Phabricator/ヘルプ

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Phabricator/Help and the translation is 70% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎kurdî • ‎magyar • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎русский • ‎українська • ‎العربية • ‎سنڌي • ‎پښتو • ‎हिन्दी • ‎বাংলা • ‎ଓଡ଼ିଆ • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

Phabricator (ファブリケーター) 利用者の皆さん、なにか質問があれば、Discussion page(ノートページ)で質問してください。私たちは受け取ったフィードバックに基づいて文書を改善していきます。 Phabricator を試してみる場合は、クラウド サービスのインスタンスで行わなければなりません。

ファブリケータの基本とできることを理解するには、このスライドをご覧ください。もしくはこのページを読み続けて、ファブリケータに飛び込んで利用を始めてください。

Contents

アカウントの作成

新しい Phabricator アカウントはウィキメディアのグローバルアカウントでも、同開発者アカウントでも紐付けできます。どちらの場合にもパスワードは共通でかまいません。

ウィキメディアのグローバルアカウントを使う

ウィキメディアの統一アカウントでファブリケータのアカウントを作る方法...
ファブリケータのプロフィールの設定方法
  • まず、ウィキメディアにログイン していることを確認してください。
  • ファブリケータのログインページに行ってください (ログアウト状態のとき、ログインのためのリンクはページの右上部分のドアに矢印の形で表示されています)。
  • ひまわりのアイコンのついている"Login or Register - MediaWiki"(ログインまたは登録 - MediaWiki)というボタンをクリックしてください。
  • すると MediaWiki.org から連携を承認するか聞かれます。
  • Phabricator から利用者名を尋ねられます。疑いがある場合は本名ではなく、ウィキメディアの利用者名だけ用いますが、Phabricator はASCII文字以外は受け付けないので、たとえば العَرَبِيةُ や 中华民族、Xïのような文字(漢字・カタカナ・ひらかなを含む)、あるいは空白は使えません(アンダーバー「_」で代用してください)。認証には有効なメールアドレスも求められますが、公開はされません。
  • 左のナビゲーション欄にあるManageボタンを押します。
  • 続いてEdit Profileを押し、他の人が探しやすいように Also Known As 欄(別名としてたとえば姓名)を記入します。

ウィキメディアの開発者アカウントを使う

... もしくはウィキメディア開発者のアカウントを作る方法
もしウィキメディア開発者アカウント — 別名 LDAP アカウントまたは Gerrit アカウントあるいはwikitech アカウントとも呼ぶ — をもっているなら、それでもログインできます。単一のファブリケータの利用者名に対して、MediaWiki.org と LDAP の両方と連携できます。これは万一、ウィキメディアの統一アカウントがうまく使えない場合のバックアップになりえます。 ひとつの Phabricator の利用者名にウィキメディアの統一アカウントと LDAP アカウントを紐付けしましょう! そうしないと、Phabricator のアカウントをふたつ作ることになってしまいます。

2要素認証

セキュリティ作業にアクセス権のある利用者は除外しますが、ウィキメディアのファブリケータでは2項目認証システムの使用は推奨しません。それでも使いたいとお考えなら、まずmulti-factor authentication のガイドラインと要件を読んでください。

