Manual:Creating pages with preloaded text/ja

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
言語: English  • français • 日本語

ウィキテキストのプリロード presents the user with a partially created page, possibly with inline instructions for content organization, rather than a blank page. This technique is especially useful when the wiki contains one or more categories of articles, with lots of pro-forma text or the information that needs to be collected for such articles is a mix of structured data and free form text.

Creating pages with preloaded text is a three step process:

  1. Design the preload file and its supporting templates
  2. Create pages for the preload files and supporting templates
  3. Set up the trigger to load the preload file

プリロードファイルを設計する[edit]

プリロードファイルは埋め込みテンプレートを含む記事になります。例えば、それぞれの顧客またはマーケティングコンタクトのために一つの記事が欲しい場合、プリロードテキストは下記の例のようになります:

   <!-- 等号の後に顧客とのコンタクト情報の入力をお願いします。
        ビジネスカードの画像のアップロードに関するヘルプが必要な場合、
        [[Help:Uploading business card images]]をご覧頂くようお願いします
   -->
   {{CustomerContact
   |Number=
   |BizcardImage=
   |Primary phone number=
   |Address=
   }}

プリロードファイルを命名してドキュメントにする[edit]

拡張機能の中にはプリロードテキストが保存される場所をあらかじめ決めているものがあります。他のものはその場所の決定を完全にシステム管理者に任せています。

プリロードテキストの命名とドキュメントにすることはある程度の注意が必要です。プリロードファイルは"What links here"上に表示され不注意で削除される危険性があります(インフォ/ノーリンクではありません - 作成され廃棄される記事から伝えることは難しいです)。 プリロードファイルに基づくテンプレートのために、次の命名規約は不慮の削除を回避するための手助けになることがあります:

  • Template:CategoryNameにテンプレートを設置します
  • Template:CategoryName/Preloadにプリロードファイルを設置します

Note: before the fixing of タスク T7210, preload templates could not contain documentation, categories, interlanguage links etc.—all content would affect the preload output. With bug 5210 fixed, <noinclude> tags now work as expected.

プリロードファイルをロードする[edit]

プリロードは http://en.wikipedia.org/wiki/Talk:Main_Page?action=edit&section=new&preload=Template:Foo のようなURLでプリロードパラメータによって行うことが出来ます。https://meta.wikimedia.org/wiki/abc?action=edit&preload=Template:Preload_demo は Template:Foo でプリロードされた新しいページの編集ボックスにリンクをします。プリロードファイルを呼び起こす拡張機能がたくさんあります。下記をご覧下さい。

ソースページのウィキテキストは、ページまたはセクションがまだ存在しない場合編集ボックスにプリロードされます。編集されるページまたはセクションが既に存在する場合、ウィキテキストはロードされるだけで、プリロードコマンドは無視されます。

注:

  • In MediaWiki versions before 1.17, <noinclude>と</noinclude>タグの両方とそれらの内容はプリロードされることはソースページをカテゴリ化できないまたはいくつかのセルフドキュメンテーションを含むことができないことを意味します: それはプリロードされたテキストにもダンプされません。As of MediaWiki 1.17, these are now removed; if you need the preloaded text to provide noinclude tags, you can use
    <no<includeonly></includeonly>include>
    in your source: since the two middle tags will be stripped (see next), the preloaded text will end up with just the desired <noinclude>.
  • <includeonly>と</includeonly>タグはソースページからストリップされます。includeonlyタグを提供するプリロードされたテキストが必要な場合は以下を使用できます:
    <include<includeonly></includeonly>only>
    in your source: since the two middle tags will be stripped, the preloaded text will end up with just the desired <includeonly>.

完全なインクルージョンでも通常のトランスクルージョンも存在しません。bug 5210 (2006-03-09以降)もご覧下さい。

If it is creating a new section, the initial content of the "Subject/headline" box can be provided with the parameter "preloadtitle"

http://meta.wikimedia.org/w/wiki.phtml?title=Meta:Sandbox&action=edit&section=new&preloadtitle=New_Header

If it is not creating a new section, the summary can be set with the summary parameter (タスク T19002).

http://meta.wikimedia.org/w/wiki.phtml?title=Meta:Sandbox&action=edit&summary=Doing%20some%20changes

The minor edit checkbox can be set by adding minor parameter

http://meta.wikimedia.org/w/wiki.phtml?title=Meta:Sandbox&action=edit&minor=1

パラメーターの使用[edit]

MediaWiki バージョン: 1.23

You can also specify parameters to the preload text with the preloadparams[] url parameter (When linking on wiki, you may want to escape the [] to be %5b%5d.) Each parameter specified replaces a $1, $2, ... variable.

Note: $1, $2, ... variables are distinct from {{{1}}}, {{{2}}}, ... variables. In order to use preloadparams[], it appears to be necessary for the template to use $1, $2, ... variables instead of {{{1}}}, {{{2}}}, ... variables. This documentation should be improved by explaining why these two distinct template parameter notations exist, and when it is possible or necessary to use each of the two notations.

For example:

http://mediawiki.org/wiki/Project:Sandbox?action=edit&section=new&nosummary=true&preload=Manual:Creating_pages_with_preloaded_text/param_demo
vs
http://mediawiki.org/wiki/Project:Sandbox?action=edit&section=new&nosummary=true&preload=Manual:Creating_pages_with_preloaded_text/param_demo&preloadparams%5b%5d=first%20value&preloadparams%5b%5d=second%20value

拡張機能[edit]

プリロードファイルを動かす拡張機能は次のようなものを含みます:

  • Extension:BoilerRoom (stable, last updated 2018-02-03)
  • Extension:Boilerplatefactory (experimental, last updated 2010-03-24)
  • Extension:Preloader
  • Extension:Inputbox Extension:CreateBox Extension:CreateArticle はロードプロセスに対する大抵の制御方法を提供します。それぞれの拡張機能によって記事のどこかにボタンを設置出来ます。よくあるのはユーザーのヘルプページまたは記事に対応したカテゴリーページです。プリロードファイルの名前をボタン定義の一部として指定します。
  • Extension:MultiBoilerplate
    • Extension:BoilerplateSelection - 記事のタイトル上のパターンマッチによって選択されたプリロードされたテキスト。これをセットアップするためにLocalSettings.phpファイルで配列を作成します。この配列はプリロード記事名で正規表現と関連付けします。
    • Extension:Boilerplate - 名前またはカテゴリに関係なくすべての記事に対するプリロードされたテキスト。プリロードされたテキストはMediaWikiの記事の[[MediaWiki:Boilerplate]]に保存されなければなりません。記事が作成されたときにこれは自動的にロードされます。
  • Extension:PreloadManager - Provides per-namespace specific text preloading upon page creation.

いくつかの拡張機能も3つのステップをすべて取り扱います:

ページ作成に関連するすべての拡張機能はページ作成の拡張機能にあります。

関連項目[edit]