオプションを使用時、変更される内容は表示されますが、実際に変更されることはありません)。 simulate
-<設定変数>:n 任意の設定変数と数値をオプションとして使用し、それをコマンドラインで変更できるようにします。