Manual:Configuration settings (アルファベット順)

From MediaWiki.org
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Manual:Configuration settings (alphabetical) and the translation is 100% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎français • ‎português • ‎svenska • ‎русский • ‎日本語

このページは、サポートされているすべての構成オプションの索引であり、DefaultSettings.php ファイルに基づいています。

DefaultSettings.php を決して編集しないでください。代わりに適切な行を LocalSettings.php にコピーして修正してください。

この索引はアルファベット順です ($wg 接頭辞は無視します)。 この接頭辞がない唯一の設定は $IP であり、I のところに並べられていることにご注意ください。

MediaWiki 1.27 未満のバージョンで除去された設定は、ここには列挙されません。 検索ボックスを使用して、関連するマニュアル ページ (例: Manual:$wgAllowAnonymousMinor) を見つけてください。

アルファベット順の一覧 | 機能別の一覧 | カテゴリ:MediaWiki configuration settings
Jump to letter: A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

A

B

  • $wgBlockAllowsUTEdit – ブロックされた利用者が自身のトークページを編集できるようにする
  • $wgBlockCIDRLimit – IP 範囲をブロックする際の最大 CIDR 範囲。
  • $wgBlockDisablesLogin – ‎true に設定すると、ブロックされたユーザーはログインできなくなります。‎
  • $wgDisableAuthManager (1.28 で除去済) – Internal feature flag used for the AuthManager rollout process
  • $wgBotPasswordsCluster – ‎bot_passwords テーブルのクラスター名‎
  • $wgBotPasswordsDatabase – Database name for the bot_passwords table
  • $wgBreakFrames – フレームセットを回避する。 この設定で、外部サイトがあなたのサイトを広告付きでフレームに入れるのを阻止できる。
  • $wgBrowserBlackList (1.30 以降廃止予定) – Browser blacklist for non-Unicode-compliant browsers.

C

D

E

F

  • $wgFallbackSkin – Fallback skin used when the skin defined by $wgDefaultSkin can't be found.
  • $wgFavicon – サイトのファビコンの URL。
  • $wgFeaturePolicyReportOnly (1.34 で導入) – List of Feature Policy Reporting types to enable.
  • $wgFeed – フィード (RSS と Atom。例: 最近の更新、新しいページ) の ON/OFF を切り替える。
  • $wgFeedCacheTimeout – Minimum timeout for cached Recentchanges feed, in seconds.
  • $wgFeedClasses – 利用できるフィード オブジェクト。
  • $wgFeedDiffCutoff – When generating Recentchanges RSS/Atom feed, diffs will not be generated for pages larger than this size.
  • $wgFeedLimit – Set maximum number of results to return in syndication feeds (RSS, Atom) for eg Recentchanges, Newpages.
  • $wgFetchCommonsDescriptions – コモンズの画像解説ページを取得してそれをローカル ウィキ上に表示するかどうか。
  • $wgFileBackends – File backend structure configuration.
  • $wgFileBlacklist – これらの拡張子を持つファイルのアップロードを決して許可しない。
  • $wgFileCacheDepth $wgFileCacheDirectory のサブディレクトリの階層の深さ。
  • $wgFileCacheDirectory – サーバーサイドのキャッシュを使用するときにキャッシュされたページが保存されるディレクトリ。
  • $wgFileExtensions – アップロードを許可するファイルの拡張子一覧です。 このリストにない拡張子のファイルをアップロードすると警告が表示されます。
  • $wgFilterLogTypes – Show/hide links on Special:Log will be shown for these log types.
  • $wgFixArabicUnicode (1.33 以降廃止予定) – trueに設定することにより、アラビア文字における古いユニコードを整理
  • $wgFixDoubleRedirects – ページ移動後に二重リダイレクトを修正する。
  • $wgFixMalayalamUnicode (1.33 以降廃止予定) – Set this to true to clean up archaic Unicode sequences in Malayalam text.
  • $wgFooterIcons – Abstract list of footer icons for skins. It replaces the old copyrightico and poweredbyico code, which until MediaWiki 1.27 could be influenced with $wgCopyrightIcon
  • $wgFooterLinkCacheExpiry (1.35 で導入) – Expiry time for the footer link cache, in seconds, or 0 if disabled.
  • $wgForcedRawSMaxage – CSS/JavaScript アクセスの既定の最長有効期間 (秒単位)。
  • $wgForceHTTPS (1.34.3 で導入) – Redirect insecure HTTP requests to HTTPS.
  • $wgForceUIMsgAsContentMsg – 本文メッセージとして扱うべき UI メッセージの配列。
  • $wgForeignFileRepos – 外部リポジトリに対するリポジトリ構造の配列。
  • $wgForeignUploadTargets – Configuration for foreign upload targets for the upload dialog .
  • $wgFragmentMode – セクション ID がどのようにエンコードされるべきかを決定します

