Extension:LiquidThreads/ja

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
ショートカット: LQT
MediaWiki 拡張機能マニュアルManual:Extensions
Crystal Clear action run.png
LiquidThreads

リリースの状態:Extension status 実験的

LiquidThreads sample screenshot.jpg
実装Template:Extension#type Page action, Special page, API
説明Template:Extension#description LiquidThreads extension implements a structured discussion system for MediaWiki.
作者Template:Extension#username David McCabe, Andrew Garrett
最新バージョンTemplate:Extension#version 2.1-alpha[1]
MediaWikiTemplate:Extension#mediawiki 1.23 以降
PHPTemplate:Extension#php 5.3.0 以降
データベースの変更Template:Extension#needs-updatephp はい
ライセンスTemplate:Extension#license GPL v2
ダウンロード
README
パラメーターTemplate:Extension#parameters

$egLqtNamespaceNumbers

使用するフックTemplate:Extension#hook
BeforeWatchlistManual:Hooks/BeforeWatchlist
ChangesListInsertArticleLinkManual:Hooks/ChangesListInsertArticleLink
MediaWikiPerformActionManual:Hooks/MediaWikiPerformAction
PageHistoryBeforeListManual:Hooks/PageHistoryBeforeList
SkinTemplateTabActionManual:Hooks/SkinTemplateTabAction
SkinTemplateTabsManual:Hooks/SkinTemplateTabs
SkinTemplateOutputPageBeforeExecManual:Hooks/SkinTemplateOutputPageBeforeExec
SpecialMovepageAfterMoveManual:Hooks/SpecialMovepageAfterMove
PageContentLanguageManual:Hooks/PageContentLanguage

translatewiki.net で翻訳を利用できる場合は、LiquidThreads 拡張機能の翻訳にご協力ください

使用状況とバージョン マトリクスを確認してください。

問題点Phabricator

未解決のタスク · バグを報告

リキッド スレッド (LiquidThreads、LQT) は MediaWiki の拡張機能であり、議論ページにスレッド型議論システムを実装します。

歴史[edit]

元のコードは、グーグル・コードの夏2006学習協会ウィキアの後援のもと、デヴィッド・マッケーブによって開発されました。しかしながら、デヴィッド・マッケーブはもうこのプロジェクトに関わっていません。

2009年5月以来、ウィキメディア財団のアンドリュー・ギャレットが、元のリキッド スレッドのコードを大いに改良、増大させています。リキッド スレッド拡張機能の最新の安定したリリースは、LQT2.0であり、このページで解説しています。LQT2.0は、現在いくつかのウィキメディアのウィキで使用されているバージョンであり、戦略的計画プロセスでも使用されました。

2011年1月、リキッド スレッド 3.0 への作業がウィキメディア財団で開始されました。LQT3.0は現在、主導開発者アンドリュー・ギャレットと共に開発されていましたが、現在は停止しています。Development of LQT3 can be tracked in this branch; the last commits to LQT3 (lqt-updates) branch were in September 2011. Development by the Foundation has been discontinued.

使用法[edit]

リキッド スレッドがオプト イン (デフォルトは切) となっているウィキ上で、特定のページのリキッド スレッドを入にするには、そのページのソースコードに次の文を加えてください。

{{#useliquidthreads:1}} 

リキッド スレッドがオプト アウト (デフォルトが入) であるウィキ上で、特定のページでリキッド スレッドを切にするには、そのページのソースコードに次の文を加えてください。

{{#useliquidthreads:0}} 

包括的な使用法は、リキッド スレッドが操作仕様を最終決定した (あるいはほんの少し安定させた) 時点で、解説されるでしょう。

動機[edit]

ウィキの議論ページには、ウェブ フォーラムや、Usenet フォーラムに勝るいくつかの長所があります:

  • 画像へのウィキリンクやトランスクルージョンといった、全てのウィキ構文が使用可能です。
  • 全体の議論ページを要約することができます。

ウェブ フォーラムは、MediaWiki の会話ページ様式に勝る、多くの長所があります:

  • 異なった表示形式でスレッドを表示できる。平坦、入れ子、日付順、件名順など。
  • 投稿に応じる場合、「返答」ボタン (リンク文字) をクリックするだけでよい。字下げを手書きで書き込む必要はない。自動的に元の投稿からの引用を挿入することができる。
  • 投稿は自動的に署名され、日付が挿入される。
  • アバター (ただし未作成)。
  • 利用者は、関わったスレッドを監視したり、スレッドへの返答の通知を受けることができる。
  • 投稿やスレッドを、周囲のページを省いて自分用に表示することができる。
  • 古いコメントは、自動的に邪魔にならないよう容易に利用可能な状態で固定リンク付きで格納される。
  • 投稿者や件名、日付等で検索可能
  • 各スレッドはカテゴリを持つことができる。
  • MediaWiki の会話ページでは必ず「1本文1協議」様式に従う。これに対し、本文に付随するフォーラムで関連する協議群を管理するのが、比較的簡単である。

リキッド スレッドは、両方のフォーラム様式の長所を組み合わせ、さらにいくつかの独特な議論機能を加えることを目指します。

インストール[edit]

Prerequisites: LiquidThreads currently requires the WikiEditor extension to be already installed. See bug 38654. To be able to properly search threads, Extension:Lucene-search must also be installed from Wikimedia's operations/debs/lucene-search-2.git repository.


  • ダウンロードして、ファイルを extensions/ フォルダー内の LiquidThreads という名前のディレクトリ内に配置します。
  • 以下のコードを LocalSettings.php の末尾に追加します:
    require_once "$IP/extensions/LiquidThreads/LiquidThreads.php";
    
  • 更新スクリプトを実行します。このスクリプトは、この拡張機能が必要とするデータベース テーブルを自動的に作成します。
  • YesY 完了 - ウィキの「Special:Version」に移動して、拡張機能が正しくインストールされたことを確認します。

Installing without command prompt access[edit]

Some individuals may not have command prompt access. However, if you have access through phpMyAdmin, substitute these steps for step #4 above:

  1. Download lqt.sql.
  2. In phpMyAdmin, click the database you're using for mediawiki along the left side
  3. On the next screen, click the "SQL" tab at the top.
  4. At "Location of the text file", choose one of the files, select compression "None", and click the bottom "Go" button.
    If your phpMyAdmin screen has only a text field and no text file chooser, click the "SQL" button in the left-side column, under the phpMyAdmin logo, and click the "import files" tab in the new window that opens.
    If you encounter the error message #1071 - Specified key was too long; max key length is 1000 bytes , abbreviate line 35 of lqt.sql to CREATE INDEX thread_article_title ON /*$wgDBprefix*/thread (thread_article_namespace, thread_article_title); (in other words, remove , thread_sortkey). Remove the new tables and import the file again.
    If your database uses table prefixes, you have to add them manually. You can do so after the new tables have been created.

API[edit]

API documentation

注記[edit]

This extension does not work if your LocalSettings.php contains the following two parameter settings: $wgEnableAPI = false; and $wgEnableWriteAPI = false;

[edit]

  • Test Page for playing around with the Liquid Threads interface.

関連項目[edit]

外部リンク[edit]


言語:Project:Language policy English  • 日本語