Template:Archived extension

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Template:Archived extension and the translation is 82% complete.
Other languages:
English • ‎Nederlands • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎العربية • ‎فارسی • ‎বাংলা • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
テンプレートの解説

目的

拡張機能と外装を標準的な閲覧から除去する方法でアーカイブしますが、ページの履歴では引き続きアクセスできます。 これにより、ウィキは、作業を完全に除去しないことで元の編集者を尊重すると同時に、システム管理者や開発者に不注意で混乱や問題を引き起こす可能性のあるコンテンツの量を削減できます。 さらに、ページを カテゴリ:アーカイブ化された拡張機能 または カテゴリ:アーカイブ化された外装 に追加します。

使用法

{{Archived extension|oldID}}


{{Archived extension|oldID|reason=もう存在しないサービスに依存していました。}}


{{Archived extension|oldID|Alternative1|Alternative2|Alternative3|reason=This extension is unstable and unmaintained.}}



{{Archived extension|oldID|task=T1234}}


{{Archived extension|oldID|reason=This extension is unstable and unmaintained.|task=T1234}}


oldID
拡張機能または外装の情報を含む最後の版の版 ID
ページの履歴画面からその版にアクセスすると URL が分かります
oldid が指定されていない場合、ページは自動的にカテゴリ Category:Archived extensions without an oldid または Category:Archived skins without an oldid に配置されます。
Alternative1, Alternative2, Alternative3
同様の機能を実行する代替の拡張機能または外装
reason=
拡張機能または外装がアーカイブされている理由について別の説明を提供するため。
task
Phabricator タスクが原因で拡張機能または外装がアーカイブされた場合は、そのタスクへのリンクを提供します。 これは |reason= パラメーター (または、パラメーターが指定されていない場合は既定のテキスト) に追記されます

Display a message that the current extension has been archived.

Template parameters

This template prefers inline formatting of parameters.

ParameterDescriptionTypeStatus
Old ID1

Revision ID of the page before the archival

Example
2891520
Auto value
Numberrequired
Alternative 12

Optional alternative 1

Page nameoptional
Alternative 23

Optional alternative 2

Page nameoptional
Archival reasonreason

Reason for the archival

Example
Depended on a service which no longer exists.
Auto value
This extension has not been maintained for some time, and no longer supports recent releases of MediaWiki.
Stringsuggested
Should categorizenocat

Determines if the page the template is used on should be included in [[Category:Archived extensions]]

Auto value
false
Booleanoptional
Tasktask

Reference of Phabricator task leading to archival

Example
task=T1234
Stringoptional