Manual:$wgCustomConvertCommand

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgCustomConvertCommand and the translation is 88% complete.

Other languages:
English • ‎español • ‎magyar • ‎polski • ‎日本語
画像: $wgCustomConvertCommand
Use another resizing converter, e.g. GraphicMagick.
導入されたバージョン:1.6.0 (r13244)
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(文字列) または false
既定値:false
その他の設定: アルファベット順 | 機能順

詳細

To use another resizing converter, e.g. GraphicMagick, set this variable to the command-line string required to launch the executable. 文字列を指定していない場合は、MediaWiki 内部のサイズ変更のコードが使用されます。

コマンドライン 文字列では、以下の変数が展開されます:

  • %s は入力元パス (source path) に置換されます
  • %d は出力先 (destination) に置換されます
  • %w は幅に置換されます
  • %h は高さに置換されます

例えば、GraphicMagick の場合はコマンドを以下のように設定します:

  $wgCustomConvertCommand = "gm convert %s -resize %wx%h %d";
この設定は、$UseImagaMagick によってオーバーライドされます。 カスタム コンバーターが起動されない場合は、$wgUseImageMagick に true を設定していないことを確認してください。

ビットマップとSVG

$wgCustomConvertCommand はビットマップのみに使用されます。 SVG ファイルを変換するために ImageMagick の代替をお探しの場合は、$wgSVGConverter を使用する必要があります。