Manual:ウェブサイトの種類としてウィキを使用するかどうかの決定

From mediawiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:Deciding whether to use a wiki as your website type and the translation is 67% complete.

Web サイトの作成を検討している場合、使用するウィキ ソフトウェアを決定する前であっても、最初の決定はウィキを使用するかどうかを決定することです。 ほとんどの場合、ウィキの方法を信じるかどうかの決定に帰着します。これは、悪い変更を行うのを難しくするのではなく、簡単に修正できるようにすることです。

ウィキは、中央管理の場所で分散型のコラボレーションを行いたい場合に役立ちます。 これは、nytimes.combritannica.com などのサイトとは対照的です。これらのサイトは、コンテンツの大規模な中央管理リポジトリであり、それぞれの企業エンティティに報告する編集者や Web マスターによって集中管理されます。またはblogosphere は、分散型のコンテンツ制作で構成されており、その結果、作品はさまざまなサイトに投稿されます。各サイトは、個々のブロガーの権限の下にあり、その責任を負っています。

場合によっては、ウィキを自分の Web サイトの 1 つのコンポーネントにし、残りを非ウィキにするのが便利な場合があります。 ウィキメディア財団でさえ、wikimedia.org で列挙されているウィキへのポータルに非ウィキのフロント ページを使用しています。 他のサイト (例: mises.org) では、ブログやオンライン ストアなどを含むリボンに沿って、ウィキを 1 つのタブとして配置し、検索バーでサイト全体の検索結果にウィキの結果を含めることができます。

ウィキの利点と欠点

ウィキの利点

  • 分業障壁の低さ: 他の利用者が変更できない自分だけのコンテンツの投稿ではなく、メインスペースのページを改善するために各利用者が知識や努力を提供する共同作業を可能にします。
  • コミュニティのメンバーが考え出したアイデアに対する迅速なアクション: ウィキは分散型のアクションを可能にします。利用者は、ボトルネックとなり得る中央の意思決定者から最初に許可を求めるのではなく、後でレビューされる決定を下すことができます。 心理的な要素も関わるかもしれません。良いタイミングで行動しない可能性がある中央機関に対して問題を報告する手続きを踏まなければならない場合よりも、すぐに編集結果を見る満足を得られる場合の方が、利用者は問題を修正しやすいでしょう。
  • 共同品質管理: 編集者がウィキ上でミスをしてしまった場合、それが読者に示されたり組織に悪影響を与えたりし続けないように、他の誰かが修正できます。 もしウィキでないウェブサイトの管理者がミスをしてしまった場合、それが修正されないまま組織に悪影響を与えるかもしれません。
  • 検索可能なコンテンツ: アーカイブされた情報を簡単に検索できます(例えば、投稿やスレッドを検索できないアーカイブに埋めてしまうFacebookとは対照的です)。
  • 魅惑的な奇妙さ: 一部の読者は、ウィキのやや混沌とした性質を楽しんでいます。ここでは時折、生産プロセスの分散化された性質が晒されます。 Sue Gardnerは、「Wikipediaはずっと、家庭的で、野暮ったく、手作りのようなサイトです」と、これをバグではなく特徴と見なしていました。[1]

ウィキの欠点

  • スパム、荒らしなど: 開かれた編集(もしそれを使用していれば)は、スパムや荒らし行為、その他役立たない編集に対してサイトを脆弱にします。 このため、誰かが最近の更新を定期的にレビューして、悪い編集を元に戻すことが必要になります。 Manual:スパム対策 を参照してください。
  • 悪い編集が少なくとも一時的に見える: たとえ利用者が最近の更新をレビューしていたとしても、悪い編集が為されてそれが取り消されるまでには、時間差があるでしょう。
  • Organizational reputation may suffer from users' actions: The wiki content may be deemed to reflect on the organization as a whole rather than on the editors who made the changes. This is different from the state of affairs that exists when, say, each user owns and administers a personal website which has one owner who is responsible for all content.
  • New content may be presented in hard-to-read formats: Readers looking for the newest content have the options of going to (1) a recent changes page, which may not present the new content in a format that is easy for them to quickly peruse and grasp the meaning of (since it's presented as diffs); (2) a list of new pages, some of which may not be high-quality because they are still under construction and/or haven't been reviewed yet; or (3) a list of pages that have been reviewed for quality (such as Wikipedia's did you know), whose curation may require extra labor.
  • Diffusion of responsibility: A wiki may remain empty or unattended as everyone is expecting others to make the necessary changes.
  • Software that is relatively difficult to administer: There are many blog installations and comparatively few wiki installations. Therefore, a higher priority has been placed on making it easy to administer blogging software than has been the case with wiki software.
  • ウィキは主に文章とメディアに重点を置く: ウィキでデータを管理するには、拡張機能を使用するアプローチがいくつか存在します。 Manual:MediaWikiのデータ管理法 を参照してください。

Ways in which wikis are similar to other sites

  • The buck must stop somewhere: Someone will have to be the ultimate authority on what content is to be allowed to remain on the site.
  • The site is only as good as the contributors make it: If there isn't enough interest in adding high-quality content, then the site won't have it.
  • The site can be run like a regular blog: It is possible to use either blogging software or wiki software as a content management system by adjusting the settings to limit open collaboration. (例えば Manual:Using MediaWiki as a content management system を参照してください。)

関連項目

脚注

  1. Garber, Megan (12 July 2012). On the Ugliness of Wikipedia. The Atlantic.

外部リンク