MediaWiki 1.33

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page MediaWiki 1.33 and the translation is 100% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎lietuvių • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語

MediaWiki 1.33 は MediaWiki の最新リリースです。変更点の完全な一覧については、$1 ファイルを参照してください。2018年10月23日から2019年4月10日まで、番号が増える「wmf」アルファブランチを通して、ウィキメディア財団のウィキ群に展開されました。1.33.0 安定版リリースは、2019年7月2日にリリースされました。最新のリリースをダウンロードするか、Git 内REL1_33 ブランチをチェックアウトして、このリリースに追随してください。

既知の問題点

  • タスク T227147 $wgDBprefix が設定されている場合、MediaWiki がそれを "_" という文字で終わらせるように強制します。そのようにしなければ、次のエラーが発生します:InvalidArgumentException: A non-empty prefix must end with "_"
  • タスク T230317 MediaWiki の旧版 (1.15以前) から更新すると、版更新スクリプトが正常に機能しない場合があります。スクリプト実行前に、ご自分でManual:valid_tag tableを手動で追加する必要があるかもしれません。 MediaWiki 1.33.1で修正済み。
  • タスク T227662 旧版からの版更新はUnknown column 'ar_comment_id' in 'where' clauseエラーが発生する可能性があります。手動でpatch-comment-table.sql ファイルを適用すると解決するかもしれません。
  • タスク T232129 ページにリンクを追加すると、1.33.0 に同梱の ConfirmEdit が原因で OOUI\Exception エラーが発生する場合があります。この問題の修正は 1.33.1 で解決済みですが、個別に拡張機能の新しい版をダウンロードすることもできます。
  • タスク T232273 版更新後、インポートしておいたページの特定版が消去される場合があります。 回避するには、管理スクリプトcleanupUsersWithNoId.php を実行後、migrateActors.php を実行します。

1.33 への更新の注意点

1.33では、1.32からデータベースの一部が変更されているため、スキーマの更新を行わなければ動作しません。リビジョンテーブルのようなとても大きなテーブルの変更のため、スキーマの更新には非常に長い時間(中規模サイトで数分、大規模サイトで数時間)を要する可能性があることに注意してください。

アップグレードの前にはデータベースのバックアップをお忘れなく!

アップグレードの詳細な手順はUPGRADE を参照してください。1.11以前のバージョンからの更新に関する重要情報が含まれます。

MediaWiki 1.33 への更新に固有の注意点は以下のとおりです:

  • 一部の外部リンク検索は、update.php(あるいは refreshExternallinksIndex.php)を実行するまで正常に動作しません。これらには、IP アドレス、国際化ドメイン名、そしておそらく mailto リンクを使用しているリンクの検索が含まれます。
  • MediaWiki の旧版をお使いで migrateActors.php を実行した場合、SCHEMA_COMPAT_READ_OLDに設定して$wgActorTableSchemaMigrationStageを実行しようとすると、対象利用者の版更新消去の検索に必要なlog_search 列が間違って消去されています。詳細はT215464をご参照ください。
  • ウィキがSCHEMA_COMPAT_WRITE_BOTHを選択して$wgActorTableSchemaMigrationStageを設定しながらmigrateActors.phpを実行しなかったために特定版消去が発生した場合、log_search テーブルに含まれる "target_author_actor" 列の空欄が原因でログ検索をしても、対象利用者の版更新に伴う消去の検出ができないため、検索に失敗することがあります。それらの列の空欄はmigrateActors.phpの (再) 実行により消去できる場合があります。

新着情報

  • ブロック機能の更新により「部分ブロック」が導入され、IP利用者と登録利用者による特定ページもしくは名前空間の編集を制限できるようになりました。現在、開発中ですが、$wgEnablePartialBlocksフラグを付けると有効にできます。今後のリリースではこの機能を既定で利用できるようになる見込みです。
  • (task T96041) Special:UnusedCategories でカテゴリを非表示にするには、新しい挙動フラグ__EXPECTUNUSEDCATEGORY__をカテゴリのページに追加します。

言語の更新

MediaWiki は 350 種類以上の言語に対応しています。 多数の地域化が、定期的に更新されています。 以下の一覧には新規もしくは削除された言語と、Phabricatorのリポートを反映して変更された言語のみリストしてあります。

  • (task T203908) Eastern Pwo (kjp) に対する言語サポートを開始。
  • (task T213717) NS_TEMPLATE に対する翻訳エラーは修正済み。
  • (task T212221) サンターリー語 (sat) に対応する $digitTransformTable を追加済み。
  • (task T216479) Saisiyat (xsy) に対する言語サポートを開始。
  • (task T219728) 日本の新しい年号「令和」をサポート済み。

その他の変更

版更新を実行するシステム管理者はそれぞれの版に付属する特定の注意事項を十分に読む必要があります。 開発者はリリースノート全文を読む必要があります。

  • (task T210814) 多言語版の SVG 形式ファイルは画像ページにおいて、既定でそれぞれのウィキの設定言語で表示されるようになりました。
  • (task T205040) 多言語版画像は既定で、利用できる場合は現行のパーサ言語で表示されるようになりました。
  • Special:ActiveUsers は、前回のクエリのキャッシュ更新以降、活動を行っていない利用者の除外設定ができなくなりました。
  • もし選択した利用者名の標準化が必要な場合、Special:CreateAccount から利用者に警告が贈られるようになりました。

下位ページ