トラブルシューティング

    • もし入力したメールアドレスの間違いが原因で Phabricatorのアカウントが無効になった場合は、ヘルプページにその旨を投稿してください。
  • Phabricator アカウントにログインできなくなった場合には、Talk:Phabricator/Helpページにそのことを投稿してください。
  • Phabricatorアカウントを作成しようとして「そのメールアドレスは既に使われています」というエラーが表示された場合は、「MediaWikiにログインもしくは登録」経由でアカウント作成を試みてください - もしかしたら過去にウィキメディア開発者アカウントからPhabricatorアカウントを登録してあったのかもしれません。その場合は開発者アカウントから Phabricator にログインします。開発者赤運とのパスワードを忘れた場合は、wikitech:Special:PasswordResetでリセットします。
  • もし何らかの理由で Phabricator の利用者名を変更する場合は、Talk:Phabricator/Helpにそのことを投稿します。
  • To change the global wiki account or developer account that is associated to your Phabricator account:
    • Note that your Phabricator account must be associated to either a global wiki account or a developer account at all times.
    • If you want to change your global wiki account that is connected to your Phabricator account: Log into Phabricator via your developer account that is also connected to your Phabricator account. Then remove your old global wiki account and connect your new global wiki account to your Phabricator account. (If your Phabricator account is only connected to your global wiki account but not yet also to a developer account, connect a developer account to your Phabricator account first.)
    • If you want to change your developer account that is connected to your Phabricator account: Log into Phabricator via your global wiki account that is also connected to your Phabricator account. Then remove your old developer account and connect your new developer account to your Phabricator account. If your Phabricator account is only associated to your global wiki account but not yet also to a developer account, connect a developer account to your Phabricator account first.)

以前のバグジラとRTのアカウントをClaimする

ここのリンクをたどってください

更新と通知を受け取る

single taskに登録する
特定のプロジェクトをウォッチして通知を受け取る

利用者に関係のある事象について、ご本人の挙動を含めてPhabricatorから通知が届きます。

Phabricatorには通知を受け取る方法がいくつかあります。

  • 単一のオブジェクト(タスクやモックアップなど)に興味があるなら、そのページのSubscribe(登録する) をクリックしてください。コメントをつければ、自動的に登録されます。
  • あるプロジェクトの事象すべてに興味がある場合は、プロジェクトの説明ページにあるWatch Project(プロジェクトをウォッチする)をクリックしてください。 詳しい情報はProjectsの利用者ガイド「Watching Projects」の項目を参照してください。

See Phabricator/Help/Managing mail for reducing the amount of mail notifications and about filtering mail notifications.

トラブルシューティング

タスクに関連して想定外のメール通知を受信した場合。

  • タスクのメーリングリストを購読した記憶はありませんか。
  • 「"Maniphestタスク」欄にあるご利用のメールの個人設定で「特定のタスクのサブタスクにステータス変更を許可」を可能にしてありませんか
  • 自分専用にヘラルド規則を設定していませんか。「X-Herald-Rules」メッセージ欄で、適用されたヘラルド規則の総覧を確認できます。

もっと複雑な通知のルールを設定(Herald 利用)

こちらのリンク先では、カスタム(個人用)通知ルールをWikimedia Phabricator's Heraldで作成する方法を述べています。高度なオプションのため操作しづらい点がある上に、個人設定の観点からも慎重に使う必要があります。

タスクの作成

タスクの作成方法
既存のタスクを編集する方法。

タスク策正野方法はいくつかあり、伝えたい情報の種類によって使い分けます。

  • 新規タスク:上部のナビゲーションバーの右側にある星型のボタンを押すとドロップダウンメニューが開きます。Create Taskを選ぶと、記入用のフォームが開きます。
  • セキュリティの問題:上部のナビゲーションバー右側の星型ボタンを押します。 ドロップダウンメニューが開くので、Report Security Issueを選んで押します。 するとすでにSecurityタグがついた記入用のフォームが開き、セキュリティ上のバグを報告する方法について、特別な指示を受けるページへのリンクが添えてあります。
  • 既存のタスクのサブタスク:既存のタスクの右欄にある、Edit Related Tasks… > Create Subtaskの順に押します。2件のあいだの依存関係が設定され、親タスクと同じ指数が既定で付きます(Assigned To、Subscribers、Priority、Projects)。作成したサブタスクは親タスクの「Task Graph」に置かれ、並びは最近の更新の順になります。

フォームに記入するとき、よくわからない欄は変更しないでそのままにしてください。

Phabricator supports some formatting in text areas. See #Formatting and markup.

Use the live preview at the end of the page to check whether your text looks as you expect.

