利用者の署名要件の改訂

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page New requirements for user signatures and the translation is 64% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Tiếng Việt • ‎français • ‎polski • ‎português • ‎suomi • ‎українська • ‎العربية • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어

利用者の署名を取り入れるウィキは多く、それぞれ固有の要件を設けています。 編集機能チームでは署名要件をコード化してウィキペディアのソフトウェアに埋め込むという案につき、 皆さんからのご意見ご感想を募集中です。 この措置が実現すると、トークページで特定のコメントへの返信することが楽になり、また他のツールの利便性も高まります。

提案の詳細とその理由は下記でご紹介します:

この改訂は特段の障害がない限り、2020年4月にも実施される可能性があります。 皆さんからのご意見に従って特段の修正が必要な場合、実装時期が延びる可能性があります。

入力: フィードバック

皆さんからこのプロジェクトにぜひご意見ご感想をお聞かせください。

次の質問の回答とコメントの投稿先は、トークページです:

  1. もし署名確認要件が導入されると、皆さんのウィキでどのような不都合がありますか?
  2. この改訂実施に先立ち、チームが知っておくべきことはありますか?
  3. 現在の署名が、改訂案の要件に見合わない場合、どんな対策をすればよいですか? たとえば使用禁止にしますか?

上記の質問は議論の糸口であり、ほかの話題も受け付けています。皆さんがこれは発言しておきたいという内容を、ぜひお聞かせください。

背景: この変更の理由

ウィキメディアのプロジェクト群ならびに利用者グループのボランティア参加者20名とウィキメディア財団職員は2019年、トークページの協議に参加ました。これはオンウィキのコミュニケーションにもっと適したツールとは何にか、定義する努力の一環です。

この協議から得た成果のひとつが、トークページで特定のコメントに対してもっと楽に返信したいという声でした。

この機能がきちんと作動するにはソフトウェアが処理できる「機械可読」な署名を要件として、それを使って利用者の特定のコメント検出の信頼性を高め、返信へとつなぐ必要があります。

障害は、すでに多くのウィキで署名要件を取り入れているものの、ソフトウェア本体にその要件を組み込んでいない点です。 そのため、もしウィキの慣例を破る署名が使われた場合、可能性としてですが、ほかの人が協議に参加する妨害がされるという事態が増えるかもしれないのです。

署名の書式の統一性を高めることは既存の機能の改善にもつながり、たとえば「言及」の通知は編集箇所の署名を検出できた場合にのみ、送信されるものだからです。

提案: 署名検証の要件

The three proposed checks are described in this section. These would be applied to user signatures in Preferences when a user saves a modified signature. Under the Editing team's proposal existing signatures will *NOT* be affected.

無効な HTML およびその他の Linter エラーを許可しない

Most importantly, this change would disallow unclosed formatting tags, like <i> or the corresponding wikitext markup, '', without a matching closing tag (in this case, </i> or '', respectively). Signatures containing invalid markup can affect the entire discussion page, when the formatting continues into subsequent comments.

The check would also identify misnested tags, like <b>foo<i>bar</b></i> (either both of the i, or both of the b, tags should be on the outside), and stripped tags, which are closing tags without a corresponding opening tag (the opposite of the "unclosed formatting tag" listed above).

Signatures that contain some less critical problems would also be disallowed, e.g., obsolete HTML tags like <tt>...</tt> and <font>...</font>. While these do not cause immediate issues, doing this would prevent the spread of obsolete code to new wiki pages, which is an annoyance for editors cleaning up Linter errors.

A full list of syntax features that would not be allowed, along with links to pages that explain how to update or fix code with Linter errors, is available at this address.

Unclosed formatting tags were already supposed to be prevented by the software, but due to limitations of the current wikitext parser, this worked only in some cases. A more robust solution has become possible thanks to Parsoid.

