ユニバーサル言語選択/よくある質問

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Universal Language Selector/FAQ and the translation is 99% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Scots • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎lietuvių • ‎polski • ‎русский • ‎українська • ‎中文 • ‎日本語 • ‎ꯃꯤꯇꯩ ꯂꯣꯟ

Contents

ユニバーサル言語選択とは

ユニバーサル言語選択 (Universal Language Selector、以下 ULS と略記) は、利用者が個人設定で言語設定 (language settings and configurations) を変更できるようにする MediaWiki の拡張機能です。この機能は Project Milkshake の jQuery ライブラリを使用しています。

ULS を使用して変更できる言語設定

ULS は、ウィキメディアのウィキ群に以下の機能を提供します:

  1. ログイン利用者の UI (ユーザーインターフェイス) 言語の選択
  2. Web フォント
  3. 入力ツール

あなたが理解できる言語を、ユニバーサル言語選択がいかに見つけ出すか

ULS は、あなたの IP アドレスをもとに、それが所属する国を判定するサービスに問い合わせます。場合によっては不正確なものとなります。判定した国コードに基づいて、その国で最も多く使用される言語(languages/複数)をあなたに提案します。

ひとつの国の「共通言語」が何かと正確に決めるのも簡単ではありません。そのため Milkshake ライブラリに基づくものとし、 MediaWiki あるいはウィキメディア以外で関心を寄せるソフトウェアプロジェクト群と一緒に維持しようとしています。しかしながらそのデータの大部分の出典は基本的には Unicode であり(詳細はCLDR共通ロケールデータリポジトリを参照)Territory-Language Informationテーブルで確認できます。現状でULS が示す言語の改善を提案する場合は、まず前出のテーブルに最適なデータがあるかどうか確認してください。それを改善できる場合なら国・言語の「新規追加」をクリックし、変更を提案してください。あとは Unicode の保守担当者が手続きをしてくれるため、登録処理は必要ありません。

CLDR definition(CLDR の定義)に従い、提案しようとする言語を後付する信頼に足りる情報源を教えてください。例として識字率の統計局や科学機関が公開した調査結果、あるいは国家や地方の法制(特定の言語が国あるいは地方行政との連絡に使う公用語かどうか)。

ユニバーサル言語選択を利用できる場所

現在は、できるだけ早く、ULS をウィキメディアのすべてのウィキ群で利用可能にする計画です。詳細は導入計画をご覧ください。

ユニバーサル言語選択を使用するには

多言語展開しているプロジェクト (ウィキペディア、ウィキブックス、ウィキバーシティ、ウィクショナリー、ウィキクオート、ウィキボヤージュ、ウィキニュース、ウィキソース) では、ULSは言語間リンクのメニュー領域に歯車アイコンで表示されます。 多言語展開していないウィキメディアプロジェクト (Wikimedia Commons、Meta-Wiki、Wikispecies、mediawiki.orgなど)では、ULSはページ最上部の個人ツールバーにアイコンで表示されます。

アイコンをクリックして言語設定を選んで適用すると、その設定が有効となります。

テキスト入力可能なすべての領域で、小さなキーボードアイコンが現れます。これを選択して言語設定を変更できます。

Location for the Selector」(ULSのプロトタイプ試験のページ)を見て、地域の選択方法を学んでください。

表示言語を変更するには

パネルの場所を示す動画。ウィキペディアの英語版・日本語版をサンプルに解説(ナレーションは英語)

MediaWikiのインターフェースメッセージを表示する言語は、ULSの言語設定パネルを使って変更できます。

ウィキメディア・プロジェクトにおいて、この機能はログイン利用者のみが利用できます。

ログインした後、言語設定パネル (サイドバーまたはページ最上部にあります) を開くと、表示設定の言語タブがあります。

迅速に選べるように、ULSはあなたの所在地に基づいて候補となる言語をリストして表示するでしょう。クリックで言語を選択してください。

お探しの言語がパネルにない場合は、「...」ボタンをクリックして言語一覧を開き、その中から選択してください。

ULS の言語設定が変わると、やはり小さなポップアップが表示され(技術的には「取り消し」GUI や「Tipsy」jQuery プラグインと呼ぶ)、再度、変更する事が楽になります。 代わりにツールチップを表示する場合もあります。

