User:E.Z.O.

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search

E.Z.O.です。JAWPの利用者は知ってる人もいるでしょうが、数年前JAWPで散々問題行動を起こして無期限ブロックされたE.Z.O.本人です。今は当時を反省しつつ、英語に対する知識や興味を生かし気が向いたときに各種解説文などを和訳したりしてます。

翻訳に対する個人的方針、理念など[edit]

個人的な理念として、英文は少しでも自然な文体で和訳したいと思っています。また、以下の個人的な翻訳方針もその考えを基にしています。

ハイフンやスラッシュなどの記号は使わない[edit]

和訳文を見ていると、原文にある:(ハイフン)記号や/(スラッシュ)記号などをそのまま残している文章を見かけます。個人的にこういった翻訳は好きじゃないです。何故ならそんな記号は日本語にはないからです。日本語にない記号をたくさん使っている文は読者からすれば違和感を感じるでしょうし、人によってはやや分かりにくい文だと思ってしまうかもしれません。

なので、私の場合は英文中のハイフンは和訳する際 (句点)に直しています。また、“or”の意味で使われているスラッシュは「または」「か」「や」などの接続詞や助詞で置き換えています。

英数字の前後に空白は開けない[edit]

『MediaWiki は、』や、『2 つのページ』など、このサイトでは英数字の前後に空白を開ける様な文体の和訳文を見かけます。こういった翻訳もあまり個人的には好きじゃないです。何故ならこういった翻訳のやり方は一般的ではないからです。日常で見かける様々な文章を見てください。英数字の前後に空白があるような文なんてほとんど見ないでしょう。

空白がないと見辛いという意見もあるかもしれませんが、例えば以下の例文を見てください。

FooBar(フーバー)拡張機能は、 Wiki に HogeHoge 機能を導入します。ファイルは git よりダウンロードできます。
Warning Warning: この拡張機能は MediaWiki 1.XX 以前で導入すると不具合を起こす可能性があります。リスクを避けたい場合は、この拡張機能の導入は控えてください。

FooBar(フーバー)拡張機能は、WikiにHogeHoge機能を導入します。ファイルはgitよりダウンロードできます。
Warning Warning: この拡張機能はMediaWiki 1.XX以前で導入すると不具合を起こす可能性があります。リスクを避けたい場合は、この拡張機能の導入は控えてください。

どうでしょう。あまり空白がある文もない文も見やすさにあまり違いはありません。これでは、英数字の前後に空白を開けてもあまり意味が無いように思えますし、むしろ読者からすれば上の節にも書いたような違和感や分かりにくさを感じてしまい、逆効果である可能性も否めません。