Manual:$wgResponsiveImages

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Manual:$wgResponsiveImages and the translation is 67% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil
Thumbnail settings: $wgResponsiveImages
高解像度ディスプレイ向けに高解像度の画像を出力するかどうか
導入されたバージョン: 1.21.0
除去されたバージョン: 使用中
可能な値: (真偽値)
既定値: true
他の設定: アルファベット順 | 機能順

詳細[edit]

高解像度ディスプレイ向けに高解像度の画像を出力するかどうかです。

これは主に、モバイルおよびタブレットのブラウザーや、"Retina" MacBook Pro のような新しいラップトップの一部を対象としています。 On these high-DPI devices, raster images appear blurry or pixelated by default without special treatment.

サムネイル画像を生成する際に、リクエストされたサイズだけではなくその 1.5 倍や 2 倍のサイズのサムネイルもレンダリングします。 The HTML5 srcset attribute is included on the img specifying these larger images for the appropriate display densities.

WebKit has added native srcset support as of August 2013, but this will take some time to roll out to released browsers.

For current browsers, compatibility JavaScript is loaded which checks window.devicePixelRatio for most browsers, and a compatibility fallback for IE 10, and applies srcset -> src change automatically. srcset へのネイティブ対応があるブラウザーでは、これは自動的に無効になります。

既知の制限[edit]

Currently (as of 1.21) this code applies only to images created through Linker methods; image galleries and file: page detail displays are not currently affected. This should be changed at some point by migrating support lower down in the MediaHandler arena.

ディスプレイの密度[edit]

現時点 (1.21 現在) では、使用している密度 (1.5 倍と 2 倍) はハードコードされており、設定では変更できません。 1 倍はメインの画像の既定の密度を意味しています。