プロジェクトを選ぶ

Phabricatorを利用するプロジェクトに特定のタスクを関連付ける(タグ付けする)には、Tags欄にプロジェクト名を記入し、自動補完で表示されるリストから該当するものを選びます(リストにはヒットした5件だけ表示)。プロジェクトを検索して短い説明を読むには、Tags欄の虫眼鏡アイコンを押します。Tags欄には2件以上プロジェクトを記入できます。もしわからなければ空欄のままでかまいません — プロジェクトを指定していないタスクは triagers が対処してくれます。プロジェクトの一覧(list of projects=長文)もあり、プロジェクトを検索するにはEdit Queryと入力します。(左記の一覧はPhabricator/Projectsでも閲覧できます。)

タスクの優先度を設定する

通常、優先度を設定するのは、プロジェクト管理者かメインテイナー、もしくはそのタスクを担当する予定の開発者、あるいは bugwrangler かコミュニティ内の経験豊かなメンバーであり、バグレポートの報告者自身や外部の開発者は適任ではありません。詳細はPhabricator project management(プロジェクト管理)を参照してください。

メールを使う

タスクの作成はtask@phabricator.wikimedia.org宛てにメールを送って処理することもできます。メールの題名がタスクのタイトルになり、メール本文をそのまま読み込んでタスクの説明に、添付ファイルはトークページに読み込まれます。プロジェクトを指定するには、メール本文の冒頭に"!projects"コマンドに続けてハッシュタグを、例えば!projects #mediawiki-coreと記述します。 その他のコマンドを使い、メール経由でタスクの担当者、優先度、状態を設定できます。

注記: もしメールの署名の書式が慣行上の標準(本文と署名を識別する 「 -- 」半角ハイフン2個を含む)に従っていないと、それも同様に投稿されます。初回の利用時に、メール署名から個人を特定できる情報を削除するよう推奨しています。

タスク作成URLと特定の設定値

「Phabricatorでバグを報告」リンクは、汎用タスク作成リンクに追加されたURLパラメータを使い、多数の値をわたすことができます。

これは非常に高度な機能です。詳細はこちらを参照してください

Commenting and editing a task

返信するにも、やはりアカウントが必要です。

コメント欄の記入には、文字以外の要素を入れたり加工したりできます。

Phabricatorではコメントや説明文の投稿や編集ができ、書式を付けたり、「添付ファイルをアップロードする」に説明したように、画像その他のファイルを添付したりできます。入力欄の上にツールバーがあるので、Phabricator独自の書式設定機能が使えます

Use the live preview at the end of the page to check whether your text looks as you expect.

To edit the description of a task, select "Edit Task" in the side bar.

To close a task as a duplicate of another task, select "Edit Related Tasks... > Close As Duplicate" in the side bar.

Formatting and markup

コメント欄に書く投稿の書式と、箇条書きや見出しの使い方。

Phabricator supports some formatting in text areas.

Phabricator本来のマークアップ言語はMediaWikiの場合とは異なる点にご注意ください

よく使うマークアップの例を挙げます。

  • 利用者名を@usernameの形で書くと、相手のプロフィールにリンクして、相手を購読者にします。
  • タスク番号を例えばT123のように追加すると、タスクとのリンクで結ばれ、またホバーカードが付きます。{T123}と入力すると、文中にタスク名が挿入されます。
  • プロジェクト名を#Projectの表記のとおりに追加すると、プロジェクトのメインページへのリンクを生成します。
  • テキストを引用符で囲むには、当該の部分の先頭に「>」と入力します。もし受信したコメントを引用して返答する場合は、返答するコメントの直後の、右側にあるドロップダウン矢印をクリック。
  • モックアップの画像ファイルで既にアップロードされたもの、たとえばM123を自分のコメントに埋めこんで使うには、{M123}と入力。
  • 外部リンクを作成するには、たとえばウィキマークアップで[https://www.mediawiki.org example]を使いたいなら、Phabricatorで[[ https://www.mediawiki.org | example ]]内の空白スペースごと利用。
  • コメント内に、例えばテスト事例を示すためにウェブアドレス(URLリンク)を追加する場合、ぜひご利用のウェブブラウザのアドレスバーから、ウェブアドレス全文をコピー・アンド・ペーストするよう強く推奨されます。たとえばhttps://www.mediawiki.org/wiki/Project:Support_deskと入力すべきで、mw:Project:Support deskは推奨されません。Phabricatorではmw:のようなウィキ間接頭辞はサポート外で、Bugzillaのカスタム化URLもほぼすべて機能せず、例としてGerrit変更も完全なウェブアドレスとして転写する必要があります。
  • コードを貼り付ける場合は、コード部分の先頭と末尾にそれぞれ「アクサングラーヴ」記号```を3個ずつ入力します。あるいはペーストを作成し、タスクからペーストにリンクを作成します。

