Manual:画像の管理

From MediaWiki.org
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Manual:Image administration and the translation is 57% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
العربية • ‎Deutsch • ‎English • ‎français • ‎Bahasa Indonesia • ‎日本語 • ‎한국어 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎中文

この記事ではMediaWikiがどのように画像を取り扱い保存するのかについてと設定に関する情報を説明します。

アップロードされるファイルの他のタイプにも同じことが当てはまります。 すべてのファイルは、「File:」名前空間内の対応する記事に格納されます。 MediaWiki 1.14 より前では、代わりに "Image:" 名前空間が使用されていました。 “Image:”は下位互換性のために、現在でも別名として残されています。

画像のアップロードと使用[edit]

Help:画像Help:Images を参照してください

画像のアップロードの有効化[edit]

画像をアップロードするために、以下の条件を満たさなければなりません:

  1. MediaWikiのアップロードが有効になっている。 $wgEnableUploadsManual:$wgEnableUploads に true を設定します。
  2. ファイルタイプが許可されなければなりません。 詳細情報は $wgFileExtensionsManual:$wgFileExtensions を参照。
  3. 利用者が「upload」権限を持つグループに属していなければなりません。 既定では、この権限はすべてのログイン利用者に付与されています。

Specialpage Uploadでアップロードがなされます。

'Manual:Configuring file uploads/ja, Manual:Mime type detection/jaをご覧下さい'

画像を取り扱うための関連パラメータ[edit]

以下のパラメータが関連しています:

画像のサムネイル化[edit]

MediaWikiの|拡張された画像の構文によって画像を自動的にサムネイルすることが出来ます(ファイルのアップロード上に関する一般的に役立つ情報はManual:Configuring file uploads/jaをご覧下さい)

画像のサムネイル作成には ImageMagickGD ライブラリのいずれかが必要です。既定の MediaWiki のインストレーションにはこれらのソフトウェアはどちらも付属しませんが、一部のバージョンの PHP に GD が含まれています。 ImageMagickの方がよりよいサムネイルを生産するのでこちらの方を推奨されます; ImageMagickはimagemagick.orgからダウンロードすることが出来ます。 PHPのバージョンによってはGDがPHPに含まれています。GDはWindows版のシステムを使うことが推奨されています。 GD単体はLibGD GitHubからダウンロードできます。

警告! 警告: MediaWikiバージョン1.17にはバージョン6.5.6-2以降のImageMagickが必要です。

最近のバージョンではこれは必須ではありません。

ImageMagickを使っている場合は、LocalSettings.php内の$wgUseImageMagickManual:$wgUseImageMagickをtrueにしてください。 Make sure the $wgImageMagickConvertCommandManual:$wgImageMagickConvertCommand variable points to the (absolute) location of the convert command of your installation and that the command is executable by the web server process. For example, Windows users will want to change the default to "C:\ImageMagick\convert.exe" (or similar).

To re-create old thumbnail files before you used ImageMagick you can use $wgThumbnailEpochManual:$wgThumbnailEpoch.

If rendering fails silently, check and increase $wgMaxShellMemoryManual:$wgMaxShellMemory.

See the help page on Image Thumbnails not working for troubleshooting.

GraphicsMagick can now also be used as an alternative to ImageMagick. You will need to set $wgImageMagickConvertCommand to the (absolute) location of the 'gm' command. 例:

$wgImageMagickConvertCommand = "/usr/bin/gm";

GIF[edit]

For thumbnailing GIF-Animations under windows, you need to install ImageMagick as described above.

SVG[edit]

Wikimania 2016 presentation on Dynamic SVG

MediaWikiはSVG画像のレンダリングをサポートしています: 有効にした場合、SVGは他の画像ファイルのように使用されます; それらは要求に応じて自動的にPNGファイルにレンダーされます。 If you're on a shared host and no SVG renderer is pre-installed, you should probably ask your provider to install it for you.

