Manual:$wgUseImageMagick

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgUseImageMagick and the translation is 93% complete.

Other languages:
English • ‎Nederlands • ‎español • ‎magyar • ‎polski • ‎日本語
ImageMagick: $wgUseImageMagick
画像のサイズ変更に ImageMagick を使用するには true を設定する。
導入されたバージョン:1.2.0
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:false

詳細

画像のサイズ変更は、PHP の内部画像ライブラリ、ImageMagick、別のサードパーティ変換ソフト (例: GraphicMagick)、のいずれかを使用して行うことができます。 PHP が PNG、GIF、JPG、XPM、WBMP のみに対応しているのと比較して、後者の変換ソフトはより多くのファイル形式に対応しています。 組み込みの関数の代わりに ImageMagick を使用するには、$wgUseImageMagick に true を設定してください。

ImageMagick のセットアップ方法の詳細情報については、Manual:Installing third-party tools#Image thumbnailing を参照してください。

関連設定

ImageMagick を使用できるようにするには、$wgImageMagickConvertCommand も設定する必要があるかもしれませんが、これはインストーラーが既に自動的に設定している場合があります。

ImageMagick の出力を微調整するには、$wgSharpenParameter および $wgSharpenReductionThreshold を設定してください。

$wgJpegPixelFormat sets YUV chroma subsampling mode for JPEG thumbnails to reduce file size.

古い MediaWiki インストレーションの一部では、$wgUseImageResize に false を設定してある場合があります。 ImageMagick を動作させるにはこの変数に true を設定する必要があります。設定していない場合は動作しません。

関連項目