利用者ページ、トークページもしくは編集履歴のリンクを必須とする

Various tools don't work correctly when a signature does not contain at least one of the following links: a link to the user's user page, user talk page, or contributions page. For example, "mention" notifications are not sent, and forthcoming DiscussionTools will not allow replying to comments with these invalid signatures. Gadgets and other tools that interact with signatures also may not work as expected.

This requirement has been present for a long time in many Wikimedia wikis' policies, but it has not been enforced by the MediaWiki software.[1]

署名に「入れ子の」代用を許可しない

Some use of subst: markup and tildes would also be disallowed in signatures. Previously, it was possible to use these features to set a signature that would cause a subsequent editor's name to be placed on your comments. All forms of signature forgery have long been banned by policy at the larger wikis, and this type of forgery will now be prevented in software. Simple subst: markup is still allowed.

影響: 改訂の効果

既存の署名はどうなりますか?

Any existing signatures that would become invalid under the new rules are still allowed (grandfathered in). ご自分の個人設定を開いた宗、これに関する警告メッセージが表示された場合に既存の署名を変更すると、有効な署名は変更したほうに置き換えられます。 ただここで修正しない場合には、署名をするときにこれまでどおりの表記を使うことができ、その他の個人設定の項目を変更しても署名に影響しません。

既存の署名は使用禁止にするかどうか、ご意見ご感想をお聞かせください。 もし適切でない署名を許可しない場合、その影響を受けた利用者本人が特別の設定の既定をした署名を修正するまで、代わりに当該する利用者の既定の署名が表示されます。

この改訂はいつ実施しますか?

コメント募集は2020年3月31日までを想定しています。 編集機能チームはこのプロジェクトの結論を4月初めに出そうとしています。 結果はトークページにて発表します。

特段の障害が発生しない限り、この改訂の実施は2020年4月初旬より早まることはありません。皆さんからのフィードバックを受け、チームが特段の修正を行う必要が生じた場合、左記の日程を延期する可能性があります。

改訂が行われたかどうか、判断するには?

この改訂の実装前に、m:Tech/News に再度、告知を載せてお知らせします。

署名要件に不適合だった場合、どんなエラー警告を表示しますか?

HTML/lintのエラーに対して、リントの間違いを解説する既存のページへのリンク、たとえばHelp:Extension:Linter/missing-end-tagを示し、付帯のボタンを押すと、署名のどの部分がエラーか強調表示させます。

必要なリンクが不足したというエラーには、ウィキ文の構文例が表示されます。

Outcome

The proposal was largely accepted. In response to comments from volunteers, a few small changes were made and a few points were clarified.

  1. Disallow some invalid HTML and other Linter errors
    The scope of these changes will be reduced. Misnested and stripped tags will be rejected. Some low-priority errors will still be accepted. Specifically, obsolete HTML tags like <tt>…</tt> and <font>…</font> will not be banned at this time. This decision does not prejudice any future decision for or against removing these obsolete HTML tags.
  2. Require a link to user page, talk page or contributions
    This will be implemented as originally planned.
    For clarity, there must be at least one local direct link (not via a redirect, e.g. from old username) to one of those pages. Thus, a signature of [[User:Example|Example]] ([[m:User talk:Example]]) would be acceptable (one local link, one link to another wiki), but a signature that includes only links to another wiki, or only redirects from a former username, will be invalid. This is for technical reasons.
  3. Disallow "nested" substitution in signature
    This will be implemented as originally planned.

The process for implementing this change is:

  • Yes 完了 A general announcement will be made in Tech News when the new requirements are deployed.
  • Yes 完了 Once the software change has been made on the servers, users will no longer be able to save invalid custom signatures. However, existing signatures will remain.
  • 進行中 進行中 Active editors with invalid signatures will be encouraged to change their signatures. This process will likely take some months.
  • Eventually, all signatures will need to conform. If editors do not correct their custom signatures, then their custom signatures will stop working, and the default signature will appear instead.

Third-party wikis will be able to enable this change manually.

注記

  1. See examples listed on T237700.