SVGサポートを有効にするためには以下のようにします:

  1. 最初に、SVGファイルのアップロードを出来るようにLocalSettings.phpで$wgFileExtensions[] = 'svg';を設定して下さい。セキュリティ上の理由からMediaWikiはJavascriptを含むSVGは拒否することを留意して下さい。
    誤検出 (false positive) を避けるために、$wgAllowTitlesInSVGManual:$wgAllowTitlesInSVG = true;LocalSettings.phpManual:LocalSettings.php ファイルに追加してください。
    ファイルが破損しているというエラーが出る場合、mime type detection/jaが適切に動作していることを確認して下さい。
  2. $wgSVGConverterManual:$wgSVGConverterLocalSettings.phpManual:LocalSettings.php に追加して、使用したいレンダラーを設定します。

利用可能なオプションはImageMagicksodipodiinkscapebatik、とrsvgです。

  1. 例: $wgSVGConverter = 'ImageMagick';
    • 変換プログラムがシステム パスにない場合、$wgSVGConverterPathManual:$wgSVGConverterPath を使用してプログラムを含む ディレクトリ を指定しなければなりません。.
    • librsvg is fast but not very accurate. It has a ridiculously large chain of dependencies, so you may not want to bother unless you have a repository that includes it and resolves the dependencies for you. ウィキメディアのプロジェクト群では rsvg を使用しています。
    • Batik is the most accurate SVG renderer available, although its anti-aliasing is sometimes suboptimal. Its SVG parsing is more strict, causing it to reject "almost valid" SVG files that other renderers accept (e.g. commons:File:UbuntuCoF.svg). Batik relies on Java, and is much slower than rsvg, though this may not be a huge issue unless you're constantly adding SVG files. See SVG benchmarks. Requires a lot of work to get running, if not included in your distribution.
    • Inkscape also does an accurate job of SVGs, half the speed of rsvg, but was designed for interactive graphical use; however, it comes with inkview which is a viewer/converter program - it requires a writable home directory for the user it's run as. Since it will be running as user www or something similar, it will try to create .inkscape/ and .gnome2/ directories in the corresponding home directory, and will fail silently, crash or hang indefinitely if it is not able to. Inkscape is preferable to rsvg (a) on Windows (it comes as a standalone package) or (b) if you have important SVGs drawn in Inkscape that do not render correctly in rsvg. Inkscape has as complicated a dependency chain as librsvg — use only if it's in your distribution or available as a complete standalone package.
    • Sodipodi is the program Inkscape was forked from. The same considerations apply. Sodipod is no longer under active development.
    • Since version 6.x.x ImageMagick renders SVGs, but imperfectly. This is the default, but avoid it if possible. However, it does work. On Windows, $wgConvertPath must be set to avoid a conflict with Windows' own convert.exe. One simple alternative in this scenario is to add to LocalSettings.php the line $wgSVGConverters['ImageMagick'] = '"' . $wgImageMagickConvertCommand . '" -background white -thumbnail $widthx$height^! $input PNG:$output';, which also allows for spaces in the path.
    • The PHP Imagick extension supports SVG rendering, however the same considerations as for the regular ImageMagick apply.
    • The GD library is not capable of converting SVG images to the PNG format, at least according to Joen Asmussen's June 2008 NoScope blog.
    • Most current web browsers except Internet Explorer (until version 9) can display SVGs directly. Using librsvg to render SVGs to a PNG will give much more accurate results, as well as less bandwidth consumption. Direct SVG display is not supported in MediaWiki by default (タスク T5593), unless you install NativeSvgHandler extension.

Set $wgSVGConverter = false if SVG rendering is not needed and you wish to make your users download the svg file in order to view it.

トラブルシューティング[edit]

If you see a blank square instead of SVG (Chrome) or no image at all (Firefox) and all PNG links lead to 404 error and you don't see any other error message anywhere please check $wgGenerateThumbnailOnParse variable. Setting it to false may make SVG transformation deferred always. Make sure that proc_open and symlink PHP methods are enabled (they may be disabled in php.ini for security or performance reasons).

JPEG (using GD)[edit]

Simply add the following line to LocalSettings.php, this will cause auto fall back to GD library.

$wgUseImageMagick = false;

For errors with JPEG thumbnails, see JPEG (using GD).

TIFF[edit]

Generating thumbnails of TIFF files requires MediaWiki 1.15.0 or newer.

