Manual:$wgManualRevertSearchRadius

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgManualRevertSearchRadius and the translation is 83% complete.
Other languages:
English • ‎français • ‎svenska • ‎中文 • ‎日本語
その他の設定: $wgManualRevertSearchRadius
編集が手動による差し戻しだったかどうかを判断するために、そのページで行われたすべての新しい編集についてチェックされる版の最大数。
導入されたバージョン:1.36.0 (Gerrit change 607855; git #1dc2319c)
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(整数)
既定値:15

詳細

編集が手動による差し戻しだったかどうかを判断するために、そのページで行われたすべての新しい編集についてチェックされる版の最大数です。

この構成変数を使用すると、必要な計算時間はほぼ線形関数的に増加します。

値を大きくすると、非常に深い復帰を検出できますが、同時に予期しない結果 (大量の編集を復帰としてマークしてしまうなど) が発生する可能性があり、新しい編集を保存する際にウィキの速度が若干低下する可能性があります。

これに 0 を設定すると、手動差し戻しの検出機能が完全に無効になります。

差し戻し検出の結果は、RevisionFromEditComplete フックの $originalRevId パラメーターと PageSaveComplete フックの $editResult パラメーターを介して利用できます。

この話題の説明は m:Research:Revert を参照してください。

See also