Reading/Web/Desktop Improvements/言語切り替え

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Reading/Web/Desktop Improvements/Features/Language switching and the translation is 100% complete.

デスクトップ改善プロジェクトの一部として、私たちは他の言語のwikiに切り替える新しい方法を導入しようとしています。私たちの目標は、言語切替機能をすべてのユーザーにとって見つけやすいものにすることです。第2の目標は、各プロジェクトで非常に多数の言語が利用できることを読者に知らせることで、Wikimediaプロジェクト全体に対する理解を改善することです。

リリースの日程

これらの変更には2020/2021予算年度 (2020年1 - 4月期) 第3ならびに第4四半期にわたり取り組んでおり、反復開発の初段階を2021年5月にも実装したいと考えます。早めに導入するウィキ群には既定で導入の見込みです。新しいユーザー体験のオプション選択をしているログイン利用者にも、これらの変更が表示される見込みです。

機能の説明と要件

  1. 言語の選択肢をページ最上部に明示したボタンで使えるようになり、位置は記事の題名と揃えます。
  2. 言語ボタンを選択すると各利用者に指定の言語群を一覧にして表示し、 その記事の翻訳がある言語をすべて並べます。またその一覧には言語群の表示の設定と、言語指定用のエントリポイントがあります。
  3. 旧来の多言語一覧は今後、サイドバーに表示しなくなります。
  4. ボタンの新しい配置により、ページヘッダの改変が求められ、なかでもページ標識ボタン page indicators の再配置が必要です。
  5. 非JavaScript の代替設定も用意する予定で、 JavaScriptを使えない利用者にも言語の一覧全体を表示できるようにします。

設計要件とガイドライン

言語切替機能の新旧の位置の比較

ユーザーテスト

編集者対象のテスト

2019年12月にはデスクトップ版改善企画の機能について、第一陣の試作版を公開してコミュニティのフィードバックを募集しました。試作版には折り畳み式サイドバー、コンテンツの横幅の上限設定、また言語切り替え器をもっと見やすい位置に配置しました。5言語版の200名超のログイン利用者から、詳細にわたる考察を述べたフィードバックをいただきました。

総論として、大部分の利用者は言語選択器の新しい配置を気に入り - 以前の配置よりも見つけやすくなったとのことです。実際に使ったところ、言語機控えが前よりも早くなると予測する人がしばしばいました。また数名の利用者から、新しい配置は他の多言語版サイトで採用するパターンと共通しており、直感的に把握しやすいとの声が聞かれました。

言語切り替え器の新しい配置は見つけやすかったと多くの人が記した反面、言語を切り替えるためにクリックが1回増えるのは不便であり、特に切り替える頻度が多い人が声をあげました。そこで最も使用頻度が高い言語群については、ワンクリックで操作できる機能の追加を検討中です。現在の発想の一部を以下に図示します。

記事のタイトルバー内の言語リンク

閲覧者対象のテスト

2020年1月 - 5月に Hureo 社というインド本拠のユーザー調査会社と共同で利用者調査を実施、ウィキペディアの入門者もしくはたまに使う閲覧者が to デスクトップ版インターフェースをどのように使っているか調べました。調査は2段階に分かれ、第1段階は英語版中心の閲覧者、第2段階では2言語 (英語と他言語) と非英語言語の閲覧者をそれぞれ対象としました。調査の目的は入門者とたまに使う閲覧者のユーザー体験を理解し、それらの人々が現状のサイトで直面する主な問題を識別することにあります。

どちらの被験者群も地方語で閲覧しており、英語閲覧者群もいて、ページ内に言語切り替え機能があることは全員が理解していませんでした。被験者の大部分は多言語版の記事を開くとき、検索エンジンを利用していました。

言語切り替え機能を新しい配置にした試用版を使ってみると、入門者もたまに使う閲覧者も新しい位置の方を好みました。

より詳しくは、レポート全文版で確認できます。

usertesting.comでの初期テスト

言語切り替え (サイドバーに設置) のユーザーテストを行い、この機能を文のヘッダ (訳注:最上部の欄外) に配置した例と比較しました。目的は言語切り替え機能の配置を変えると、前より使いやすいかどうか確認するためです。テスト結果は仮定を裏付け — 試験グループ (新しい配置) は、対象グループ (従来の配置) よりも言語の切り替えにかかる時間が短かったのです。これらの結果に基づき、この位置へ言語選択機能を配置換えする件は、デスクトップ改善プロジェクトの一貫として、さらに掘り下げる予定です。詳細はレポート全文版をご参照ください。

アイコンのテスト

私たちが知る限り、この世に「標準語的」つまり全世界でこれが言語のアイコンだというものは存在しません。現状ではベクターミネルバタイムレスで使うアイコンにはラテン文字の「A」と中国語の「文」(意味は「言語」") を採用。Phabricator の場合は討議が進行中で、アイコンについて、かなり前から続いています。

さらに議論を重ねた結果、言語アイコンとして残った有力な対抗候補は地球の形 🌐 .でした。usertesting.com で簡易版のテストを行い、現在のアイコン (文字アイコン) と比べて、地球アイコンが言語アイコンだとすぐ認知できるかどうか、理解しようとしました。多言語話者40名の内訳:文字アイコンは言語切り替えに使うと分かったのは35名。地球アイコンは言語切り替え用と分かったのは13名 (両群の合計が被験者総数を上回るのは、どちらのアイコンも言語と関係すると理解した被験者がいたため。) これらの結果は統計学上の特徴を示さなかったものの、次の2要素が判明しました。

  1. 言語のアイコンとしては、地球のアイコンは文字のアイコンよりおそらくより明らかであることはない。
  2. アイコンに加えて、可能であるかぎりは"languages"というラベルを使用するべきである(なぜなら、~13%の人々は文字のアイコンを言語の切り替えと関連付けなかったからである)。

結論: さらなるテストを行うまでは、文字のアイコンを使い続ける。

定量的テスト

私たちは、コントロールバージョン(現在のインターフェイス)とテストバージョン(ボタンのインターフェイス)で、言語切替の頻度を測定するA/Bテストを実施する計画を行っています。

制限

  • メインページにはヘッダがありません。言語切り替え機能を表示する場所について、メインページ用の代替の解決策もしくは配置を決め、言語切り替え機 (もしくは多言語リンク) の置き場所を決めなければなりません。メインページにはすでに多言語リンクのパネルがあります。それをヒントにして、何か解決策を発想するか? 討議のため Phabricator にタスクを立てました。
  • 現状では、コンパクト版の他言語一覧は更新版のベクター外装で無効となり、原因は言語機能のボタンがこの設定では適合しないからです。 この選択肢はベクター外装から phab:T282149 に除去する予定

関連する作業

Language Selector Designs.pdf

言語チームが担当して統一言語選択機能 Universal Language Selector (UTS) に取り組んでいます。完了時点で現在の ULS を更新版と置換します。更新版の ULSは、他の改良点と合わせて、各言語変種もサポートする予定です。

関連項目