Manual:特別ページ

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:Special pages and the translation is 68% complete.

Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎français • ‎magyar • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎中文 • ‎日本語 • ‎한국어
OOjs UI icon puzzle-ltr.svg 拡張機能: 開発 タグ拡張機能 パーサー関数 フック 特別ページ 外装 マジックワード API Content models
MediaWiki extensions

特別ページは、特定の機能を求められたときにソフトウェアが作成したページです。 例えば特定の外部サイトにひとつ以上リンクがあるページをすべて抽出させることも、利用者が提供したフィードバックをまとめたフォームの作成もできます。 特別ページは固有の名前空間 (特別:) に置かれ、他のページと違って直接、編集することはできません。 Developer s が特別ページを開設することも可能です。 利用者はこれらのページにアクセスでき、すべての特別ページをまとめた一覧は通常は Special:SpecialPages にあります。 特別ページの中には、特別な利用者権限やアクセス権がないと利用できものがあります。 あるいは特別ページの一覧には表示されず、ウィキで内部的に使用されるだけのものもあります。

全般的な情報

MediaWiki に付属する特別ページはすべて SpecialSomename.php という形式のファイル名であり、includes/specials ディレクトリに配置されます。 Core special pages must be registered in the core list located in includes/specialpage/SpecialPageFactory.php in order to be loaded by MediaWiki. 通常、サードパーティ製の特別ページは個別ファイルの属するextensionsディレクトリか、もしくはさらに大きな拡張機能の一部として置かれます。 どの特別ページも includes/SpecialPage.php で定義されているクラス SpecialPage を継承します。 新しい特別ページを作成する際には、その特別ページにアクセスするのに必要な利用者権限を定義する必要があります。 利用者権限の定義により、特に特別ページに表示するか、その他のページの下位に置くことを許可するか定義します。

また特別ページ固有の名称は、ウィキごとに変更できます。 一般形式の「特別:ページ名」の「特別」も「ページ名」も、どちらもカスタマイズできます。 「特別」の仮の名前空間は他言語に翻訳可能です。 翻訳した名前空間の名称はこのウィキに「Special」として、ウィキテキストで{{ns:special}}に記述してください。 特別ページの属名を ID にすると、名称はシステム・メッセージでもサイトの使用言語で定義し直せます。

特別ページにより、入力を許可するものとしないものがあります。 一例としてページの書き出しの場合、ユーザーはSpecial:Export/Sunにより特定のページを定義できます。 複雑な指定を許可する特別ページの場合は、他のパラメーターをURLのクエリ文字列に送って処理します。例:http://www.mediawiki.org/w/index.php?title=Special:Recentchanges&days=3&limit=250 (「最近の更新」のオプションで 最近 3 日間の更新を最大 250 件表示)

  • 特別ページの作成方法は何種類もありますが、公式の拡張機能の大部分が採用する下記の方法に従うよう推奨します。 また新設した特別ページの'specialpage'には必ず著作権ブロックを含めるようお願いします。詳細は$wgExtensionCredits を参照してください。
  • 他の人が作成した特別ページに気づくように、カテゴリ:特別ページの拡張機能に追加するのをお忘れなく。
  • この方法は PHP5 以降で MediaWiki を実行したときのみ有効です。PHPの版は新しくても旧版の MediaWiki をご使用でしたら、アップグレードをお願いします。
  • 特別ページは、$wgOut->allowClickjacking();を適用しない限り、フレーム化できません。

特別ページの基本のテンプレート

一般に、特別ページの拡張機能の要件は、次の3種類のファイルです。

  • MediaWiki の開始時に毎回読み込む、小さな設定ファイル
  • コードの集まりであるファイル
  • 地域化ファイル.

MediaWiki のコーディング規約の定義

  • MyExtension/extension.json - 設定ファイル
  • MyExtension/src/Special.php - 特別ページのコード
  • i18n/*.json - 地域化ファイル

これらのファイルを一括して MediaWiki の extensions/ に作った新しいディレクトリに保存します。

特別ページ・ファイルの名前には、拡張機能の名称を対応させる必要があります。ガジェットの拡張機能の例だと SpecialGadgets.php が対応しています。 もし作成した拡張機能が複数の特別ページを採用するなら、名前も複数、必要です。

