Help:外部検索

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Help:External searches and the translation is 80% complete.

Other languages:
Deutsch 70% • ‎English 100% • ‎español 60% • ‎magyar 40% • ‎Bahasa Indonesia 10% • ‎日本語 80% • ‎한국어 70% • ‎Lëtzebuergesch 10% • ‎polski 70% • ‎português 20% • ‎português do Brasil 100% • ‎русский 0% • ‎slovenčina 70% • ‎中文 100%
PD 注意: このページを編集すると、編集内容が CC0 のもとで公開されることに同意したと見なされます。詳細はパブリック・ドメインのヘルプ ページを参照してください。
PD

テンプレートを利用してキーワードを使用するトピックの外部検索を作成することは可能です。

例えば、次の内容はGoogleに対して動作します:

<span style="border: 1px solid #CCD5DB;">[[Image:GoogleIcon.PNG]] [http://www.google.com/search?safe=off&q={{{1|Wiki}}} {{{1|Google}}}]</span>
<noinclude>
== Usage ==
Allows to establish a link to a search query at the Google search engine:
<div style="display:table; width:auto;"><pre>
{{Google|Term1+Term2+Term3}}
</pre></div>
[[Category:Template|Google]]
</noinclude>

使い方はとてもシンプルで簡単です。 {{Google|firstTerm+Second+etc}}

%22Term1+Term2+etc%22 の形式を使用することでフレーズ検索もできます

  • 外部検索は検索を効果的にするある種のキーワードを要求する記事を検索する場合に便利です。
  • 編集者にとって、ウェブの検索をより速く苦痛無くできるようになります。

テンプレートの他の用法としては、ウィキとフォーラムが一緒に動作するソフトウェア開発ウィキにおいて、同種のバグレポートがないか探せるようにするためのフォーラム検索テンプレートが挙げられます。

注: Wikipediaには同じような効果があるインターウィキの接頭辞があるので、[[Google:firstTerm+Second+etc]]でgooogle検索の結果にリンクすることが出来ますが、それでもテンプレートは別の検索エンジンにリンクするために便利です。

For a clear advantage of implementing a template over the default Google interwiki prefix, consider the following, modified example:

<span style="border: 1px solid #CCD5DB;">[[Image:GoogleIcon.PNG]] [http://www.google.com/search?safe=off&q={{urlencode:{{{1|Wiki}}}}} {{{1|Google}}}]</span>
<noinclude>
== Usage ==

Allows to establish a link to a search query at the Google search engine:
* <code>{{Google|Term1 Term2 Term3}}</code>
* <code>{{Google|"a phrase"}}</code>
[[Category:Template|Google]]
</noinclude>

Note the application of MediaWiki magic word urlencode. This grants us the convenience and elegance of entering the query string in a Wikipedia article in the same literal form we would enter it in Google search box, including spaces and quotation marks instead of representing them indirectly with + and %20.