表示言語を変更するにはログインする必要がありますか

はい、ULSで表示言語を変更できるのはログインユーザだけです。

表示言語を変更すると、閲覧中の本文の言語も変更されますか

いいえ。ULSはページ本文の言語は変更しません。ULSが変更できるのは、MediaWiki インターフェイスの言語のみです (このよくある質問で「表示言語」と呼ぶもの)。

ただし ULS のインターフェイス言語が変更された場合は Translate (翻訳) 拡張機能をインストールして設定すると、ページに翻訳がある場合はそちらにリダイレクトできます。

言語を選択すると文字ではなく四角形が並ぶのですが

私たちはこれらの四角を「豆腐」(Tofu) と呼んでいます。選択した言語に対応するフォントがない場合に表示されます。

あなたのデバイスにその言語のフォントをインストールすれば、この状況を解決できます。

今後同様の問題点が発生するのを防ぐため、私たちの Web フォント ライブラリにあなたの言語のフォントが確実にある状態にしたいと考えています。

どうぞ私たちにお知らせください、できればPhabricator 経由でお願いします。

言語用のフォントを変更できますか

言語用のフォントは、ユーザーの表示設定の中の'フォント'タブから変更できます。

匿名利用者は、使用中のフォントのみを変更できます。

ログイン利用者は、すべての言語のフォントを変更できます。

言語用・文字体系用のデフォルトのフォントの決定方法

言語やスクリプトでも、デスクトップコンピュータやその他のデバイスのサポート履歴にさまざまな問題が見つかった場合は、デフォルトのフォントが設定されます。ほとんどの最新のOS (オペレーティングシステム) には言語やスクリプトをうまくサポートするオプションが提供されているものの、準備としてユーザーがソフトウェアのインストールや OS の設定変更などを求められる場合があります。私たちの経験ではこれを行わずに放棄するユーザーは多く、迅速かつ自動的な方法を提供してテキストを読みやすくしたいと考えています。

ULS が提供できるのはライセンスフリーのフォントのみです。例えばLinuxディストリビューションのスクリプト用のデフォルトフォント、言語のポータルで広く使用されるフォントなどを目安にしたフォントの普及度と、これからユーザーになる可能性のある人たちの入力に基づき、デフォルトのフォントを選択します。既定のフォントにバグがありユーザーが使用できない場合など、利用可能な場合は代替フォントを使用します。これを実現するには有効なバグレポートを効果の高い Phabricator にあげることが欠かせません。

デフォルトのフォントがその言語に最適ではなかった場合、変更できますか

ULS のイベントログという挙動の詳細は、クエリとデータを参照してください。これを使う開発者はユーザーの動作や設定変更を分析できます。ユーザーの行動その他の指標に基づき、今後の変更が表面化する可能性があります。

つまり、WMFツールの入力ツールとフォントサポートをイベントログシステムと統合する必要があるという意味です。既定の入力方法やフォントの変更はusage statistics (使用率の統計) でサポートしていなければなりません。LANG という言語にフォントA、フォントB がある場合、フォントA のほうがフォントB よりよく使われる場合はフォントB を LANG 言語の既定にします。その LANG 言語でシステムフォントが主に好まれるなら、既定ではウェブフォントを無効化する必要があります。同じロジックは入力方式にも適用されます。

私の言語用に ULS が選択した既定のフォントを無効化できますか

既定のフォントは「ユニバーサル言語選択を使用するには」の設定で変更できます。

その言語がグレード A のブラウザと OS で十分にサポートされる場合、入力方式の既定でシステムフォントが提供する可能性があります。十分なサポートとはその言語のブラウザと OS の既定のフォントと入力方法にバグがないということです(OSにバンドルされているため、特別なインストールの手順は不要です)。

私の言語用のフォントが無いみたいです。どうしたらULSに新たにフォントを導入するようリクエストできますか

あなたの言語用にフォントを追加してほしい場合は、Phabricator でバグとして報告してください。

あなたもフォントの問題について指摘し、どこで見つかるかについて提案することを期待されています。

あなたの言語のコミュニティにいる他のメンバーと新しいフォントの導入について合意することはできます。

新たなフォントをULSに導入するのに必要な情報は何ですか

  1. フォントの名称
  2. フォントの格納先の URL
  3. フォントを自由に使用し配布し改変することを許可したライセンス

フォントの追加を要望する際、Phabricator でこの情報に言及してください。

別の言語で筆記したいのです。設定をどう変更したらよいですか

  1. サイドバー:「言語設定」パネルの「入力設定」セクションで、ボタンまたは「言語選択」ポップアップに表示される言語から選択。
  2. キーボードメニュー:言語の一覧表示から自分の言語を選択。

