Manual:$wgAllowExternalImages

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:$wgAllowExternalImages and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎français • ‎magyar • ‎polski • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語
構文解析: $wgAllowExternalImages
MediaWikiが外部の画像をテキストともにインラインでレンダリングするかどうか決める。
導入されたバージョン:pre 1.1.0
除去されたバージョン:使用中
許容される値:(真偽値)
既定値:false
(true prior to 1.7.0)
その他の設定: アルファベット順 | 機能順

インラインの画像が、外部のウェブサイトにホストされていてもよいかどうか決定します。場合によって直リンク(じかリンク、ちょくリンク)とも呼ばれます。

詳細

trueに設定すると、外部のウェブサイトから取り入れた画像をインラインに利用することができます。手順はウィキ文中に完全形のURLを差し込むだけです(左右を挟むマークアップは一切不要)。これは外部サイトにある画像の情報源への直リンクです。

falseに設定すると、完全版のURLの文字列が画像のリンクとして表示されます。

注記:この値をfalseに設定する代わりに、もし単一の信頼できる情報源(例えば自分自身のドメイン)にある複数の画像を使いたい場合は、外部サイトの画像に関する$wgAllowExternalImagesFromを使用します。

ウィキ文を使用すると: https://en.wikipedia.org/upload/b/bc/Wiki.png

処理後の表示: https://en.wikipedia.org/upload/b/bc/Wiki.png

上記の画像が表示されない理由は$wgAllowExternalImagesが有効なためというよりも、外部画像のホワイトリストに載せてあるためです。同様に、このウィキに他の画像を埋め込もうとしてもうまくいきません。

外部画像のサムネイル

サムネイル画像は、MediaWikiのデータベース上の寸法の情報に従ってアップロードした画像から生成されます。外部画像はMediaWikiデータベースに登録されていないため、サムネイル画像が生成されません。

もしこれらの画像のアップロード先がその他のMediaWikiあるいはユーザーのサイト上のどこかで、MediaWikiによりサムネイルの生成を認めたい場合は、外部画像を有効にする代わりに共有アップロードパス定義をtrueに設定し、共有アップロード先のパスおよび共有アップロード先のデータベース名を指定します。

外部画像を許可する理由とは?

画像の直リンク先のURLを取得する方法を知っているユーザーであれば、インターネット空間上にある画像の情報源からウィキの記事に挿絵を追加するのに便利な方法かもしれません。

この機能がない場合、ユーザーは記事に直接、埋め込んで使いたい画像をいちいちアップロードする義務を負わされます。アップロードするには(多くの場合)手順が多く時間もかかりがちです。もちろんウィキのウェブサーバ上のディスク空間および帯域を消費してしまいます。インライン画像には多くの正当な用途があります。

前述に加えて、この機能は時間の経過とともに変化する もしくはリクエストに応じて生成される、例えば監視ソフトのCactiの出力結果など、拡張子から画像だと判別できるものであれば、外部画像の埋め込みを可能にします。埋め込みを有効にすると、さらに[Link_URL Embedded_Image_URL]という構文の使用で埋め込み画像のリンク生成も可能になり、画像をクリックするとLink_URLに飛ぶことができます。

(MediaWikiが画像と判別できるのは、画像ファイルの拡張子が付いたファイルに限定されます。URLによっては末尾に〈偽の〉パラメータを「&junk=junk.png」あるいは「?.png」のように追加し、解析器にImage_URLが実際には画像を指すことを伝えて埋め込みができるようにします。)

外部画像を許可しない理由は?

ウィキメディアのプロジェクトで外部画像をインラインで使うことを禁止するものは多く、MediaWikiはバージョン1.6.9以降、AllowExternalImagesの既定値を false に設定しています。その理由は次のとおりです。

ブラウザデータの不正な収集。ご利用のブラウザが画像(もしくはウェブページ)を取得するたび、ウェブサーバの要求にしたがってさまざまなデータの断片を送信します。これにはユーザーのIPアドレス、閲覧したページのURL(wikiサイト)およびクッキー(同じウェブサーバーに対するリクエスト履歴の情報)が含まれます。

外部画像が有効になったところで、ユーザーは外部のウェブサーバから画像を取得することができます。不正な(あるいはあくいのある)人物があなたのウィキに外部画像のURLを使った罠をしかけ、あなたのウィキの閲覧者のデータ収集を狙ったとします。心配はいりません! クレジットカード番号その他を盗むことはできず、ユーザーがウェブサイトを訪問するたびに送信される種類のデータのみ取得しようとします。ただし、これにより犯人はあなたのサイトの(ややあいまいな)閲覧者像を描くことができ、その他のサイトの類似のデータと照らし合わせることで、個人情報に関する懸念が高まります。それは「このIPアドレスの人はこの種のウェブサイトに興味がある」というリストで、マーケティング企業にとって価値がある種類のデータです。