G

H

I

  • $wgIgnoreImageErrors – If true, inline scaled images will still produce <img> tags ready for output instead of showing an error message.
  • $wgIllegalFileChars – Override the default list of illegal characters in file names.
  • $wgImageLimits – 画像の説明ページにおいて、利用者が設定できるサムネイル画像のサイズ設定のリスト
  • $wgImageMagickConvertCommand – ImageMagick を呼び出す際に使用するコマンド。
  • $wgImageMagickTempDir – ImageMagick が使用する一時ディレクトリ。
  • $wgImgAuthDetails – Display reason access to uploaded file was denied to users (img_auth only)
  • $wgImgAuthUrlPathMap – Map of relative URL directories to match to internal mwstore:// base storage paths.
  • $wgImplicitGroups – Special:Listusers や他の場所で表示しないグループ
  • $wgImportSources – List of interwiki prefixes for wikis we'll accept as sources for Special:Import
  • $wgImportTargetNamespace – ウィキ間の取り込みでの既定の取り込み先名前空間 (省略可能)。
  • $wgIncludeLegacyJavaScript (1.26 以降廃止予定) – mediawiki.legacy JavaScript ライブラリ (古い wikibits.js) およびその依存関係をインクルードするかどうか。
  • $wgInternalServer – Internal server name as known to Squid, if different than $wgServer .
  • $wgInterlanguageLinkCodeMap (1.35 で導入) – インターウィキ コードが完全に一致しない場合に、言語名として表示される言語コードをオーバーライドするために使用する、言語間リンク コードから言語コードへマップする連想配列。
  • $wgInterwikiCache – Set to an associative array or file path to a CDB file for interwiki cache .
  • $wgInterwikiExpiry – interwiki テーブルの memcached キャッシュの有効期間。
  • $wgInterwikiFallbackSite – interwiki テーブルをダンプするためにメンテンナンス スクリプトで使用される
  • $wgInterwikiMagic – 言語リンクを、インライン リンクではなくマジック コネクターとして扱う。
  • $wgInterwikiPrefixDisplayTypes – Mapping of interwiki index prefixes to descriptors that can be used to change the display of interwiki search results.
  • $wgInterwikiScopes – インターウィキ データベース ファイルから取得するために getInterwikiCache() で使用される
  • $wgInvalidateCacheOnLocalSettingsChange – true を設定すると、"LocalSettings.php" が変更されるたびに、キャッシュされたページをすべて無効化する。
  • $wgInvalidPasswordReset – Specifies if users should be sent to a password-reset form on login in case of an inadequate password.
  • $wgInvalidRedirectTargets – 無効なリダイレクト先ページの配列。
  • $wgInvalidUsernameCharacters – 新規アカウント作成の際に阻止する文字。
  • $IP – インストール先ディレクトリへの絶対パス。

J

K

L

  • $wgLangObjCacheSize – Language cache size, or really how many languages can we handle simultaneously without degrading to crawl speed.
  • $wgLanguageCode – サイトの言語コード。
  • $wgLanguageConverterCacheType – 言語変換テーブルを格納するキャッシュの種類。
  • $wgLBFactoryConf – ロードバランサー ファクトリーの構成の設定。
  • $wgLearnerEdits – Determines the number of edits needed to qualify at the "Learner" experience level.
  • $wgLearnerMemberSince – Determines the number of days needed since account creation to qualify at the "Learner" experience level.
  • $wgLegacyEncoding – Set this to the character set, which you used before you updated to MediaWiki 1.5 (eg 'ISO-8859-1'). MediaWiki will then perform a temporary character set conversion when loading old revisions, which are not marked with "utf-8" flag (revisions created with MediaWiki 1.4 and earlier).
  • $wgLegacyJavaScriptGlobals – グローバル window オブジェクトに構成変数を代入するかどうか。
  • $wgLegacySchemaConversion – 大規模サイトでスキーマを 1.4 から 1.5 に移行する際に変換処理を高速化するオプション
  • $wgLegalTitleChars – Override the default list of illegal characters in page titles.
  • $wgLinkHolderBatchSize – LinkHolderArray batch size.
  • $wgLoadFileinfoExtension (1.22.0 で除去済) – Switch for loading the FileInfo extension by PECL at runtime.
  • $wgLoadScript – load.php への URL パス。
  • $wgLocalDatabases – このサイトの他のウィキを単一の開発者アカウントで管理できる。
  • $wgLocalFileRepo – A single repository structure for the local repository.
  • $wgLocalInterwiki (1.35 で除去済) – このウィキのインターウィキ接頭辞。
  • $wgLocalInterwikis – このウィキのインターウィキ接頭辞の配列。
  • $wgLocalisationCacheConf – Localisation cache configuration.
  • $wgLocalStylePath $wgStylePath と同じだが、外部ドメインへのパスは指定できない。
  • $wgLocaltimezone – 設定したタイムゾーンにサーバーがあるかのように見せかける。
  • $wgLocalTZoffset – サーバーのタイムゾーンに分単位の時差を追加する。
  • $wgLocalVirtualHosts – Local virtual hosts.
  • $wgLockManagers – Array of configuration arrays for each lock manager.
  • $wgLogActions – Lists the message key string for formatting individual events of each type and action when listed in the logs.
  • $wgLogActionsHandlers $wgLogActions と同様だが、値はコールバック関数である。
  • $wgLogAutopatrol (1.31 で除去済) – Log autopatrol actions to the log table
  • $wgLogExceptionBacktrace – 例外のバックトレースをエラー ログに送信するかどうか。
  • $wgLoggedOutMaxAge (1.35 で導入) – Cache TTL for the user agent sent as max-age, for logged out users.
  • $wgLogHeaders – 記録の種類の上部に表示される説明テキストのためのメッセージ キーの文字列を列挙する。
  • $wgLoginLanguageSelector – Show a bar of language selection links in the user login and user registration forms.
  • $wgLogNames – 記録の種類に対応するメッセージ キーの文字列を列挙する。
  • $wgLogo – サイトロゴのURL。
  • $wgLogoHD (1.35 以降廃止予定) – サイトのロゴの HD (高解像度) バージョンの URL。
  • $wgLogos (1.35 で導入) – The URL path to various wiki logos.
  • $wgLogRestrictions – ログアクセスを特定の権限のある利用者に限定する。
  • $wgLogTypes – List of log types.

