MediaWiki 1.32

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page MediaWiki 1.32 and the translation is 98% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎dansk • ‎español • ‎italiano • ‎magyar • ‎ไทย • ‎中文 • ‎日本語

MediaWiki 1.32 は、MediaWiki の最新リリースです。 変更点の完全な一覧については、リリース ノート ファイルを参照してください。 2018年4月24日より、番号が増える"wmf"ブランチを通じて、ウィキメディア財団のウィキ群に展開されました。 1.32.0 安定版リリースは、2019年1月10日にリリースされました。

Template:$1をダウンロードするか、Git 内REL1_32 ブランチをチェックアウトしてこのリリースに追随してください。

新着情報

言語の更新

MediaWiki は 350 種類以上の言語に対応しています。 多数の地域化が、定期的に更新されています。 以下の一覧には新規もしくは削除された言語と、Phabricatorのリポートを反映して変更された言語のみリストしてあります。

  • (task T193566) Ambonese Malay (abs) への言語対応を追加しました。
  • (task T194047) シャウィーア語(ラテン文字) (shy-latn) への言語対応を追加しました。
  • (task T195940) Batak Mandailing (btm) への言語対応を追加しました。
  • (task T137491) 標準モロッコ タマジクト語 (zgh) への言語対応を追加しました。
  • (task T198132) マニプリ語 (mni) への言語対応を追加しました。
  • (task T201276) Western Armenian (hyw) への言語対応を追加しました。
  • (task T201583) Mon (mnw) への言語対応を追加しました。

操作APIの変更

  • テンプレートパラメータを追加しました。
    • モジュールは「{fruit}-quantity」のようなテンプレートパラメータを定義することができます。認識される実際のパラメータは、複数の値をとるパラメータの値に対応します。そのため、クライアントは「fruits=apples|bananas&apples-quantity=1&bananas-quantity=5」といったリクエストを作成することができます。
    • action=paraminfo は通常のパラメータとは別に、テンプレートパラメータの定義を返します。 すべてのパラメータの定義は "index" キーを含むようになりました。これは、通常のパラメータとテンプレートパラメータを混合させる場合に、クライアントがパラメータの順序を維持できるようにするためです。
  • 複数の値を取るパラメータに過剰な値を与えると、現在はエラーになります。 MediaWiki 1.14以降、この場合に警告が発生しています。
  • 'assert' および 'assertuser' パラメータによるアサーションの失敗時に、エラー処理用のカスタムフォーマッタを使用するごく少数のモジュールに対して、アクションモジュールのカスタムレスポンス形式は使用されなくなります。
  • (task T198935) ユーザのリスト個人設定において`email-blacklist`などに類する拡張機能の設定は、今後、action=query&meta=userinfo&uiprop=optionsから返ってきたときに配列として表示されません。
  • 'missingparam'エラーはコードやエラー文で接頭辞付きのパラメータ名を使うようになります。たとえば"nofoo"は"noxxfoo"として、"'foo'パラメータを設定してください"ではなく"'xxfoo'パラメータを設定してください"と記述します。
  • action=query&prop=revisions には、複数の内容を取るリビジョンスロットに内容を返す必要性を示すため、'rvslots'パラメータを使用することになりました。 また新しいrvpropとして'roles'が追加され、どのロールにスロットがあるか定義します。 もし rvprop=content あるいは rvprop=contentmodel の使用に rvslots が伴わないと、非推奨警告を発するようになります。
  • action=query&prop=revisionsに対するrvcontentformatパラメータの使用は非推奨になりました。 クライアントは類似のモデルに対応するフォーマットの使用に慣れておく必要があります。
  • 新しいis'rvslots' パラメータに次の非推奨のパラメータの使用は禁じられています。rvexpandtemplates 、rvgeneratexml 、rvparse 、rvdiffto 、rvdifftotext 、rvdifftotextpst 、 rvcontentformat もしくは rvprop=parsetree。
  • action=query&prop=deletedrevisions 、 action=query&list=allrevisions および action=query&list=alldeletedrevisions は変更され、&prop=revisions に似た修正を加えられました (前述の3項目をご参照ください)。
  • (T174032) action=compare は複数の内容を持つリビジョンに対応するようになりました。
    • 個々のスロットの違いを選択するために 'slots'パラメータを備えています。 既定では1組の差分を返すことになっています。
    • 非推奨となったパラメータは次のとおりです。'fromtext' と'fromsection' 、'fromcontentmodel' と'fromcontentformat' 、'totext' と'tosection' 、'tocontentmodel' と'tocontentformat'。 新しい 'fromslots' 及び 'toslots' を定義してどのスロットにテキストを与えたか、スロットごとに対応するテンプレート付きパラメータを指定します。
    • 1節から内容を抽出する'fromsection' 及び 'tosection' は継承されていません。 'fromsection-{slot}' 及び 'tosection-{slot}' は今後、テキストを節編集のように扱って拡張します。 この方法でtask T185723に適合するようtask T183823を効果的に減少させます。
  • (task T198214) action=parse に対する 'disabletidy' パラメータは非推奨となりました。untidy 出力は今後、ウィキテキストパーサでサポートされません。

その他の変更

  • (task T198811) メンテナンス性向上のため、以下のテーブルに含まれていた UNIQUE インデックスは正式な PRIMARY KEY に変換されました: interwiki, page_props, protected_titles および site_identifiers。
  • OOUI HTMLForm はヘルプテキストを、ポップアップ内ではなく、入力フィールドの後にインラインで表示するようになります。 以前の挙動の再現には、`'help-inline' => false`を使用します。
  • archive テーブルの ar_rev_id 領域はユニークになりました。
  • Special:BotPasswords は再認証を必要とするようになりました。
  • (task T174023) マルチ・コンテンツ・リビジョン (MCR) とは記憶層に機能を導入し、基本的な表示をサポートします。 ユーザインターフェイスでは、メイン以外のスロットも管理します。 詳細はMulti-Content Revisionsを参照してください。

下位ページ