下記のサンプルは特別ページがMyExtensionという名前です。

リストのファイルを作成したら拡張機能を有効にするため、次の定義文をLocalSettings.phpに書き加えます。

wfLoadExtension( 'MyExtension' );

設定ファイル

MyExtension/extension.jsonの設定ファイルの例

{
	"name": "MyExtension",
	"version": "0.0.0",
	"author": [
		"Your Name"
	],
	"url": "https://www.mediawiki.org/wiki/Extension:MyExtension",
	"descriptionmsg": "myextension-desc",
	"license-name": "MIT",
	"type": "other",
	"AutoloadNamespaces": {
		"MediaWiki\\Extension\\MyExtension\\": "src/"
	},
	"SpecialPages": {
		"MyExtension": "MediaWiki\\Extension\\MyExtension\\Special"
	},
	"AvailableRights": [
		"myextension-right"
	],
	"MessagesDirs": {
		"MyExtension": [
			"i18n"
		]
	},
	"manifest_version": 2
}

このファイルで登録する項目には重要なものも任意のものもあります。

  • MediaWiki\Extension\MyExtension\Special クラスの場所
  • 地域化ファイルの保存先
  • 新設した特別ページ名とクラス名

特別ページのファイル

ファイル本体 (MyExtension/src/Special.php) には必ず特別ページあるいはそれ自体のサブクラスを最低1件、含むこと。 このファイルはその特別ページを誰かが呼び出すたびに自動で読み込まれます。 次の例ではサブクラス SpecialMyExtension を実行します。

最初のパラメーターで特別ページを名付けるため、__construct() コンストラクタは必須。

execute() は特別ページにアクセスがあったときに呼び出される main 関数。 この関数は、関数 SpecialPage::execute() をオーバーライドします。 現在のタイトルの下位ページのコンポーネントである、単体のパラメーター$parを渡します。 例えば誰かがSpecial:MyExtension/blahのリンクをたどると、$parに「blah」が入ります。

ウィキテキストと HTML は$wgOutを介して走らせます。直接、ウィキの UI を操作する間、 'print' 文も 'echo' 文も使用しないでください。

ただし特別ページを、カスタムの XML またはバイナリ出力を得るためのアクセスポイントとして使用する場合は、特別ページで出力を引き継ぐ を参照してください。

<?php
class SpecialMyExtension extends SpecialPage {
	function __construct() {
		parent::__construct( 'MyExtension' );
	}

	function execute( $par ) {
		$request = $this->getRequest();
		$output = $this->getOutput();
		$this->setHeaders();

		# リクエストデータの取得先は例えば
		$param = $request->getText( 'param' );

		# 実行する内容
		# ...
		$wikitext = 'Hello world!';
		$output->addWikiText( $wikitext );
	}
}

地域化ファイル

翻訳方法は地域化 を参照してください。

特別ページはすべて、'My Extension'のようにタイトルを定義します。

  • タイトルは拡張機能のページで<title><H1>の要素として、また特別ページでも使われます。
  • 特別ページと拡張機能の説明になっていれば、どんなタイトルでもかまいません。
  • タイトルを定義するのはメッセージで、その構成はキーと値のペアで構成されます。キーも'myextension'も、英文の小文字の必要があります

MyExtension/i18n/en.jsonに置く地域化ファイルの一例。

{
	"@metadata": {
		"authors": [
			"<your username>"
		]
	},
	"myextension": "My Extension",
	"myextension-desc": "Adds the MyExtension functionality.",
	"myextension-summary": "On this special page, do this simple thing and earn wonders."
}

i18n/qqq.json にあるメッセージの説明文書

{
	"@metadata": {
		"authors": [
			"<your username>"
		]
	},
	"myextension": "The name of the extension's entry in Special:SpecialPages",
	"myextension-desc": "{{desc}}",
	"myextension-summary": "Description appearing on top of Special:MyExtension."
}

ID は頭文字(最初の1文字)から小文字のみで表記していること、ID の文字列をコードで記すには、スペース(空白)に代わってアンダーバー(_)を使うこと。

-summary メッセージは必須ではありません。 親クラスが自動で生成すると特別ページの最上部に表示し、通常はユーザーの手続きを明示的に解説します。 その内容を定義しなければ、ウィキ管理者がそのウィキでカスタマイズするまで実行されません。

別名ファイル

特別ページに別名のページを作り、それを国際化する方法もあります。下記の例で使うファイルは「i18n/MyExtension.i18n.alias.php」です。 特別ページMyExtension別名を登録することで、ドイツ語版では.../Special:My Extension.../Spezial:Meine_Erweiterungからアクセス可能にしました。

extension.jsonに別名を付ける。

...
	"ExtensionMessagesFiles": {
		"MyExtensionAlias": "i18n/MyExtension.i18n.alias.php"
	},
...