添付ファイルをアップロードする

ファイルをアップロードする方法

ファイルのアップロード方法はいくつかあります。ファイル(たとえばスクリーンショット)をコメントやタスク説明文書に入れるには、マウスを使ってドラッグ・アンド・ドロップできます。利用するシステムのクリップボード機能を使い、画像をコピー・アンド・ペーストすることもできます。

ご利用のシステムでこれらの方法が使えない場合には、コメントにF123と入力し、画像アップロードが成功したときに表示されるphabricator:file/uploadを使ってファイル番号([123]など)を紐付けできます。これは当該のファイルにリンク を生成する方法で、ファイルをコメント内に内包する には、IDを右記のとおり括弧にくくります。{F123}。 すると画像は既定でサムネイル表示されます。 書式設定のその他の選択肢は、書式およびマークアップを参照してください。 ファイルのアップロード回数が多く、既定の手続きが不便だと感じる場合は、ホームページにテキストパネルを追加して直接リンクを設定することができます。

いったんアップロードした画像のアクセスレベルを後で(たとえばアクセスが制限されたセキュリティチケットにリンクさせるなど)下げることはできませんのでご注意ください。ファイルを削除してから、アクセスをより強く制限してアップロードしなおす必要があります。アクセス制限が必要なファイルのアップロードは、制限付き(セキュリティ)チケットの作成時に行うよう推奨されます。さらに、ファイルのURLを入手すると、誰でもそのファイルをダウンロードしたり、URLを他人とシェアできる点にもご注意ください。アクセスを制限した認証保護ファイルは存在しません。Phabricatorファイルのセキュリティは全面的に曖昧化に依存しています。任意のファイルの(疑似ランダムな)URLを推測することは非常に困難なはずだからです。機密性が特に高いファイルに対して保護レベルを高めるには、より安全な方法を検討する必要があります。

アップロードしたファイルの削除が必要になった場合は、作成したファイルの一覧を開きいて当該のファイル名を選択してから、サイドバーの「ファイルを削除」ボタンを押します。

ファブリケータにおけるプロジェクトの運営

プロジェクトの管理者あるは運営者のみ名さんは、このリンク先で詳細をご確認ください。

親タスクとサブタスク

タスクと言っても、親タスクもあればその他のタスクを複数個まとめたサブタスクを指す場合もあります。A というタスクの解決には B というタスクの解決が前提である場合、タスク A は親タスク、タスク B はサブタスクです。このような関係性は「関連タスクの編集...」機能で設定します。タスクの「タスクグラフ」には、親タスクとサブタスクを表示します。この機能はいくつかの作業実行に利用できます。

  • ブロッカーとサブタスク。タスク A(親タスク)が他の(サブ)タスクにブロックされる場合には、依存関係が存在します(サブタスクの追加方法はSpecial:MyLanguage/Phabricator/Project management#Tasks that cannot be worked on yetを参照してください)。
  • トラッキング(追跡)。「作業を発生しない(workless)」(親)タスクが複数の(サブ)タスクにブロックされる場合は、単一リリースもしくはその他の期間に発生した一連の(サブ)タスクに引きずられていることがあります。ここで言う「トラッキング」とはPhabricatorの廃止された#Trackingタグとは異なる点にご注意ください。
  • 承認。(親)タスク(チームゴールの草案など)が単一の(サブ)タスクにブロックされる場合は、草案タスクが承認されており、草案ゴールが現実ゴールに変わった状況を示します。

