Manual:$wgWellFormedXml

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Manual:$wgWellFormedXml and the translation is 73% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil
Output: $wgWellFormedXml
出力する HTML を整形式の XML にするかどうか。
導入されたバージョン: 1.16.0 (r54767)
除去されたバージョン: 1.27.0
可能な値: 真偽値
既定値: true
他の設定: アルファベット順 | 機能順

詳細

$wgHtml5Manual:$wgHtml5 を true に設定した場合でも、出力する HTML を整形式の XML にするかどうかです。

false に設定した場合、出力が数バイト短くなり、HTML はおそらく読みやすくなるでしょう。 true に設定した場合、"Screen-scraping" ボットの作者の生活がより楽になり、HTML はおそらく読みやすくなるでしょう。

false に設定すると、HTML5 で認められた属性の引用符を、終了タグからスラッシュ[/]を、あるいは終了タグそのものなどを除外することがある。 true と設定しても、すべてのページが整形式になる保証はありません。とは言っても、整形式ではないページはごく最小限にすべきですので、見つけた場合はバグとして報告すべきです。 逆に言えば false に設定しても、除外の可能性はあるものの、XML-y 構造すべてを除外するわけではありません。

現在は規定で true に設定。理由はスクリーンスクレイピング・ボットと互換性があり、議論の的であること。

In version 1.16.0, this implies the doctype is changed to XHTML 1.0 Strict to make named character references work in XML. From version 1.17, named character references are avoided.

After its removal in MediaWiki 1.27, the previous default mode $wgWellFormedXml = true; is what MediaWiki will use in the future.

The removal of $wgWellFormedXml was backported to 1.23.15 and 1.26.4.