Manual:index.php

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:Index.php and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

index.phpはMediaWikiサイトの主なアクセスポイントです。他の主なアクセスポイントはapi.php で、MediaWiki API のリクエストを処理します。

起こる動作

ほとんどのリクエストは、index.phpで次のアクションを行います。

  1. 最初にWebStart.php を読みこみ、LocalSettings.php Setup.php を認識します。
  2. 次にMediaWiki.php で規定された$mediaWiki というMediaWikiオブジェクトからインスタンスを生成します。
  3. 続いてmaxlagパラメータを調べ、リクエストが拒否されないか確認します。
  4. そしてMediaWiki.php からMediaWiki::checkInitialQueries()関数を呼ぶとURLの題名とアクション・パラメータに合わせてTitle オブジェクトを生成。
  5. ajaxが埋め込み済みでかつactionパラメータがajaxに設定済みの場合は、AjaxDispatcherオブジェクトを生成してリクエストを実行し、処理終了時点でスクリプトは停止します。
  6. それ以外の場合は$mediaWiki に特定のグローバル変数を保存し、次のステップに備えます。
  7. MediaWiki::initialize()を呼びリクエスト実行の主な処理を待機させます。
  8. 続いてMediaWiki::finalCleanup()関数を呼び出し、遅延した更新の実行や、$wgJobRunRate で調整しながらキューのジョブを実行したり、OutputPage::output()を呼んでHTMLを出力したりさせます。
  9. 最後にMediaWiki::restInPeace()を呼び、ログのプロファイルデータを保存します。

バージョン 1.18 以降

MediaWiki バージョン: 1.18

MediaWiki 1.18時点で、スタートアップのロジックの一部をindex.phpから移動し、index.phpが以下の操作を行うようにしました:

  1. PHPのバージョンを確認し、5.2.3未満の場合はエラーメッセージを表示。
  2. WebStart.php を読みこむと内包するLocalSettings.php Setup.php ならびにその他のファイルを獲得。
  3. MediaWiki.php で定義された$mediaWiki というMediaWikiオブジェクトのインスタンスを生成。
  4. $mediaWiki->run()の呼び出し。

関連項目