注記: 「関連タスクを編集... > サブタスクを作成」機能があります。タスクの親/サブ関係を正しく設定するほか、新しいサブタスクにCC(購読)リストを作成します。

優先順位付け

Phabricator/Project management#Setting task priorities(タスクの優先順位付け)を参照してください

割り当て

Phabricator/Project management#Assigning tasks(タスクの割り当て)を参照してください

タスクの "追跡"

tracking task」(タスクの追跡)という用語はBugzillaから持ちこまれ、特別な意味がありました。他のタスクでブロックされたタスクでそれ自体は何も作業を行わないもののうち、リリースあるいは日付と紐付けされていないタスクを指します。一例として「説明文書をクリーンナップ」というタスクを仮定し、さまざまな関連サブタスクがあり、それぞれ目指す作業が設定してあるとします。これらの「追跡」タスクは、サブタスクが解決しても新規にサブタスクが作成されるため、一般に長期的に(あるいは永続的に)付随する傾向があります。Phabricatorでは依存関係のある「追跡託す」よりもプロジェクトのほうが好まれています

しかしながら、作業を伴わない傘下型タスクが他にもあり、いずれもPhabricatorでは意味がある存在です。特筆すべきは「リリース」タスクです。今後のリリースはタスクで表すことができ、当該のリリースの対象となる実際の作業タスクすべてをサブタスクとして一覧表示します。リリース終了時には解除できます。同様の使用法なら、四半期のチームの全体目標を表すタスクを作成しておき、個々の目標はサブタスクとしてブロックする(またはしない)ように設定できます。

アイテムの検索

Search context (global vs advanced)

Phabricatorの上部にある、標準的な検索領域を使用

Phabricatorを構成するアプリケーションは数件あります(一例としてタスク管理「Maniphest」あるいはコード検索のDiffusionなど)。

Maniphest の高度な検索を利用

There are 2 different search forms:

  • The global search at https://phabricator.wikimedia.org/search/query/advanced/, confusingly labeled "advanced search." This one is fairly simple. It is in the upper right corner. By default, it searches across all applications and hence all types of documents (open tasks, closed tasks, code commits, etc…). You can change the default context using the the arrow menu to the left of the search bar. For example, select "Open Tasks" to only show results in open tasks from the Maniphest issue tracker. Or select "Current Application" to search Maniphest in Maniphest, Diffusion in Diffusion etc. Tags specified are unioned (OR'd).
  • Advanced, application specific search, for example at https://phabricator.wikimedia.org/maniphest/query/advanced/ for Maniphest. This one has more fields, and auto-completion that includes "Not in:..." (equivalent to NOT) and "In any:..." (equivalent to OR) (for example, type "echo" in the "Tags" field). There is also an advanced search for most other applications (e.g. phab:file/query/advanced for Files). To only search for tasks / bug reports, use the Maniphest advanced search. Tags specified are intersected (AND'd).

Inside Maniphest, custom, saved searches and advanced search options are listed in the navigation bar on the left.

Search terms

Special care needs to be put in choosing correct search terms.

Some locally-valid properties for the "Query" field:

  • Case insensitive: Edit is the same as eDIt
  • phrase search works: "fatal error"
  • basic tokenization is performed, e.g. to strip punctuation
  • Stemming is performed: "edited" is also found when searching for edit. However, "edited" does not match edit as quoted text does not stem.
  • Substring search is supported: ~amp matches example, but amp does not.
  • ~"an examp" matches an example as quoted and substring-operator text uses substring search.
  • Boolean queries to exclude certain terms are possible by using the - symbol before the unwanted term. E.g. use -non fatal error to exclude "non-fatal" errors from results.
  • To only search in a task title but not in the task description or comments, use title:quick ferret which is the same as title:quick title:ferret. To search for one term in the task title and other terms anywhere in a task, use ferret title:quick or title:quick all:ferret. See https://secure.phabricator.com/book/phabricator/article/search/ for more information.