特別ページi18n/MyExtension.i18n.alias.phpに別名をつける。

<?php
/**
 * Aliases for myextension
 *
 * @file
 * @ingroup Extensions
 */

$specialPageAliases = [];

/** English
 * @author <あなたの利用者名を入力>
 */
$specialPageAliases['en'] = [
	'MyExtension' => [ 'MyExtension', 'My Extension' ],
];

/** Deutsch
 * @author <あなたの利用者名を入力>
 */
$specialPageAliases['de'] = [
	'MyExtension' => [ 'MeineErweiterung', 'Meine Erweiterung' ],
];

ここでも ID 中にスペース(空白)を用いる場合は、アンダーバー(_)を代入します。

ページのヘッダーとリンクの処理は、通常のページと同じ規則に従います。

$wgCapitalLinks が正の場合、小文字を大文字変換し、アンダーバーはスペース(空白)として表示します。

例えば拡張機能を例外なくすべてmy_extensionで定義したと仮定し、上記を'my_extension' => 'My extension'で表現することも可能です。

その場合、英語の連想配列においてSpecialPageを識別する文字列(この例ではMyExtension)は同時に有効なタイトルでもあることに注意します。

あるいはまた、$specialPageAliases['en']['MyExtension']の最初の要素はキーと同一('MyExtension')の必要があります ! さもないと特別ページはページを一覧に出力しません。

特別ページ群

サブクラスでSpecialPage::getGroupName()をオーバーライドすると、その特別ページをSpecial:SpecialPagesでどの群の下位に表示するか指定できます。

    /**
     * 特別ページをSpecial:SpecialPagesで表示する場所を指定するには、親ページをオーバーライドしてください。
     * 既定値は 'other' です。既定値のままでよければ、オーバーライドは不要です。
     * 'media'を指定するとシステム・インターフェース<code>specialpages-group-media</code> を適用します。英語では'Media reports and uploads' (メディアのレポートと読み込み)と訳出します。
     * 
     * @return string
     */
    function getGroupName() {
        return 'media';
    }

よく使われる値は「'login'」「'maintenance'」「'media'」「'other'」「'pagetools'」「'redirects'」「'users'」です。 承認された設定値はSpecial:AllMessages (specialpages-groupを検索) もしくはSpecial:SpecialPages?uselang=qqxを開き仮の言語「qqx」を使ってウィキをブラウジング) を開いて、見出しを検索すると確認できます。 インターフェースのメッセージ「'specialpages-group-media'」を使用するには、「'media'」という用語を設定します。

ご利用の特別ページでpreconfigured見出しのどのパターンにも当てはまらない場合は、新しい見出しを地域化ファイルに追加して使用できます。詳細は地域化ファイルを参照してください。)

地域化ファイルには、MediaWikiと同梱の標準ページグループの一覧があります。例えば英語のメッセージの一覧はlanguages/i18n/en.json) に収納してあり、冒頭はspecialpages-group-で始まります。 自分の特別ページをusers配下に分類するには、メッセージはspecialpages-group-usersとなります。 このキーの値は例えばUsers and rightsのように、そのカテゴリ名として表示される文字列となります。

もし自分の特別ページが既存のカテゴリのどれにも当てはまらないと思える場合は、いつでも新規に作成できます。 拡張機能の地域化ファイルを開き、messages配列に対応する新しいキーを挿入するだけで処理できます。 この例ではgamificationグループを以下のとおり定義しています。

{
    "myextension": "My Extension",
	"myextension-desc": "Adds the MyExtension functionality.",
	"myextension-summary": "On this special page, do this simple thing and earn wonders",
	"specialpages-group-gamification": "Gamification"
}

こうして自分のクラス定義でメソッドSpecialPage::getGroupName()の返り値をgamificationにしたと仮定し、Special:SpecialPagesをリロードして新しいカテゴリを確認します。

