Manual:$wgMaxShellMemory

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Manual:$wgMaxShellMemory and the translation is 80% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎中文
その他の設定: $wgMaxShellMemory
Linux 環境でシェル プロセスが利用できる仮想メモリの最大サイズ (KB 単位)。
導入されたバージョン: 1.7.0 (r14795)
除去されたバージョン: 使用中
可能な値: (integer)
既定値: 102400 (MW 1.22 より前)
307200 (MW 1.22 以降 [1])
他の設定: アルファベット順 | 機能順

既定[edit]

// Maximum amount of virtual memory available to shell processes under Linux, in KB.
$wgMaxShellMemory = 307200;
102400 KB = 100 MB, 307200 KB = 300 MB, etc.

詳細[edit]

Linux 環境では、シェル コマンドは $wgMaxShellTimeManual:$wgMaxShellTime$wgMaxShellMemory で指定した時間とメモリの制限のもとで実行されます。どちらの変数も、0 を指定するとその制限が無効になります。

If generating thumbnails with ImageMagick fails with a web server error log message like "Memory allocation failed" or "/bin/ulimit4.sh: Segmentation fault /usr/bin/convert ...", the $wgMaxShellMemory value may need to be increased.

SVG グラフィックスのレンダリングに Batik を使用しているシステムの一部では、拡張機能 (展開?) を動作させるために、この値を増やす必要があります。(この問題点が発生している場合、Apache のログに「Could not create the Java virtual machine.」というフレーズが出力されることがあります。)

関連項目[edit]