Template:SettingSummary

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Template:SettingSummary and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎magyar • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎čeština • ‎македонски • ‎русский • ‎العربية • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
MediaWiki の設定: SettingSummary
このページを編集して要約を入力してください。
導入されたバージョン:不明
除去されたバージョン:使用中
許容される値:未指定
既定値:未指定
解説のアイコン テンプレートの解説[閲覧] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

テンプレートをコピー&ペーストする

{{SettingSummary
|name = 
|summary = 
|section = 
|version_min = 
|version_deprecated = 
|version_max = 
|rev_introduced = 
|rev_deprecated =
|rev_removed = 
|sha_introduced =
|change_introduced =
|sha_deprecated =
|change_deprecated =
|sha_removed =
|change_removed =
|range = 
|default = 
|newvarlink =
|newvarname =
|sensitive = 
}}

使用法の注記

  • name
頭文字の$wg接頭辞が無い設定名です。これはカテゴリインデックスと設定が使用されている別のカテゴリで正しく設定をソートするためのみに使用されます。 インフォボックスのトップで表示される名前は名前空間を取り除いたページ名と同じです。例えばManual:$wgServerName$wgServerNameになります。
  • nowgprefix
空白の変数としてこれを宣言します($wg接頭辞を使わない設定を示すためにnowgprefix=を使用して、代わりに独自に$を使用するため)。現在これは$IP設定のみに適用され、テンプレートでは使用されません。ページが移動してPAGENAMEが設定とは同じではない場合に便利です(例えば下位ページに移動した場合)。
  • summary
設定の目的の短い説明です。
より詳細な説明が望ましく、メインのページ内容に付け加えるべきです。
短い説明を更新する場合、Manual:Configuration settings/jaManual:Configuration settings (alphabetical)/jaの2つのテーブルも更新して下さるようお願いします。
  • section
この設定が入るカテゴリです。これによって自動的にManual:Configuration settings/jaのセクションへのリンクが作成されるので、必ず既存の見出し(または追加したい新しい見出し)を使って下さい。
  • version_min, version_deprecated, version_max
The version of MediaWiki the setting was introduced in (version_min), the version it was deprecated (version_deprecated) and the version it was removed in (version_max). 設定がまだ使用されている場合はversion_maxを除外します。設定がもう使用されていない場合、このテンプレートは自動的に{{obsolete/ja}}テンプレートをページのトップに追加します。Only include official versions - beta versions, release candidates, etc. should not be mentioned here (use the rev_introduced field if you want to give full precision).
  • rev_introduced
この機能が導入された時の SVN リビジョンでversion_min が定義されている場合に表示されます。先頭の 'r' を含ませないでください。(例としてrev_introduced=1509のように表記し、 rev_introduced=r1509 のようには表記しません)
  • rev_deprecated
The SVN revision where this feature was deprecated only displayed if version_deprecated is defined. Don't include the leading 'r' (i.e. use rev_removed=1509, not rev_removed=r1509)
  • rev_removed
The SVN revision where this feature was removed, only displayed if version_max is defined. Don't include the leading 'r' (i.e. use rev_removed=1509, not rev_removed=r1509)
  • sha_introduced, sha_deprecated, sha_removed: same as rev_*, but for Git commit ids.
  • change_introduced, change_deprecated, change_removed: same as rev_*, but for Gerrit changeset ids. Only works if the respective sha_* parameter is set as well.
  • range
可能な値の範囲です。例えば"0 - 255"、"boolean"、"URLを含む文字列、または"""。
  • default
クリーンなMediaWikiインストーレションの既定の値。ソフトウェアの異なるバージョンでこれが異なる場合、そのような変数が指摘されます。
  • newvarlink
古い設定を置き換える次の設定の変数ページへのリンク。
  • newvarname
古い設定を置き換える次の設定の新しい設定名。
  • sensitive
If the setting contains sensitive data such as passwords, put yes

'range'または'default'セクションが複数行にわたる長さの場合は、(下記参照)と記載して、ページの本文に詳細を入力してください。

関連カテゴリ