Manual:$wgPasswordSender

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgPasswordSender and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎فارسی • ‎日本語
メールの設定: $wgPasswordSender
パスワードリマインダーの送信元メールアドレス
導入されたバージョン:1.1.0
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(文字列)
既定値:'apache@' の後に $wgServer のホスト部分を付け足した値 (1.5+) (see below)

'Wikipedia Mail <apache@' . $wgServerName . '>' (1.3.8-1.4)
"Wikipedia Mail <apache@" . getenv( "SERVER_NAME" ) . ">" (1.2-1.3.7)

"Wikipedia Mail <apache@www.wikipedia.org>\r\nReply-To: webmaster@www.wikipedia.org" (1.1)

詳細

パスワードリマインダーの送信元メールアドレスです。 ユーザがパスワードを要求したときに送られるメールの送信元となるアドレスです。 その他メールによる通知の送信元アドレスとしても使われます。

インストーラはこの設定値を自動生成し、LocalSettings.php の最初の方に書き込みます。 生成される値は「apache@localhost」のように無意味な値であることが多いので、もしこの値が正しくないなら $wgPasswordSender と $wgEmergencyContact の値を変更してください。 送信元アドレスが存在しないかまたは $wgSMTP で設定したユーザ名にマッチしない場合、メールの送信を拒否するSMTPサーバがあるかもしれません。

書式

1.23 以降

MediaWiki バージョン: 1.23

In MediaWiki 1.23, $wgPasswordSenderName has been removed (see there for more information). $wgPasswordSender however can and should still be used. After setting the email address in LocalSettings.php, you can optionally edit the wiki page MediaWiki:Emailsender to specify a "friendly name" for the password sender.

例:

$wgPasswordSender = "example@example.com";

1.17 - 1.22

MediaWiki バージョン: 1.17 – 1.22

As of 1.17, the From: field in the e-mail is constructed from this setting and $wgPasswordSenderName . Therefore this setting should contain just the e-mail address (as per the first example, above). If it is in any other format then it will mangle the From: field. Here is an example of specifying a friendly name for the password sender:

$wgPasswordSender     = "example@example.com";
$wgPasswordSenderName = "Wiki Administrator";

1.17 より前

MediaWiki バージョン: 1.16

Prior to 1.17 this setting was used as the literal string to use for the From: field, therefore anything that is valid in that field is allowed here. The above example could be achieved by using a special syntax, as shown below.

The most common use-cases were:

  • Email address: "admin@example.com"
  • Email address with alternative display name: "Wiki Administrator <admin@example.com>"

DefaultSettings.php での使用

バージョン1.5.0以降、DefaultSettings.php に設定された既定値はバージョン1.4.x(ウィキペディアはMediaWikiバージョン1.6.0で変更)で使われていた値と元々は同じですが、後で $wgEmergencyContact の値で上書きされます。そのため最初の値が現れることはありません(そのため現在の既定値は上記の値となります)。 この情報は多くが無意味ですが、DefaultSettings.php を見て既定値を確認しようとする人が混乱しないようにするためここに記載しています。