Manual:$wgUsePathInfo

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgUsePathInfo and the translation is 100% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎中文 • ‎日本語
URL とファイル パス: $wgUsePathInfo
「見た目のよい」URLを使うべきか。
導入されたバージョン:1.2.1
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:(動的に作成)

詳細

index.php/Page_titleのような「見た目のよい」URL(省略したURL)を使うべきかどうか

PHPをCGIモードで設定すると破綻することがしばしばあります。 cgi.fix_pathinfoを設定した場合、PATH_INFOは正しいこともあるものの、ないこともあります。lighttpdは入力されたパスデータを小文字に変換するのですが、大文字小文字を区別するファイルシステム上でもApacheでも、問題が報告されています。 安全を優先し、引き続き、これらの例では既定でオフにしておきます。

$_SERVER['PATH_INFO']に予想外の誤ったゴミが書き込まれている場合は「偽」に、確かに正しい場合は「真」に書き換えます。

警告 警告: $wgArticlePath は既定で実行時のこの値に基づき設定されるものの、自分でカスタマイズした場合は間違って「真」に設定すると「見た目のよいURL」を使ったとき、リダイレクトがループしてしまいます。

既定値

$wgUsePathInfo = ( strpos( PHP_SAPI, 'cgi' ) === false ) &&
	( strpos( PHP_SAPI, 'apache2filter' ) === false ) &&
	( strpos( PHP_SAPI, 'isapi' ) === false );

関連項目