その他の重要なファイル

SpecialPage.php

コンストラクター

コンストラクターは多重定義して利用者自身のデータを初期化することができますが、多重定義をする主な理由はSpecialPageクラス自体の挙動を変更するためです。 子クラスから基本クラスのコンストラクターを呼び出すときは、以下の引数を利用できます。

function __construct( $name = '', $restriction = '', $listed = true );
  • string $name リンクやURLで表示される特別ページの名称
  • string $restriction 「"block"」や「"delete"」など利用者権限が必要です。制限つきページのアクセスも参照してください。
  • boolean $listed 当該ページが特別ページ:特別ページに掲載されているかどうか

SpecialPage->setHeaders()

これによりOutputPageのオブジェクト$wgOutをファイル名と特別ページの説明で初期化します。 常にexecute()メソッドから呼び出します。

SpecialPage->getOutput()

このメソッドが返すOutputPageオブジェクトは、以下の方法でアクセスができます。 サンプルコードのとおり、以下を使用

$output = $this->getOutput();
$output->addWikiText( 'Hello, World' );

上記は非推奨の$wgOutグローバル変数の代用です。

SpecialPage->getRequest()

このメソッドが返すWebRequestオブジェクトは、以下の方法でアクセスできます。 サンプルコードのとおり、以下を使用

$request = $this->getRequest();
$myparam = $request->getText( 'myparam' );

上記は非推奨の$wgoutグローバル変数の代用です。

SpecialPage->including()

特別ページによっては、他のページ内から取り込むことができます。 For example, if you add {{Special:RecentChanges}} to the wikitext of a page, it will insert a listing of recent changes within the existing content of the page.

Including a special page from another web page is only possible if you declared the page to be includable in the constructor. You can do this by adding the following in the __construct() method after the parent class initialization:

$this->mIncludable = true;

You can also define your special page class as extending the IncludableSpecialPage class.

The SpecialPage->including() function returns a boolean value telling you what context the special page is being called from: false if it is a separate web page, and true if it is being included from within another web page. Usually you will want to strip down the presentation somewhat if the page is being included.

SpecialPage->execute()

This is the function which your child class should overload. It passes a single parameter, usually referred to cryptically as $par (short for $parameter, as it is the parameter the users can feed to your special page). This parameter is the subpage component of the current title. For example, if someone follows a link to Special:MyExtension/blah, $par will contain "blah".

ヘルプ ページ
MediaWiki バージョン: 1.25

It's useful to add help pages on MediaWiki.org, where they'll be translatable. To make sure users find your help page, it's advisable and very simple for your special page to link the help page in question:

$this->addHelpLink( 'Help:Extension:MyExtension' );

OutputPage.php

OutputPage.php contains the class definition for objects of type OutputPage. You can get an object of this class from your SpecialPage using

$output = $this->getOutput();

The variablename $output is, of course, arbitrary. Whatever you call it, this is the variable you will use the most, because it is the way to send output to the browser (no, you don't use echo or print). If you want to use it somewhere, declare the variable global:

function randomFunction() {
        $output = $this->getOutput();
	$output->addHTML( '<b>This is not a pipe...</b>' );
}

If you want to, you can create multiple OutputPage objects in different methods in your SpecialPage extension. They will add to the output in the order they are executed.

You can inspect the OutputPage class by viewing includes/OutputPage.php (indeed, all of these can be inspected), but there are a few methods you should definitely know about.

OutputPage->addHTML()

Essentially the quick and dirty substitute for echo. It takes your input and adds it to the buffer: no questions asked. In the below action, if $action contains user-data, it could easily have XSS, evil stuff, or the spawn of Satan injected in. You're better off using escaping (such as with the php function htmlentities) or the XML builders class to build trusted output.

$output->addHTML( '<form action="'.$action.'" method="post">' );

OutputPage->addWikiText()

For most output, you should be using this function. It's a bit of a black magic function: wikitext goes in, HTML comes out, and a whole lotta arcane code and demon summonings happen in between.

$output->addWikiText("This is some ''lovely'' [[wikitext]] that will '''get''' parsed nicely.");

What's worth noting is that the parser will view your chunks as cohesive wholes and paragraph accordingly. That is...

$output->addWikiText( '* Item 1' );
$output->addWikiText( '* Item 2' );
$output->addWikiText( '* Item 3' );

Will output three lists with one item each, which probably wasn't intended.