  1. Allow upload of TIFF files in the LocalSettings.php file: $wgFileExtensions[] = 'tif';
  2. Add $wgTiffThumbnailType to LocalSettings.php and set to either jpg or png to specify which type of thumbnail you wish to have generated.
  3. Making thumbnails of TIFF files may require system resources beyond those needed for thumbnailing JPEG, GIF, or PNG files. Consider appropriate settings for $wgMaxImageArea and $wgMaxShellMemory

DjVu[edit]

画像の削除[edit]

Files, like wiki pages, can only be deleted by users with the "Delete pages (delete)" permission (administrators by default). Deletion of files is done by deleting the associated description page (or by clicking the "delete all" link in the "File history" table).

特定の版の削除[edit]

画像ファイルが変更された場合、画像記事に表示される画像ファイルのリビジョンの履歴が存在します。 それぞれのリビジョンは"削除"のリンクを持ちます。 これがクリックされると、リビジョンとファイルは恒常的に削除されます。

The versions of files are separate from the page history of the file description page.

Information about old revisions of files are stored in the oldimageManual:oldimage table table while information on old revisions of the pages are stored in the revisionManual:revision table table.

ファイルの復元[edit]

警告 警告: Before MediaWiki version 1.8, deleted images/files can not be undeleted (only the associated description page can be restored).

From MediaWiki version 1.8 up to 1.10, archiving deleted images/files (and thus undeleting them) is disabled per default, but can be enabled by setting $wgSaveDeletedFiles = true.

Since MediaWiki version 1.11, this is enabled per default, and $wgSaveDeletedFiles is deprecated. Instead, the behavior is controlled by $wgFileStoreManual:$wgFileStore.

Information about deleted images are stored in the filearchive table.

Deletion of Archived Files[edit]

Since MediaWiki version 1.11, deleted images are still stored on the server by default. If you want to delete selected archived images, you can do so using the eraseArchivedFile.phpManual:eraseArchivedFile.php maintenance script. If you want to delete all of them completely, you can do that with the deleteArchivedFiles.phpManual:deleteArchivedFiles.php script. If you delete archived files, you can not undelete those files anymore.

ファイル削除の理由[edit]

When choosing to delete a file, as described above, users will be asked to provide a reason for deletion. The available reasons can be edited on the MediaWiki:Filedelete-reason-dropdown of your wiki.

データストレージ[edit]

画像がアップロードされたときはいつでも、次のものが作成されます:

  1. ファイルの正確な名前で画像の名前空間にある記事、例えばImage:MyPicture.png。 この記事が保存され他の記事と同じように振る舞います。
  1. ファイル自身はホスティング(unix)システムのフォルダに保存されます
  1. ファイルの幅が800px以上もしくは高さが600px以上である場合、サムネイルは800pxの幅もしくは600pxの高さが作成されます。 それぞれのサムネイルは独自の画像名によって独自のフォルダを取得します。

If $wgHashedUploadDirectoryManual:$wgHashedUploadDirectory is enabled (by default), MediaWiki creates several subdirectories in the images directory.

xyは最後の画像ファイル名のmd5ハッシュの文字列の最初の2つです。

フォルダー[edit]

すべての画像ファイルは $wgUploadPathManual:$wgUploadPath (既定値は images/) のフォルダーに格納されます。

/imageサブフォルダの説明:

archive/0-f/x0-xf
これは新しいバージョンによって置き換えられるオリジナルの画像ファイルの保存場所です。
temp
used for temporary storage of files during image uploading. (Due to タスク T11018, these files may not always be automatically deleted)
thumb/0-f/x0-xf
0-fに対応します: 0-fにある画像のためにサムネイル(自動的に生成)。

これらが失われた場合、自動的に生成されます。

Depending on the configuration, there may be additional image subfolders:

math
Folder to store your rendered TeX input, see also Manual:Enable TeX or Math.
x/xy
If $wgHashedUploadDirectory is set to true (which is the default), images will be stored in subfolders of the images, thus making file paths look like images/a/ab/filename.jpg. See Manual:$wgHashedUploadDirectoryManual:$wgHashedUploadDirectory for more details on why this might be desired and how this system works.