言語を選択したのにその言語でまだ書けません。何がいけないのでしょう

言語を選択すると、その言語の入力方法のリストが表示されます。そのULS内に入力方法がない場合、ローカルコンピュータのネイティブキーボードを使って入力します。これら2つのオプションの入力方法がどちらも利用できない場合には、選択した言語で入力することができません。

選択した言語に合わせてキーボードを変更したいのです。どうすればよいですか

特定の言語に対するULS内の入力方法/キーボードの選択肢の一覧は、言語設定パネルから選べるほか、テキスト入力ボックスを使うとキーボードメニューに表示されます。

それぞれの言語版に既定のキーボードが設定されています。キーボードの変更は、この一覧から選択してください。

ULSのキーボードではなく、私のPCにあるキーボードを使いたいのです。ULSのキーボードを完全に無効化できますか

ULS 入力方式は以下の2種類の方法で無効化できます:

  1. サイドバー: 原語設定パネルの入力設定にある「ネイティブ キーボードを使用」ボタンを押す
  2. キーボードメニュー: 検索領域など入力領域に表示されるキーボードのアイコンを押してキーボードメニューを表示、「ネイティブ キーボードを使用」を押す

ひとつの言語だけULSキーボードを無効化して、他の言語では有効化しておくことはできますか

できます。「入力設定」を押し、ドロップダウンメニューのキーボードの一覧からその言語の「ネイティブ キーボードを使用」を選んでください。

入力ツールの優先順位はどうやって決まりますか

入力ツールの導入が成功した好例(パンジャーブ語版の活発な編集者数の推移)

各言語ごとに個別に評価します。ユーザーになり得る人たちとの協議に基づくと、自分の母語が優先順位1位であるのが実際的だし好ましいといいます。既定の入力ツールにバグがあるせいでユーザーが使えないと、個人設定または既定の入力ツールとしては無効です。これを防ぐには Phabricator に効果が高く有効なバグレポートが必要です。バグの解決まで入力ツール一覧のいちばん上には、次に利用可能なものを表示します。

デフォルトの入力ツールがその言語に最適ではなかった場合、変更できますか

既定の順序やフォントは使用状況の統計に従っています。ページの上にある類似した質問のコーナーを参照してください。

すべての言語設定を個人設定のページから行えますか

はい、できます。言語設定の構成変更には自分の個人設定を開き、「利用者情報」タブの見出し「国際化」にある「言語のその他の設定」をクリックします。(訳注:「言語を検索」と記された検索窓あるいは「表示設定」および「入力設定」のボタンからそれぞれの設定へ進む。)

IPユーザーがULSでインターフェイス言語を変更できないのは何故ですか

この選択肢は現在、ウィキメディアのキャッシュ基盤でサポートしていないため、どのウィキでも無効にしてあります。将来的に有効にできる方策を考慮中ですが、日程も目標は立てていません。 See Allow setting the UI to a language other than English for anonymous users in Phabricator.

ULSを無効化するには

機能の一部ですので、無効化できます。

入力ツールを完全に無効にするには、キーボードのアイコンを押し「入力ツールを無効化」をクリックしてください。 入力ツールは、input 要素に class="noime" を追加しても無効にできます。

フォントの無効化は言語ごとに設定してください

ULSのインターフェイスを私の言語に翻訳できますか

はい、できます! translatewiki.netでできます。翻訳者の登録をしてから、次の2つのメッセージグループの翻訳を完成してください。

問題点を報告するには

Phabricator にバグ報告や提案をお寄せください。できるだけ詳細にお願いします。

What fonts are included?