M

N

O

P

Q

  • $wgQueryCacheLimit – miser モードが ON の場合に 'querycache' テーブル内にキャッシュするデータ行の数。
  • $wgQueryPageDefaultLimit – クエリのページで表示する項目数の既定値を定義する整数

R

S

T

  • $wgTagStatisticsNewTable (1.32 で導入) (1.33 で除去済) – Temporarily flag to use change_tag_def table as backend of change tag statistics.
  • $wgTextModelsToParse – Determines which types of text are parsed as wikitext.
  • $wgThumbLimits – List of image thumbnail sizes users can pick from.
  • $wgThumbnailBuckets – List of intermediary thumbnail sizes to use to speed up thumbnail rendering.
  • $wgThumbnailEpoch – レンダリングされたサムネイル ファイルがこのタイムスタンプより古い場合に、ファイルが存在しないかのように再レンダリングする。
  • $wgThumbnailMinimumBucketDistance – Minimal distance between intermediary thumbnail size and target thumbnail size.
  • $wgThumbnailScriptPath – Path to thumb.php , if you want thumbnail generation on the fly.
  • $wgThumbUpright – Scaling factor applied to width of images when parameter 'upright' is used.
  • $wgTidyBin (1.33 で除去済) – tidy バイナリのパスを設定する。
  • $wgTidyConf (1.33 で除去済) – tidy の設定ファイルのパスを設定する。
  • $wgTidyConfig – Configuration of the HTML postprocessing tool to use for fixing invalid HTML code.
  • $wgTidyInternal (1.33 で除去済) – Controls the use of the tidy extension to use an in-process tidy library instead of spawning a separate program.
  • $wgTidyOpts (1.33 で除去済) – コマンドラインで Tidy に渡すオプション。
  • $wgTiffThumbnailType – TIFF 画像を変換する変換先の形式と MIME タイプ。
  • $wgTmpDirectory – The path of the temporary directory.
  • $wgTrackingCategories (1.25 以降廃止予定) – 追跡用カテゴリを表すメッセージのリスト。追跡用カテゴリは Special:TrackingCategories に列挙される。
  • $wgTransactionalTimeLimit – Throttle for timing out transactional POST requests
  • $wgTranscludeCacheExpiry – インターウィキ トランスクルージョン キャッシュの有効期間
  • $wgTranslateNumerals – ヒンディー語、アラビア語など独自の数字がある言語で、インターフェイスの一部で西洋スタイルの数字 (0-9) の代わりに地域の数字を使用する。
  • $wgTrivialMimeDetection – 些細な MIME 検出を切り替える。
  • $wgTrustedMediaFormats – 信頼できるメディア形式やMIMEタイプの一覧を設定します。
  • $wgTrxProfilerLimits – Performance expectations for DB usage

U

V

  • $wgValidateAllHtml (1.31 で除去済) – tidy を使用して出力全体を検証し、ページが妥当ではない場合はその表示を拒絶する。
  • $wgValidSkinNames – 有効な外装名の一覧。利用できる外装がどれかを MediaWiki に伝えるために、外装の一部がこの変数を使用する場合がある。
  • $wgVariantArticlePath – 言語変種があるリンクに使用する。
  • $wgVaryOnXFP – Whether to add X-Forwarded-Proto to the Vary and X-Vary-Options headers for API requests and RSS/Atom feeds.
  • $wgVectorResponsive – Make Vector more responsive.
  • $wgVectorUseIconWatch – ウォッチとウォッチ解除を、リンクではなく星アイコンで行う (ベクター外装のみ)。
  • $wgVectorUseSimpleSearch – 検索フォームの挙動 (ベクター外装のみ)。
  • $wgVerifyMimeType – アップロードされたファイルの MIME タイプを確認するかどうかを指定する。
  • $wgVerifyMimeTypeIE (1.34 で導入) – Determines whether extra checks for Internet Explorer type detection should be applied.
  • $wgVersion (1.35 以降廃止予定) – MediaWiki のバージョン番号。
  • $wgVirtualRestConfig – REST services configuration

W

X

Y

Z