ウィキテキスト

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Wikitext and the translation is 71% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Tagalog • ‎Türkçe • ‎català • ‎español • ‎français • ‎galego • ‎lietuvių • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎suomi • ‎čeština • ‎Ελληνικά • ‎русский • ‎سنڌي • ‎کوردی • ‎বাংলা • ‎සිංහල • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語

ウィキ文(ウィキテキスト)とはウィキマークアップ言語で記述した文書のことです。例えばHelp:編集 で解説しているもののように(Help:書式整形 およびMarkup spec/DTD もご覧ください)、コンテンツやマークアップ、メタデータから構成されています。特定のウィキのページはすべて、現在および過去の版を含め、データベースのソース欄にウィキ文の形式で保管されています。

利用者者向けの説明文書

開発者向けの説明文書

  • Specs/wikitext/1.0.0 – Parsoid がウィキ文のバージョンの判断に用いるURI(2016年8月現在)

Alternatives to MediaWiki Wikitext

  • Wikitax – 2002 proposal
  • Lightweight markup language – Wikipedia article describing markup languages for cases "where it may be necessary to read the raw document as well as the final rendered output"

実装

  • PHP Parser - ソースコードに埋め込まれたコメントから説明文書を生成。PHPパーサの解説を要約します: 「ウィキマークアップを処理(リンク生成の「[[リンク]]」などユーザに使いやすい構文解析を使用)し、そのウィキを不可逆的に変換、(X)HTML形式で出力もしくはマークアップ(こちらはブラウザが読み取って表示できる形式)。
  • Parsoid - MediaWikiの翻訳ツールで、HTML5 DOM with RDFaとMediaWikiウィキ文を翻訳する。

テスト

We have provided important compatibility information, which helps describe expected behavior for converting wikitext to HTML.

  • Parser tests – Our tests in MediaWiki core contain the authoritative source for Wikitext markup compatibility testing.
  • Parsoid test cases (parserTests.txt on Diffusion) – a forked version of the MediaWiki core tests, used by Parsoid. Besides the wt2html mode that the PHP parser supports, Parsoid's parser tests runner also enables several other testing modes not supported by the PHP parser (wt2wt, html2wt, html2html, randomized edits for testing selective serialization, manual edits for controlled testing of serialization). These tests are manually synchronized using scripts in the Parsoid codebase.

2015年以降の議論

2015年以前の議論