The advanced search forms are not explicit about the logic but in general use AND between different fields. You can exclude specific projects from the results by entering not(projectname) (equivalent to NOT) and combine several projects via any(projectname) (equivalent to OR) via the auto-completion suggestions. There's a limit of 5 items in the maniphest autocomplete. To increase this limit, see these userscripts for Chrome and for Firefox.

Alternatives ways to find something

If you don't remember the exact words used in an item you are looking for you can follow one of these paths:

  • use the activity feed and edit the query to be restricted to certain projects or timeframes
  • use the activity feed to list all actions that you performed in a certain timeframe at phab:feed/query/EW2FwdAi.Kfz/
  • use an external search engine;
  • remove all search terms, refine the search only by project etc. and then scan all the possible results manually or use Ctrl+F to search specific strings (this might require setting "Page Size" to a high value to display more than only 100 results);
  • file a new task, mentioning that a past report exists as well, and wait for someone to merge the new report to the old.

Selecting Dates and Date Ranges

This is only available in the Advanced Search.

Using the Date fields like "Created After" and "Created Before" allow entering absolute and relative dates. Note that Maniphest uses UTC.

To get a list of tasks which were created in the last 24 hours, set the "Created After" field to "-24 hours" or "-1 day". Note that "Updated Before" actually means "Last updated before" and that absolute date values like "2014-11-26" refer to UTC time while your time zone setting might be different. The "Updated After" and "Updated Before" fields return any and all changes to a task. For example, when a task is moved to another column in a board it registers as "updated". This may add noise to your search results.

Examples of how Maniphest interprets searches:

  • "02/25/2015" - interpreted as "00:01 on February 25th, 2015" (UTC)
  • "5 days ago" - interpreted as "00:01 on the fourth calendar day before today" (UTC)
  • "2:45 AM 5 days ago" - interpreted as "02:45 on the fourth calendar day before today" (UTC)

The "X days ago" range can be confusing. Phabricator interprets today as part of any data set. Even if it is 12:30 UTC, Phabricator will interpret that as a potential day in the range.

Saving and Managing Searches/Queries

Queries can be saved and managed inside Maniphest.

Maniphest offers links to some predefined search queries in the navigation bar on the left. For example, click authored to get a list of tasks that you have created.

Search query addresses (URL) are stable so you can save and reuse them. You can share the address in your web browser's address bar with other people, e.g. via posting the link on a wikipage.

If you want to save a search, select the "Save Query" button at the bottom of the Advanced Search UI.

When looking at the navigation bar on the left in Maniphest, click on the "Edit Queries…" link. You will see a list of your saved queries. All users have a default set which can be deleted in this UI.

Some options in this UI:

  • Use the line elements on the left to drag queries up and down in the list.
  • The "x" will permanently delete a Query.
  • The Pencil icon allows a user to edit the name of a query
  • Clicking on the name of a Query will bring up the search options and results of that query

Once you save a query, you cannot change its parameters, but you can change its name. To edit a query, click on it's name, change parameters and save it as a new query. Also, Phabricator allows users to save multiple queries with the same name.

To make the user name dynamic (e.g. for "Tasks assigned to the person running this query") in searches that you'd like to share with others, set "Current viewer".

Note that some common queries are also available in the "Activity" tabs on the Phabricator frontpage.

Finding the Maniphest task corresponding to a Bugzilla bug number

This is only available in the Advanced Search.

All Phabricator tasks migrated in 2014 from Bugzilla have a Reference field that contains a value "bz" followed by the number of the equivalent report in Bugzilla. If you want to search the task corresponding to a specific Bugzilla report, use the Reference field in the advanced search or just add 2000.