警告 警告: もしご利用の特別ページを他のページに読みこむつもりなら、おそらくはaddWikiText()の使用を避けたほうがよいでしょう (あるいは他のパーサーを呼び出す関数も使用外に該当。関数 ($this->msg()) を解析するメッセージ関連関数は最近のバージョンのMediaWikiに影響しないため除外されます。) あるページに別のページが含まれている場合、MediaWikiのバグが原因で (Bug T18129) そのページ上に後から特定の特別ページを内包したため、既存ページすべてに悪影響を与えてしまい、UNIQ10842e596cbb71daのような文字列が表示されます。

しかしながら注意点として、システムメッセージの挿入と、解析したウィキ適すとの用に処理したいだけの場合、$this->getOutput()->addHtml( $this->msg( 'key-of-message' )->parse() )のようなコードを使用してください。 これは、上記で取上げた入れ子のパーサコールでは問題となりません。

workaround #1

Important: these work arounds are only needed if you are making a transcludable special page. Normal special pages do not need these.

As a workaround, you can have your extensions convert Wikitext to HTML using a separate Parser object and then use addHTML(). Example:

$wgOut->addHTML( $this->sandboxParse( "Here's some '''formatted''' text." ) );
# Assuming this is inside the same class as the rest of your special page code
function sandboxParse( $wikiText ) {
	$myParser = new Parser();
        $user = $this->getUser();
        $title = self::getTitleFor('YourCanonicalSpecialPageName');
	$myParserOptions = ParserOptions::newFromUser( $user );
	$result = $myParser->parse( $wikiText, $title, $myParserOptions );
	return $result->getText();
}
workaround #2

I tried the above, and found that the same problem now applied to any <tag>s in the transcluded text. This won't be a problem for a lot of extensions, but the extension I was writing was intended to show wikitext from another page as part of its functionality, so this was a problem.

The process for parsing a page which transcludes a special page seems to be this:

  1. Replace {{Special:MyExtension}} with a UNIQ-QINU marker (because SpecialPage output is expected to be ready-to-output HTML)
  2. Replace any <tag>s with QINU markers as above
  3. Parse everything else from wikitext to HTML
  4. Replace all QINU markers with their respective stored values, in a single pass

The process for parsing a page which transcludes a non-special page, though, is apparently like this:

  1. Replace {{:Normal Article Name}} or {{Template Name}} with contents of transcluded page (because transcluded pages contain unparsed wikitext)
  2. Replace any <tag>s with QINU markers as above
  3. Parse everything else from wikitext to HTML
  4. Replace all QINU markers with their respective stored values, in a single pass

The problem is apparently that in the earlier case, the parsing of the SpecialPage's wiki text is lacking the final QINU decoding step (why?), so all the QINU markers are left undecoded. (This may be a leftover from using the same syntax to invoke transclusion of a wikitext page, which is just pasted straight into the host page's wikitext contents and parsed, as is used to invoke transclusion of a SpecialPage, which must not be parsed at all. Wherever the code is that decides "wait, this is a special page -- replace it with a QINU", it should be doing the extra unstripGeneral before doing the QINU substitution.)

So I just did the following -- after this line:

$htOut = $wgParser->recursiveTagParse( $iText );

...I added these lines (the second one is only because the function definition for the first one recommends it):

$htOut = $wgParser->mStripState->unstripGeneral( $htOut );
$htOut = $wgParser->mStripState->unstripNoWiki( $htOut );

Since I have now documented this, of course, I will now find a tragic flaw with it and feel really stupid... but as long as it seems to be working, I had to note it here. (It is also important to note the problem with work-around #1.) Also, I have only tested this with MediaWiki 1.10.1. The problem still exists under MW 1.14, but this solution may or may not work. --Woozle 18:26, 9 April 2009 (UTC)

OutputPage->showErrorPage()

An error page is shown. The arguments $title and $msg specify keys into $this->msg(), not text. 例:

$output->showErrorPage( 'error', 'badarticleerror' );
  • 'error' refers to the text "Error".
  • 'badarticleerror' refers to the text "This action cannot be performed on this page.".

You can also specify message objects or add parameters:

$output->showErrorPage( 'error', 'badarticleerror', [ 'param1', 'param2' ] );
$messageObject = new Message(...);
...
$output->showErrorPage( 'error', $messageObject );
$titleMessageObject = new Message(...);
$messageObject = new Message(...);
...
$output->showErrorPage( $titleMessageObject, $messageObject );

WebRequest.php

The WebRequest class is used to obtain information from the GET and POST arrays. Using this is recommended over directly accessing the superglobals, since the object does fun stuff like magic_quotes cleaning. The WebRequest object is accessible from extensions by using the RequestContext .