この狙いで画像URLを追加すること自体、あなたのウィキの悪用です。より一般的なmeta:Wiki Spam攻撃同様、(あなた自身が禁止しない限り)注意する必要があります。実際の画像はたった1x1ピクセルの画像で、Wiki Spam同様、必ずしもページ自体には表示されないかもしれませんが、ウィキの「最近の変更」ページには編集内容が表示されます。従来のスパム対策機能$wgSpamRegexなど)は通常のリンクスパムと同様、こういう種類のURLにも対処します。

特定の種類の破壊行為の予防(ないしは影響の縮小)。あなたのウィキに他人が攻撃的な画像をアップロードすることはできても、このオプションを使用すると攻撃的な画像にインラインでリンクすることを防ぎ、そのような破壊行為を減らすことにつながるかもしれません。それでも外部画像を許可する場合、単純なウィキ編集で不正な画像リンクを削除して対処できます(さらに競合の解決あるいは禁止処置を行うべきです)。

他のサイトからの「通信帯域の盗用」の防止。ウィキ管理者なら、インラインのリンクによる通信帯域の盗用被害を回避したいかもしれません。

この項目は、あなたのwikiが他の誰かのWebサーバ/ホストにリンクしている場合で、その管理者がリンクの設定(ウィキの編集)に関与していない場合にのみ問題となります。そのような状況では、そういうリンクに反対される可能性があります。もちろんリンクの削除はウィキの編集と同じくらい簡単ですが、このような状況でのインラインリンクは、一般にネチケットに反していると見なされます(たとえ要求されたときに自分から進んで削除するとしても)。

その他の状況だと、直リンクを問題としない場合が多いです。

  • 特定のウェブサイトでは、インラインリンクを明示的に推奨するウェブサイトがいくつかあります(例えば文字列リンクあるいは言及が必要など、インラインリンクに利用規約が設定される場合があります)。
  • 投稿者が時分のウェブサイトにホストする画像がウィキページに使われることを許可することがあり、その場合、投稿者自身がインラインリンクを設定することがあります。
  • 多くの場合、インラインリンクを許可する画像はウィキと同じWebサーバー上(ウィキにアップロードされていなくても)あるいは全体的なプロジェクト/組織は同じでその一部としてホストされていると便利です(あるいは例外として$wgAllowExternalImagesFromを使用して画像を特定)。

リンク切れの予防。外部サイト上の画像はウィキの記事が最初に作成されたときには有効だったとしても、独立した外部サイトが将来、同じURLに同じ内容で残っているという保証はありません。外部サイトの設計が少しでも変更されると、そのサイトの個々のファイルへの外部リンクが壊れる可能性があります。もちろん文字列のハイパーリンクにも同じ問題があるものの、画像の参照の場合にリンクが壊れていると、醜いエラーボックスが表示されるという状況に陥ってしまいます。

リソースをすべて必ず自分でホストする。自分のウィキに表示される画像のリソースがすべて、自分のウィキから利用できるようにしたいから、インラインリンクを許可したくないと考えたとします。ホスティング帯域幅が十分であればフルに活用すると、他のサイトから画像を取得してブラウジングの速度を落ちる現象を防げます。またすべてのコンテンツをダウンロード用に提供するには、画像のリソースをすべてローカルで収集することも検討してください。

画像処理の一貫性。画像をアップロードすると、個別のウィキ構文を使用してウィキページに追加されます。画像の追加に異なる構文2つと方法2つがあると、初心者のユーザーには混乱の原因となってしまいます。外部画像を許可しない場合、ユーザーはアップロードに常に同じ手順と同じ構文を使用する必要があります。すると画像をクリックすると常に同じ動作(画像ページに移動)をすることを意味します。

画像のキャプション

外部画像にキャプションをつけるのは簡単ではありません。その対策のひとつにテーブルの利用があります。

{|
| <image url>
|-
| caption
|}

関連項目

  • $wgAllowImageTag - HTML形式の<img>タグを有効にし、画像のサイズ変更などに便利に使えます。MW 1.17以降で有効
  • $wgAllowExternalImagesFrom - 指定した情報源に限定して外部画像を許可します。
  • $wgEnableImageWhitelist - どの外部画像を許可するか、オンウィキのページで指定します。
  • $wgUseInstantCommons - ウィキメディア・コモンズの画像を使用可能にします。