高度な機能

ダッシュボード

ダッシュボードとは特殊なこうぞ宇野ホームページで、特化した情報を幅広く表示します。利用者が作成や管理、他の利用者との交換ができます。

ダッシュボードの使い方ガイドはこちら。

一括編集

Phabricatorを使うと大量に/一括してタスク編集が処理できます。どのManiphest検索クエリも最終段階で「編集バッチ処理を選択」としてShift+クリックで選択したタスクをすべてまとめて編集する機能があるのに気づくと思います。この機能を使ってみようという利用者は、必ずトリアージュ係グループに参加をお願いしています。

編集の一括処理は一括編集の開始時に生成される「一括ジョブ」IDをメモしておき、これを使って巻き戻しが可能です。一括編集実行の前か後に、「詳細」ボタンを押すと表示できます。その後のページでは「つづき」のメニュー項目が画面右に表示され、関連タスクすべてに影響するManiphestクエリを生成します。

お気に入り

上部のナビゲーションバーにあるスターメニューはカスタマイズ可能で、よく使うフォームや処理をリンクできます。 詳細な情報を参照するにはプロファイルメニューを開いてください。

アイテムの個人的リスト

「フラッグを付ける」機能は「後で思い出して読みたい」オブジェクト(タスクや更新)にマークを付けることができます。色は8色使えます。フラッグは個人情報でありプライバシーに属するため、他の人と共有できません。フラッグをつけたオブジェクトはフラッグにまとめます。トークンとは対照的に、色もしくはオブジェクトの種類で検索します。

プロジェクトの作成

動画で見るプロジェクトの申請

Phabricatorではプロジェクトをタグとして、タグはプロジェクトとして扱います。下位プロジェクト経由の階層は2016年2月から利用可能です[1]。タスクは複数のプロジェクトに割り当て可能で、プロジェクトに割り当てないまま提出することもできます。   

どんなときにプロジェクトが必要か?

一般的にプロジェクトが必要な場合は以下のとおりです...

  • 1つまたは複数のプロジェクトを運営するチームを確立し運営者である場合(開始はここで手がけ必要に応じてプロジェクトを申請)
  • ワークボードが必要なとき(スプリントなど)
  • タグやキーワードを入手し、どのプロジェクトにも含めることができる種類のタスクを整理する場合(「アクセシビリティ」など)

新しいプロジェクトを要請する

Phabricator/プロジェクトを要請するを参照してください。

タスクへのアクセス制限

「タスクの編集」から特定のタスクへのアクセス制限を変更し、その後、「Visible To(公開する対象)」欄を「Public(一般)」以外に変更します。

セキュリティ問題として登録したタスクは一般には公開されない点にご注意ください。 詳細はセキュリティのバグを報告Reporting security bugsを参照してください。プロジェクトの既定の設定(ならびにSpaceアプリケーションの使い方)はプロジェクトの方針 Phabricator/Creating and renaming projects#Project policiesを参照してください。

Spaceの表示と使い方

Space (アップストリーム説明文書) はオブジェクトのグループ(タスクなど)に対する制限付きのアクセスを特定のグループ限定で提供します。設定の詳細はSpaceの方針Restricting access via Space policiesを参照してください。

最低2件のSpaceにアクセスできる利用者には、オブジェクトの作成と編集中に「Visible To(公開する対象)」の下にドロップダウンメニューが表示されます。アクセス権が1件分しかない利用者には、このコントロールは提供されません。

Maniphestのタスク表示では、Spaceはタスクサマリより前面に表示されます。タスクを一括編集し、異なるSpaceへ移動することができます。

非公開(でありご自分にはアクセス権限があり検索クエリやプロジェクトのワークボードに表示される)Spaceであっても、「公開の」(というものが存在するなら)プロジェクトとタスクを対応付けする必要がある点にご注意ください。グローバルなHerald規約を申請すると「公開の」プロジェクトを自動的に追加できます。