Database.php

MediaWiki has a load of convenience functions and wrappers for interacting with the database, using the \Wikimedia\Rdbms\Database class. It also has an interesting load balancing scheme in place. It's recommended you use these wrappers. Check out Database.php for a complete listing of all the convenience functions, because these docs will only tell you about the non-obvious caveats. Manual:データベース アクセス を参照してください。

User.php

The User class is used to represent users on the system. SpecialPage->getUser() should be used to obtain a User object for the currently logged in user. The use of the global $wgUser is deprecated

Title.php

Title represents the name of a page in the wiki. This is useful because MediaWiki does all sorts of fun escaping and special case logic to page names, so instead of rolling your own convert title to URL function, you create a Title object with your page name, and then use escapeLocalURL() to get a URL to that page.

To get a title object for your special page from outside of the special page class, you can use SpecialPage::getTitleFor( 'YourCanonicalSpecialPageName' ). It will give you a localised title in the wiki's language.

Custom special pages

There are various ways to provide your own special pages not bundled within MediaWiki:

  • One method is to install an extension that generates a form to create or edit an article. A list of extensions currently available, can be found at カテゴリ:特別ページの拡張機能 .
  • You can also write an extension which provides your own special page. Writing your own extension requires PHP coding skill and comfort with object oriented design and databases also is helpful. You will also need to know how to use code to create and edit MediaWiki articles. For more information, please see this discussion.
  • You can also display a custom page through Javascript, in place of the default error message "Unknown special page". In MediaWiki:Common.js, check for wgPageName , then hide the MediaWiki-generated content (just appendCSS {visibility:hidden;} ), and inject custom HTML (innerHTML) into the document.getElementById('bodyContent') or document.getElementById('mw_contentholder'). For an example, see w:en:User:Splarka/electrocute.js.

よくある質問

拡張機能の名称を設定する

拡張機能の題名を設定するのはMediaWikiではなく、開発者のしごとです。 Special:Specialpagesを呼び出したとき、あるいは特別ページが読み込まれたとき (特に登録済みwfSpecial*()機能の呼び込みの直前の場合) 拡張機能の名前を検索します。 function execute( $par )節で拡張機能に題名を与えるため$wgOutを以下のように使用します: $wgOut->setPageTitle("your title");

拡張機能を探せる場所 (特別ページのコンストラクターに渡すものとして定義) とは、キーであり--ただしgetDescription()の影響で大文字表記しない点が異なります。当初使われ特別ページの題名を探す関数 (もしくはdescriptionとよばれるもの) 、strtolowerの名称です。 例えば"ThisIsACoolSpecialPage"のキーは"thisisacoolspecialpage"となります。

理論上、メッセージキャッシュに影響を与えないためgetDescriptionをオーバーロードしても、ソースコードに記述してあるとおり、以下の結果となります。「"これを派生クラスでオーバーライドできるものの、通常は既定の動作を維持する方が簡単です。 メッセージを追加するのはrun-timeで--詳細は MessageCache.phpを参照してください"」。 さらに、MediaWiki名前空間がメッセージをオーバーロードしようとしても、これは以下のように予防します。

拡張機能の名称を地域化する

さて、ぴかぴかのMediaWiki拡張機能をインストールした直後だとします。そのとき気づきました。「自分のウィキはフランス語版なのに、ページは英語で表示されてしまった、困った。」 ほとんどの人は見過ごしますが、実は簡単なタスクで修正できます (ただし、開発者がこのページで解説した方法を使った場合に限る。) ソースコードをめぐる処理はありません。 仮にページ名をDirtyPagesとすると、その名前は「List of Dirty Pages」の一覧に (訳注:英語版として) 表示されるものの、(訳注:フランス語版で使うという仮定なので・excuse my poor Frenchつまり読者にはフランス語はわからないだろうけれど) 「Liste de Pages Sales」に表示したいとします。 すると処理は、以下のように実に簡単です。