An up-to-date list is in the fonts directory of Wikimedia’s Git repository (each folder has metadata in the file font.ini). Here is the list, as of 2013-11-22 (v1.4.0-Snapshot):

Font CSS font-family name For languages (* denotes default font) Additional support
AbyssinicaSIL 1.200[1] AbyssinicaSIL Amharic (am*), Tigrinya (ti*), Ge‘ez (gez*), Tigre (tig*) Ethiopic/Ge‘ez script (Ethi)
Akkadian 2.56[2] Akkadian Akkadian (akk*), Sumerian (sux*)
Alef 1.0[3] Alef, 'Alef Bold' Hebrew (he), Yiddish (yi), Old Hebrew (hbo)
amiri 1.0.2[4] Amiri, 'Amiri Bold', 'Amiri Italic', 'Amiri Bold Italic' Arabic (ar), Standard Arabic (arb), Persian (fa)
AnjaliOldLipi .0.730[5] AnjaliOldLipi Malayalam (ml) Malayalam script (Mlym)
Autonym v 20131118[6] Autonym multiple languages (mul)
CharisSIL 4.011[7] CharisSIL Min Dong (cdo), Min Nan (nan) Latin script (Latn)
DoulosSIL 4.112[8] 'Doulos Sil' Min Nan (nan)
EastSyriacAdiabene 1.21[9] 'East Syriac Adiabene' Syriac (syc), Imperial Aramaic (arc)
EstrangeloEdessa 1.21[10] 'Estrangelo Edessa' Syriac (syc*), Imperial Aramaic (arc*)
FreeFontThana 1.0[11] FreeFont-Thaana, 'FreeFont-Thaana Bold] Maldivian (dv*)
GentiumPlus 1.510[12] GentiumPlus, 'GentiumPlus Italic' Greek (grc) Greek script (Grek), Latin (Latn), Cyrillic (Cyrl), IPA (und-fonipa)
Gubbi 1.3[13] Gubbi Kannada (kn), Tulu (tcy)
Hanuman 1.0[14] Hanuman, 'Hanuman Bold' Khmer (km)
IranianSans 1.0[15] 'Iranian Sans' Persian (fa) Arabic script (Arab)
Jomolhari 0.003[16] Jomolhari Tibetan (bo*, bod*), Dzongkha (dz*), Sino-Tibetan (adx*), Dolpo (dre*), goe*, Humla (hut*), Nubri (kte*), Khams Tibetan (khg*), Khamba (kbg*), Lhomi (lhm*), Ladakhi (lbj*), Lowa (loy*), Lunanakha (luk*), Layakha (lya*), Mukha-Dora (muk*), Walungge (ola*), Old Tibetan (otb*), Tichurong (tcn*), Thudam (thw*), Tseku (tsk*), Classical Tibetan (xct*), Zangskari (zau*)
Junicode 2013-01-17[17] Junicode, 'Junicode Italic', 'Junicode Bold', 'Junicode Bold Italic' Old English (ang)
KhmerOS 1.10[18] KhmerOS Khmer (km)
KhmerOSbattambang 1.10[19] KhmerOSbattambang Khmer (km*) Khmer script (Khmr)
LinuxLibertine 5.3.0[20] 'Linux Libertine', 'Linux Libertine Bold', 'Linux Libertine Italic', 'Linux Libertine Bold Italic'
lklug 0.6[21] lklug Sinhalese (si)
LohitAssamese 2.5.3[22] 'Lohit Assamese' Assamese (as) Bengali (bn), Bishnupriya Manipuri (bpy) in Assamese script
LohitBengali (default) 2.5.3[23] 'Lohit Bengali' Bengali (bn), Bishnupriya Manipuri (bpy) Assamese (as) in Bengali script (Beng)
LohitDevanagari 2.5.3[24] 'Lohit Devanagari' Bhojpuri (bh*, bho*), Hindi (hi*), Konkani (kok*), Goan Konkani (gom*), Maithili (mai*), Sanskrit (sa*) Marathi (mr), Ahirani (ahr) in Devanagari script (Deva)
LohitGujarati 2.5.3[25] 'Lohit Gujarati' Gujarati (gu*) Gujarati script (Gujr)
LohitKannada 2.5.3[26] 'Lohit Kannada' Kannada (kn*), Tulu (tcy*) Kannada script (Knda)
LohitMarathi 2.5.3[27] 'Lohit Marathi' Ahirani (ahr*), Marathi (mr*)
LohitNepali 2.5.3[28] 'Lohit Nepali' Nepali (ne*)
