Reading/Web/Desktop Improvements/オプトインと公開のプラン

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Reading/Web/Desktop Improvements/Opting in and Release Plan and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎français • ‎中文 • ‎日本語

今後、2、3年をかけ、閲読者ウェブチームはデスクトップ版の経験改善を設計とビルドにおいて、調査結果と既存のツールに基づく裏付けをしていきます。 目標はウィキメディアのウィキを新しい閲読者や編集初学者に向け、もっと親しみやすく、すべての人にとって簡単に素早く使えるようにしたいのです(編集初学者にもベテランの編集者にも)。 このページは、プロジェクト全体についてこれらの変更を公開する過程の計画方法をまとめてあります。

テストと実装の戦略

製品ならびに技術の会話を重ねる中で、改善点は直接、ベクター外装に盛り込むことにしました。 しかしながら、現状のユーザー体験を確保し、改良版の外装は使いたくない人にも対応することが肝要です。 このプロセスの一環として、ベクター外装の現行版をフリーズしてレガシー版ベクターと名付け、今後もログイン利用者なら誰でも利用できるようにします。

フィードバックは閲読者からも編集者からも集めることを重視しており、それは提案された変更の実現に至るどの段階でも当てはまります。 そこで、ある特定のテストウィキ群に既定として実装することで、そこの利用者全員が使えるようにすること、その他のウィキでは、利用者設定で希望者のみ有効にできるようにする予定です。そうすることでウィキペディアの全プロジェクトに展開する考えです。 ほとんどのプロジェクトでは、変更を調べるには利用者の個人設定で有効にする方法があります (具体的にはレガシー版ベクターの選択を「外す」)。 しかしながら、ごく少数ですがテストウィキに名乗り出てくれたプロジェクトがあり、新規の更新を規定ですべて反映しています。 どのウィキでも編集者には無効にするボタン(オプトアウト・ボタン)を設け、外装の旧版を使いたくなったときに素早く切り替えができます。

上記に加えて利用者テストのほか、2、3件ずつ機能を組み合わせた試用版のフィードバック集めを数ヶ月ごとに行う予定で、ログイン利用者と非ログイン利用者の両方を対象にします。 こうして集めたフィードバックは、開発前の機能に繰り返し当てはめる予定です。

実装後、個別の機能を対象に、質的なテストに対するABテストのほか、時間をおいた比較観察を実施します。 これらテストの結果は提案された他の機能でも繰り返して応用し、否定的な結果が強く出た場合には、巻き戻します。

テスト対象ウィキは経過とともにだんだん数を増やしていきたいと考えており、やがて、すべてのウィキで既定の外装を旧版ベクターから切り替える日が来るよう願っています。

個人設定と選択肢ボタン

モックアップ

旧版のベクター

前述のように、旧版(現行版)のベクター外装は今後も継続し、個人設定ページに選択肢として置きます。

テスト ウィキ

2019年末、いくつかのウィキに対して連絡を取り、このプロジェクトのテスト対象ウィキに参加するボランティアの募集をお願いしました。 そのうち数件から受諾の返事をいただき、適合するウィキの一覧をまとめました。 テスト対処のウィキを選択するについて、規模や言語、表記文字を多様に反映する点に配慮しました。 また1件以上のウィキペディア以外のプロジェクトを選ぶように留意しました。 上記の規定に基づいて参加するテストウィキは次のとおりです。

プロジェクトの全体を通して、テストウィキの総数を増やしていきたいと考えます。 皆さんのコミュニティで参加に関心がある場合は、ぜひプロジェクトのトークページでお知らせください。 実装の開始は2020年3月末の予定です。 詳細は日程表をご参照ください。