  1. MediaWiki:DirtyPages を探して開きたいのですが、ページが存在しなくても、編集します。
  2. "Liste de Pages Sales"を追加して保存

するとヴアラ (voilàってダジャレですが) 変更が適用されました。

この方法だと、利用者のウィキの題名を使用言語にカスタマイズするためにも便利に使えます。例として、開発者が名づけた「汚れたページ一覧」という名称が気に入らないなら、(訳注:この方法で)「クリーンアップが必要なページ一覧」と改名します。 詳細については、Special:Allmessagesを参照してください。

また、例えば警告文など自分の拡張機能に変化させる文章がまとまった量ある場合は、直接、文を出力しません。. 代わりに、メッセージキャッシュに変化する部分の文章を取り込み、ご利用の言語コードで出力する段階が来たら、次の処理をします。

$wgOut->addWikiText( $this->msg( 'dirtypageshelp' ) );

さらにこのメッセージ自体もMediaWiki:Dirtypageshelp でカスタム化することができます。

Help:System messageも参照してください。

ページのアクセスを制限する

Special:SpecialPagesに自分の特別ページを表示しない

特別ページの表示を制限したい場合、特別ページをSpecial:SpecialPagesから除去して特定の権限を持つ利用者限定で表示する処理をしようと考えるかもしれません。 これをconstructorで実行するには、$restrictionパラメータに渡します。例えば、既定では管理者限定で割り当てられる「editinterface」という権限が対象です。利用できるその他の利用者権限については、利用者権限のマニュアルUser rights manualを参照してください。

function __construct() {
	parent::__construct( 'MyExtension', 'editinterface' ); // システム管理者に限定
}

あるいはまた、設定ファイルthe setup fileに独自の権限を作成して、それをシステム管理者に、次の例のように割り当てます。

$wgGroupPermissions['sysop']['myright'] = true;
$wgAvailableRights[] = 'myextension-right';

and then call the constructor with your right:

function __construct() {
	parent::__construct( 'MyExtension', 'myextension-right' );
}

Prevent 自分の特別ページへのアクセスを防止する

コンストラクター上で上記の手順に従い自分のページに制限をかけても、例えばSpecial:MySpecialPageを開くと、依然としてURL経由で直接、見ることができます。 自分の特別ページへのアクセスを制限するには、executeメソッドで$this->checkPermissions()を呼び出す必要があります。

権限に関してもっと細かいコントロールが必要な場合は、$this->checkPermissions()をオーバーライド、そして/もしくは拡張機能に必要な権限チェック機能をなんでも追加します。

Special:UserLogin ならびにSpecial:UserLogout ページの無効化

LocalSettings.phpではSpecialPage_initList hook を使って不要なビルトインの特別ページを解除 することが可能です。 "複数のSpecialPagesに制限をかける"を参照して、例えば特定の利用者グループについて条件付きの特別ページ解除の実施も参照してください。 一般的なメッセージ「無効な特別ページを要求しました。」が表示されるのは、利用者が解除された特別ページにアクセスしようとした場合です。

$wgHooks['SpecialPage_initList'][] = function ( &$list ) {
	unset( $list['Userlogout'] );
	unset( $list['Userlogin'] );
	return true;
};

記録の追加

MediaWiki では透明性と共同作業のために、ユーザーの行動をすべて記録します。 その方法は Manual:Special:Logにログを記入する で解説してあります。

特別ページのグループを変更する

拡張機能の開発者の皆さんは、このページの特別ページのグループの節の説明に従い、getGroupName()方式を実行してください。

MediaWiki 1.21 以降、特別ページのグループはシステムメッセージを編集すると、オーバーライド可能になりました。 ただしサイト管理者が実行する方法であり、拡張機能の開発者向けではありません。 グループ名はspecialpages-specialpagegroup-<special page name>メッセージに配し、特別ページの英語版の正規名称<special page name>は小文字で表記します。 例えばグループ「MyLittleGroup」を作り特別ページで下位ページとして「Special:MyLittlePage」を示したいなら、「MediaWiki:Specialpages-specialpagegroup-mylittlepage」を作成しコンテンツページを「MyLittleGroup」と指定するだけです。 すると「Special:MyLittlePage」は「MyLittleGroup」の下位ページになります。後者の命名は「MediaWiki:Specialpages-group-mylittlegroup」で行います。
既存の特別ページのグループを変更するには、特別ページを参照して前述の「mylittlepage」の部分を書き換えます。

関連項目

  • HTMLForm – チェックボックスやテキストエリア、ラジオボタン他を、特別ページに作る方法