Spacesでタスクを作成するには、「タスクの作成」ドロップダウンメニューにある"Create Advanced Task"オプション(高度なタスクの作成)を使用します。 このオプションはタスク作成UIにある「Visible To(公開する相手)」の下に別のドロップダウンを表示するので、それを使い、タスクを表示するSpaceを公開する相手の設定ができます。

もし「Create Task」ドロップダウンメニューにある「Create Simple Task」(単純なタスクの作成)オプションを使ってタスクを作成した場合は、作成後にタスクを編集してSpaceのどのメンバーに限定して公開するか設定します。 その編集を済ませないうちは、だれもがそのタスクを閲覧でき、また利用者のタスクの通知はログが公開されたチャットルームや、購読している個人に向けて送信される可能性があります。

MediaWikiのテンプレートとリンク

  • ウィキページからPhabricatorタスクにリンクすることができ、phabricator:と短縮形のphab:を使用すると、たとえば[[phab:T454|例]]からexampleを作成します。
  • Template:Trackedというテンプレートが更新され、Phabricatorオブジェクトへのリンクを含むようになりました — 画面右手に表示された{{Tracked|T177|resolved}}の処理方法を参照してください。
  • Template:Phabricatorというテンプレートも利用できます。{{Phabricator|T176}}の出力結果がタスク T176です。

既存のBugzillaリンクやテンプレートはbugzilla.wikimedia.orgを指し、さらに変換されたPhabricatorタスクにリダイレクトされることから、現在も使用できます。

チャットに参加 (Conpherence)

Conpherenceは最低2名のプライベートな会話を成立させるPhabricatorのアプリケーションで、インスタントメッセージや非公開のチャットルームに類するものです。これを利用しているというチームの記録はありません。既存の確立したコミュニケーションチャネルとして例えばIRCと趣旨が衝突するかもしれません。詳細を参照するにはこちらをクリック。

Conpherenceにはオプションで永続的なウィンドウ/欄があり「\」キーをキーワードとして表示と非表示を切り替えます。利用者が偶然、この機能を有効にしてしまった可能性には、再度「\」キーを押さないと非表示に戻せません(非表示にする画像UIが付随しないため)。

統計

Phabricatorには統計が提供され、オープンタスクの優先順位と利用者・プロジェクトごとに分類されています(phab:T125357が原因で中止中)。Phabricatorにはその以外の統計も指数も、グラフやレポート(経過時間など)もサポートされていないものの、組み込みであれAPI経由であれ、さまざまな方法で呼び出すことが可能です。[2] その他、PhabricatorはPhragilePhlogistonというレポートツールをオプションで使用します。

リポジトリ・ブラウザ(Diffusion)

DiffusionとはPhabricatorのリポジトリブラウザ[3]です。別のオプションとしては、リポジトリの閲覧専用のミラーとしてhttps://gerrit.wikimedia.org/r/plugins/gitiles/?format=HTMLでgitiles を用います。現状ではデモのため、Gitリポジトリを一部だけPhabricatorにミラーしています。

コードリポジトリの申請と新規作成は、Gerrit/New repositories/Requestsを参照してください。

既定の領域 (Forms)

Phabricatorでは特定のタスクの領域に関して、ある程度はカスタマイズが許容されます。これらはForms機能を使って処理します。

API (Conduit)

Conduit(コンジュイット)はウェブAPIの名称で、https://phabricator.wikimedia.org/conduit/ には多少の説明とサンプルが掲載されています。Conduit アップストリーム説明文書を参照してください。またPhabricator/Botsも参考になります。

その他のリンク

  1. T3670 (下位プロジェクト) 上流の Phabricator のインスタンス
  2. T1562 (statistics)はアップストリームPhabricatorのインスタンスの統計を取ります。
  3. Diffusionリポジトリ・ブラウザのユーザーガイドでアップストリームPhabricatorの例を説明します。