データベースのテーブル[edit]

  • Image:MyPicture.pngの記事: はページ、テキスト、リビジョンなどにある記事として保存されます。
  • table image: 画像のサイズといったメタデータを保持します。これはファイルへのリンクを含みません。ファイルの名前によっておそらくは計算され、画像の名前空間で記事を移動させることができない理由です。
  • table oldimage: より新しいバージョンで置き換えられた画像のためのアーカイブです。

注意: 削除された画像はここには保存されず、永久に削除されます。

  • table filearchive: 削除された画像に関する情報を保持します。
  • table imagelinks: 画像が使用される記事の情報を保持します。(ページリンクに保存することが出来ますが、異なるテーブルを作成するために決定されました)

記憶容量の使用[edit]

画像は記事よりもかなりのスペースが必要です。 次の計算はLinux/Unixサーバで4KBのブロックサイズを前提としています。

既定の設定は$wgHashedUploadDirectory = trueです。

すべてのディレクトリに要求されるスペースです:

  • image ディレクトリ: 0-f/x0-f: max. 16*16 = 256 ディレクトリ = 256*4 KB = 1024 KB
  • archive : 0-f/x0-f: max. 16*16 = 256 ディレクトリ = 256*4 KB = 1024 KB
  • thumb ディレクトリ: 0-f/x0-f: max. 16*16 = 256 ディレクトリ = 256*4 KB = 1024 KB
  • temp ディレクトリ: 0-f/x0-f: max. 16*16 = 256 ディレクトリ = 256*4 KB = 1024 KB

それゆえ、アップロードされる画像無しのスペースの基本量は4MBです。

それぞれの画像のために必要なスペース:

  • オリジナル画像ファイルのサイズ + 平均2KBのオーバーヘッド

600ピクセル以上の高さもしくは800ピクセル以上の幅を持つ画像のために必要なスペース:

  • 作成されたサムネイルのサイズ + 平均2KBのオーバーヘッド(それぞれ)
  • サムネイルのためのディレクトリ(4KB) (それぞれの画像は独自のサムネイルディレクトリを持ちます)

例:

  • 20778バイトのpng画像(スモールサイズでサムネイル無し): 画像のために24KB: 合計24KB
  • 123.000バイトのjpeg画像(ビッグサイズ、自動サムネイル): 画像のために124KB、サムネイルディレクトリのために4KB、サムネイルのために64KB: 合計: 192KB

ファイル アクセス[edit]

アップロードされたファイルは一般的にはMediaWikiではなくウェブサーバによって提供されます。 パスの暗号化(例えば、/c/c4/...)による曖昧化を通して最小限のレベルでのセキュリティがある一方で $wgHashedUploadDirectoryが設定されている場合、 パスはファイル名から簡単に計算でき本当の意味での保護ではありません。

認証済み利用者へのアクセス制限については、Image AuthorisationManual:Image Authorisation を参照してください

ライセンス[edit]

MediaWikiの機能はSpecial:Uploadページが画像のライセンシングを効率化することを可能にします。 Wikipediaのアップロードページは画像要約の下のドロップダウンボックスのライセンシング機能を持ちます。 この機能は既定の MediaWiki では off になっています。 この機能を有効にするために、シスオペはMediaWiki名前空間でLicensesページを編集する必要があります。 例です: MediaWiki:Licenses S/he can do this by going to the MediaWiki:Licenses page of their wiki and clicking 'create' or 'edit'.

ライセンスはwikiリストで特定のフォーマットを要求します。

*subst:license 1|license 2|License text
* Header 1:
** cc-by-sa-2.5|Attribution ShareAlike 2.5

1行目は"License text"を作り画像ページでlicense 1のテンプレートを代用し license 2をトランスクルードします。
2行目はwikiテキストの"Header 1:"で無効された(grey out)ヘッダを表示します
3行目は "Attribution ShareAlike 2.5" を作り出し、画像ページ上で cc-by-sa-2.5 テンプレートを参照読み込みします。

実例については、w:en:MediaWiki:Licenses をご覧下さい

Foreign Repositories[edit]

It is possible to access files stored in foreign repositories, without needing to upload them to the wiki, by setting the $wgForeignFileRepos array. This feature offers several possibilities:

  • ForeignAPIRepo accesses files from a remote MediaWiki installation, such as Wikimedia Commons, through its API
  • ForeignDBRepo accesses files through a database, and is useful for creating wiki families
  • FSRepo accesses files from a local folder

In all cases, one would be able to embed files into a page using ordinary image syntax and specifying the name of the file in the foreign repository. Note that some of the above implementations are still experimental, and might not be suitable for production sites.

MediaWiki のバージョン[edit]

以下の条件に当てはまります:

  • MediaWiki 1.9.x 以降
  • 他のバージョンは検証されていません