LohitOriya 2.5.3[29] 'Lohit Oriya' Oriya (or*) Oriya script (Orya)
LohitPunjabi 2.5.3[30] 'Lohit Punjabi' Punjabi (pa*) Gurmukhi script (Guru)
LohitTamil 2.5.3[31] 'Lohit Tamil' Tamil (ta) Tamil script (Taml)
LohitTamilClassical 2.5.3[32] 'Lohit Tamil Classical' Tamil (ta) Tamil script (Taml)
LohitTelugu 2.5.3[33] 'Lohit Telugu' Telugu (te*) Telugu script (Telu)
madan 2[34] Madan Nepali (ne) Hindi (hi), Marathi (mr), Maithili (mai), Bhojpuri (bh, bho), Goan Konkani (gom), Ahirani (ahr) in Devanagari script (Deva)
Meera 6.0[35] Meera Malayalam (ml) Malayalam script (Mlym)
MiriamCLM 0.130[36] 'Miriam CLM' Hebrew (he) Hebrew script (Hebr)
Myanmar3 3.0[37] Myanmar3 Burmese (my) Myanmar (Burmese) script (Mymr)
NafeesWeb 1.2[38] NafeesWeb Urdu (ur)
Nazli 0.4[39] Nazli Persian (fa)
Nokora 1.10[40] 'Nokora Regular', 'Nokora Bold' Khmer (km)
NuosuSIL 2.1.1[41] 'Nuosu SIL' Sichuan Yi (ii*)
OpenDyslexic 2.1.0+git060dc841[42] OpenDyslexic, 'OpenDyslexic Bold', 'OpenDyslexic Italic', 'OpenDyslexic BoldItalic' Afrikaans (af), [unknown] (bk), Catalan (ca), Welsh (cy), Danish (da), German (de), English (en), Spanish (es), Estonian (et), Finnish (fi), Faroese (fo), French (fr), West Frisian (fy), Irish (ga), Scottish Gaelic (gd), Galician (gl), Hungarian (hu), Indonesian (id), Icelandic (is), Italian (it), Luxembourgish (lb), Limburgish (li), Māori (mi), Malay (ms), Norwegian Bokmål (nb), Dutch (nl), Occitan (oc), Polish (pl), Portuguese (pt), Albanian (sq), Swedish (sv), Swahili (sw), Tagalog (tl), Turkish (tr), Walloon (wa)
OskiEast 2.200[43] OskiEast, 'OskiEast Bold', 'OskiEast Italic', 'OskiEast Bold Italic' Cree (cr*), Inuktitut (iu)
Padauk 2.8[44] Padauk Burmese (my) Myanmar (Burmese) script (Mymr)
Pagul 1.0[45] Pagul Saurashtra (saz*) Saurashtra script (Saur)
Pangururan 1.0.5[46] Pangururan Batak Toba (bbc), Batak btk
Phetsarath 1.01[47] Phetsarath, Phetsarath-Bold Lao (lo*)
Saab 0.91[48] Saab Punjabi (pa) Gurmukhi script (Guru)
saweri 2[49] Saweri Buginese (bug*), Makassar (mak*)
SertoUrhoy 1.20[50] SertoUrhoy Syriac (syc), Imperial Aramaic (arc)
Shapour 001.000[51] Shapour Pahlavi Middle Persian (pal*)
SiyamRupali 1.070[52] 'Siyam Rupali' Bengali (bn*), Bishnupriya Manipuri (bpy*)
Suwannaphum 2.00[53] Suwannaphum Khmer (km)
TaameyFrankCLM 0.110[54] 'Taamey Frank CLM' Old Hebrew (hbo*), Hebrew (he) Hebrew script (Hebr)
TharLon 1.003[55] TharLon Burmese (my*)
Thendral 1.0[56] Thendral Tamil (ta) Tamil script (Taml)
Thenee 1.0[57] Thenee Tamil (ta) Tamil script (Taml)
TuladhaJejeg 2.0.1[58] 'Tuladha Jejeg' Javanese (jv), Javanese in Javanese script (jv-Java*)
UnifrakturMaguntia 2012-10-19[59] UnifrakturMaguntia Latin fraktur script (Latf)
utkal 0.13[60] Utkal Oriya (or) Oriya script (Orya)
Xerxes 1.301[61] Xerxes Old Persian (peo*)

使用と影響を測定した指標や統計はありませんか?

はい、あります。 metrics for the Universal Language Selector (ULS の評価指標) をいくつか確認しており、現在、ULS を使用した各種の挙動の統計はEventLoggingを使用して集計しています。queries for ULS usage statistics (ULS使用統計の照会) および同ページからリンクするデータを参照してください。