Manual:$wgFileCacheDepth

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Manual:$wgFileCacheDepth and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎français • ‎日本語 • ‎polski
File Cache: $wgFileCacheDepth
$wgFileCacheDirectoryManual:$wgFileCacheDirectoryのサブディレクトリの階層の深さ。
導入されたバージョン: 1.17.0 (r77843)
除去されたバージョン: 使用中
可能な値: 0–32
既定値: 2
他の設定: アルファベット順 | 機能順

詳細

この変数は、$wgFileCacheDirectoryManual:$wgFileCacheDirectoryの下に作成されたサブディレクトリの階層の深さを制御して、$wgUseFileCacheManual:$wgUseFileCache = true;のときにキャッシュされたページを格納します。

デフォルトでは、2レベルの中間ディレクトリが作成され、MediaWiki 1.16以前の動作と一致します。 ディレクトリは、ページタイトルの16進数MD5ハッシュの接頭辞を使用して命名されます。 たとえば、ページのタイトルが "Example"(MD5ハッシュ "0a52730597fb4ffa01fc117d9e71e3a9")の場合、キャッシュされたページが格納されていたファイルの名前は次のようになります。

$wgFileCacheDirectoryManual:$wgFileCacheDirectory/0/0a/Example.html

サブディレクトリ階層の目的は、キャッシュされたファイルを複数のディレクトリに均等に分散させることで、個々のディレクトリ内のファイル数を減らすことです。 一部のファイルシステムでは、キャッシュされたページの数が多い場合、パフォーマンスが向上する可能性があります。 しかし、あなたのwikiが小さい場合や、ファイルシステムが巨大なディレクトリを効率的に処理できることが分かっている場合は、$wgFileCacheDepth = 0; を設定して中間ディレクトリを完全に削除することができます。 (逆に、あなたのwikiが "巨大"ならば、さらに多くのディレクトリにファイルを広げるために値を増やすことができます)。

関連項目